« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

MU-RAに納品しました!

先週末は、早くも台風到来で、こちら京都も大雨が続きました。
各地で被害が出ておりますが、皆様のお住まいは大丈夫だったでしょうか?
雨雲が東北の方へ移っているので、何もなければいいのですが。。

私はうちに篭って、DVDを流しっぱなしで作業をしておりました。
 
ソウルパワー」(←リンク先、突然音が出るので気を付けて!)
1974年の秋、ザイールで開催された伝説の音楽イベント「ザイール74」のドキュメンタリ作品。
ジェームズブラウンをはじめとする、ソウル、ファンク、キューバ系ミュージシャンが、多数出演。
熱かった!楽しい!
でも、こんなに熱くて、最高な音楽の裏側には、悲しみや苦悩が秘められているんだ。

今日は、夕方から食事に出かける日だと思い込んで、いつもよりだいぶ早く仕事開始!
ムーラに、久々に納品をさせて頂くので、値札を付ける。。
念のため、友達に待ち合わせの確認メールを送ると、
「明日やでっ!」と返信あり。。(汗)危険です。。

勘違いした事で早起きが出来ましたので、予定より早く発送準備完了!(苦笑)

今回、20点納品させていただきます。
今週末には、お店に並べてもらえるかな?

その中でおすすめは、一粒石のペンダントです。
A
右は、ココア色をしたスキャポライトのペンダントです。
ふんわりと優しげな赤茶色がかわいいです。

左はプリナイトのペンダントです。
表面のカットが亀の甲羅のようで、何気に珍しいと思います。

どちらも上品な色味をしております。
石枠は、HANAらしさのある装飾を施しております。

ピアスは装飾系のものを中心にしております!

そういえば・・・
ムーラにジュエリーを置かせてもらうようになったのは、今から10年前。
初めて東京のイベントに参加した時に、社長さんに声を掛けて頂いたのがきっかけなんだ。
それからずっと、お店に並べて頂いているんだ。。
10年って、長いようで、あっという間だな。。今まで、のらりくらりとやってしまったので、、、 
今年からは、もっと納品など、活発に行っていこうと思っています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛天

きょうは、久々に仏画をブログに載せてみよう。

普段は、家で仕事をしていますので、道場で先生にご指導を受けれるのは、月に1~2度。
あとは、うちで時間を作って、コツコツ描きます。
今、仕事が次第に忙しくなってきており、いっぺんにたくさん描く事は出来ないため、
少しでも時間を作っては描く。の繰り返し。
でも、日々のちょこと!が少しずつ積もっていって、
気が付いたら、一つの絵が完成していた!という感じです。

最近、飛天が一対完成しました。
私は、こてこてに、濃い色を塗ってしまう所があるので、
今回は、軽やかで、優しい色味を使って、
飛天が天にふわっと舞っている様子を表現したかった。
いつもの色で描くと、どっしりとした飛天になりかねない!
それじゃ、重過ぎて、天から墜落してしまうからっ!(イメージ的に・・・汗)

A
飛天、天人、天女・・・
仏教で、悟りに到達する道のりを表す「六道」の中のに属しているそうです。
ちなみに、六道は、天、人、阿修羅、畜生、餓鬼、地獄、だそうです。。
天は、人より、一つ先輩ということなのですね!
数年前、一大ブームとなった阿修羅は、人間より一つ後輩ということになるのか・・
だけど・・・
一人の人間の中には、六道すべての要素があるような気がする。
どこの部分を多くするかは、本人次第だけど。。(汗)
餓鬼や地獄の部分は出来るだけ少なく!いや、手放したいのもですねぇ~。。(大汗)

えーっと・・・話がそれました。。

飛天も、やはりインドから中国を経て、日本に伝わってきたようです。
各地で、それぞれの風土や文化を吸収して、姿が変わっていく様子がおもしろい!

インドで、飛天の原型とされるものには、背中に羽があるようです。
まさに、西洋のキューピッド!

そのうち、飛天の背中から羽が無くなったようです。
男性像のみだったのが、女性像や童子像が増え、バリエーション豊かに。

中国の西域に入ると、飛天は楽器を持ったり、散華をしたりし始めます。
このあたりから、仏さまを供養する存在。というイメージが強くなるのですね。

飛天が中国を通過すると、飛天の周りに雲気が湧きあがっているパターンが多いです。
中国「気」の思想に影響を受けたのでしょうか。
雲に乗っている飛天も登場したり、、、キントン雲の原型か?!

雲気と天翔ける神霊。私の好きな組み合わせです。
B
法隆寺に残る飛天は、おおらかで、のびやかな表現がされていた。
飛鳥時代~奈良時代の宝物は、大陸の香りを感じられて好きなんだ。。

これらを描く際、飛天に関する本を読んだりしました。
自分が描こうとしているものが、どんなことを意味しているのか、ちょこっと勉強してみると、実際に描く時、モチーフに対する思い深くなるような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メイン作品完成か・・・

もう梅雨に突入したという事ですが。。。
ここ数年で、日本から四季が無くなりつつありますね。
ゲリラ豪雨といい、何だか、東南アジアの気候に似てきてる。
このままいくと、雨季と乾季のみになるんじゃないのかと心配です。。(汗)


今日、ようやく夏の個展「天翔ける」のメイン作品「鳳凰の帯留」が完成しました!
天を翔けめぐっているような作品に仕上がったような・・・気がしますが。。
でも・・・
一晩寝て、明日起きて、冷静な目で、改めて作品を眺めてみよう。
この作業、いつも大切にしている事の一つ。
それで、明日見直して完成だったたら、次はDM用の撮影です!

実は、この作品に取り掛かったのは2年くらい前でした。。
はじめは、ブレスレットとリングが繋がっているハンドピースを作る予定でした。

その時は、「鳳凰が作りたい!」と意気揚々と作り始めました。
まずは、銀の地金を、裏から金槌で叩いて、鳳凰の胴体を形成しました。
鍛金という作業です。

鍛金で胴体部分が出来あがり、尾の部分にさしかかった時点で、
言葉で表現し難い違和感を感じてしまい、どうしても先に進めなくなりました。

テーマがハッキリしていたのに、手が動かない。。という苛立ちもありまして、
泣く泣く途中で制作を中止。棚の奥に寝かせていました。(置きっぱなしともいう)

時を経て、「天翔ける」というテーマにめぐり合い、
ふと、棚から、鳳凰の胴体(!)が、顔を出しました。
「天翔ける」というテーマにピッタリではありませんか。。

あぁ。。そうか、この鳳凰を天に羽ばたかせる時が、ようやくやってきたのかぁ。。

変更ポイントがいろいろ出てきた。

①地金を叩いて作ったごっつい尾っぽを、軽やかでシンプルな銀線に変更。
②ルースの数と色を少なくして、全体的にシンプルに。
③ゴージャスなハンドピースから帯留めに変更。

はじめのアイデアより、かなりシンプルなものに変更となったのです。
その中でも、③がこの数年間で、私の変化を象徴していると思った!
当時の私は、着物に興味がなかったので、帯留めを作ろうという発想はなかった。
そして、今年の個展は、着物小物がメインというのも、数年前の私には、夢にも思わなかったでしょう。。

着物との出会いが、少しずつ作品制作に影響を与えている。
そして、生活にも変化をもたらした。

いろいろな出会いが、自分の中をどんどん変えていくんだなぁ。。
数年前の自分と、今の自分。同じ人間であり、全く違う人間。

「いつまでも変わらないもの」と「流れ流れて変わっていくもの」が同居する。
こうゆことも、不易流行といえるかな?


難題が一息ついたら、素敵な知らせが入った!
先日、作品を作らせていただいた方から、お電話を頂いたのです!
このお仕事も、私にとってはじめての挑戦でした。ので、難題でした。

いろいろな方の力をお借りして完成したので、いつにもなくプレッシャーを感じていたのですが、ご依頼主様は、とても気に入ってくださったことを、丁寧な口調でお話してくだいました。
私は心からホッとしたのか、体中を、温かい血が勢いよくかけ廻った様な高揚感を感じたのでした。。(^^)

作品が完成して、プレッシャーから解放された瞬間が、一番しあわせ!
仕事のプレッシャーを感じた時に、左ひじに必ず湿疹が出て、ひどくなるのですが、
今見たら、少し収まっていた。良かった。。

でも、この幸せも、ホント、一瞬(汗)また、次が始まるのだぁ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇は新なり

今日は、MIHOミュージアムで開催中の長沢芦雪展を見に行ってきました。

以前から、噂(?)に聞きしMIHOミュージアム。信楽の山の奥にあるとのことで、
お友達に車で連れて行ってもらいました。ありがたい。。

MIHOミュージアムに到着。駐車場は、車で埋め尽くされていました。
ミュージアムの敷地内、どこ見ても、立派な素材で作られていた。ゴージャス美術館(汗)
コンクリートに詳しいお友達曰く、最高級のコンクリートを使用されているとのこと。。(汗)
大雨なのに、水たまりが出来ないのです。。何気に、ゴージャス。。

長沢芦雪の作品に出会ったのは、京都に来て、仏画を始めてから。
心が折れかけていた時に、ある展覧会で芦雪の『寒山拾得図』に出会いました。
絵の中の二人が、何とも言えないおおらかな表情で笑っていて、心がほっこりとした事がありました。
しばらくして、絵のお手本として選んだ作品すべてが、芦雪のものだった事がありました。
それらがリンクして、私が芦雪好きである事に、かなり時間が経って気付きました。遅い。

心の奥の方で、芦雪に惹かれるのはなぜだろう・・・

長沢芦雪(1754-1799)
江戸時代の画師。京都の円山応挙を師として、絵を学ぶ。
後に、応挙の名代として、南紀の各地で絵を描く旅に出ます。その頃の絵がおおらかで素敵なんだ。
最近、何度かNHKで特集されましたね!

芦雪の絵はシャレが効いていて笑える。おおらかさを感じるんだ。
絵のモチーフが、画面からはみ出すほどドアップで描かれたり、大胆で迫力のある構図も大好き。
獣の毛、一本から描かれている様な繊細な絵もあれば、一筆描きの様な大胆な絵もある。振り幅の大きさも魅力。
唐子や動物の表情が何ともいとしい。特に犬の表情に芦雪の愛を感じる。
芦雪も犬が好きだったのかな?
ユニークだけでは終わらず、しっかりとした技術を揃えているというところも好き。

芦雪の奇想天外な面白エピソードもたくさんある反面、
子供に先立たれるなど悲しい出来事も多く経験しているようだ。
喜怒哀楽、体いっぱいに経験してるから、あんな思い切った作品が描けるのかな。
自分の作品は、自分の体の中に蓄積された経験からしか作り出せないものなぁ。。

芦雪の印は、枠で囲まれた魚。

201105222235000
枠は氷で、魚が自分。「氷の池の中の魚」という意味があるそうです。
偉大な師である応挙を型を越えていない芦雪を象徴しているのだそうです。

201105222149000寒山さんと拾得さん。笑ってる。。
左端中央の朱色の印が、魚の印です!

奇は新なり。

この一週間は、いろいろな人や作品に出会って、いろいろな形の愛をたくさーん吸収した!
時間を共有してくださったみなさんに感謝!
さぁ、本腰入れて、制作に入るのだっ!頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国芳展 経由 京セラドーム

昨日は、大阪市立美術館で開催中の「歌川国芳展」に行ってきました。
この国芳展と、MIHOミュージアムで開催中の長沢蘆雪展は、今、どうしても見ておきたい展覧会です。

久々の天王寺でしたので、四天王寺に立ち寄り、御先祖供養。
四天王寺と言えば、亀ですが・・・
201105201338000
亀池の中央ステージに、一羽のクロサギが堂々と佇んでいた。
周りには無数の亀。
クロサギが亀を相手にライブしてるみたいで、かわいらしかった。。

国芳展は・・・・

絵の構図の斬新さ、モチーフの扱い方、色の鮮やかさ・・・・
自由で、面白くって、躍動感満点!
現在のお仕事に置き換えると、イラストレーターさんとかグラフィックデザイナーさんに近いと思った。

作品から溢れ出す、強烈なエネルギーは何??
たくさんの色が使われていないのに、こんなにもカラフルに見えるのはなぜだろう?
国芳って、どんな人だったんだろう??
いろいろな思いが、頭の中をかけ廻りました。

どれをとっても、私の中にあった浮世絵のイメージを壊しました。
好き嫌いが分かれるかもしれませんが(笑)私は好きです!

アイデアマンであるだけでなく、ちゃんとした技術者である事に感銘しました。
400点という膨大な展示品に、満腹状態になりました。
かなり刺激を受け、創作意欲が湧いてきました!

今回、ご一緒したお友達は、着物姿。とってもお似合いで、素敵だった~。。
これからも、美術のことや着物のことを共有できたらと思っています!

お友達とは天王寺でお別れし、京セラドームへ。

再び、カープ観戦。

「カープ、カープ」とつぶやいてる私に、お友達が、開幕前からこの日のチケットを準備してくれていたのです。。(涙)
カープファンでないにも関わらず。。(笑)感謝っ!

201105201818000
ドームに到着する前までは、お客さん入ってないだろうなぁ~。と、予測していたのですが、
「どこから、集まってきたの?」と聞きたくなるほど、カープファンだらけ。
大阪にもカープファンが居るのですね。。(失礼。。)

関西で生活していると、「カープ」とか「広島」という言葉を耳にする事は皆無ですが、
「地元?!」と、錯覚してしまうほど、私の周りは、カープ一色で盛り上がりました。

試合は負けたにも関わらず、思う存分しゃべって、笑って、再び、十二分に楽しめました。
ありがとう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メイン作品作る

今日は、晴れ!ちょっぴり乾燥気味のお天気でした。
春に蒔いたバジルが芽を出しました!今年は発芽成功!
よーく見ると、苗は小さいけど、葉っぱ一枚一枚がしっかりバジル。かわいいです。

201105120827000

6月の阪急さんの「クリエーターズアクセサリーフェア」の準備が始まりました。
制作、展示準備も大切ですが、もっとも大切なのは、体力作り!
展示会は、体力がないと話になりません。
お客さまに直接お会いできる喜びも大きいですが、体力消耗も凄まじいです。
私の周りでも、体力作りに関して真剣に考えている人が多くなってきた。(お年頃ですから)
仲間内ではマラソンしようか!とも言っていますが、逆に体力消耗しそうです。。(笑)

並行して、広島駅前福屋さんでの夏の個展「天翔ける」の準備も開始しております!
先週末、広島に戻った際、個展の打ち合わせをしてきまして、
会場を見たら、想像より広かった。。(汗)

夏の個展は、一応、私の新作発表の場ですが、
ワンコーナーに、私の好きなものつくり仲間さんの作品に登場して頂く予定です。
只今、交渉中!

今日は、個展のメイン作品の制作に没頭。
今月中に完成して、写真を撮らないと、DM制作が間に合わない。。(汗)
ちなみに今、作業工程の半分あたりに差し掛かっております!

モチーフは、天翔ける神獣。
DM出来るまで、秘密です。。(笑)

今年は、12月までこのようなペースですが、山場だと思い、がんばって登りきる!
昨年は、心に余裕が全く無くて、一人でつっ走っていたけど、
今年からは、仏画やジュエリー制作や着物をツールに、いろんな人と関わり合いながら、
もうちょっとだけ、生活を楽しむ余裕を持ちたい。

今年半年を振り返ると、そんな夢の生活が、少しずつ出来始めていることに気づく。
だから、最近、何だか楽しいんだ。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

着物で出汁講習 リターンズ!

今日は、花屋敷にあるギャラリーカフェBONTEさんに行ってきました。
着付けの吉田道呼先生主催の「着物で出汁講習 VOL2」が開催されました。

出汁講習前に、私は久々に道呼先生に着付けのお稽古を付けていただくことに。
毎回、個性的で、かっこいい道呼先生ですが、今日は特にカッコよくって。。
日本髪に個性的なちりめんの着物。道呼先生ワールドが確立されておりました~。

今日は、半幅帯の練習。
初心者の私は、名古屋帯をお太鼓にすると、なんとかカッコがつくのですが、、、
半幅帯は、お尻の大きさが目立つし、なかなかカッコよく結ぶ事が出来ません。

基本形の文庫結び。
習う前は、文庫結びといえば、子供の頃に着た浴衣のイメージでしたが、
最後の帯の始末の仕方で、いろんな表情が出るのが、目から鱗!文庫、面白いです。。


着付けのお稽古が終わったら、だし王子こと、上出浩由先生の出汁講習&ランチです。
上出先生の出汁講習は、今回、2度目。

201105171339000
食生活のせいなのか、お若いからなのか(!)、先生のお肌はとてもキレイ!
着物姿もキャラクターが引き立って、お似合いでした。

先生の自然食品のお店「サヌキ・アワ」 http://www.sanuki-awa.com/

前回、先生の講習を受けた時から、出汁引きにはまりまして、
家では、科学調味料は使わなくなり、日々、出汁を取るようになりました。
良い材料で、丁寧に引かれた出汁は、味がついていなくても極上の味がするのですね。

201105171430000
今日は、麺つゆの作り方を教えていただきました。
そのおつゆを使って作られたランチを頂きました。
冷やしうどん、ナスの揚げひたし、きぬさやの白和えは上出先生が、
人参サラダは道呼先生が作られました。
どれも丁寧な優しい味がして、私好みでした!


私は何でも食べますが、薄味、玄米、野菜中心の料理のほうが好きなので、
粗食には何の苦労も感じません。
その方が、かえって体が喜んでいるのがわかりますし。
ストイックになりすぎるのは、私には無理ですが(笑)
今、「食べること」についてもっと知りたいです。

いろいろやりたい事があるから、
健康的に長生きしないと、時間が全然足りないと真剣に思っている!(貪欲ですか?笑)

自分の体は、自分が食べたものが作ってる。(矢野彰子さんの歌みたい?)
「食べること」には、自分で責任もっていきたいなぁ。



201105171922000
今日は、大好きな福島・会津木綿の着物を着た。
ブルー×ブラウンの縞模様がチョコミントみたい。。

なめらかな伊勢木綿も好きですが、
会津木綿は北国の織物だからか、生地がしっかりしていて、どっしりとした着心地。
会津木綿を着ていると、守られてるような気持ちになる。
福島に行ける日を夢見てる。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第一回仏画教室

この週末は、不動院で仏画教室がありましたので、広島に戻りました。
 

当日の朝、広島駅に降り立つと、日差しがキラキラして、色が濃かった!
湿気を含まない広島の空の色は明るい!
でも・・・お肌には、湿気を含んだ京都のお天気が良さそう。。(笑)

前回の体験教室では、先生にお越しいただいたので、単独開催は初めて。
下絵や材料の準備や、生徒さんにお配りする資料作りをしたり、
休憩用のお菓子を考えたりしていたら、あっという間に当日を迎えました。

さぁ、教室がスタート!
始まる前は、かなり緊張するだろうなぁ。。と思っていたのですが・・・
生徒さんが朗らかで、熱心に向き合ってくださる方ばかり。
私は、教室の雰囲気にものすごく助けられました!

三時間の教室は、あっという間に終了。
教室の雰囲気が、とても明るくてポジティブな雰囲気が漂っていて、
私は元気をもらって帰りました!

これから、月一ペースで開催します。
来月に向かって、頑張って準備して、また広島に戻ってきます!


教室が無事終了し、マツダスタジアムにカープ観戦に行ってきました!
Securedownload
今年、初めてのカープ。
巨人戦とあって、球場は満員で真っ赤に染まりました。
私の席は、外野のレフトだったので、巨人ファンと入り乱れての応援。

201105151218001
屋根があって、風が通る席だったので、観戦中は、かなり気持ち良かった~!

201105151237000
ランチは、カープ選手飯。
私は、「赤松選手 鶏から揚げマヨ丼」で、友達は「横山投手 ユッケジャンクッパ」。

残念ながら、3-4でカープは負けましたが・・・(カープ頑張れ!!)、
気持ちの良い空間で、久々にお友達とおしゃべりできて、楽しい休日となりました!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸宝飾展

201105120826000今朝、ようやくミニバラが咲きました!

201105130846000
咲き始めると、あっという間に散ってしまう・・・ホント、儚いです。。


今日は午前中から神戸へ行ってきました。
恒例の神戸国際宝飾展最終日、なんとか間に合った!

三宮に着いたら、お昼ご飯タイムになったので、早速ランチ。
何気に歩いていたら、MINTというカレー屋さんを発見。雰囲気の良いお店。

私は、激辛タイ料理など平気で食べていたのですが、
最近、体質が変わったのか、辛いものを体が受け付けなくなりまして、
見知らぬお店のカレーは、ちょっぴり不安だったのです。
が・・・(汗)どうも気になって、入店。チキンカリーを注文。

小麦粉を使っていないそうで、さらっとしたカレーで、
一口目で、「丁寧に作られたのね。。」といいたくなる味!
スパイスの味はしっかりしてるのに、辛すぎず、何とも優しい味。食べやすい。
そして、女子一人でも入りやすい、落ち着いた雰囲気のお店でした。

また行きたいのですが、道順がわからない。。
次、お店に行けたら、「ナスとアボガドのカレー」を食べてみたい。。

ポートライナーで宝飾展に移動。
会場が縮小され、展示ブースの数が本当に少なくなり、いつもの活気がなかった。。
震災の影響で、海外からの出展が減ったのでしょう。

私のいつもお世話いなっているお店はすべて出展されていたので良かったです。。

今まで、宝飾展特有の派手派手な(バンド演奏あり!)演出が苦手だったはずなのに・・・
ここまで元気がないと、何だかさみしくなってしまいました。

短い時間でしたので、集中してルースの仕入れをしてきました。
また、ウェブショップの方でご紹介出来たらと思っております!

明日は朝一で広島に移動です。仏画教室が本格的に始まります!
今もなお、明日教室でお配りする資料をプリントしております。。(汗)
やっぱり、ぎりぎり行動になってしまう。。(汗)
明日、頑張ろー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まほろば行き電車に乗って

先週末、阪急さんの母の日イベントが終了致しました。
会場にお越し頂いたみなさま、本当にありがとうございました!
次回の展示は、6月24日から始まる「クリエーターズアクセサリーフェア」です。
こちらでは、私が会場で販売させていただきます。ぜひ、お気軽にお声をかけてください!
 
さてさて・・・
ちょっと用事があって、奈良・桜井の三輪へ出かけてきました。

初瀬周辺は大好きな場所です。
自分の生まれ育った場所とは全然似てないのに、妙に懐かしく安心して、心の奥の奥の方が喜んでいるのです。
ちなみに、大阪の天王寺~南船場~本町にかけても、同じような気分になります。(これはDNAの影響でしょうか?)
逆に地元の広島には、新鮮さを感じるのが不思議。。(好きです!広島)
もし、前世というものがあるとしたら、関係があるのだろうか?!?
説明不能の不思議ちゃん話で失礼しました!(笑)

JR奈良で、まほろば線に乗り換え。2両編成のかわいらしい電車。
昼下がり、ふんわりと優しい日差しに包まれ、電車でゴトゴト・・・あぁ。眠い。。
山々の新緑が、まぶしいほどに輝いていました。
ひたすら続く、のんびりとした田園風景を眺めていたら、
一つ一つの建物は、もちろんのことながら現代のものなのですが、
古代の空気が充満してるようで、万葉集の時代にタイムスリップしたかのような気分になりました。(寝ぼけているから?)

無事、三輪に到着。用事を無事済ませ、三輪を散策。

三輪山のふもとにある大神神社(おおみわじんじゃ)へ。
鳥居をくぐると、表の空気とは違って、ひんやり、スッキリしていました。
大神神社に直接お参りする機会はなかなかありませんが、
私の家にある三輪山の木に、毎日お参りする気持ちでお水をあげています。
201105091455000

201105101638000
参道で、新鮮な(!)松ぼっくりを拾う。秋の個展のディスプレイに使うのだ。


まほろばという言葉も、いい響き。。

まほろば・・・・
素晴らしい場所。住みやすい場所。という意味があるそうです。

『古事記』に、ヤマトタケル命が遠征に出て、故郷の大和を想い詠んだ歌にこんなのがあるそうです。

大和は 国のまほろば 畳なづく 青垣 山籠れる 大和しうるはし

(大和は、国々の中でも秀でたつ国。山は山と重なり合い、青々としている。
 山々に囲まれた大和ほど、うるわしい場所はあるのだろうか。)

今の気分にピッタリだなぁ。ヤマトタケルに同感(笑)

今日の昼ごはんは、薬味たっぷりの三輪そうめん!
地元の方に教えて頂いた池側さんの極細そうめん「山辺の郷」、ホントに美味しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モルダバイト 菩提樹の帯留

私は、カレンダー通りにお休みを取っていませんので、
昨日と今日は、広告用のサンプル制作に没頭。あっという間の2日間でした。。

休日の空気は、平日と違っていて、ふんわり優しくて、柔らかい感じがする。
その空気に包まれると心地が良いので、不思議と制作がはかどるんだよなぁ~。


最近、朝の連続テレビ小説「おひさま」で、ノスタルジックな着物姿を見られます。
衿元が詰まってて、ビシッとした女学生の着こなし。
首筋ちらり、ほんのり色気のある大人の着こなし。
それぞれ、昭和初期の凛とした感じが漂っていて素敵。。ささやかな朝の楽しみだったりします。
着物姿だけでなく、昭和初期の生活感や人々の心意気なども素敵なのです。

私も来週、久々にちょこっと着物を着る機会があります。今から楽しみ♪

着物つながりということで・・・、
菩提樹モチーフの帯留めを2点ほど御紹介いたします。

モルダバイト 菩提樹の帯留め&ペンダント(2way)

009

モルダバイトは、モルダウ川に落ちた隕石だといわれていましたが(私も信じていたのですが。。笑)
どうも、宇宙から巨大な隕石が地球に衝突した際に、地球の物質が溶けて、空中に飛び散り、それが急激に冷やされて、ガラス状に結晶したものだそうです。
どちらの説も、超スペクタクルなお話ではありますが。。

三角系のモルダバイトの周りを、菩提樹の唐草が左回転しているイメージです。
モルダバイトの深みのあるグリーンが、神秘的なイメージを高めています。

帯留めだけでなく、チェーンを通すと、ペンダントとしても、お使い頂けます。
013

レモンクォーツ 菩提樹の帯留
006
こちらの帯留は、石枠周りを菩提樹の唐草が回転しています。
ルースの大きさが、25×30ミリですので、ボリューム感があります。
華やかなコーディネートに・・・
012






 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅田→京都

今日は、午前中から梅田へ。ちょうどよいお天気。清々しかった!
大阪駅に降り立つと、想像通りの大賑わい。

お友達と待ち合わせして、さっそく、阪急さんの母の日イベント会場へ。

「花と蝶」同じテーマですが、様々な表現方法があるのだなぁ。。と感心しました。
HANAのジュエリーも、キレイにディスプレイして頂いておりました!
今回、出展者のお一人である、北海道・ニセコ和菓子工房・松風さんの、
花と蝶の形をした干菓子をお土産に買って帰りました。
口の中に入れるとトロっとする不思議食感で上品な甘さで、おすすめです!
イベントは8日の日曜日まで。是非ぜひ!

普段、オープンしたてのお店とセール中のお店は敬遠しがちな私ですが、、、
念のため(?)昨日、オープンしたルクアと伊勢丹に行ってみました。
なんという人の多さ!でも、意外に歩きやすかった。

午後から、京都へ。
烏丸周辺は、ひと気が少なく、「休日の昼下がり」といった空気が流れていていました。
昨日お知らせした、紅型工房チリントゥさんの個展にお邪魔しました。
「アンティーク時計」がモチーフとなった柄が、キュートで斬新でした~。
そして、着物でも洋服でもいける日傘が素敵でした。

いつだったか、チリントゥさんと、今日ご一緒したお友達と私三人は、
一日に3回も、いろんな場所で(芦屋やら大阪やらで)鉢合わせするということがありました。見事なタイミングで!

たまーに、説明がつけ難い、不思議な「鉢合わせ」ってあります。
そんな鉢合わせを、「たまたまだよ」とあっさり見過ごしてしまうか、
「繋がっているなぁ。。」と大事に思うか、二通りあるような気がします。
私たちは後者のタイプでした。

今日、3人でおしゃべりしていたら、そんなことを思い出して、
「何だか繋がってるなぁ~(笑)」と、再びほっこりとしました。

ギャラリーを後にし、京都の町並みを散策。
姉小路御幸町の、総本家河道屋さんの「蕎麦ほうる」を買う。

蕎麦ほうる=蕎麦ぼうろ
201105052147000
素朴でかわいい包み紙。

京都に来て、蕎麦ぼうろのイメージが激変!
玉子の味がして、サクッと柔らかく、スーッと溶ける。
甘味も少なめ。
河道屋さんの蕎麦ほうる、美味しいですが、店構えもとても渋くて、素敵ですよ!

201105052159001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWのイベント告知

母の日フラワー&アートギフトショップ
5月4日(水)~8日(日)
@阪急うめだ本店 2階メーンステージ


約40名のアート作家さんの「花と蝶」をテーマにした作品が展示即売されます。
私もアクセサリーで参加させていただいております!

今、勢いよく開発の進んでいる梅田エリア。
いろいろなショップが、次々とオープンしていますね。
私も、このGWは梅田へ出掛けてみようと思っています!

皆様も、このGWに梅田へお買いものに行かれる際は、
是非ぜひ、阪急さんのイベントにお立ち寄りください!

展示作品はすべて売り切りですので、ご興味のある方はお早めに!


そして・・・
ものつくり仲間である「紅型工房チリントゥ」戸谷真子さんの個展が
5月3日から京都で始まりました!

戸谷真子 紅型展
2011年5月3日~5月8日 11時~19時(最終日は17時)
くらふとギャラリー・集 京都・堺町通り御池下る

帯、帯締め、花緒などの着物小物、日傘、がまぐちに加え、
カクテルドレスも展示されるとのこと!楽しみです。。

戸谷さんの紅型の作品は、古典的なものと現代的なものが融合していて、
独自の世界感を感じられます。
現代的な服装にも、着物にも馴染むので、とても使いやすいです。

今年の八月に、広島駅前福屋さんで開催する私の個展で、
戸谷さんに作品展示のご協力をしていただくことになっております!
広島の皆様、お楽しみに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出西織・多々納工房

ゴールデンウィークに入りました。皆様、いかがお過ごしでしょうか?
私は、普段通り京都で制作を・・・と考えていましたが、
出西釜と出西織を主催されている、多々納工房さんにお邪魔できることになり、
急きょ、島根へ旅立ちました!

201104291313001
工房にお邪魔する前に、出西釜のショップ、無自性館へ。
いつ来ても、のんびりしていて、静か。小川のせせらぎが聞こえてくる。
私が子供のころに訪れた時も、同じ小川のせせらぎが聞こえた気がする。

作業場にある登り窯を眺める。
201104291306000

何じゃかんじゃで、無自性館に小一時間滞在し、出西織の多々納工房さんへ。
201104291606000
出西織とは、多々納家の女性三世代で制作されている藍染めの織物です。
私も京都のうちでテーブルセンターを愛用しています。

今回、創始者の多々納桂子さんの70年来(?)の友人である私の伯母さんの計らいで、工房にお邪魔することができました!

まずは行程を見学。
栽培する(白綿と茶綿)→収穫した綿花の中にある種を取り除く(取り除いた種は来年撒く)→綿を糸車で糸をつむぐ→天然藍で染める(発酵染め。別名・地獄建て!)→機織り
もちろん、すべて手作業。。気が遠くなるような作業をくりかえして、作品が作られます。
「作業のほとんどが、汚れ仕事です。」とおっしゃっていました。
ジャンルは違いますが、私の作業も同じく、ほとんどが汚れ作業なので、納得。。

これらの行程を実演しながら、丁寧に説明してくださいました。
私は、物作りの行程を眺めているのが好きです。
藍甕で糸を染める作業や、くるくる回る糸車を、いくら眺めていても飽きなかった。

その後、ご自宅の囲炉裏を囲んで、手作りお菓子とお抹茶をいただきながら、いろいろお話を伺いました。

終始、多々納桂子さんは生き生きされていて、ポジティブパワーは、本当にすごかった!
私が80歳になった時、多々納さんのように、生き生きと物を作っていられるかなぁ~。
それが理想なんだけどなぁ。。

今回も、ちょこっとお土産を買って帰りました。
出西織の手提げ袋。木綿の着物を着た時に使いたい。
201104302123000

出西釜では、湯呑じゃわん
201104302144000
近々、梅田の阪急さんで展示会が開催されるとのこと。
私の参加する母の日イベントと入れ替わるかのように5月11日から始まるんですって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »