« 五秘密曼荼羅 | トップページ | 非凡な人たちと出会う »

ひとだんらく。。

先ほど、仏画の額縁装飾が完成しました!
完成するか、ちょっと微妙だったので、ホっとひと段落です。。

2月18日(水)~19日(木)、種智院大学の仏画と写経展が開催されます。
http://www.shuchiin.ac.jp/butsugaten08.html
私も2点ほど展示していただくこととなったので、先週末は装飾額縁の制作に没頭!

ジュエリーと同じ金属加工ですが、ちょっと勝手が違いました。
昨年作った額縁より、大きなものをつかっていることもあり、
体にかかる熱の量が大きいようで、気づかないうちに疲労しています。
私の主な作業は、バーナーワークなので、作業の大半は火と向き合っているので
少々のことは大丈夫だと思っていたのですが、想像以上に作業がはかどらず、
まだまだ慣れません。。

肉体的にはしんどいのですが、面白さも大きかったです!

お像にあわせた装飾文様を考えるのが、新鮮でワクワクします。
額縁におさまる絵が主役なので、
周りの額縁が装飾過多にならないように、バランスをとりつつ作業を進めます。
どこまで、装飾を施すかで、けっこう悩みました。。

この土曜日が最終提出日と思い込んでいたので、
とりあえず、完成した方だけでも提出しようと、額縁抱えて大学へ向かいました。
歩きの途中、しんどさが究極になったのでタクシー拾う。
大きな荷物抱えて、しんどそうに見えたのか(笑)
タクシーの運転手さんが心配してくれて、ちょっと割引してくださった。小さなシアワセ。。

久々の大学だった。
建物に入ると、お線香の香りがかすかにしてきて、懐かしい気分になりました。
学内、学生一人も見当たらず、、、職員さん数名のみ。。
仏画展の関係者も見つからず。。立ち往生。。
完全に日にちを間違えた模様。。(汗)

職員さんに作品を預け、大学を後に。。

帰りは、通学路の田んぼ道をウォーキング。懐かしい。。
このあたりは一昔、巨椋池(おぐらいけ)という巨大な池がありました。
和辻哲郎さんの随筆によると、蓮も生息していたらしい。。
現在は池を埋め立てて、巨大な農地となっております。

田んぼは農閑期で、色彩感乏しい。。
でも、春になり田植えがおわり、苗が育ち始めると、
だんだん一面が新緑と変わります。
それが、とても美しいのです。
春になったら、また見に来てみようかな?

帰り道、立ちくらみが何度も起こる。。肉体疲労かも。。

ひとだんらくしたので、
伊勢木綿の着物を出してみようかな?という気分に、ようやくなったのです。(^^)

|

« 五秘密曼荼羅 | トップページ | 非凡な人たちと出会う »

仏画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとだんらく。。:

« 五秘密曼荼羅 | トップページ | 非凡な人たちと出会う »