« エキサイティング! | トップページ | オンラインショップ更新 »

「仕入れ」と「熊楠」

東京に宝石の仕入れ会の「国際宝飾展」に行ってきました!
深夜バス泊、次の日には帰ると言う…日帰りコースです。。(汗)

6時半に東京に到着。みぞれが降ってました。。
会場の東京ビッグサイト、海側なので強風。。傘もひっくり返ったわ。。

いつもと同様、宝飾展独特の華やかな雰囲気(バブリー?笑)を味わいながらItj開門を待ちました。
が、、、開会式が異様~に長い。。華やか過ぎ。。
テープカットをする人(ワールドワイド)の紹介だけで15分くらいあった。。
「どんだけーっ?」って言いたくないけど、言わずには居られなかった。。
始まる前に疲れたけど、ミッションを完了する。
ルースコーナで目立ったのは、サファイア。サファイアだらけ。
「サファイアの山がどこかで見つかったんか~~。。」と、勝手な妄想をしたのでした。。


ビッグサイトを後にし、渋谷・青山方面へ。
次のミッション、ワタリウム美術館で開催中の「クマグスの森展」を見に行くこと。
http://www.watarium.co.jp/
私の中にも、ちょうど南方熊楠ブームが来てて、お正月にも本を読んだ。
これは都合がいい!

南方さんって、何者?
学者さん。でも専門家という感じでもないな。。
守備範囲が広すぎる!人が研究せんようなことまで、研究しとるし。。(笑)
いろんな方向に向かってるけど、すべて繋がってるんだろうな。。

南方熊楠さんの残した資料が展示されてた。
水彩で描かれたきのこの絵が素敵なので、楽しみだったのです。。

直筆原稿も展示されてた。
紙いっぱいに勢いのある小さな字で書かれてる。余白ゼロ。。
展示品にあったすずりも、穴が開いてしまなほど、墨をすりまくってる。。

以前、大学の授業で南方さんの手紙(南方マンダラ)のコピーを見せてもらった時も、
めっちゃ激しい字にぎょっとした。。(読みづらいわっ!)
今回は直筆だったからか、もっともっとぎょっとした!
激し過ぎ。。でも細かい。非常に繊細な人なんだろうなあ。。

文章の合間のおちゃめな挿絵がとてもかわいいなぁ。。
きのこの絵にしても、風俗画のような挿絵にしても、
細かすぎず、伸び伸びとしていて、生き生きしてて素敵だった。
芸術センスもあるんだねぇ。。

すべてにおいて、限界点超えてる方でした。。
無印ナ人というか、本人、そのままでキャラが立っているから必要なし。
職業→南方熊楠。南方さんは南方さんなんだね。
森羅万象、聖俗あらゆるものに目を向けた人。

展示を見終わって、何かセンチメンタルな気分になった。。
今となっては(没後)、こうやって美術展とか取り上げられてるけど、本人はしんどくなかったかなぁ。。
めっちゃ陽気そうだけど、凡人には想像つかん強烈な孤独に追い込まれたのじゃないかなぁ。。
ゴッホとか岡本太郎さんとかと、ちょっとかぶった。。
強烈キャラの人って、存命中は変な人。没後はスゴイ人という道を辿るのかな。。

ご興味のある方はこちらを読むとわかりやすかった!(南方さん本人の本を先に読むよりも。。笑)
鶴見和子『南方熊楠』
松本竜五『南方熊楠 一切智の夢』
水木しげる『猫楠』 マンガです。面白い。。

番外では
『曼荼羅の思想』鶴見和子・頼富本宏 南方マンダラのこと
『南方熊楠菌類図譜』ワタリウム美術館
私はまだ買ってないけど、南方さんの描いたきのこたちが見れる!美術書としてもgood!

|

« エキサイティング! | トップページ | オンラインショップ更新 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「仕入れ」と「熊楠」:

« エキサイティング! | トップページ | オンラインショップ更新 »