« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

ソーダライトのペンダント「箏」

一月も最終日を迎えました。早い!このままだと、あっという間に年末になりそうです。。
昨年の今頃とは、あまりにもペースが変わり、ゆっくりしているので、
困惑気味でありつつ、ほっとしつつ過ごしています。かなり違和感ありますが。。(汗)
自分の中にある引出しが、今、空っぽ状態になっているので、
今年は、その引出しに、どんなものを詰め込むか、ワクワク楽しみでもあります!

最近、仏画の割合が多くなっておりますが、今日はジュエリーのご紹介をさせて頂きます!
ソーダーライトを使ったペンダントです。

箏奏者の方からのご依頼でしたので、「箏」をテーマに作らせていただきました。

箏のことをいろいろ調べていると、箏は「龍」を象徴していていることを知りました。
いろいろな部分の名前が、「龍頭」、「龍手」、「龍尾」など、龍が付いているものが多いです。

ソーダライト ペンダント 「箏(龍)」
6_2
ということで、
ソーダライトの濃紺を、天の色とし、龍が天に向かって登っていくイメージでデザインしました。

2
石枠がルースに巻きつくような構造。上に向かって伸びあがっています。
石枠の装飾は、気の流れをイメージする渦巻文と、龍のうろこをイメージするひし形文(鱗文)を交互に。

Image_3
バチカンの形は、家紋の「箏柱」からイメージしました。

大粒のソーダライトなのですが、装飾をコンパクトにしているので、普段に使えるものになりました。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉樹~着物相談会~パブロ

昨晩から降り続けた雪が、かなり積もっていました。この雪は、今季一番です!
今朝、出勤する時には、すでに溶け始めていましたが、かなり寒いです。。
5  Image_1
アトリエの階段にも雪が残っていて、一段一段、足跡を着けていくのが、気持良かった。。
 
まだ、交通機関がマヒしているようなので、皆さま、くれぐれもお気を付け下さい!

昨日は、友達と広島県立美術館で開催中の「生誕100年 船田玉樹展」を見に行きました。
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/special/index.php?mode=detail&id=86
船田玉樹は、広島の呉市出身の日本画家。
といっても・・・
油絵から始まり、正統派の日本画、水墨画、ガラス絵、俳画風、作文、詩などなど
時代ごとに、表現方法が変化して、さまざまな作品が作り出されていました。
晩年になると、何ものにも邪魔されることなく、一人、自由気ままに描かれた作品が多いように感じました。自由の裏側にある哀愁にも、心を惹かれました。。
今回の展覧会、表装に目が止まりました。渋くて、素敵な文様の裂が使われていました。
表装が、作品の大事な部分を占めていることに気づかされました。
すごい数の作品を見終わった時にはエネルギー切れで、お腹ぺこぺこになりました(笑)

中の棚へ移動しランチをしました。
中の棚といえば、20代の頃、よく立ち寄ったコーヒー屋「パブロ」さんのことを思い出しました。お店は、広島に戻ってきた時には、もう当時の場所にはありませんでしたが、
風の便りで、どうも移転されたらしい。。私は浦島太郎状態。。(汗)

ランチを済ませ、本川町へ移動。
私の書道の先生から、三原市の着物屋 永藤さんの「出張着物相談会」が開催されると教えて頂いたので、私たちもお邪魔しました。
お部屋に通して頂き、順番を待っていたら、次から次に、着物好きの方々が集まってこられました。しつこいですが、広島の着物熱はやっぱり熱いです!

そして、しばらくすると、玄関から聞き覚えある声が・・・
奇遇にも、地元友達Rちゃんでした!まさか、ここで出会えるとは!
何と言っても、永藤さんもお集まりの皆さんも気さくで、本当に楽しい空間でした!(^^)

その後、Rちゃん合流して、3人でお茶することにしました。
「十日市通」のRちゃんのお薦めのお店に連れて行ってもらうことにしました。
お店に到着したら、びっくり!ランチタイムに思い出していた「パブロ」さんでした!感動。。
十日市に移転されていたのです。。なんという奇遇。。
Photo_2
私はシフォンケーキセット。甘さ控えめ、しっとり、モチモチでとても美味しかったのですが、2人の注文したリンゴのバターケーキは、想像を上回る美味さでした!おすすめです!
私は、30代の出来事が濃すぎたのか(笑)、25,6歳までの記憶があやふやなのですが・・・
パブロさんのコーヒーを飲んで、少しずつ当時の記憶がよみがえってきました。。
何だかかんだおしゃべりして、今度みんなで着物でお出かけする事になりました!

着物がキーワードとなって、人と人が繋がることが、日々増えています。
書道の先生から永藤さん、友達同士も繋がったことがとてもうれしかったです。
そして、パブロさんのコーヒーで、私の途切れかけていた過去と今とが、少しだけ繋がったのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

復習。。(汗)

昨日は、ぽかぽか暖かかったのに、今日は朝から強風で寒いです。。

2月に、中国新聞文化センターの特別講習会がありますので、
彫金と仏画、制作のバランスが、どうも仏画寄りになっています。

昨年から描き始めた、普賢菩薩像が、衣の文様を入れたら完成となりますが、
最後の文様がなかなか思いつかず、悩んでおります。。
2月までには完成させたいと思っているのです。

3
衣はまだですが、お顔が入ると、眺めていて気持ちがいいものです。。

昨日は、午前中、千代田の産直市場へ行ってきました。
私は、産直市場行くと、なぜか血が騒ぐのです。。(笑)野菜を求め、定期的にあらゆる産直市場に出没しています。

最近、今まで興味のなかった切り花が、目に入るようになりました!
産直市のお花は、お手頃価格ですし、生け花寄りのものが揃っていて良いです。
ネコヤナギなど、枝のあるものも、いろいろありました。
自分で、かっこよくお花が生けられるようになったら、もっと楽しくなるだろうなぁ。。

前回の華道教室で教わった水仙があったので、買って帰り復習をしました。。(汗)

先週、教えて頂いたばかりなのですが、既に、いろいろなことを忘れていたので
薄れつつある記憶(早すぎ!)を辿りつつ・・・手を動かしました。。

まずは…下準備。
水仙は、生ける前に、1株ずつ、根の部分に「はかま」という薄皮がありますので、
破ることなく、上手に抜き取りまして、花と葉を一旦バラバラにします。

そして、葉の反りを水でしごいて形を整えてから、花と葉を再び組み合わせます。
そして、抜き取ったはかまを、またもや履かせます。。汗
先生と一緒の時は、なんとか上手くいったのに、何枚も袴を破いてしまいました。。

体、用、留と、順番に生けましたが、どうも決まらない。。
葉の向きが、思う方向に流れない。。
何度も何度も生け直して、袴がボロボロ。。

あーでもない、こーでもないと、直し直しして復習完了!(?)

4

全然上手に生けれてないけど、なんちゃって金屏風の前に置いてみる。。

お花を生けてると、花器が作りたくなってきました。
燭台、香炉とお揃いで、HANA流三具足もいいかも!













| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西展覧会巡り

京都修行の旅、中日は仏画がお休みでしたので、展覧会を3つ見てきました。

1つ目は、京都国立博物館の「国宝十二天像と密教法会の世界」です。
京博蔵の十二天像が、完全セットで一部屋に展示されるのを見たのは初めてで、迫力がありました。
平安時代、宮中の法要で実際に使われたものだそうですが、
今でも、衣や台座の文様がくっきりと残っており、展示ガラスすれすれまで近寄って、じーっと見つめてしまいました。。
京博蔵の十二天像以外にも、いろいろな十二天像を見れて勉強になりました!
同時開催の「方丈記展」も、地味ながら(笑)良い展示でした。
今、私が気になっている、明恵上人の直筆『夢記』が展示されていて、これもタイミングよく観察できてよかったです。。

Image_4

次は、京都駅の伊勢丹美術館「えき」KYOTOに移動。「美しき日本の小さな心展」を鑑賞。
てっさい堂・貴道裕子さんの、帯留め、豆皿、ぽち袋のコレクション展
作品、一つ一つは可愛らしく、ほっこりするものでしたが、数の多さに迫力を感じました!
日本の江戸時代から昭和にかけてのデザインの面白さを、改めて感じました。。
館内いたるところから、女性陣の「良いねぇ~。キレイねぇ~」という声が聞こえてきて、
お店の様な、賑わいアリの展覧会でした!

そして、神戸の王子公園にある横尾現忠則代美術館の「反反複複反復展」へ。

Image_2

「反復」、「模写」は、横尾さんの作品の特徴であります。
以前から、横尾さんの作品の中に、反復や模写を見つけると、
何だかうれしくなったり、恐れ多いですが…親近感を覚えたり、懐かしい気持ちになったりします。ずっと、横尾さんが好きなのは、ここに理由があるかもしれません。

今回の展覧会のテーマは、まさに「反復」で、
一つの題材が、時代を超えて、いろいろなバージョンで描かれていました。
元々のモチーフが色濃く残っている作品もあれば、全く違ったことになっているものがあったりと・・・
60年代の代表的な作品に「ピンクガールズ」というのがありますが(私は若かりし頃、ピンクガールズの面白さに心を奪われたのです。。)、
今回、ピンクガールズオリジナル作品と、その反復作品が沢山展示されていて、
ピンクガールズの輪廻を、眺めているような気分でした。(笑)
今回、好運にも、横尾美術館で働いている友人が案内してくれて、
今まで気づかなかったことを、いろいろ知ることが出来ました!楽しかった!

Image_2_2
横尾さんの公開制作が開催されているそうです。

Image
併設されている「ぱんだかふぇ」に行きました。人気があるようです。
写真は、オープンサンドのランチです。デザート付きで、1000円です。
上品なチーズの下に、オリーブがゴロゴロ入っていて、美味しかったです!
お皿の向こう側の茶色い飲み物は、多種の有機野菜のジュース。

お腹も心もお腹いっぱいの一日となりました!広島に戻って、頑張れるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衣替えしました。。

京都修行の旅から戻りました!
仏画を描き、お花を生け、いろいろなものを見て、友人と会って…満腹な3日間でした。。

まず、十一面観音さんです。。
今回、台座の色が入りました!

観音さんの台座と言えば、蓮華座が一般的ですが、
長谷寺の十一面観音さんは宝盤石なので、
縞メノウみたいな宝石のイメージで、緑系と青系の暈繝彩色にしました。

今回、宝盤石の暈繝にばかり集中していたら、絵全体のバランスが崩れていました。(汗)

やけに緑っぽいというか。全体の陰陽バランスが、陰に偏ってしまったような、
眺めていて、心地悪いような・・・
宝盤石に色が入ったのはうれしかったのですが、なんだか残念。。(汗)

ということで・・・改造することに!
脇侍の雨宝童子の衣を、緑から赤に塗り替えました!
思い切って、真逆の色に。。

そして、このような感じになりました。

201211201654001  → 6

朱色は発色しにくいうえ、緑色の上に塗り重ねるということで、うまくいくだろうか??と思いましたが、何とか、衣替え完了!でも、これでは、まだ塗り足りませんけども。。

そして、全体像は…
3
ちなみに、前回の絵は→http://hanahulot.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-b685.html

失敗は成功のもとではないけど、塗り直したほうが気に入りました。

雨宝童子の本名は、金剛赤精善神雨宝童子といい、
天照大神が下生された時のお姿とか、大日如来の化身といわれており、
太陽との関係が強い童子です。
たぶん、「赤い精」という名前は、太陽の精=「太陽の子供」という意味があるような気がします。
太陽の子供らしく、元気な赤い衣に着替えて、結果オーライではないかと思います!(汗)

というような感じで・・・
何色を塗るか、どのような文様を入れるかは、
古の人が描かれた仏画や文献などの資料を見て、自分で決定します。
私なりにですが(汗)、資料を見たり、構想を練ってから描いています。
描くのも時間がかかりますが、いろいろ調べたり、考えたりする時間の長いこと。。(汗)

作業半分、勉強半分といった感じで、絵が仕上がっていきます。

作業だけ見ると、塗り絵のようですが・・・単なる塗り絵ではなくて、脳トレにもなっています。
次回も頑張ろう!

仏画の合間に、お花も生けました。まだ咲いていませんが、水仙です。
生ける際、いろいろな技がありました。面白かったです。
Image
毎度のことですが、お花のバックに、段ボールやらダウンやら写り混んでいるのはご愛嬌ということで。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1歳!

どうでもいい話ですが・・・

7
MILOU(ミロ)が、1月20日で無事に1歳になりました。

ユロが旅立ってから、何とも言えない喪失感に襲われましたが、
半年後、某ホームセンターのセール品 になっていた(苦笑)、一頭のワイヤーフォックステリア、
一瞬で、家族となることがわかりました。
それから半年、本当ににぎやかで、楽しい日々を過ごしています。

8
家族となった初日から、以前から一緒にいたかような行動をとる一方、
撫でられることや可愛がられることを知らないようでした。
1歳にもなると、赤ちゃんの時よりも感情が豊かになり、性格がはっきりしてきました。
日夜、テレビに向かって、狩猟の練習にいそしんでおります。。(汗)
13

甘え上手で、辛抱強かったHULOT君(かしこ系)に対して、
我慢はしません!と言わんばかり、意志は力ずくで貫き通すMILOU嬢(単純系)…(笑)
同じ犬種でも性格が全然違う。(女子はかしましい。。)
でも、どっちもかわいいねぇ~。

10
こたつに頭隠して尻隠さずの様子。。こたつが好きなのは、ユロと同じ。

ミロ、元気に育っておくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第三回ピラティスレッスンのお知らせ

今、京都に来ております。
今日は粉雪がちらつき、とっても寒かったですが、
朝一から、元気に行動してきました!そのお話は、改めて…

2月のピラティスレッスン@HANAアトリエのお知らせです!
2013年2月11日月曜日
講師:梶田恵臣さん
①11時〜 ②13時30分〜 ③15時〜
ワンレッスン55分 1000円
必要なもの:ヨガマット、動きやすい服装

私みたいに(笑)運動不足な方でも大丈夫な、無理のないレッスンです。
お気軽にご参加ください!
ご予約は、hanahulot@yahoo.co.jp
場所は、ブログ画面左側の「ピラティスレッスン」の所をクリックして下さい!
どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津木綿

今日は成人式ということで(?)、着物姿でお伝えしております!
晴れ着ではなく、木綿の普段着物です。
というのは…今朝、着物が届いたからなのです!(^^)

昨年末、いわゆる、「自分へのご褒美」として注文していたもの。
福島にある「きものごふくや」さんのセールで見つけた会津木綿の着物です。

5
商品名:「負けてたまるか日本の着物、福島のきもの」 力強い名前です!
実物は、もう少し落ち着いた色味をしています。
昔、手作りした水玉模様の半幅帯です。
文庫の部分に、ミロが攻撃するので困りました。。猟犬魂を掻き立ててしまいました。(汗)

会津木綿の着物は、今回で三枚目になります。

Image
会津の三姉妹。左から、若草色、ミントブルー×チョコの縞、今回の縞。

生地は、どちらかというと厚めで、ごっついので、
色っぽさ、粋な要素は、かなり少な目かもしれませんが・・・(笑)
「地道で、働き者。」という言葉がぴったりときます!
そして、ほっこりと暖かい。。
そんな素朴な雰囲気が愛おしくて、私は愛さずにはいられません。

今年の大河ドラマ「八重の桜」は、幕末の会津が舞台です。役者さんの衣裳が、会津木綿の着物のようですね!
見覚えのある柄のオンパレードで、うれしくなってしまいました。
ストーリーにも興味がありますので、清盛に引き続き、見てしまいそうです。

最後に・・・
現在、咳の後遺症なのか、背中全面筋肉痛です。。(涙)
昨日は、美又温泉会館へ湯治に行ってきました。
道中、数百メートルごとに「とんどまつり」が開催されていていました。
とんどといえば、竹の塔ですが、
行きは、燃える前の竹の塔を、帰りは、燃え尽きた塔と…昨日は一日中、いろいろな竹の塔を眺めました!
竹の塔の形は様々でしたが、燃え尽きた後、みなさんが輪になって鏡餅を焼いている姿はどこも同じでした!
これも、日本の風景の一つ。後世に残ると良いですね。

あっ、私の注連縄、まだアトリエにかかったままだったわっ。。(汗)


2
加計のたい焼き屋よしおさんに、久々に行きました!美味しかった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一月の仏画教室

中国新聞文化センター特別講座「仏画を描く」のお知らせです。

2013年2月18日(月) 13:00~15:00 仏画教室【一日講座】を開催いたします。
 場所:中国新聞文化センター中国ビル教室 
 受講料:2650円 材料費:1600円
 筆の持ち方からご説明いたしますので、仏画未経験の方でも大丈夫です。
 
 描く尊像は、不動明王、普賢菩薩などを予定しております。
 ご予約は、こちらのサイトからお願いいたします。
 http://c-culture.info/cch/html/products/detail.php?product_id=914

そして…
今年も、不動院仏画教室が始まりました!お天気も良く、描き初めにふさわしい一日でした。受講された皆さんも、お元気そうで何よりです。。

受講されている方々、それぞれに目的をお持ちですので、進むペースが様々ですし、
暈繝彩色、金泥画、墨での線描き・・・課題も様々ですが、
月に一度、「仏画を描く」という一つの目的で、一つの場所に皆さんが集う。とても良い雰囲気です!

新米講師は、まだまだですので…教室内をバタバタ動き回っておりますが。。(汗)
皆さん、真剣に私の話に耳を傾けてくださり、本当にありがたいです。。

そして、お茶タイムは、大阪の與兵衛 桃林堂さんの「桃李もなか」と「ごまぼうろ」。

1


 Photo

史記の言葉、「桃李言わざれども下自ら蹊を成す」にちなんで、桃李もなかと名付けられたそうです。
意味:「桃やすももは何も言わないが、美しい花を慕い、熟した実を求めて人々が集まるので、木の下には自然と小道ができる。」徳のある人のもとには、黙っていてもその徳を慕う人々が集まってくるということ。

お正月第一弾にふさわしい名前だなぁ。。と思い、この度、迷わず、こちらでお取り寄せさせていただきました!

今までは、各自お茶を飲んで頂いていましたが、数か月前に、石油ストーブが登場してから、
皆さん、ストーブに集合して(笑)、一緒にお茶をするようになりました。
とっても和やかな時間で、作業の疲れが和らぎます。
今回、体験教室にお一人参加してくださり、お茶タイムに新しい風が吹き抜けました!(^^)

今年は、私自身、勉強を深めたいと思っています。
教室のみなさんに、いろいろなことを還元できるように、精進してまいります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体の一部!

今日は朝から、ずいぶん暖かくて、良いお天気でした。
午前中は、彫金で使う道具を探しに出かけました。

どの世界でも、道具は大事ですよね。
彫金も、道具がなくては何も出来ません!
所有している工具数は、他の彫金師さんより、ずいぶん少ないですが、
すべてに愛着があり、あまり買い替えることなく、同じものを長年大事に使っています!
特に糸ノコとヤットコは、彫金人生初の自分専用の道具です。
自分の癖が、道具に沁み込んでいるので、まるで自分の指先から生えてきたかの様な動きをしてくれます。体の一部という気がします。
なので、この二つは、出来るだけ人に貸したくないと思ってしまいます。。せこい話で、スミマセン!(笑)
機械は、作業後に布でくるんで、錆つかないように気を付けています。今まで、あまり故障したことがありません。

今年は、金槌 year(?) にする予定ですので、お正月から、金槌の事を考えています。
今日のお目当ては、金槌の頭部分でしたが、お店には柄の部分しか別売りしておらず、
ちょっと残念でした。。
ネットで買うことにします。。

しばらく、工具コーナーをウロウロしてみることに。
すると・・・素敵なベンチバイスとレールアンビルを発見。
今、作業で使っているバイスと金床は、彫金を始めた頃から使っているもので、
少々使いづらさを感じつつも、使い続けました。バイスは、既にグラグラしているのです。
作業の効率アップを考えて、この度、思い切って交換することに!
今度こそ、一生ものです。

Photo_2
ベンチバイス。どっしりしていて、安定感抜群!これで地金を挟みます。

3
レールアンビル。キラリと輝いているね☆この上に地金を置いて、金槌でがんがん叩きます。

使うのが楽しみです!工具屋さん大好き!
しかし、しかし・・・
乙女グッズに囲まれるよりもずっと、厳つい工具に囲まれる方が喜びを感じる女子って・・・
一体、何なんだっっ?!?(汗)

工具を購入後、材木コーナーへ移動。

鍛金の際、地金を木槌で叩きながら形作る時、受け皿になる木臼が必要となります。
小さな木臼は持っているし、大きいものも市販されていますが、なかなか魅力的なものに出会わないので、自分で作ろうと思っていました。
しかし…昨年まで、制作以外の作業をする時間は取れませんでした。。

「今なら出来る!!」
木臼制作に挑戦することにしました。でも作り方は分からないので、感覚で。。。

廃材コーナーで見つけた板です。
2


4
節のない所にコンパスで円を書いて・・・

1
ノミと木槌で、お皿状に荒掘りしました。

Photo
彫刻刀に持ちかえて、細かく彫りました。とりあえず、お皿状のくぼみが完成。
ここまで、2~3時間掛かりました。(材木屋さんにお願いしたら早いだろうにね。。苦笑)

あとは、表面をなめらかにします。
使えるかどうか、さっぱり分かりませんが…(汗)

ヘンテコな手作り道具も、市販されている立派な道具も、作業で使えば、自分の体の一部として活躍してくれる。
仏画を描く時の筆も同じ様に思う。
道具と自分が一心同体になって、作品を作り出したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本格始動!

しつこいですが。。咳がしつこいです。。どうしても止まりません。
でも、心もすっきりしており、体も元気なんで、今日は久々に朝から活動しました。
年賀状をようやく投函。週末の仏画教室のお菓子お取り寄せ完了!
お昼からオーダージュエリーの制作開始しました!

年末にお渡しする予定のものが、年始にずれ込んでしまい、申し訳ないです。。
今日は、久々だったので、手が動くだろうか?と思いましたが大丈夫でした!

今、取り組んでいるオーダー品は、ご依頼主様からのお題は特になく、
ほぼ自由課題ということで、今日は、ご依頼主様のキャラクターやお仕事から、ジュエリーのイメージを考えてみました。
しばらく、机に向かって悶絶しておりましたが(笑)、
ご依頼主様のお仕事をイメージしていると、いくつかのキーワードが頭に浮かんできたので、それを手掛かりに、本棚から資料探し!

本をむさぼるように読み、次々にモチーフが思いついたので、それらを組み立てていくと、
あっという間に全体イメージが完成!

その心地よいテンポを崩したくなかったので、
間髪入れず、作業台に向かって、どんどん手を動かしていくと、
本日中に、研磨前の状態まで作業が進んでいました!
ここ最近、体の自由が利かず、作業しても良いことがなかったので、
仕事が終わるころには、心地よい疲れと、清々しい気分が体を満たしてくれました。
やっぱり、創作活動を元気に出来る時が、幸せなのだ。。

先日は、書道教室で書き初め。
いつもの課題はお休みして、大筆を使って好きな言葉を書いてみることになりました。
どんな言葉でも良いですよ。と先生がおっしゃってくださったので、
ふと、「如実知自心」という言葉が思いつきました。
もちろん、私ん考えた言葉ではありません!私が大学に入って一番に覚えた『大日経』の言葉です。
言葉の意味は、なんとなく解っていたつもりが、勉強不足のため、先生にうまく説明を出来ませんでした。。

家に帰り、本を読んでみました。
実のごとく、自心を知る…
「悟りとは、ありのままに自らの心を知ることである。」ということのようです。
密教辞典によると・・・
自心とは、衆生の持っている菩提心で、その自心を真実の方法に従って観察すれば、
仏果を証得出来る。とのこと。

Photo_2
左は、先生の書いてくださったお手本。右は私の書いた字。。汗
上手には書けないですが、勢いよく、大きな文字を書くことは、とても面白いです!

たまたま選んだ言葉でしたが、この言葉を選んだ意味が、なんとなく分かる気がします。

ということで、今年のテーマにします!
というよりも、一生涯のテーマですよね。これは。。(汗)
もう少し乾かしたら、裏打ちをして、アトリエに飾ろうと思っております!

Photo
教室で、おやつに頂いた虎屋の最中が、上品でとても美味しかったなぁ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二回新春ピラティスレッスン

本日、とうとうスマートフォンに変更しました。
ワクワク感満点ですが・・・慣れ親しんだ携帯とお別れするのも、何だかさみしい気分です。。
スマホを使いこなすまで、長い道のりになりそうです。。(汗)
Photo
契約したら、ショップの方から、お父さん蓋つきマグカップ頂きました!
蓋が粉じん除けになるので、うれしいです!

午後からアトリエにて、梶田恵臣さんの「新春ピラティスレッスン」を開催しました。
動きに入る前に、梶田さんからピラティスの歴史について説明を受けました。

007_2
ピラティスは、ドイツ人ピラティス氏によって、医療用に開発されたものだそうです。
器具を使って行う動作もあるそうですが、
こちらのレッスンで使う道具は、ヨガマットとバランスボールくらいで、
各筋肉を、自分自身でコントロールしながら、ゆっくりとした動きを連続して行います。
ウェイトを使うこともないのですが、自分の体自体がウエイトとなって、無理のない負荷がかかりますので、結構大変です!

006
この度、先生と生徒さん達を撮影してみたものの・・・・
想像以上に、私のアトリエがカオス世界だということを再認識。。(汗)
ピラティスとは全く関係のない、犬小屋、冷蔵庫、湯沸かし器など、所帯じみたものが写り込み過ぎていて(笑)今回の写真、全然納得いっていません!恥ずかしい。。

アトリエ内はカオス状態ですが・・・レッスンは和気あいあい、無事に進みました!

レッスンを終えると、頭に酸素が行きとどいたのか、スッキリはっきりしていました。。
そして、首の凝りが和らいでいました。
でも、明日、お腹の奥の方が筋肉痛になるのだろうなぁ。。

長年使いこんだ体には、何らかの癖がついて、左右非対称になってしまいますが、
ピラティスによって、アンバランスな体を修正することも出来そうです。
体が健やかになれば、健やかな作品が出来るはず。

今年は、体を鍛えることを習慣化させたいです。
ピラティスで、パフォーマンス向上を目指したいと思っています!

毎月一回、少人数で、緩やかにやっていく予定ですので、お気軽にご参加くださいませ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
042_2

年末年始は、何もせず、じーっくり、ゆーっくり、体を休ませて頂きました。
ここ数年、次の展示のことで頭がいっぱい。。心身ともに休むことはなかったので、なんだか不思議な気分ですが、体調がずいぶんよくなった気がします。
ということで、年賀状制作が止まっております。。(汗)お届けまでにもうしばらくお時間頂戴いたします。スミマセン。。

お正月は、出雲に日帰りで行ってきました。
まずは出雲大社へ初詣。
201301021201000
荒れ狂う日本海に眺めつつ黄昏るMILOU。

大社周辺は大渋滞で、車で乗り入れるには、かなり時間がかかりそうだったので、
私は途中下車して、歩いて大社へ向かいました。
201301021257000
無事に初詣を済ませ、「さて、帰ろうか!」と、車の家族と連絡を取ろうとしたら、携帯が故障していて、通話不能になっていることに気付きました。。(汗)

集合時間や場所を全く決めずに車を離れたため、一瞬にして、立ち往生となり、大社周辺を、しばらく彷徨いました。。
公衆電話から、親戚を介して、家族と連絡を取り、再び親戚に・・・
数時間後、親戚のおばさんに救出され、無事に親戚宅に到着。

ご馳走をいただきつつ、おしゃべりしていたら、縁側に古めかしい足踏みミシンが置いてあり、目が釘付けとなりました。。
201301021619000
いとこが廃材置き場で見つけたものだそうです。

いとことは、三十年ぶりくらいに会いました。
最後に会った時は、まだ幼稚園でまん丸いカワイイぼくちゃんでしたが、今となっては、私が見上げるほど大きく成長していて、立派な男性になっていてびっくりしました!
誰かわからないくらいでした。。

以前から、このようなミシンが欲しかったのです。完全に一目ぼれしてしまいました。。
201301021619001
私が熱視線で眺めていたからか・・・(笑)次第に、私が譲り受けるということになりました。。感動するやら、申し訳ないやら・・・
アトリエのディスプレイに使わせていただきます!
後日、いとこが広島に持ってきてくれるそうです。楽しみにして待っていよう。。

いとこの家を離れ、次も、親戚のおうちへ。
京都にも遊びに来てくださったご夫妻で、80歳を超えてもお元気で、
おじさんは表装の先生をされており、おばさんは大正琴を長年されています。
遊びに行くと、話が止まらず長居してしまいます。。
いつか私の描いた仏画を、おじさんに表装してもらいたいと思っています。

普段ほとんど、親戚に会う機会がないので、貴重な時間を過ごせました。

明日から活動を開始したいと思っております!
携帯電話も、これを機に、スマートフォンに変えようと思っています!
そして、1月6日日曜日は、11時から梶田さんのピラティスレッスンです!
お気軽にご参加ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »