« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

蓮、その後…

11月14日から、大阪、天満橋マニフェストギャラリーでの個展が2週間後に控え、
アトリエに籠って仙人状態ので生活をしております。

今朝、ようやくDMの宛名書きが終わり、本日、投函しようと思っております!
年々、枚数が増えているのですが…
宛名は、出来る限り手書きをしようと決めているので、数百枚の宛名書きは、結構な労働であります。。
書き終えると、一つ山を乗り越えたぞ!という気分になり、心が晴れやかになります。(まさにこの瞬間!)
この度は、大阪の展示ですので、関西方面中心に送らせて頂きますので、関西方面の方々、お待ちください。

そして…
毎年、育てている蓮ですが、今年も咲かずじまいでした。。(涙)
花は咲きませんでしたが、夏ごろには、蓮鉢の中でメダカが数匹誕生し、そのメダカたちが大きく成長。卵も産み、たくさんの子供が誕生しました!
ということで、私の仕事に、メダカの世話が加わりました。。

そして、今朝、蓮鉢の土をひっくり返したら、なんとびっくり!
レンコンが出来ていました!当たり前と言えば、当たり前なのですが…(笑)


Photo
根っこが網目のように張り巡らされていますね~。

スーパーで売られているレンコンの3分の1くらいの大きさですが、
しっかりとレンコンの構造をしています。
Photo_2
何だか愛おしいくて、このまま眺めていたいんところですが、
鑑賞用蓮のレンコンも食べられるそうなので、これを使って料理してみたいと思います!

今年こそは!と意気込んで育てたのですが、今年も花咲かず、本当に残念でしたが、
目に見えないところに宝が眠っていました。
最後の最後で逆転ホームラン!という感じです。。(^^)

レンコンが収穫出来るなら、来年は蓮鉢をもう一回り大きくしようかなと思いました。
置く場所のことも考えないと。。蚊のことも。。(汗)

何はともあれ、個展「相府蓮」に拍車がかかる、うれしい出来事でした!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛鳥

先日、仏画講習会が奈良の飛鳥寺で行われました。
この度、私はお手伝いとして参加させていただきました。

奈良市内と桜井市近辺は、よく立ち寄るので一人でも大丈夫なのですが…
明日香村は今回2度目。一度目は、何も考えず、大学の同期の後ろに引っ付いて行っただけなので、今回、お寺にたどり着くかちょっと心配でした。。

しかし、、朝、橿原神宮前駅に到着したら、導場の先輩方に次々にお会いできたので、安心しました。。

まずは、本堂でご住職のご説明を受け、参拝。

Photo_2
飛鳥大仏さんに再会。
右から眺める表情と、左から眺める表情が違うそうです。たぶん…向かって左側から眺めたお顔が優しい表情に見えたような気がしました。(この写真の反対側)

明日香村は、仏教が日本に伝来した地であり、その際、大陸の技術(建築など)や文化も一緒に伝わったとのことです。
仏教寺院も、当時は、大陸の最新技術を使った最先端の建物だったのですね。
この飛鳥大仏さんも、日本初の鋳造仏だそうです。
飛鳥時代興味がありますので(大陸の技術が日本に伝来した話や、聖徳太子)
今後、もっと詳しく知りたいです。。


その後、講演会、仏画実習、お守り作りの講習会が夕方まで行われ、お寺を後にしました。

私もお守り作りを体験させてもらいました。
小さな仏画の線描きが入るくらいの大きさがあります。総角結びも何とか出来たので、他の生地でも作ってみたいと思います。
Photo_3

明日香村を回ることができませんでしたが、長らくご無沙汰していた大学の先輩方に再会できたり、お寺でのんびり優雅なひと時を過ごせて良かったです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーネルピンのペンダント 陰陽

iichiさんオンラインショップで、日々、ちょこっとずつ新作をアップしております。
その中の一つをご紹介いたします。

コーネルピンのペンダント 陰陽

20131002_9acdde

天地を創造する、陰と陽の気が、融合したり、離れたり
していることをイメージしています。

淡い黄色のコーネルピンは優しいイメージです。
コーネルピン:1884年にグリーンランドで、デンマーク人の地質学者によって発見されたそうです。 一般的な宝飾店ではあまり見かけない珍しいタイプのルースです。


銀板を打ち出してパーツを作り、ロウ着けの作業で形成している一点ものです。


どうでもいい話…

今日は、久々に広島の街中へ出かけました!本通り、何往復するの?と言わんばかりに歩きまくりました。。
金座街にH&Mが出来ていたり、ゼロゲートがオープン直前だったり。。
広島の街は、どんどん変化し続けますが・・・
私は、高校時代と全く変わらず…
立ち寄るお店は、アニエスb、元ビッグアメリカンショップだったお店(現・レセプション)、
そして、無印にラルフローレン。。(汗)
着る服も靴も、高校時代のセンスそのまま。。(汗)

そんな私も、20代前半は、ジャネット目指して(?)爆発パーマで、ブラック系になってみたり、
かと思えば・・・、キレイ系のブランドが好きになってみたり、
かと思えば・・・・プチバトゥーの、ぴちったTシャツで、パリっ子を気取ってみたり(?)
かと思えば・・・・・なんちゃってコムデギャルソンの黒装束になってみたり…

数年単位で、ジャンルが変わっていきました。。
最終的に、私自身、何が好きなのか、全然わからなくなってしまいました。。(笑)

しかし…30歳で、まさかの大学入学。
急に資金難となり、いい年して、洋服代出ず、、、(汗)
ということで、学生生活は、ユ〇クロファッション一辺倒となりました。
反動からか?、着物にハマりましたけど。。(笑)

気付けば、40代を目前にして、二十歳前後の頃の何気ないものが好きな自分に戻りました。。(汗)
ファッションセンスも、自分の中で一周したんかな??

今日は、アニエスに長居して、一つ一つ吟味したり、BASSのコインローファー(バーガンディー)を購入したり…。

コロコロ変化したとても、元のさや。
根っこの部分は、何年経っても変わらないものなのですね。
今、何かしら、ちょっとワクワクしているんです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏見を空から眺めた。

DMが届きました!DMが届くと、何だか一安心します。。
宛名書きを少しずつ始めております。

Img_2986
以前、お話した、絵の画像で作ったしおりも到着。なかなかいい感じです。。(^^)
読書の秋なので、会場でお配りしたいと思っております!


昨日、BSjジャパン「空から日本を見てみよう」をみました。
この番組は、題名そのまま、日本各地の街並を上空から見てみようというもの。
今回、。、京都市伏見区から宇治市が特集されました。
京都駅から、奈良線伝いで南下し、東福寺に伏見稲荷。そして、京阪、近鉄の線路が見えてくる。
丹波橋、桃山のあたりの街並、そして、宇治線に沿って、六地蔵、黄ばく(京都生活が始まった地)、宇治橋。
まさに、私が7年間生活したエリア!
次から次に登場する景色に、何とも言えない愛情を感じました!

今思えば、伏見での7年間は、私の人生で、素敵な人々に沢山出会う幸福期であり、心身共に一番苦しい修行期間でもありました。
お先真っ暗。。でしたので(笑)、思い出の大半は、しんどかったなぁ~と思うものばかりです。。汗

その上、帰広も、不本意な形で決まったので、「もう伏見の景色は見たくない!」とまで思っていたのです。。伏見の街には、何の責任もないのですが。。(苦笑)
この2年間、毎月のように京都には行っていますが、伏見は何気に避けておりました。。

しかし、今年に入ってから、何だか異様に伏見周辺に立ち寄ることが多いのです。
そして、立ち寄るたびに、7年間の思い出の一つ一つが昇華されているのかもしれないなぁ。。と思うようになりました。

この夏は、用事で丹波橋に立ち寄ることがありました。一人でボケボケしつつ、フラ~っと歩いていても、目的地に自然に辿り着く。体が覚えているのですね。今でも、居心地いい感じがしました。

伏見は、下町の様な気楽な感覚を持ちつつ、京都の文化も感じられる街並。近場に田畑が広がっていて、野菜も安くて新鮮。
自分の足を使って、頭を使って、しっかり生きた場所ですし。
番組を見つつ、大嫌いと思っていた場所ですが、今となっては大好きな場所だと思えたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »