« これも展示作品 | トップページ | MU-RA青山店 夏の新作 »

サフィレットのリング

オーダーメイドのご依頼のほとんどは、お客さまからお預かりしたルースで制作いています。
毎回、こだわりのルースが送られてくることが、とても楽しみ。。
それぞれに、思い入れがあり、個性を感じさせてくれます。
直接、お客さまにお会いすることはできないので、
ルースを眺めながら、「どんな人だろう~。。」と想像してみたり・・・。
今まで見たことのないルースも多く、かなり勉強になっています!

新品のルースをお預かりして制作する以外に、
以前、使われていたジュエリーからルースを取り外し、
新たに台座作り変えるということも行っています。
いわゆるリメイクです。
ルースは気に入ってても、台座が今の気分と合わないことってありますよね。。
そんな時、ルースだけ活かして、リメイクしてみてはいかがでしょうか?

サフィレットのリングをお預かりして、リメイクしました。
サフィレットは、19世紀にチェコで作られていたアンティークガラス。
製造方法が、謎のベールに包まれていて、
現在では製造されてない貴重なルースだそうです。
角度によって、赤に見えたり、茶色に見えたり、青に見えたり、、、、
玉虫色っていうのかな。魅惑の色。。
魅力的なルースなので、それを損なわない台座に仕上げました。

リメイク前
Safiret_2





リメイク後
Safiret2
Safiret3




お次は、、、
以前お使いになられてたサンゴのイヤリングの片方が失くされたそうで、
その片方のイヤリングのルースを活かして、定番商品の蓮のリングにリメイクです。

リメイク前Sango





リメイク後
Sango2

|

« これも展示作品 | トップページ | MU-RA青山店 夏の新作 »

彫金・ジュエリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サフィレットのリング:

« これも展示作品 | トップページ | MU-RA青山店 夏の新作 »