トップページ | 巡礼準備 »

仏画生活

今年の春から仏画の勉強が始まった。

卒業までに、彩色の尊像(千手さん)を描くのを夢見て勉強中。でも、道のりは長~い。。

日々、超集中でやっとります。。

春。

日本画の筆を始めて握る。

先生のお手本を和紙の下に引いて線描き練習。

筆を立て線描きすることが出来ず、笑っちゃうほど特訓。。

何とか、筆を立てれるようになる。。

Butuga_1夏。

紺紙金泥画。

紺色に染めた和紙に純金を溶いて作った絵の具で、

大日如来、不動明王を描く。

額に入った初作品。

秋。

繧繝彩色(うんげん)。初彩色。

ほとけさんの衣の文様をグラデーションで色鮮やかに描く。

絵の具がうまく溶けず冷や汗。

冬。

オリジナル曼荼羅に初挑戦。

鎌倉時代の「金剛寺五秘密曼荼羅」を基本に、自分で線をおこす。

関連書物を読みつつ描く。そんなことも面白くなってきた。

何度も何度も下書きを直して、ようやく下書き完成。 今回も紺紙金泥。

Gohimitumandara_1

←下描きです。

今年のクリスマスイヴは、朝から仏画の特別授業をして下さるらしい~。。

クリスマスにほとけさんなのだよぉ。 ありがたやぁ。。

|

トップページ | 巡礼準備 »

仏教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏画生活:

トップページ | 巡礼準備 »