« 蝙蝠のリング | トップページ | 満願しました! »

虚空蔵さん

先週から仏画道場の春の講習会が開催されました。
私はそのうちの3日間、朝の9時から夕方の6時までみっちり参加しました!

講習会では、普段描いている五秘密曼荼羅から一旦離れまして、、、
私の守り本尊でもある虚空蔵菩薩の彩色画を描きました。
虚空蔵菩薩さんとは、宇宙のすべて(虚空という)を含蔵し、
限りない福徳・智恵をそなえ、常に衆生(私ら!)に与えてくださる菩薩さんだそうです。
丑、寅年の守り本尊さんです。

昨年の夏の講習で、バックや肌の着色は済んでいたので
今回、いよいよ細かい部分に入りました!

一日目は、特に絵の具がうまく溶けなかった。。
微妙なさじ加減がとっても難しくって、、、、なかなか上手に溶けません。

三時のお茶タイムで、先生のお話に、
あんまりゆっくり描いていたら、ほとけさんのお顔が生き生きしないと。 
これは、彫金で作品を作っている時にも当てはまるとこではないか?!と思った!
この瞬間、頭からピッカリと星が出て、ひらめいた気分になった!(笑)

彫金を習い始めた頃、失敗を全然恐れてなくって、(怖いもの知らずとも言います!)
地金溶ける寸前まで、バーナー、ボーボー燃えまくり。。釈迦玉付けまくり。
勢いよく、ドンドン作品を作っていたので、
彫金の先生に、よく「ハナは大胆だ!」といわれていた。
へたくそなりに、入魂作品だったし、上達も早かったと思います。たぶん。。

今となってもそれは変わらず、、、(以前より、もっと繊細になりましたが。。)
作品のデザインを考えるのに少々お時間を頂いておりますが、、、 (汗)
「こうしよう!!」と決まり、作業に入った瞬間から、
勢いをつけて、短期間でガッと入魂して作ります。
勝手な考えですが、その方が生き生きとしてて、熱のこもった作品に仕上がると感じます。

この講習が始まるまで、仏画と彫金の作業は違うものだと感じてたんです。
使う筋肉も力の量も、材料も道具も全然違うし(彫金、厳つすぎ!!笑)、

仏画の時は、「ええんかなぁ???これで~。。。」って、恐る恐る描いてたんですね。。
だから、絵も遠慮深い(!)絵になっちゃったんだろうなぁ。。

今回、自分の好きなように描いてみた。ヘタッピなりに。
彫金を始めた頃の、大胆な私を思い出してやってもいいのかもしれないなぁ~。。

そう思った以降は、絵を描くのが苦痛でなくなったのです。
昨年は、ちょっと苦痛を感じてたところがあります。。(苦笑)
今年は違うぞ。。

|

« 蝙蝠のリング | トップページ | 満願しました! »

仏画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虚空蔵さん:

« 蝙蝠のリング | トップページ | 満願しました! »