« Ocean Pcific Peace! | トップページ | お軸完成! »

歌舞伎鑑賞

Syoutikuza今日はお友達と、松竹座に「坂東玉三郎 特別舞踊公演」を見に行きました。
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/osaka/images/handbill/shochikuza200802b_handbill.jpg?html

歌舞伎は2回目ですが、一回目は、春の南座恒例の「歌舞伎鑑賞教室」なので、本格的なのは今日が初めて。。
周りには、着物を着た大人のお客さんが沢山!めっちゃすてきです。。


私たちは最上階の3等席!気軽に見れる席でよかった。。

主な出演者は、坂東玉三郎さん、尾上菊之介さん、そしてそして、市川海老蔵さん!
Syoutikuza2わからんなりに、歌舞伎を満喫するのが目的なのですが、
海老蔵さんをこの目で確認するのが本日のかくれテーマ。。
テレビで見る、やんちゃな海老蔵さんが、
本職でどんなに変身するんだろう??と、いつも思ってしまうのです。。
踊る海老蔵さんをどうしても見てみたかったのです。。

演目は、「連獅子」と「京鹿子娘二人道成寺」。
「連獅子」は、テレビでもよく見かける赤毛と白毛の親子獅子の舞だね!
私にもわかりやすい!
海老蔵さんが親で、尾上右近さん(めっちゃ若い!)が子ども。
文殊菩薩の住する清涼山とそこにかかる石橋の風景を舞いで表現してるそう。。

双眼鏡で見ると、踊る海老蔵さんの目線までしっかりと見えた!
海老蔵さんの目線が、踊りに合わせて移動するところに、私は心を奪われた。。
品があるのに、色気もあって、でも、力強かったり、、、
とっても素敵に見えるのは、時の人オーラ??
「ドリームガールズ」見たときに、ビヨンセにも同じようなことを思ったのです。。


「京鹿子娘二人道成寺」は、僧侶の安珍に恋した清姫は、
結婚の約束を破って逃げた安珍の後を追い、嫉妬のあまり大蛇となって、道成寺の鐘にかくれた安珍を鐘ごと焼き、自分も入水する。その後、亡霊となった清姫が、道成寺に現われ…。
『安珍清姫伝説』にも興味を持ったわ~。。
女を裏切ると怖いのじゃよ。。(笑)

清姫役の玉三郎さんと菊之介さんの舞や、
途中に何度もある早着替えは、まさに目の保養。。色っぽい。。うっとり。。

華麗な衣装も気になるところだけど、やっぱり、一番気になったのは目の動き。
普段、意識することはないけど、
実は、目の動きって、ものすごく感情を表現するツールなんだなぁと思った!
目は口ほどにものを言うのはホントだね!

途中、現代風にアレンジしたギャグ(?ちょっとオヤジギャグ。。)も飛び出します。
歌舞伎は、昔の日本のエンターテイメントだったんだね。

敷居は高くなかったです。楽しかった!
いつかお金貯めて、1等席で見ようね!とお友達と誓い合って帰りました!
最前列で海老蔵さん見たら、お色気ムンムン男前にやられて、トランス状態に入るかも!?

|

« Ocean Pcific Peace! | トップページ | お軸完成! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

うわあ、羨ましい!私はまだ玉三郎さんも海老蔵さんも拝見したことがありません~。
テレビの海老蔵さんにはあまり興味がない(失礼ながら)ですけど、歌舞伎役者としての海老蔵さんは絶対素敵だろうなあ。
スターってこういう人なのね、なるほどと。

>歌舞伎は、昔の日本のエンターテイメントだったんだね。
全く同感です。実際に観るまでは、堅苦しいイメージだったんですが、今も昔も無理せず楽しめる世界なのですねー。役者絵をブロマイドのようにトキメキながら眺める町娘を想像・・・。

っと興奮してつい長文に・・・。失礼しました~

投稿: ジュンコ | 2008年2月14日 (木) 00時18分

昔、平成中村屋ってを大阪で、
初めてみました。
当時の中村勘三郎さん率いる歌舞伎で、
現代アレンジもしてあって、
すごく楽しかった事を思い出しました。

昔のエンターティナー!!
私も同感です。そして、日本人として、
歌舞伎はすたれさせたらあかんなとも。。

私も遠くの席だったので。いつか着物を来て
1階で見てみたいです。

投稿: さらん | 2008年2月14日 (木) 00時36分

ジュンコサン
私も歌舞伎役者としての海老蔵さんに、とても興味があったんで、良いチャンスだと思って行ってきました!
やっぱり男前だった~。。
歌舞伎が、いまだに人気がある理由が、
わかったような気がします!面白い!


さらんさん
世界に誇れる日本文化ですね~。

私も勘三郎さん見てみたいです!!
楽しそうだ。。

私も、着物着て一階で見れるようになりたい!!って思いました!
着付け勉強したい~。。
その時は、一緒に行きましょうね!!

投稿: HANA | 2008年2月14日 (木) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎鑑賞:

« Ocean Pcific Peace! | トップページ | お軸完成! »