« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

搬入完了後に迷子。。

明日から、とうとう作品展が始まります。
今日は夕方から、家族の助けを借りて、搬入をしてきました。

ディスプレイは、とても苦手です。。
出来れば、ずーっと作品作りをしていたいです。。(苦笑)
細かいところまで行き届かず、手違いもありましたが、
無事、搬入作業完了!
あとは、明日のオープンを待つばかり!

と、言いたいところですが、もう少し仕事が残っています。。。(汗)


搬入を終え、車で京都まで帰ろうとした途端に道に迷いました~。。
以前、このあたりは私の生活圏内だったので、ナビゲートをかって出たのが悪かった。。
どこを走っているか、サッパリ分からなくなりました。。
暗闇の中、どこかの路地を行ったり来たり。。
行き止まりだったり。。(笑)

しばらく迷い続け、ようやく光が見えたなぁ~と思ったら、何か見覚えのある景色。

そこは、スイート&ビターな思い出がいっぱい詰まった青春の地(!)でした。。
毎日、毎日、泣いたり、笑ったり、怒ったり、、、、ホント、大忙しでした。。
当時のことが思い出され、うれしくなってみたり、反省してみたり、、、、

私が「彫金」という言葉を教えてもらった場所でもあります。

あれから、13年たったんだなぁ。。
当時の私に、「あんた、将来、彫金の作品展開くよ!」って教えてあげたら、
「うっそ~~っ!」って、ビックリするだろう。。。(^^;)
そのくらい、興味を持っていなかったので。。
ちょこっとではありますが、彫金を続けたことで、
いろいろな人たちに出会え、助けられ、いろんな経験が出来ました。
しんどいことも多いけど、感謝感謝です。。

明日から始まる作品展は、今の私の精一杯です。
よかったら見に来てください!

何か、ナイスなタイミングで道に迷ったと思えたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SIOUXハナ展 日程決定!

マニフェストギャラリーでの作品展を一週間後に控え、
手作りポスターのサイズが間違っていたことが判明。。(汗)
ワンサイズ小さかったのです。。ボケてる。。

2008_10230015即行、ポスターの作り直しに取り掛かった。

はじめのポスターは、DMに使った結晶メノウのネックレスの写真のみでしたが、
せっかくなので、先日完成した迦陵頻伽の写真をポスターに配置してみました!

相変わらず 手作り感満点ですが。。前よりちょっと華やかになりました!
でも、あせったなぁ。。。(汗)

11月の東京、SIOUX代官山店の「ハナ展」の日程が決まりました!

2008年11月14日(金)から12月8日(月)
です。


11月21日、22日は、私も来店させていただきます。
ぜひぜひ、会いに来てください!
よろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

迦陵頻伽、完成。

午前中は仏画道場。
迦陵頻伽の暈繝彩色を、描き終え、
絵に金粉を撒く作業を残すのみとなりました。

これが、とーっても難しい。。
ただ金粉を撒くだけでは、せっかく描いた絵が死んでしまいます。。
絵が引き立つよう、効果的(!)に撒かなくてはならないのです!!(汗)
こりゃあ、絵心の問題なんだなぁ。。難しいなぁ。。

と、いうことで、先生のご指導により、金粉撒きました。。
Karyoubinga
ざくろの実から、気が湧き出しているように…

迦陵頻伽の尾と、周りの絡み合う葉が同化しているのは、
ざくろ唐草から、生命体が誕生したかのようにみえます。

ざくろ文様や、唐草文様には、生命を生み出すエネルギーが充満してるんだ!

生命力あふれる作品が作れるようになりたい。

この迦陵頻伽にパートナーを作ってあげたいな。
もう一つ描かなくては!

今回の作品展の中心に、この絵を展示します!
ぜひおこしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーブルーカルセドニー鸞鳥リング

ジュエリー制作をしていると、その時々にマイブーム(死語ですか?)が巻き起こります。
幸か不幸か、、、
そのマイブームは、一般のジュエリー業界の流行とは全く一致したことがありません。。

今、ちょうどカルセドニーブームが、私の中に巻き起こっています!

派手さには欠けますが、、、(笑)
薄っすらと、乳白色のかかった柔らかい色味が、地味ながらイイ感じ出してます。。(^^)

作品展のDMに使ったネックレス2点も、カルセドニー(結晶メノウ)でした!
 
