« 長谷寺の観音さん | トップページ | 今年のお盆は・・・ »

唐草模様を思ふ・・・

今度の個展では仏画を飾るので、その額縁を彫金で装飾しようと思っています。

仏さんを荘厳する。
これが、私の見つけた夢なのです。
今度の作品展は、その夢に向かっての第一歩。

今、そのパーツ作りに没頭中。
このような制作は、初めての挑戦。
一つ一つのパーツが、ジュエリーよりかなり大きいし、
シルバーだけでなく、銅や真鍮を扱うので、どうなることか。。
11月までに、額縁8個分を装飾できるのか??私。。。(汗)

今日は、唐草模様を作りました。
HANAのジュエリーにとって、唐草模様は切っても切れない関係です。
HANAは、唐草模様から始まったといっても良いくらい。

ジュエリーの唐草模様は、銀線を使って作りますが、
下絵はなく、ものさしもほとんど使うことなく、自分の感覚を頼りに装飾を施していきます。

最近、仏画道場で、迦陵頻伽(かりょうびんが)と唐草模様のデッサンをした時、
先生から、唐草の流れについてアドバイスをいただいた。
それから、自分のジュエリーの唐草模様の線(茎)の流れが、
すごーく、すごーく、気になってしょうがないのです。。
先日の講習でも、先生の両界曼荼羅(コピー)を見せていただいた時に、
唐草模様が気になって、曲線を目で追った。
うん。かなり流れてるっ!と、納得。。

今日の制作中、気になった。
唐草模様が、スムーズな曲線を描けてるだろうか???
葉と茎の関係性が、ぎこちなくないだろうか???
チェック!チェック!

唐草模様が、絶えず若い芽を伸ばしていく様子は、
生きるエネルギーが、どんどん湧き出してるように見える。

そんなこんなで、生き生きとした生命力を感じられる唐草を作れたらいいなぁ。
今までの作品より、ちょっぴりこだわった(!)唐草模様をお披露目出来たらと思っております!

|

« 長谷寺の観音さん | トップページ | 今年のお盆は・・・ »

彫金・ジュエリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唐草模様を思ふ・・・:

« 長谷寺の観音さん | トップページ | 今年のお盆は・・・ »