« DM配布 | トップページ | 三日月の帯留めと倉敷の話。 »

善通寺の戒壇めぐり

今日は夏至ですね。
私は、自動車免許書換えがありまして、広島で過ごしております。
晴れて(!?)優良ゴールドドライバーとなり(笑)、新しい免許をもらいました!
ということで、、家族と共に、香川県にある善通寺にいってきました。

善通寺は、弘法大師空海さんが誕生されたといわれています。
そして、私のお世話になってる真福寺仏画導場は、真言宗善通寺派のお寺です。
いつか訪れたい場所でした。かなり遅くなりましたが。。。ようやく。

四国に入った途端、空気が変わるというか、どこまでも清々しいのです。
空気がからっとしているんですね。
Photo_3善通寺市に到着して、まずは、宮川製麺所というところで、うどん食べました。有名なお店みたいですが、タイミング良くて、お店は混んでませんでした。
うどん小 かぼちゃのてんぷらで230円。
安さにビックリ。。ユロがいたので、軒先のベンチで食べました。
うどん屋さんを後に。

善通寺に到着。
整備されていて、きれいなお寺でした。
本堂をお参りして、弘法大師が奉られてる御影堂へ。
お参り済ませた後、お堂下の戒壇巡りへ。
戒壇巡り…一寸先もやみ状態の廊下を、壁伝いに進んでいくのです。
これは、まさに迷いの世界!という感じがします。。
以前、どこかのお寺の戒壇めぐりで、あまりの暗さに声を上げてしまったことがあり、ちょっと怖いんです。。
今回は、左手を壁、右手を母の肩。。万全の体勢で望みました。
慣れたからか、以前より怖くなかった。。ほっ。。

中間地点で、薄暗い小部屋に到着。大日如来の仏像が安置されておりました。
そして、壁には曼荼羅に登場する仏さんや図像がみっちりと描かれていました。

表現はおかしいかもしれませんが、何だか親近感のようなものを感じる絵でした。。
「これは、もしや!!」と思いつつ、再び、残りの暗闇の道に向かいました。
少しずつ、光が差し込み、とうとうゴール。

壁画がどうしても気になったので、お寺の方に作者について伺ってみたら、
製作者一覧を見せてくださいました。
なんと、私のお世話になっている先生をはじめ、導場の先輩方の名前がずらり。

なるほど~。私は、知らなさ過ぎる。(汗)

実は、小部屋の壁だけでなく、暗闇の廊下の壁にも、
曼荼羅の尊像で埋め尽くされていたのでした。

壁に触れていた私の左手、実は仏さんに触れていたのですね。
目には見えないけど、仏さんと共に、暗闇を一歩一歩進んでいたのか。。

偶然にも、先生や先輩方の描かれた仏画と出会えたことに
何かジーンときてしまいました。。

お寺を後にし、倉敷へ向かいました。

|

« DM配布 | トップページ | 三日月の帯留めと倉敷の話。 »

お寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 善通寺の戒壇めぐり:

« DM配布 | トップページ | 三日月の帯留めと倉敷の話。 »