« 融合作品完成。そして・・・ | トップページ | 迦陵頻伽、完成。 »

シーブルーカルセドニー鸞鳥リング

ジュエリー制作をしていると、その時々にマイブーム(死語ですか?)が巻き起こります。
幸か不幸か、、、
そのマイブームは、一般のジュエリー業界の流行とは全く一致したことがありません。。

今、ちょうどカルセドニーブームが、私の中に巻き起こっています!

派手さには欠けますが、、、(笑)
薄っすらと、乳白色のかかった柔らかい色味が、地味ながらイイ感じ出してます。。(^^)

作品展のDMに使ったネックレス2点も、カルセドニー(結晶メノウ)でした!
 
カルセドニー、、、
特にブルーカルセドニーに心惹かれるなぁ~。。

そこで完成したのが、このシーブルーカルセドニーのリングです。
Dscf3146

巻きつく リングは、鸞鳥の尾をイメージしました。

鸞鳥は架空の鳥で、鳳凰のように長い立派な尾を持っています。
Dscf3149鸞鳥が飛び立つ様子を思い浮かべながら。。。





カルセドニーってなんだろうか??と気になり、ちょっと調べた。

和名は玉髄。
瑪瑙(メノウ)もカルセドニーの一部分です。

メノウは七宝の一つなので、仏典にもよく登場します。

2008_0929webshop0008以前、こちらで紹介した額縁装飾の宝瓶は、瑪瑙宝瓶とも呼ばれ,
仏画では、仏さんを中心にして、四隅に描かれます。
宝瓶で結界して、仏さんの世界をつくっているんですね。

その時に使う色は青。
その青は、ブルーカルセドニーを表しているそうです。

こんなところにも、カルセドニーが!

色、形、一つ一つにちゃんとした意味があるんですね。

実は、大学のゼミでは、こうゆうこと勉強してたのでした。。
大学の勉強と作品制作が、ちょっと繋がった瞬間。。(^^;)

|

« 融合作品完成。そして・・・ | トップページ | 迦陵頻伽、完成。 »

彫金・ジュエリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シーブルーカルセドニー鸞鳥リング:

« 融合作品完成。そして・・・ | トップページ | 迦陵頻伽、完成。 »