« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

翼のジュエリー

最近、「翼」をテーマにした制作をしております。
仏画では、迦陵頻伽(人の顔を持つ鳥)の下絵作りをしたり、
ジュエリーでも「翼」をモチーフにした制作をしたり…。

翼モチーフの新作をご紹介いたします。
Mrganitepd モルガナイトのペンダントです。
翼の中で、モルガナイトが揺れます。
モルガナイト特有の淡いピンク色が美しいですよ!

\15,000- @SIOUX代官山店




Garnetpd こちらは、ガーネットを使ったミラーペンダントです。
ガーネットが二羽の鳥に包まれているイメージ。
¥16,000- @SIOUX代官山店

つがいの鳥は、古くから使われているモチーフらしく、
銅鏡を見ていると、つがいの鳥の文様をよくみかけます。

実は以前、東大寺で引いたおみくじの文句に、つがいの鳥を表す「双鸞」という言葉が出たことがありました。

妙に気になって、家に帰って調べてみたら、
「鸞」という鳥は、中国の文学で登場する架空の大きな鳥のことでした。

つがいの鳥がモチーフとなった鏡を「双鸞文鏡」とか「双鳳文鏡」というそうです。

中国で、離ればなれのつがいの鸞がお互いを求め合うという説話があって、
「鸞鏡」は、愛し合う(時にはなれねばならない)男女の思いを映し出す鏡なのだそうです。。

何とも、ロマンティックなお話!!

それから、いつか私の双鸞文鏡を作らないとと思っていました。。

翼モチーフにもチャレンジしていきますので、よろしく。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブラウンクォーツのバングル

今日、SIOUX代官山店の6月の新作を発送しました。

その中の一つ、ブラウンクォーツのバングルをご紹介いたします。
飴玉のようなブラウンクォーツ、透明感が高くキレイです。

BrownquartzbungleBrownquartzbungle3Brownquartzbungle2





¥30,000- @SIOUX代官山店

石枠の周りを唐草で覆い、
バングル腕の部分には、石に向かって菩提樹の葉が伸び上がってくる様子を装飾しました。
この唐草模様は、大地から湧き上がってくるエネルギーを象徴しているともいえるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての試み

Bluesbrothers昨日、知人のおうちにお邪魔した時、お家の中が上手にディスプレイされていたのに刺激され(笑)、今日は朝から家中の掃除&家具の配置換えをしました。
大好きなブルースブラザーズを連続回転させながら。。
ジャケットは、かなりダサめだけど、、、(苦笑)中身はすばらしい!
ブルースブラザーズはもちろんのこと、
アレサ・フランクリン、キャブ・キャロウェイ、レイ・チャールズ、JBなどなど、素敵なメンバーも登場してる!またまた故人ばかりなのが気になるところだけど。。。(笑)
私の一生ものアルバムの一枚。

お部屋は、以前とあまり変わってないし、オシャレにもなってないけど、、、
キレイになった!なんだか気持ちが一新した~。。


先日の神戸宝飾展で、再会した広島の教室のメンバーに触発され(!)
特価のハードワックスを仕入れて帰りました。

昔から、仏像や荘厳具は、銅で鋳造して、鍍金して(金メッキ)作られた金銅製が沢山あります。
有名なところだと、東大寺の大仏さんとか…
私も、いつか金銅製の荘厳具を作りたいなぁ~と、思いつつ、
今まで地金一辺倒できたため、鋳造に挑戦するきっかけがなかなか無かったのです。
今回、メンバーに親切にいろいろ教えてもらって、最低限の材料や道具を買って帰りました。

Wax夜、ちょこちょこ作業をしています。
蝋の塊を彫刻刀で削ったり、溶かしたりして、成型します。
ジュエリーは作る予定は今のことろ無いけども、
装飾写経の題箋と軸首を作ろうと思ってます!

硬い地金を火であぶって、パーツをロウ付けしたり、金槌で叩いたり、力自慢で曲げてみたり、、、(笑)
いつもの厳つい作業とは全く感覚が違う!

でもでも…この感覚、前から知ってるような気がする。。

そうだ!仏像彫刻の時の感覚だ~。。
木の塊から形を作り出す作業に似てる。。
大学の2年間だけ習った仏像彫刻の、こんなところで登場するとはなぁ。。

面白い。。

今年になって、鍛金を習ってみたり、ワックスをやってみたり、
今まで挑戦出来なかった金属加工を経験してます。
まーだまーだ知らないことが沢山ありまくりで、目からうろこの日々。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たいやきに感動。

今日は、制作に使う材料やディスプレイ用の什器を仕入れに京都市内に出かけました。
材料はいつものお店で、一瞬で仕入れ終了。

ディスプレイ用の什器というのは、
以前、東寺の弘法市で買った樫の木で出来た小さな棚(板?)。
それがけっこうお気に入りとなったので、作品展に向けてもう少し買っておきたいなぁと思って、今日の弘法さんを楽しみにしていたのです。

お天気も良く、出店を見るにはサイコーの日でした。
お参りを済ませ、以前、樫の木家具店が出ていた場所を目指して突進。。
突進すれども、店見当たらず。。。
境内中を何周しても、それらしきお店見当たらず。。
最終的には、暑さにやられ、頭痛めまいで退散。。
樫の木棚購入できず。。残念だった。。

疲れが出たところで、ちいさなおばあちゃんが一人焼いてるたいやき屋さん発見。
焼きあがったたいやきをみて、
「このたいやき、スキ!!!」と感じた。。
一目ぼれの瞬間!

私は、あんこは好きだけど、どっちかというと生地の部分の方が好き。。
このおばあちゃんの焼いたたいやきは、
たいやきの型から、あえて生地をはみ出させて焼きあげてる!
餃子の耳みたいに。
おばあちゃんいわく、「はみ出たところがおいしい。」その通り!
そして、たいやき本体が変にふとってなく、スマートな体型!
薄っぺらが好き。。食べるとさっくりしてる。。

私の好みにピッタリのたいやき。。
一個100円。セルフサービス。
あつあつ、さっくりで、美味しかった~。。
今度は、1個といわず、もっと食べよう。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

素敵な再会。

先週、神戸で開催された国際宝飾展に行ってきました。

最終日と、土曜日が重なったので、お客さんが多いかなぁ。。と心配していたのですが、
お客さんがだいぶ少なく、会場も、独特の浮かれた(!)雰囲気がなくって、
なんだか静か~~。。。
毎年、会場の雰囲気に酔ってしんどくなる私にとっては、かなり楽だったかな。
気づいてみたら、仕入れはほとんどしませんでした。

でもでも、
今回のメインは、広島でお世話になった彫金の先生、生徒さんとの再会だったと思います!
10年ぶりくらいの人もいたりして、結構ビックリした。。

私は、当時から全然変わってないらしい。。(笑)
老けないのか?それとも元々老けてたのか?それとも、成長してないのかっ???

当時、大変お世話になったにもかかわらず、ずーっとご無沙汰してしまっていた。
気にはなっていたけど、自分の仕事を確立させることに必死だったのです。。
いまだ確立せず。。(苦笑)

先生や皆さんに再会して、ご挨拶できたことで、心にけじめがついたのか、
想像以上に、清清しい気分になりました!

地元、広島で作品を展示できるようになりたいなぁ。
素敵な再会でした!

ぼちぼちホームページを更新しております。
リンクや作品ページ、良かったらご覧ください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

抹香臭い(?)アイテム登場。。

昨日は、東京スカパラダイスオーケストラの「パーフェクト・フューチャー」のライブに行って、元気をもらって帰ってきました!
ゲストヴォーカルの伊藤ふみおさんがとても素敵で、久々ときめきました。。(笑)
久々のライブ、楽しかったなぁ~。
終わってから、ライブ仲間と次に行きたいライブの事などおしゃべりしながら帰りました。
私の好きなアーティスト、改めて考えると、すでにお亡くなりになられてて(!)、
生のライブを見れない人ばかり。。ということに気づく。。
一人で『エド・サリバンショー』見とくわ。私。。(涙)

突然ですが、、、HANAのジュエリーのお知らせしておかなくては!
SIOUX代官山店での次回の新作発売が6月になりました。
現在、それに向けて、新テーマで制作中です。
おたのしみに!

最近作ったものを、ちょこっとご紹介いたします。

最近、ちょこちょこっとやっている鍛金技法でこんなの作りました。
第一弾は、Kohro 錫(すず)の香炉を作りました。

錫を使っての制作は初めて。
お鍋の中でドロドロ担った錫を型に流して、板を作るところからやりました。
今まで使ってた銀や銅などの素材と全然違った、やわらかーい感触。。
なまさずに叩けるところが面白い。。
形状がかなりボコボコですが、今、うちで大活躍しております!

そして、軸首。
以前作った、真鍮の蓮の蕾軸首をシルバーで作りました。
Tubomijikusyu素材としては、シルバーの方が扱いやすいので、
真鍮の時の数分の一の時間で完成。。

先日、蘇芳で染めた和紙を使って軸を作たいと思っております。


かなり、抹香臭くなってきましたが。。。 (今に始まった事ではないけども…)
作ってる最中、体の底から高笑いしたくなるような喜びをおぼえました!
アドレナリンが出たかな????今以上に健康になりそうな気分。。
コワイかしら?!こんな私。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッサン特訓

今日は朝から仏画。

五秘密さんには、ちょっと一休みしてもらって、、、、(!)
デッサン&絵の具の使い方(暈繝彩色)強化月間として(勝手に。。。)、
先週から、迦陵頻伽(かりょうびんが)という極楽に住んでいる鳥(人??)の下絵を作っています。

迦陵頻伽の姿は、上半身が人、下半身が鳥。そして、背中には翼を持つ不思議な生き物。。
たいてい、極楽浄土を彩る名脇役!決して主役にはならないのだけど、、、。
今回、迦陵頻伽を主役に抜擢!その周りを、ざくろ、唐草で彩るという設定。

大昔の石碑をヒントに、下絵を作り出した。
家に帰っても、「あーでもない!こーでもない!」と鉛筆で書いたり、消したりの試行錯誤、
最終的には、トレーシングペーパー真っ黒。私も微妙に黒い。。(鉛筆が。。。)
実は、迦陵頻伽より、周りの唐草の方が難しかったのです。。

ジュエリー制作では、空間を装飾文様で、どう埋めるか考えることって、一番大好きなのに、全然、うまくいかないのです。。
気持ちが萎縮して、文様が小さくなるし、文様と文様の間も広すぎて、空間を作りすぎるんです。。
唐草も、曲線の流れを途切れさせないように。葉っぱの角度などに意識を向けて、、、、


全体を把握して、バランス良く、文様を置いていくという作業は、
ジュエリー制作にも繋がっていること。
文様多すぎの(!)私のジュエリー作品は特に必要!!

大昔に、ある美術大学のデッサンの講義を受けたとき、
「見る目を変えなさい!!」と、本気でしかられた。。(笑)
そこに、実際にない物を描くから。。。(苦笑)
「実際に、そんな線ないでしょっ?!!」って、しかられたから、イヤになってやめた。。

デッサンって、周りの状況を性格に把握して、物事をありのままに捉える訓練かね。。

感情的に物事を見過ぎるんかな??私。
今回はデッサンに喰らいつこうと思う。

デッサンの訓練=「正見」の訓練か!!

唐草の流れにこだわったジュエリーを、皆様にお見せできる日が早く来るよう、
デッサン、頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蘇芳染め

このゴールデンウィーク、私は、仏画道場に行っていたり、家で作業をしたりと、
毎日、熱気ムンムン。(笑)ある意味、ゴールデンなウィークで充実しました!(^^)

今年初め頃、なかなか制作モードになれなかったのです。。
でも最近、ようやく制作が乗ってきました! 遅いわぁ。。

和紙の草木染を、またやってみました!
今回は蘇芳(すおう)を使いました。
蘇芳には、なぜか惹かれていて、以前から憧れの素材でした。。

蘇芳は、インドなどに生息するマメ科の木で、木の芯の部分に赤い色素があります。
日本には生息してなくて、昔から輸入されてたそうで、
天平時代の宝物や、平安写経の和紙などの染めで、「蘇芳」という字をよく見かけます。

Suou←こんな木の皮から、赤い色が出来るなんて。。。

小学生の国語の時間で、「桜の樹の皮で染色すると桜色になる。開花前の桜の幹に桜色が蓄えられている。」と知った時、ものすごくり感動しました。染色家の志村ふくみさんの文だったと、この年になって知る。。
ふと、そんなことを思い出した。。

Suou2_3蘇芳を煮出すと、こんな感じ。
まるで、ハイビスカスティーみたい。。
媒染にみょうばんを使いました。
蘇芳は、媒染によって様々な色に変化するそうです。
様々な面が見れて楽しい反面、外の影響を受けやすい、繊細で危うい色なんですね。

和紙に引き染めを何度か繰り返してみました。
Suousomegamiムラムラになってしまい、なかなかうまく染まらなかったけど、
この優しいピンク色に、胸がキュンとしてしまいました~。。
恋をした気分。。(笑)


いつか、蘇芳色の着物が着てみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発芽した!

Hasutane_2 お客さまから頂いた蓮の種3粒のうち、1粒から、小さな芽が出ました!
元気に育ってくれるといいなぁ。

うちでは、3年前から洗面器の蓮池(!)で育ててます。
まだ蕾をつけたことはありません。。

去年は、洗面器が完全に干からびてしまい。。(汗)蓮が枯れてしまいましたが、
春になると、こうやって新芽を伸ばします。
Hasume生きてて良かった。。(汗)

洗面器の蓮池は限界があるのかな?
池がほしい。。
無理。。


毎年、蓮の花が咲く場所にいつか住みたいなぁ。。(お浄土ではなくって!笑)
そこで、蓮の作品を制作するのが私の夢~。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »