« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

闘病日記(ただの風邪)

今日は、私の闘病(?)日記です。。かなり、どうでも良い話です。。(笑)

広島から戻った日の晩から、思いっきり、風邪を引いてしまったのです。。(涙)
私は普段、あまり風邪ひいて倒れることがないのですが、、、今回は倒れました。。

先週、広島に帰った時から、体調がなんとなくすぐれず、
一度、胃痙攣で救急病院に行こうかどうか迷った時もありました。
出雲で、いろいろ美味しいものを食べた直後だったので、ただの食べ過ぎと思っていたのですが・・・(笑)今思えば、これが風邪の兆候だったのです。。

その後、体調悪いのを、全く気にせず京都に戻るのですが、
帰りの新幹線で、マスクもせずに爆睡するわ、(たぶん、大口開けてたな。私。)
人でごった返してるイオンモールで、無意味にうろうろするわ・・・
これらも、風邪引く要因だった。

うちに着いて、晩御飯食べて、ちょこちょこかたずけしていたら、体調急変。。
全身に激痛と悪寒が走りまくり、倒れてしまいました。。

それから2日間、体の芯が寒いし、激痛で思うように動けず、
コタツにもぐりこみ(!)布団かぶって、ひたすら寝続けまして、
今朝、ようやく目が覚めた!

飲み食いなしの2日間だったので、胃が空っぽ。
助走段階で、バナナを少しずつ口にして、
砂糖少なめで作ったバンホーテンのココアを、ちびちび飲んだら、
段々、体に力がみなぎり、なんとなく復活!

そして今度は、餅を食べてみる。またまた元気が出る。

コタツで横になって、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を読む。
宮沢賢治の文章は、時によって読みにくいと感じることがあるのだけど、
今日は、いつもより不思議とすんなり体に浸透してきた。
そして、なんだかしんみりした。。

『銀河鉄道の夜』(賢治の宇宙観)を理解するには、まだまだ時間が必要です。


お風呂にも入れなかったので・・・、
先ほど、ラベンダーオイル入れた、暖かいお風呂に入って、汗をかきまくったら、
またまた復活の兆し。。
まだまだ、ご飯が食べれそうにないけど、だいぶ体調が戻ってきたようだ!
あぁ。。良かった。。

食べ物を、自由に食べれないということは、辛い事ですね。。

あぁ~。久々にしんどい思いをしたぁ~。。(汗)
長い2日間でした。。

みなさま、風邪には、くれぐれも気を付けてください!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

レモン酒

用事があり、しばらく広島に帰っておりましたが、ようやく京都の家に戻ってきました。
実家では作業が出来ないので、ネタ探しの読書三昧。
曼荼羅、ケルト神話、言霊、芹沢ケイスケさん・・・
そして締めは、今さらというか、今だからというか・・・『ノルウェイの森』(笑)

先日、出雲の旅の道中で立ち寄った農協(?)で、一つ25円の広島産レモンの山を見つけました!
安さに感動・・・(笑)
京都で国産レモン見つけると、一つ150円前後しますから。(200円近い時もあり!)
Photo_3
国産レモンが大好きです!
外国産に比べると、見た目は地味ですが・・・香りも酸味も柔らかく、上品な味わい。
一度口にすると、病みつきです!

たくさん買って帰ったので、レモン酒を漬けることにしました♪

一つ一つ、皮をむきまして、白い部分を出来るだけ取り除きます。
皮をむいたレモンは、輪切りにした方がよく漬かるとは思うのですが、
私は輪切りにはせず、丸々のままホワイトリカーに漬けました!
丸々レモンの方が、見た目が可愛いので、お部屋に飾った時に良いです!
Photo_4
お酒に、香りと色を付ける為、むいた皮を少しだけ一緒に入れます。
が、一週間ばかり経った時に取り出した方がいいみたい。
皮を漬けたままだと、お酒が濁ってしまうことがあるそうです。

レモン酒が出来上がるのが楽しみ・・・

あと、咳、のどの痛みに良く効く、カリン酒も漬けたいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三文の得。以上でした!

今日は、お墓まいりのため、出雲へ家族で行ってきました。

朝六時、家を出発。眠かった。。
薄暗い西の空には、まだ月が出ていました。
満月直後の時は、まだ丸々としていて、青白い光を放っていて
とても幻想的な光景で、月から目が離せなくなりました。

しばらくすると、今度は東の空から朝日が力強く昇ってきました。
オレンジ色の朝日が、靄がかかった道路を照らし、キラキラ輝いていました。
これまた美しい。
朝日のあたる道をドライブ!(笑)あぁ。。BGMを忘れてきたのが残念!

車が三次にさしかかる頃から、霧がひどくなってきました。
三次の霧は有名で、小高い山に登ると、雲海を見ることが出来ます。
と、いうことで、雲海を見てみることに。。

霧で視界が悪くなった山道を少しずつ登っていくと・・・
ある地点から、目の前から霧が消え、視界が良くなりました。
自分の方が霧よりも上に居るということです。

展望台あたりまで来て、下の方を眺めると、一面に雲海が広がっていました!

Photo_3

Photo_2

写真を撮ってみたけど・・・、何だか、ちっぽけに写っちゃうな。。(汗)
実物は、写真の100倍幻想的でキレイでしたよ!

月と太陽、それに雲海、一度に堪能。。まさに、早起きは三文の得!という感じでした。

その後、出雲に到着。出雲大社にお参り。修理中なので、いつもより閑散としていた。

ご先祖様のお墓参りも済ませ、いろいろ親戚に会ったりして・・・。皆さん、元気そうで良かった。
いとこ達に会うのも、数年ぶりで、久々におしゃべりしたら、かなり大人になっていた!(当たり前だよね・・・笑)

今回、もうひとつ目的がありました。
昨年、私の描いた釈迦如来像は、出雲の親戚のお家に飾ってもらっています。
今回、お釈迦さんとの再会も目的の一つだったのです。
仏間に入ると、床の間にお釈迦さんが掛けられていました。
ずっと、その空間にお釈迦さんが居たかのように、しっくりと馴染んでいたのが、とてもうれしかったです。
毎日拝んでもらって、大切に供養されてるのが、その光景をみてしっかり伝わってきました。
「ホント、幸せな絵だなぁ~。。」と思ったのでした!(^^)

出雲そばを食べ、出西釜に器を見に行き、満足して広島に帰りました!

今日は、三文の得以上の、一日になりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲気に悩む一日でした。

今年最後の、仏画のお稽古にいってきました。

今回は、供養菩薩三尊の周りをたなびく雲気をひたすら描きました。

この絵中の雲気は、天地の間を循環している気を表現していると思うので、
胡粉でぼかしを入れながら、ふわっと軽く描きたいのです。

が・・・、
これが、とーーっても難しい。。どんどん、重ーくなる一方。。(汗)
私の雲気は、地面に墜落しそうなのです。。(涙)

道場では、自分の手を動かすことに加えて、先輩の作品を眺めてトレーニング。
フワフワっと、湧き上がる、先輩の雲気を、じっくり観察。。
技術レベルの高い作品を沢山見ることが出来る環境なので、かなり勉強になっていると思うなぁ。


胡粉のぼかし
これを来年の課題にしよう!

年末、最後の稽古が終り、先生に一年のお礼をいって道場を後にすると、
「あぁ。。今年も終ったぁ~!」と、ほっと一息つくのです。

今年は、展示会の数が多かったので、なかなか仏画に通えなかったなぁ。
でも、展示会のペースも、なんとなーく分かったので、来年は、もう少し気持ちに余裕が持てるかなぁ?
そうしたら、仕事以外のことにも、もう少し時間をかけれるようになるかなぁ。。と、
いろいろ期待しているのです。

とりあえず、年明けた一月は、仏画集中月間にしました(笑)

ひたすら暈すっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーシー・リー

こちら京都は、極寒です!

昨日は、大阪のギャラリーへ年末のご挨拶に出かけました。
↑これが目的だったのですが・・・
観月橋駅で、ルーシー・リー陶芸展のポスターが目に入り、あっさり予定変更。。(汗)
中之島の大阪市立東洋陶磁美術館へ。

ルーシー・リーの存在は、仏画道場で先生から知りました。
テレビの番組や本屋さんでも目にするようになりました。

http://www.lucie-rie.jp/index.html

作品は、モダンでシンプル。フォルムがスッキリ、洗練されていました。
そして、一見すると、どこの国の作品なのか分からない。
逆に、見る側の目によって、どのようにも見える作品。
ジャンルや国境を、ぴょんっ!と飛び超える不思議な魅力を感じました!

ルーシーさんは、人生のほとんどを陶芸に捧げるほどの情熱家だったそうですが、
作品たちは、「どうだ!まいったか!」というような押しつけがましさは全くなく、
おおらかなやさしさを感じました。

私の衣食住に関するものは、自分のデコラティブな作風に相反し、シンプルを好みますので(これは、自分の中の七不思議です・笑)ルーシーの作品はものすごく好みでした。。

多くの展示品の中に、出納帳があったのには、私にとってタイムリーで、ちょっと笑ってしまいました。。(この展示、必要ですか?!)

平日にも関わらず、お客さんが多かった。そして、見る限り(笑)、年齢層が低い!
しかも、何だかおしゃれな女の子が目立っていたのが印象的でした~。
図録やグッズもモダンな雰囲気を醸し出していて、
いわゆる(!)美術館グッズに比べて、おしゃれ度が高かった。

ルーシーの作品は、とうてい手元には置けないので・・・(笑)
来週、出西窯にいって、思う存分楽しむことにするのだ!

ルーシーリーの大阪展示は、来年の2月13日まで!

作品に感動した後は、もちろん、ギャラリー14th moonへ。
3つのギャラリーでは、今年最後の展示をされていました。(24日まで!)
今年初めに、9年続いた仕事が無くなり、困っていたところ、
ものすごいタイミングで助けてくださいました。。
この一年、ギャラリーのお二人には、大変世話になりました。
来年も、個展頑張ろう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤めのうの羽織紐

  今日は、昨日のどんより空と打って変って晴れましたので、朝から大きい物を洗濯しているのです!
が・・・ものすごく天気が悪くなってきた。。(汗)危険です。。

昨日は、朝から晩まで(汗)丸々一日かけて、今年、貯め込んでしまったレシートを整理して、帳簿を付けました!長い一日だった。。
今年は特に、制作のペースが変わったので、帳簿の事はほったらかしになってしまいました。。(汗)

毎年、自己流のハチャメチャな申告をしていたので、「一度は、基本的な事を勉強したいなぁ。。」と思っていた矢先、
タイミングよく(!)税務署から連絡があり、初心者向けの指導を受けることになりました。
昨日も、担当の税理士さんに来て頂き、一緒に帳簿を付けていたのです。長丁場でした。。
トンチンカンな私にも、親切丁寧に教えてくださるので、解りやすい!
目から鱗!な事もたくさんあります。
支出を計算すると、いまだにゾッとしてしまうのですが・・・
自分の事ハッキリ知る事は、いいことだ!と、改めて感じました!
「借方」と「貸方」の計算が、ピッタっと合った時のスカッと感は、クセになりそうです。。(笑)

大きな夢、みなさんに立ち寄ってもらえるアトリエ設立に向かって、
ぼちぼちっと頑張るのだ。。


先日のイベントで初登場した羽織紐、
お披露目するまで、「どうだろう?!?」と不安になっていたのですが、奇跡的に、一つお嫁入りしました!うれしかったです。。
羽織を着てらっしゃったので、その場でフィッティング。とってもお似合いでした!
羽織紐は、これからも調査研究していきます!

と、いうことで、
本日は、羽織紐をご紹介いたします。

赤瑪瑙を使った、唐草の羽織紐Photo
大きめの赤メノウですが、赤味に落ち着きがあります。


オニキスの羽織紐108_2こちらは、シンプルなタイプです。
このままでも使用可能ですが、
中央のマルカンに、いろいろなチャームを付け替えて使えます。
今後、チャームが増える予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デトックス効果か?気分屋さんか?

