« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

さとがえる

週末は、さとがえりをしました。といっても、地元広島の家ではございません!

4年前、大学入学で京都に引っ越してきた時、住む所がなかったので
宇治の友達一家にお世話になり、居候生活を送っておりました。
しばらくして、今の場所、アトリエ兼(?)住居を見つけ、現在に到っております。

最近ようやくひと段落し、あたりを見渡せるようになったところ。
久々に一家に会いに行くことが出来ました。

まずは、難波の高島屋で開催中の、「アトリエ遊木民舎木彫5人展」を、お母さんと見に行きました。http://www.takashimaya.co.jp/osaka/gallery/index.html
西村公泉さんと、4名の若手作家さん。
昔ながらの木彫に捕らわれないで、それぞれ新しい彫刻を目指されているそうです。
私は、昔から伝わるものを、現代の感性をもって表現したいという気持ちがあるので、
正反対の世界なのかもしれません。
でも、このような作品たちとの出会いが刺激となり、
改めて自分のやりたいことがクリアーになるので、いいことだと思いました。
作家さんそれぞれのお話ぶりも、それぞれのキャラクターが立っていて、楽しませていただきました!
同世代の作家さんが頑張ってる姿を見れて良かった。私も頑張ろー!

その後、宇治に戻り、友人宅の隣のお宅にお邪魔して、
着物の着付け教室を開催してもらいました。
白洲次郎・正子夫妻のお家「武相荘」風に内装されてステキな雰囲気。
実は、紺の格子柄の木綿着物も、白洲正子さんの影響があるのです。。

奥様連に囲まれ、「あーでもない。こーでもない」と(笑)、お太鼓、半幅帯を教えていただきました。
何度も何度も、帯の練習をするのって重労働ですね。ちょっと血が上った。。
あぁ。。着物って良いですね。写真撮影、忘れました。。

その後、若夫婦の家でご馳走晩御飯をいただいたり、ちびちゃんと遊んだり。
お互いがバタバタしてて、なかなか会えないけど、久々におしゃべりできて安心したなぁ。。

その後、母屋(と言うのですか?)に移動、一弦琴を見せてくださいました。
一弦琴は日本に古くからある楽器。13弦の箏をコンパクトにした感じ。
13弦の箏は、高校の頃に触れたことはあるのですが、一弦琴に出会ったのは初めて。
たった一本の弦を、象牙の爪で微妙に調節しながら音を出す。
ピアノのように、白と黒の鍵盤で、はっきり区切られてない。
あいまいで、微妙な音の響きも心地よいものですねぇ。

3つの家を行ったり来たり。ボーダーレス状態。
いつ行っても、心地よい場所だなぁ。と思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告

先日、大学の仏画展が開催されました。
私は、搬入と搬出でお邪魔しました。
今年も学生さんの力作そろいで、年々実力が上がっていると思いました。
私も、描くだけでなく、勉強両立で頑張ろうとやる気が湧いてきました!

それを実現するには、、、まずは仕事を頑張らないといけません。。(汗)
ということで、確定申告の季節になりました。。

この季節は、年に一度のシビアな(!)英恵登場です・・・。(笑)
この時ばかりは、脳の回路が超現実派になってしまう。。

昨日くらいから、電卓片手にレシートとにらめっこです。
見当たらない領収書もあったりして、、、探しております。。
計算してると、脳が沸きそうになって、体が火照ってくる。

昨年は、最終日に税務署に駆け込んだので、今年は、2月中に申告完了するのが目標。
気合を入れたら、あっという間に出来る作業なのに。。。
3月には、すっきり気分でいたいものです。(^^)

数字って、わかりやすい。

目を伏せたくなることもあるけど、、、(汗)
現状がはっきり受け止められるから、いいことだな。

まだまだ、胸を張れたものではありませんが、、、
皆さまのおかげだなぁ。。と、心より感謝しております!
いつもありがとうございます。

春の新作の準備に取り掛かっております!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

非凡な人たちと出会う

最近のオーダーメイドリングのご紹介です。
スパーライトのリングです。2009_0208sioux20004
巨大な石を使った、蓮座リングは、5年くらい前に数個作りました。
私にとって、懐かしく、思い出深いデザインです。。

このリングをご依頼くださった方も、その数個の中の一つ、珊瑚リングをお店で購入してくださいました。

2009_0208sioux20005時を越えて、再び。

紫色に、さまざまな色が絡み合っていて、個性的なルースです。
全体的に落ち着いた印象。


先日、矢野顕子さんのピアノ弾き語りライブに行ってきました。
今回はゲストあり。
私の行った日のゲストは清水ミチコさんでした!ダブル矢野さん。。(笑)

最初は矢野さん一人で登場。「DREAMING GIRL」で始まりました。
私、この曲の歌詞、好きなんだ。。

全般的におなじみの曲だったので、わかりやすくてうれしかった!

その中で印象に残ったのは、「椰子の実」。おなじみの童謡ですね。
この度も、原曲がほとんどわからないくらいに、矢野さんの強力アレンジ入りました!!
強力なアレンジに圧倒されつつ、、、(笑)歌詞を聞いてた。

先日お会いした方に、「椰子の実」が完成した背景のお話をしてもらいました。
そのお話が妙に忘れられず、心にずっと残りました。
それからというもの、テレビで「椰子の実」に関係することを頻繁に目にするようになるから不思議ですね。シンクロというものか。
私の頭は、椰子の実でパンパンになりました。。一人椰子の実祭り。。(笑)

愛知県の渥美半島の浜辺が舞台になっているそうです。
遠い島から、浜に流れ着いた椰子の実一つに、
ふるさとを離れ、一人放浪の旅をする自分を重ねて、遠い故郷を思う。。。
美しい風景が目の前に浮かんでくるような、いい歌詞です。

歌詞を作ったのは島崎藤村ですが、本人は現場に行ったわけではなく、
お友達の柳田國男の旅の話を拝借して(!)作られたそうです。
ふと聞いたお話から、作品が作られたんですね。
柳田國男も、ふとおしゃべりしたことが、こんな普遍的な作品に変わったと思うと、
かなりうれしいでしょうね~。。

日常生活の中に、作品を誕生させるキラキラした種が、沢山散らばってるんだろう。
それを感じ取って、形に変える才能があるか。ないか。の違いかなぁ~。。
非凡だなぁ。。

清水ミチコさんとの共演もステキでした!トーク、めちゃめちゃ笑った。
清水さんは、鋭い感性を持った芸術家でした!ピアノすばらしいですね。
はじめのあたりは緊張されてたかも。みっちゃんを、もっと好きになりました。
アンコールは、二人で「ひとつだけ」を演奏。とっても良かった。。

最後、矢野さんに握手してもらいました~。うれしさあまって、走って逃げた。。
ドアップの矢野さんは、圧迫感を感じるくらいの(尊敬の意味を込め!)オーラを持った方。やっぱり、ちょっとそこら辺にはいない人だな。。

あらゆるジャンルの非凡な人たちとの出会いが刺激となるなぁ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひとだんらく。。

先ほど、仏画の額縁装飾が完成しました!
完成するか、ちょっと微妙だったので、ホっとひと段落です。。

2月18日(水)~19日(木)、種智院大学の仏画と写経展が開催されます。
http://www.shuchiin.ac.jp/butsugaten08.html
私も2点ほど展示していただくこととなったので、先週末は装飾額縁の制作に没頭!

ジュエリーと同じ金属加工ですが、ちょっと勝手が違いました。
昨年作った額縁より、大きなものをつかっていることもあり、
体にかかる熱の量が大きいようで、気づかないうちに疲労しています。
私の主な作業は、バーナーワークなので、作業の大半は火と向き合っているので
少々のことは大丈夫だと思っていたのですが、想像以上に作業がはかどらず、
まだまだ慣れません。。

肉体的にはしんどいのですが、面白さも大きかったです!

お像にあわせた装飾文様を考えるのが、新鮮でワクワクします。
額縁におさまる絵が主役なので、
周りの額縁が装飾過多にならないように、バランスをとりつつ作業を進めます。
どこまで、装飾を施すかで、けっこう悩みました。。

この土曜日が最終提出日と思い込んでいたので、
とりあえず、完成した方だけでも提出しようと、額縁抱えて大学へ向かいました。
歩きの途中、しんどさが究極になったのでタクシー拾う。
大きな荷物抱えて、しんどそうに見えたのか(笑)
タクシーの運転手さんが心配してくれて、ちょっと割引してくださった。小さなシアワセ。。

久々の大学だった。
建物に入ると、お線香の香りがかすかにしてきて、懐かしい気分になりました。
学内、学生一人も見当たらず、、、職員さん数名のみ。。
仏画展の関係者も見つからず。。立ち往生。。
完全に日にちを間違えた模様。。(汗)

職員さんに作品を預け、大学を後に。。

帰りは、通学路の田んぼ道をウォーキング。懐かしい。。
このあたりは一昔、巨椋池(おぐらいけ)という巨大な池がありました。
和辻哲郎さんの随筆によると、蓮も生息していたらしい。。
現在は池を埋め立てて、巨大な農地となっております。

田んぼは農閑期で、色彩感乏しい。。
でも、春になり田植えがおわり、苗が育ち始めると、
だんだん一面が新緑と変わります。
それが、とても美しいのです。
春になったら、また見に来てみようかな?