カルセドニー、、、
特にブルーカルセドニーに心惹かれるなぁ~。。

そこで完成したのが、このシーブルーカルセドニーのリングです。
Dscf3146

巻きつく リングは、鸞鳥の尾をイメージしました。

鸞鳥は架空の鳥で、鳳凰のように長い立派な尾を持っています。
Dscf3149鸞鳥が飛び立つ様子を思い浮かべながら。。。





カルセドニーってなんだろうか??と気になり、ちょっと調べた。

和名は玉髄。
瑪瑙(メノウ)もカルセドニーの一部分です。

メノウは七宝の一つなので、仏典にもよく登場します。

2008_0929webshop0008以前、こちらで紹介した額縁装飾の宝瓶は、瑪瑙宝瓶とも呼ばれ,
仏画では、仏さんを中心にして、四隅に描かれます。
宝瓶で結界して、仏さんの世界をつくっているんですね。

その時に使う色は青。
その青は、ブルーカルセドニーを表しているそうです。

こんなところにも、カルセドニーが!

色、形、一つ一つにちゃんとした意味があるんですね。

実は、大学のゼミでは、こうゆうこと勉強してたのでした。。
大学の勉強と作品制作が、ちょっと繋がった瞬間。。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

融合作品完成。そして・・・

今回の作品展で初挑戦するのは、彫金と仏画の融合作品です。
彫金で装飾した額縁に、暈繝彩色(うんげんさいしき)という、極彩色の絵を飾ります。
このブログで、登場回数最多を誇る(!)「迦陵頻伽」の絵も暈繝彩色です!

暈繝は、文様の彩色に使われる技法の一つです。
簡単に言うと、グラデーション。
一つの色を調節して、何段もの色の層を作ります。
平面でありつつも、立体感のある絵に見えるんですよ!
仏画や寺の堂内荘厳などで見ることができます。
もうすぐ「正倉院展」始まりますが、
正倉院の宝物をジーッと見ていると、暈繝を発見できますよ!

そして、今回の作品展、仏画道場の先輩のご協力をしていただくことになりました。
Ungen_2私の装飾額縁と先輩の暈繝彩色のコラボ作品です!

先輩の描く暈繝は、他ではなかなかお目にかかれない高度なものなので、ぜひこの機会に見ていただきたいです!

←こんな感じになりました。


そして、そして、、、
1Mandaraten 1月17日から24日まで、東京の西新井大師 総持寺で、
私の仏画の先生である、中村幸真先生の両部大曼荼羅の完成法要が行われます。
その時に開催される仏画展に、
このコラボ作品を飾ってもらえるみたいなのです!
単なる見学者としてお邪魔する予定が一変。。(汗)

もう一つ、額縁を作る予定なので、ガンバロウ!


そして、そして、そして、、、
先生の描かれた曼荼羅、大迫力です。。

大学行っている間、今後の人生を考えさされる出来事がいろいろ起こりました。
今までの自分にはない価値観が生まれたりもしました。
先生に製作途中の曼荼羅を見せていただいたことも、その中の一つ。
私はモノ作りの人間としてはちっぽけですが、
曼荼羅を目の前にして、いろいろ感じることがありました。

完成した曼荼羅は、まだ見ていません。
大曼荼羅を前にした私は何を感じるんだろう。。あの時から、どう変化しただろう。。
そんなところも、なんだか楽しみでもあります。
このような曼荼羅と出会える機会は、めったにないので、ぜひおこしください。

と、いうことで、、、今後のHANAの予定は、、、
11月前半は大阪の個展。
11月後半は東京。額縁は西新井大師。ジュエリーはSIOUX代官山店。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間に合うのかっ?!

昨日と今日は、仏画道場2DAYS。
ここでも、私の作品展のことでお世話になっております。。
先生には、作品展の宣伝、作品展示のことなどなど、考えてもらって、、、、
私のパニックぶりを知っている(!)、大人の方々には心配をかけております。。
恐縮です。。(汗)

春からはじめた、迦陵頻伽(かりょうびんが)の暈繝彩色(うんげんさいしき)、
「作品展には間に合わないなぁ~。。」と、半分諦め気分で、描いてたんですが
先生や先輩から、「ピッチ上げて、作品展に間に合わせよう!」との声がかかる!

「そうかぁ~。間に合うかもなぁ~。。」と、思いなおし、
作品展に、この絵を飾ることを考えたりして、描いてみた。

すると、今までより描くピッチが上がり、はかどった!

「間に合う!」と前向きな言葉をかけられたり、
自分でも「間に合うぞ!」と意識してやってみたら、
体も、自然とその意にしたがって、動きが良くなるんだねぇ。
いいこと、かんがえよう!
完成はまだ先ですが、充実した2日間でした。。(^^)

家に戻ると、SIOUX代官山店の前回のピンキーリングが完売とのお知らせが。
ありがとうごいざいます!
10月中に新作をお届けすることとなりました。
今回は、ピンキーリングを含めたリング特集でお届けしたいと思っております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Endless Knot Ring

さわやかな秋晴れですね。
散歩にはちょうど良い気候です。
近くの河原では、彼岸花に変わり、ススキの穂が目立つようになりました。

製作中に聞くアルバム第一位は、「SWEET AND LOWDOWN」。
Sweetandlowdown 10年位前の、ウッディー・アレンが監督をした「ギター弾きの恋」のサントラです。
破天荒で不器用にしか生きれないけど、ものすごい才能を持つギター弾きと、純粋で素朴な女性との恋愛(?!)を描いた映画で、
当時、映画館で泣き笑いした記憶が。。。(笑)大好きな映画です。
音楽は、ジプシージャズというのでしょうか。スイングしてます。(^^)
聞いてると、古き良き、ステキな頃のアメリカが見えてくるようです。。
秋の夜長にピッタリなのです!

作品展に登場する作品をご紹介いたします。
Dscf3125 エンドレスノットのリングです。

エンドレスノット・・・継ぎ目のない紐。組みひものことです。
組みひも文様は、健康や幸せが永遠に続くという意味があって、
東洋では吉祥とされています。
それだけかな???

チベットの文様の本(注★)を見ていると、
エンドレスノットは、インド神話に出てくる蛇の神様「ナーガ」のシンボルだそうです。
それが、中国や日本に入ると、蛇が龍に変わってきたりするので・・・
何か、納得。。
Dscf3123
このリングは、「組みひも」という名前をつけつつも、
龍を象徴するリングなのだ。。そうだそうだ。。
自分で作っておきながら、後で気がつく私。。(汗)

茶色の石は、ファイヤーアゲート。石の中で緑の内包物Dscf3120がメラメラ輝いていて、渋めの色ですが、存在感があります。
不透明ピンクの石は、ピンクカルセドニーです。リング部分に槌目が入っています。


(注★)ROBERT BEER 『TIBETAN STMBOLS AND MOTIFS』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

透かしのピアス

今日から10月ですね。今年もあと3ヶ月かぁ。。

DMの宛名書きが終わり、今朝、投函しました。
一人一人、お名前を書いていると、
忘れかけていた事が、ふと、よみがえってきたりしました。
若気の至りで、ご迷惑をおかけしたこともたくさんあったから、
反省の気分で一杯になってみたり、、、、(苦笑)
改めて、いろいろな方にお世話になってることを実感しました。

作品展まで、あと一ヶ月となりました。
これから作品展まで、少しずつ作品をご紹介していこうと思っております!

今日は、透かしのピアスをご紹介いたします。

ガーネット ピッパラのピアス
Dscf3114_2最近、ガーネットなどの深い赤が気になっています。
赤い口紅も気になるんです。。トライしてみたいけど、とっても難しいな。。
装飾は菩提樹の葉です。
直径4センチで大ぶりですが、重くないので、耳に負担がかかりません。
PRICE:\19,000-

ピンクトルマリン ピッパラピアスDscf3118_3

こちらは、菩提樹のハート型の葉っぱ一枚をピアスにしました。

PRICE:\18,000-


ブルートパーズ 蓮のピアス

Dscf3117分かりにくいけど、 このブルートパーズの色、ちょっとスモーキーなのです。
透明感のある明るいものより、スモーキーカラーに惹かれます。
蓮の装飾は左右非対称になっております。
PRICE:\18,000-





| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »