« 仏画展初日 | トップページ | 仏像教室続行 »

昨日は裏打ちマスター

今日は、久々に洗濯日和。お昼から仕事するぞ。

Butsugaten 

先週は、仏画展とか大学関係のお手伝いが立て続けにあり、ほぼ毎日出勤。(?学生です。。)

Butsugaten2着慣れないスーツを着たり(「学校でのミニスカート姿は今日で見納めだ」と発表する。。)、

拘束時間が長くて、他の事が全く出来ないのですが、、、(苦笑)

そんな時って、先生方が雑談的におしゃべりしてくださるので、

私はボケボケッとしつつも、「これはっっ!!」みたいな発見があって、

この一週間、結構面白かったし、勉強になった!

昨日は、仏画の裏打ち作業をやっていました。一日中、黙々と。。結構、修行よぉ~。。

「裏打ち」って??という感じですが、、、

一枚の和紙に絵を描くのは、薄っぺらくて、しわしわなので描きにくいから、作業を進め易くするのが「裏打ち」です。

①本紙に水をかけて、しわを伸ばす。

②本紙の裏に、もう一枚和紙を糊付けして補強する。

③木の板に張り合わせる。→乾燥させて完成!

水を含んだ和紙をしわを付けずに、裏返したり、刷毛で撫で付けたり、、、、

慣れていないと、細かい作業一つ一つに恐怖心いっぱい。。冷や汗かきまくりました。。

学校の授業で、自分用には何枚か裏打ちをしていたけども、、、

その時は、作業一つ一つの意味が分からず、機械的にやってたんです。。

「何で、ここで水かけるのかな?まぁ、ええか~。」みたいな、、、(笑)

夕方仕事を終えて、帰り間際、先生が「裏打ちの一つ一つ作業の意味が、今日で分かったでしょ!」とおっしゃいました。

そうなのです。そう言われてみれば、一つ一つの意味が自然と理解できてるんです。

仏画、日本画、筆を持って描くまでに辿りつくまでの作業(裏打ち、下描き、絵の具溶き)でさえも、一筋縄ではいきません。。指先の神経を研ぎ澄まされてないと出来ません。

「日本」画というだけあって、神経細やかだし奥深い~。。昔の人は、肉体感覚の研ぎ澄まされ方が半端でなかったんだろうなぁ~。。ため息が出る。。

物心ついたときには、すでに絵が大好きで大好きで中毒でした。。(笑)

でも子供の頃から、洋画教室に行っても「物の見方や色彩感覚に難あり!絵は無理!」と判断されていたので、素直なHANAちゃんは(!)「そうなんやぁ~。私には無理かぁ。」と、最近まで絵を描く事を勝手に封印してしまいました。彫金の勉強も忙しかったしね。

この学校で先生に出会い、仏画の勉強をはじめて、今まで全く興味のなかった日本画にとんでもなく魅了されてしまった~。。

ここに来てようやく絵が自分のもとに戻ってきて、再び子供の頃、絵が大好きだった気持ちを思い出しました。

今度は、死ぬまで絵を描き続けていけたらいいなぁと思える。

|

« 仏画展初日 | トップページ | 仏像教室続行 »

仏教」カテゴリの記事

コメント

や~素敵ですね。
来年もぜひお知らせして下さい。

投稿: imo | 2006年2月14日 (火) 01時28分

imoさん、こんばんは!
書き込み、ありがとうございます。

もし、お近くにお住まいでしたら、
来年、ぜひ学校へお越しくださいませ!
来年は、もう少し大きな作品が描けるようになっているはずです。。(汗)

投稿: HANA | 2006年2月16日 (木) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は裏打ちマスター:

« 仏画展初日 | トップページ | 仏像教室続行 »