この一週間は、仕事は普段通り出来たのですが、
まだ、イベントの疲れが残っていたのか、背中に、何とも言えない倦怠感を感じていました。
熟睡型の私にしては珍しく、眠りも浅いし、食事を作る気力が全く湧いてこず、ご飯を炊く事すら出来ませんでした。。

昨夜、どうにかこうにか重い腰を持ち上げ、
ご飯炊いて、出汁をとってお味噌汁作って、久々に普段のご飯を食べたら、
お腹に力が入ったような感じがしました。
粗食ですが、やっぱり、普段のご飯が一番安心するし、元気が出る!
食事って、大切なんだ。

元気が出たついでに、着付けの練習もしたりして、よりパワーアップ!
わたし、かなり気分屋さんっぽいですね。。(苦笑)


今日は、一日仏画でした。
目ざめは、すこぶる悪い方ですが・・・早朝から、しゃっきり目が覚めました。

今年は、仕事のペースが変わり、なかなか仏画に通えず、絵の完成が遅れています。。

今日は、朝から夕方まで、絵の背景に、緑がかった群青色の岩絵の具をひたすら塗りました。
塗っては乾かし、塗っては乾かし…
絵具のムラが無くなるまで、何度も何度も、根気よく繰り返します。
岩絵の具を塗り終えると、全体的に、ぐっと引き締まった感じがしました。
この絵が完成したら、額縁に装飾出来たらと思っているのです。。

今日は、ちょっと体力に自信がなかったのですが、
作業が進むにつれて、だんだん元気になりました(笑)
何だか、先輩のハッピーなお知らせも飛び出したりして・・・(^^)
終わって、うちに到着した頃には、完全に回復して、元の自分に戻っていました。。

私は、少々頭が痛くても、彫金の作業をすると、ピッタリ頭痛が治ったりするのですが、
仏画にも、体の疲れを吹っ飛ばす効果というか、デトックス作用があるのでは??と思ったのでした!

もしくは、好きな事をしていると機嫌の良い、ただの気分屋さんなのかっ?!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に徹子の部屋を見た。

朝から、昨日届いた「VIVA ELVIS THE ALBUM」聞いておりました。

「もし、今、21歳のエルビスがアルバム制作したら、こんなの作るだろう・・・」というコンセプトで作られたアルバム「VIVA ELVIS」。
シルクドソレイユの音楽プロデューサーの方々が、いろんな時代のエルビスをこだわり抜いてサンプリングした作品だそうです。
設定年齢が21歳だからか、終始、ご陽気で、不思議なデュエットも出てきます(笑)
これはこれで、楽しいのかも・・・でも、すぐに飽きそう・・・が、本心。。(汗)
最終的に、オリジナルアルバムが聞き直したくなる。そんな感じで、スミマセン!(汗)

昨日、たまたまテレビを付けたら、「徹子の部屋」が!

今回のお客様は、着物蒐集家の鈴木重子さんと、着付けの大久保信子さん。
なんだってーっ!!ラッキー過ぎる。。
テンションが、自分では収まりが付かないほど、急上昇をして、
終始、目がギラギラさせ、身を乗り出して、放送を見続けました。。(怖いですっ)

お二方とも、着物の本を眺めていると、頻繁に目にします。有名な方々ですね。
私は、鈴木さんのコレクションされた着物小物の本は教科書ですし、
着付けで困った時は、大久保さんの着付けDVDに助けられています。

鈴木さんの集められた着物類は、個性的で華やかで、圧倒的な存在感がある。
自分の着物とは全く違い、グレードの高いものですが、見てるだけでも楽しい。
鈴木さんは、今年で82歳とのことですが、
説明が的確で、口調もはきはきされていて(徹子さんよりも!笑)、
そんなところにも感心してしまったり・・・
大久保さんは、私のあこがれの人。。美しい。今回も素敵でした。。

鈴木さんが、着物のコーディネートに関するお話の中で、
「帯留めは、画竜点睛です。」と言われました。

コーディネートの最後に登場する帯留めは、龍の絵に目を入れるかのごとく、重要なのだそうです。
画竜点睛かぁ~!
何だか、この言葉を聞いた途端に、立ちあがりたくなりました。。(笑)
創作意欲が湧いてきたのです。

大久保さんが、「最初は恥ずかしくても、着続けていたら、着物が体に吸いつくようになる」とおっしゃっていたのに、
私はビビビっ!と来てしまいました。。(笑)

まだまだ初心者過ぎて、恥をかいている事にも気づいてないかもしれません。。
着物が吸いついてくれるまで、着続けよう。。と決心しました!(?)

なんだかんだ、長々と書いてしまいましたが
どうも私は、自分が思う以上に着物が好きなのかもしれません。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きなクォーツのペンダント

久々に、のんびり映画を見ました。
「クレイジーハート」http://movies.foxjapan.com/crazyheart/
昔、一世を風靡したカントリーシンガーが、今は落ち目となり、酒に溺れ、地方巡業の日々。
巡業中に出会った一人の女性によって、再出発するというお話。
よくありそうなストーリーですが・・・(笑)、面白かった!
俳優陣の演技に現実味があって良かった。
私は、主演のジェフ・ブリッジスにはまりました。。これで、オスカーを獲られたのですね!
やさぐれシンガーの情けない姿が、ものすごく切なくて、かっこよくて・・・(笑)
そして、歌が上手い!本物のカントリーシンガーのようです。サントラがほしくなりました!


今日は、最近制作した大粒クォーツのペンダントをご紹介いたします。
どちらも、美しいルースでした。

バイカラークォーツのペンダント「宝珠」Photo基本的にはブラウンクォーツですが、下の方は透明のクォーツです。
美しいブラウンのグラデーションがみられます。

石枠には、宝珠から気が湧き出しているイメージで装飾を施しております。
宝珠は、仏画のモチーフとしてよく登場する水晶の玉。クォーツ繋がりですね!Photo_2 石枠の周りを、ぐるりと一周、気が円環しているイメージを表現しています。
Photo_3 チェーンは、ボリュームのあるルースとのバランスを考えて、シャイニーチェーンを採用。
以前より、ゴージャス感がアップ致しました!


五角形レモンクォーツのペンダント「気」Photo_4
五角形をした珍しいレモンクォーツのルースを使ったペンダントです。
こちらの石枠にも、気が湧出しているイメージで装飾を施しました。
Photo_5こちらも、シャイニーチェーンを使っていますので、より華やかです。


どちらの作品も、今回、お客様のもとに旅立って行きました!
ありがとうございました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

フェア終了しました!

昨日、クリエーターズアクセサリーフェアが無事終了いたしました!

会場にお越しくださった皆さま、遠くから応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました!
イベント担当の方々や、参加された作家さん、お手伝いしてくれたHちゃん、Mさんには、大変お世話になりました!

今回、参加されたアトリエの数が、前回の2倍以上になったので、
私はその中で埋もれてしまって、お客様に見て頂けるかどうか不安になったり、
会場の雰囲気が前回と全く違っていたり、会期も短くて・・・
不安なことがいろいろありましたが、どうにかこうにか、最終日まで持ちこたえました。(笑)

自ら店頭に立ち、自分の作品をお客様にお薦めするのは、
どうも、こそばゆい気分になってしまいますが・・・(汗)
直接、ご意見やアイデア等をお聞き出来るのは、やっぱり一番の勉強ですね。

会期中は、うれしい出来事がたくさんありました。
すべてを紹介すると長くなってしまうので、一つだけ・・・
前回のフェアで初めてお会いした方々との再会がありました。
作品を身に着けてお越しくださった方々、お着物でお越しくださった方々、私のブログをチェックして下っている方々。
その中には、10月の個展では、DMをお送りすることが出来なかったにも関わらず、
マニフェストギャラリーを探し当てて、来てくださった方も多いです。
自分が気がつけてないところで、気にかけてくださる方がいらっしゃることが
ありがたくて、心から感動しました。。
感謝の気持ちをうまく伝えることが出来ませんので、
これからの頑張りで表現していけたらと思います。
しかし・・・今回、ブース面積の関係で着物を着て行けなかったことが心残りです!


今日は、朝から什器を受け取り、後かたずけ。その後は、用事をしに京都へ。
しばらく、読書をする余裕がなかったので、久々に本を買って帰りました。
白洲正子さんのエッセー集『金平糖の味』と中村元さんの『慈悲』。

白洲さんの『金平糖の味』をちょこっと読んでみた。
「自分の色」という着物にまつわるエッセーで立ち止まる。
ジャンルは違えど、作り手の心意気に同感したので、自分の為に、気になった部分をメモリます!(笑)

光琳には「美しいものをつくる」それだけが目的であった。
見せる、のじゃなくて、創る、のだ。相手は、着物だろうが屏風だろうが、何でも構わない、ただ飢えた様に、ひたすら美を生む事だけを仕事とした。

自分に忠実である事、自分の仕事に打ち込む事、それがすなわち文化というものだ。

昔はえかきですら、画工とよばれた一介の画師にすぎなかったに違いない。

芸術家があまりにも芸術家になった今日、今こそ工芸家が職人としての誇りを取り返すべきではないだろうか。

芸術品をこさえようとするから失敗する。いい物を作れば、おのずからそこに芸術があるだろう。


また、明日から普段の制作に戻ります!
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オーダーメイドジュエリーも受付中!

阪急うめだ本店にて開催中の「クリエータズアクセサリーフェア」も、今日で4日目になりました!私は毎日、元気に売り子さん業に励んでおります。

これまで、会場に足をお運びくださった皆様、本当にありがとうございます!

B
会期中、展示販売のほか、オーダーメイドジュエリーのご相談も承っております!

実際にお会いして、お手持ちのルースを眺めながら、理想のデザインをじっくりお聞き出来たり、 サイズを測れたりするので、とても良い機会だなぁ。。と思いました!
D

会期は残り2日となりましたが、お気軽にお声をかけてください。
ブースは、エスカレーターすぐ横!心よりお待ち致しております。

ではでは これから大阪へ出発!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリエーターズアクセサリーフェア始まりました!

今日から、阪急うめだ本店で「クリエーターズアクセサリーフェア」が始まりました!
ほぼ徹夜状態で、始発の京阪に乗り込んで搬入してきました!

途中から、ヘルプで友達が加わってくれて心強かったなぁ~。。
棚に、友人が制作したXmas仕様のリースを取り付け、ディスプレイが整いました。
素敵に仕上がったので、写真をバチバチ撮ったのですが・・・
会場にカメラを忘れてきました。。(涙)
ブースの模様は、明日以降アップしますね!

友達には、前回に引き続き、スタッフとして会場で活躍してもらいました。
以前もご紹介しましたが、私たちは10代の頃、京橋のTップネスでイントラとして、そして梅田のDトールでスタッフとしてタッグを組み(?)、日々バイトしていました。
箸が転んでもおかしい乙女だった私たちは、しゃべり過ぎ。笑すぎ。で、ハッキリ言って「仕事」とは言い難かったです。。

しかし、それから18年が経ち、再び大阪に舞い戻り、タッグを組むとはっ!
しかも、今度は個人事業主として・・・(笑)
時の流れを感じる~。
今日も、息の合った仕事が出来て、助かりました!

会場にお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました。

帰りの京阪電車。
淀屋橋から乗り込んで、気づいたら中書島でした。。
熟睡した。。


カラーチェンジトルマリン 胡蝶のリング
085 
このカラーチェンジトルマリン、
光のあたる角度によって、深い緑色にみえたり、紺色に見えたり、紫色に見えたり・・・・
とても面白い石です!

蝶を横から眺めたような形状をしております。
092_2 以前ご紹介したガーネットのリングとともに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »