« 洛北探索! | トップページ | 歌舞伎鑑賞 »

Ocean Pcific Peace!

週末、一人旅に出たいという衝動に駆られ、、、、
ほとんど荷物も持たず、時刻表もほとんど確認せず、特急列車に飛び乗りました。

文章だけだと、ドラマみたいですね。。(笑)

どうしても、この目で見たい景色がありました。
海!
広島デルタ出身の私の原風景には、瀬戸内と7つの川があります。
最近、山の自然も大好きだけど、なんだかちょっと遠い感じがする。
水辺のほうが落ち着く。。

旅の結果はというと、、、
列車に揺られ数時間、もうすぐ到着。その時、窓から見えた広ーーい海に感激。。
自然と涙がぽろぽろ流れてきました。
頭の中のBGMは確実に「What a wondaful world  byルイ・アームストロングだった!
風景を見て、こんなに純粋な気持ちで感動したことは、ここ数年ありません!

地方のある田舎町に降り立ち、街中を歩いて周りました。
これは、土地柄なのだろうか、、、
会う人、会う人、気さくで、親切。。

一人ぼっちで来たはずなのに、一人じゃない感覚。
ここにいると、まるで自分がこの地に包み込まれてるような、暖かい気持ちになりました。

Umi浜に降り立ったころ、ちょうど夕陽を見ることができました。
ピンク色した大きな太陽が、本当に美しく、
寒さを忘れて、ずっと眺めていました。


大自然のすばらしさは、この写真じゃわからんのですよ!体で直接感じないと。。

京都に戻った翌日は朝から仏画、そして、今日は通常の作業、
疲労は全くなく、自分でも驚くほど、心身ともに充実という感じで、軽やかにはかどりました。
なんだかよくわからんけど、三眼が開いた感覚か?!?

今年の目標の一つに掲げてる「鍛金」。未知の世界ですが、今日から始動!

昨日の感動を思いっきり金槌に込めて、銅板をたたき上げてスプーンを作ってみました!
Spoon銅製、ミニミニサイズ。

何に使おう?? 茶さじにでもするか!
初挑戦にしては、まあまあ形になったかな?
このスプーンをドンドン応用して、いろいろなデザインにトライしたいです。

ブレスレットも作りましたので、近日中にオンラインショップにアップいたします!

巷では、お伊勢さんや高千穂などのパワースポットが話題です。
それには載ってない場所だけど、私のパワースポットに認定!

空気良し!景色良し!人柄良し!
私は元気です。
まさにオーシャンパシフィックピース(!)な場所発見でした!
場所はヒミツッ!!!(なぜヒミツ??) 一人でまた行く。

追伸:「おっぱっぴー」はどうでもいいけど、「オーシャンパシフィックピース」って良い言葉だと思う。小島よしお賢し。。

|

« 洛北探索! | トップページ | 歌舞伎鑑賞 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ほんとドラマ見たいですね。
降り立った土地も素敵な場所で。
きっと、HANAさんを呼んでたんでしょうね。

いつか、私がふらっといった土地で、
HANAさんに出会えたら、嬉しいなあ。

投稿: さらん | 2008年2月12日 (火) 02時21分

あああ、いいなー、いいですねー。
水辺と夕陽って必要な人にはとっても創作に大切な気がします。
私のテーマはいつでも水とか海なので。
なんでしょう、太陽の光の加減を一番写すのが水なんでしょうか。
私も大好きな水辺は秘密です(笑
旅に出たくなりました。

投稿: ジュンコ | 2008年2月12日 (火) 03時48分

さらんさん、こんにちは!
「スーッと何かに引っ張られて、ここまできちゃいました!」という感じでした。(^^)
たまには、こんな旅もいいものですねぇ~。
でも、みんなで行くのも楽しいです。。
今度は、さらんさんの後に引っ付いて行ってやるっ!!


ジュンコさん、こんにちは!
ジュンコさんの映像は、水と太陽がテーマなのですねぇ!納得した~。。
自分の体にしっくりくるものって、育った環境や経験したことで、人それぞれ違うのでしょうねぇ。
ヒミツの場所があるって、何だかいいですねぇ。


投稿: HANA | 2008年2月12日 (火) 11時26分

一人旅、最近してません。オッパッピーに私も酔いしれたい..+'(^∀^)..+*

投稿: しゅかのすけ | 2008年2月12日 (火) 17時28分

しゅかのすけさん、こんばんは!
ご家族があると、急に一人旅とはいかないですよね。
この旅を起点にして、なんだか身の回りがいろいろ忙しくなってきました!

投稿: HANA | 2008年2月13日 (水) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ocean Pcific Peace!:

« 洛北探索! | トップページ | 歌舞伎鑑賞 »