帰り道、立ちくらみが何度も起こる。。肉体疲労かも。。

ひとだんらくしたので、
伊勢木綿の着物を出してみようかな?という気分に、ようやくなったのです。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五秘密曼荼羅

昨日は午前中、仏画道場の講義でした。
その際、表装屋さんから、仕上がった五秘密曼荼羅が戻ってまいりました!(^^)

このブログで登場回数最多、五秘密曼荼羅。
「coming soon!  coming soon!」とばかり言っておりましたが(汗)
ようやくお披露目です!

大学でこの図像との出会い、初めての線起こし、紺紙金泥画、
授業を受けて、レポート提出して…
紺紙金泥画の五秘密曼荼羅を見てたら、「色をつけないと終わらない。。」と感じて…
もう4年経っちゃった。。

Photo_6五秘密曼荼羅
絹本著色 57×54センチ

五秘密曼荼羅は、密教思想の「煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)」を表現した図像です。
真言宗の常用経典『理趣経』の仏さんでもあります。

中心の仏さんが金剛薩埵(こんごうさった)。

時に、仏さんの代表として、私たちの菩提心に働きかけたり、
時に、修行者代表として、大日如来の説法を受けたり、、、
大日如来(仏法)と私たちの世界とを繋げる、橋渡し役のような仏さんです。
真言行者の理想像とか、私たちの菩提心を象徴する仏さんともいわれています。

そして、金剛薩埵の四方を、欲金剛菩薩、触金剛菩薩、愛金剛菩薩、慢金剛菩薩が、寄り添うように囲んでいます。
四金剛菩薩は、それぞれ欲望を象徴していています。

図像の一つ一つには、もれなく意味を持っているので、
それらを説明すると長くなるし、私ではまだまだ力不足ですので、この辺で。
上っ面だけで解釈すると、いろいろ誤解を生む尊像のようですが、
深いところまで考えると、けっしてそうではないのです。

後は、装飾額縁を制作するのみとなりました。
そのお像にピッタリの額縁を作らなくては!
集中してバーナー使ってたら、だんだん前傾姿勢になってて、
現在、前髪が燃えて、ちりちりになっております。。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと山ずつ・・・

今週末から今日まで、仏画道場3days。

今年から、仏画を描くだけでなく、仏教の勉強も再開したいと思っているので、
講義の日も参加させていただくことになりました。

土曜日。
講義で、仏画道場のお祖師さんから現在に至るまでの歴史を知った。
それらのことを知っているのと、知らないのとでは、
描く時の思いがかなり違う。知れてよかった。。
人との出会いやつながりが、いろんなドラマを生んでいる。
「縁」を大事にしたいなぁ。。と、心から思ったのでした。

日曜日。
先日から始まった釈迦如来の下絵作りが完了。
お顔を描くのは難しい。。ちょっとした事で、表情が変わるんだ。。
来月、絹地に描きます!

うちに戻ると、SIOUX代官山店より、新作についてのお問い合わせメールあり。。
新作の発送が、予定よりもかなり遅れておりますので~。。(汗)
でも、「待ってますよ!」という、うれしいメールで、元気が出ました!

ということで、早速発送の準備に取り掛かりました。
明日、発送いたします!
今回、ネックレス、リング、バングル、ピアスと、バリエーション豊かな10点となりました!
発送予定を告知しておきながら、遅れてしまい申し訳ありません!
今週末には、店頭に並べてもらえるのではないでしょうか?

その中の一点、アメトリンの蓮座リングのご紹介です。
2009_0208sioux20014アメトリン、、、水晶です。

アメジストの部分(紫)とシトリンの部分(オレンジ)が
一粒のルースの中で共存しております。

写真ではわかり辛いですが、右側(特に右下あたり)がオレンジ色のシトリンです。
2009_0208sioux20017
久々の蓮の石座です。




実は、数日前に、お誂えきものが到着してるのですが、
二月は、なんだかバタバタしていて、まだ、きものを広げて見る余裕が持てません。。(涙)

2月18,19は、大学の仏画展があり、
展示作品の額縁装飾も完成させるので、きものを着れるのは、もう少し先。
額縁装飾完成が山場だな。

ひと山越えたら、次は、オーダーメイドジュエリーご相談会+制作!


ひと山ずつ越えていこーう!!(^^)

ボケないようにしなきゃ。。。(汗)

と、言うことで、3days最終日の今日も、道場へ行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪へ

ストップしていた額縁装飾の制作が再スタート!
非貴金属の洋白などを取り入れようと思っているので、材料探しも楽しみです!

今日は額縁の材料探しとギャラリー見学をしに大阪へ行ってきました。

西天満にある、ギャラリー ロータスルーツさんに行ってきました。http://lotusroots.org/
古い民家を改造して作られたそうで、味わい深く、かわいいギャラリーです。
現在、彫金作家の安岡忠夫さんの個展が開催されております。
安岡さんは、私がお世話になった鍛金の先生のお弟子さんです。

安岡さんの作品は木目金(もくめがね)という技法を使ったものが中心。
木目金というのは、古くから日本にある金工の技法です。
色味の違う金属を重ね合わせて溶着させ、色の層を作るんです。
その層が木の年輪みたいな模様となって表面に現われるんです。
      
木目金、渋くてカッコイイので、前から憧れていています。
この機会に、木目金の技法についていろいろ教えてもらい、満足してギャラリーを後に。
安岡さんの個展は、2月8日まで開催です。


その後、心斎橋に向かい、彫金材料をいろいろ仕入れ。
最後に本屋さんに立ち寄り、、気にしていた雑誌2冊を発見!

Hon 『オレキバ』創刊号http://www.rikuyosha.co.jp/orekiba/saishingo/

特集1は写真家齋藤亮一さんの『INDIA 下町劇場』。
齋藤亮一さんのファンなので、迷わず購入。
写真集の『INDIA 下町劇場』も持っておりますが、この雑誌のサイズがB4とあって、また違う味わいでした。
年末から上昇中の「インド再上陸熱」が高まってしまったな。。

特集2の「テホへ!」も、興味深かい内容でした。
ある地方で、室町時代から続く伝統行事「花まつり」のお話。
「伝統を受け継ぐ」と聞くと、ちょっと力んでしまうけど、ここはちょっと違っていた。
当たり前のことを、当たり前にやっているよう。
私もこうゆうところで育ってたら。。。と、この町の人たちがちょっとうらやましくなった。

もう一冊は、NHKのテキストブック『点前を楽しむ』。
最近、茶道のこと考えていたところだったので、
ものすごいタイミングだなぁ~と、ビックリしてしまいました。。
本だけだと静止画なので(当たり前。。)、わかり辛いから、テレビと照らし合わせてみた。

丁寧。緩やか。覚えることがめちゃめちゃ多い。
何度も何度も、同じ動作の繰り返しをしなくては身につかない。。

でもでも。。。私の中に足らない要素が、ここにはたくさんあるぞ!
ちょっとは女性らしくなれるかな??(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤釈迦

以前、こちらでご紹介しました金柑の甘露煮は、
勢いに任せて、黒砂糖で作ってしまったので、見た目が残念なことになりました。。

PhotoPhoto_2ということで、再度、上白糖で挑戦!
今度こそ、美しいオレンジ色に仕上がりました。。
ヨーグルトにも、こちらの方がピッタリきましたよ!
美味しく出来て、良かった。良かった。(汗)


仏画道場に行ってきました。
前回、五秘密曼荼羅が終了したので、また新たな仏さんを描くこととなりました。
そして、今回は釈迦如来像を描きます。

まずは、下絵を作る作業から始まります。
神護寺所蔵の釈迦如来像を選び線起こしです。

神護寺の釈迦如来像は、通称「赤釈迦」といわれています。
鮮やかな赤い地に、金色の文様がみっちり入った衣を着たお釈迦さんです。
ちょっと華やかですよ。(^^)
装飾がたくさん入った豪華な台座も描き堪えありです。。
前回より、レベルアップしましたので、より一層頑張ります!

鉛筆でデッサンをしている途中、Osyakasanyte お釈迦さんの親指が妙に気になった。。
←こちら、赤釈迦。

親指が、他の指の大きさと比べて、異様に大きく、
そして、指先が丸い。

私の手の親指に、なんだか似ているのです。。



Hana_2検証写真(私)
お像と同じ印を結んで
赤釈迦風パーカー着用にて撮影。(たまたま。)

私の親指、丸くて大きいんです。。

指がつりそうになって、上手に結べないけど、
たまに、こうやってまねしてみるのもいいもんですね!
お釈迦さんとの、うれしい共通点を見つけながら・・・

今後もこちらで、経過報告いたします!

*お知らせ*
いつもお世話になっている中村幸真先生が、
種智院大学のサイトでの仏画の描き方教室開講です。
今回は、丑、寅年の守り本尊の虚空蔵菩薩です。
仏画を描いたことのない方も、ぜひチェックしてみてください!
http://shuchiin-blog.weblike.jp/saishiki/?eid=5

そして、私まで~。。(汗)http://shuchiin-blog.weblike.jp/skg/
ご紹介、ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »