« 発酵してます。。 | トップページ | 始まりました! »

明日から!

明日より 横浜・元町 Shop&Gallery Ruhm*さんのアクセサリーイベントが始まります!

2014年1月28日(火曜)~2月2日(日曜) 11:00~19:00 (最終日は17:00まで)http://r-uhm.com/?mode=f3

今回、アクセサリー作家さん4名と、ご一緒させていただきます
様々な素材のアクセサリーが見られると思います♪

私は、 昨年のマニフェストギャラリー個展「相府蓮」で発表した新作ジュエリーを中心に、
今年新たに制作したものも含めて出展致します。

関東方面の皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます。


イベント準備がひと段落し(本番はこれからですが…)、久々にDVDを借りて、映画を見ました。

一本目は、ジュリー・デルピー監督・脚本・主演の、『
ニューヨーク、恋人たちの2日間」。
以前から、ジュリー・デルピーが好きです。前回の「パリ、恋人たちの2日間」も、面白かったのですが、このニューヨークver.は、さらにパワーアップして、かなり面白くて、あっという間に終わりました。。

~ストーリー~HP抜粋
フランス人写真家のマリオン(ジュリー・デルピー)は、元恋人ジャック(アダム・ゴールドバーグ)と別れ、彼との間にもうけた一人息子を引きとって、現在はニューヨークで暮らしている。同居人は、新しいボーイフレンドで、ラジオDJとして活躍しているミンガス(クリス・ロック)と、その一人娘。国籍や人種の違いはあっても、お互いの仕事を理解し合った2人の関係は、誰の目からも“順調”に見えていた。
ところが、そんなマリオンたちの幸せなニューヨーカー・ライフに、突然の“危機”が訪れる――パリに住んでいるマリオンの父親と妹とその恋人(ややこしいことに、マリオンの“元カレ”)が、彼女の個展を観るためにニューヨークを訪れ、アパートに2日間滞在することになったのだ。“破天荒”な言動を繰り広げるマリオン一家のせいで、アパートの中は大混乱。良好だったはずのマリオンとミンガスの関係にまで、怪しい空気が流れはじめて……。  やがて、トラブル続きの2日間が終わりを迎えるとき、2人の関係の行方は!?


どの役者さんも、キャラが立っていて、愛すべき人々なのですが、
なんといっても、マリオンの父(ジュリーの実父、アルベール・デルピー)の破天荒さが際立っており、サイコ-です!
ストーリーは終始、リズムよく進んでいきます。男女間の問題、国籍や文化の問題がいろ巻き起こりますが、ユーモアたっぷりに描かれ、笑い飛ばしてしまうのです。
憧れのニューヨークの街並みも沢山みれて満足です。。
今後の、ジュリーの作品を楽しみにしておこう。。
今ちょうど、広島の映画館で、ジュリー・デルピー主演「ビフォア・ミッドナイト」が上映
中ですので、見に行ってみようかな。


もう一つは、パトリス・ルコント監督のアニメーション『スーサイドショップ』。
パトリス・ルコントと言えば、『髪結いの亭主』、『仕立て屋の恋』を思い出しますが、アニメの制作もされているのですね。

~ストーリー~
代々続く根暗な自殺用品専門店に赤ちゃんが生まれたことから、変化していく家族の様子をブラックユーモアを交えて描く。世の中が絶望の空気に覆われ自殺者が後を絶たない都会で、唯一繁盛していたのが、ネガティブ思考のトゥヴァシュ一家が営む自殺専門用品店だった。そんなトゥヴァシュ家に男の子が生まれ、アランと名付けて育てられるが、アランは家族全員と正反対の無邪気で明るい性格だった。両親の必死の教育にもかかわらず、健やかでポジティブな少年へと成長したアランは、店の商品を「自殺できない用品」に変えていってしまう。

自殺の道具と聞くと、ホラーかな?と思われるでしょうが、人生賛歌のミュージカル(ブラックユーモアたっぷりですが)という感じです。
ちょっと不気味で、ちょっと可愛いキャラクターと、ノスタルジックな音楽もおしゃれで、私は好きです。

10代から20代は、フランス映画ばかり見てましたが、最近、あまり見なくなりました。
でも、改めて見てみると、何だか落ち着きますねぇ~。

|

« 発酵してます。。 | トップページ | 始まりました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

彫金・ジュエリー」カテゴリの記事

イベント・展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日から!:

« 発酵してます。。 | トップページ | 始まりました! »