« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

初心に戻った

アトリエから戻ってきて、リビングでくつろいでいたら、ミロが急に暴れ出し、何気に天井を見たら。蝙蝠がいました。。しかも親子。。(汗)うちの中を、ヒラヒラ飛び回りました。。
Photo
数年前、京都の長屋でも同じことがありました。
その時は、ちょうど個展の搬入終わりで、疲れて長屋に戻ってきたら、リビングで蝙蝠と鉢合わせ!
一瞬、驚いたのですが、中国では、蝙蝠の「蝠」は、「福」と同じ読みなので、吉祥動物とされていると聞いたことがあったので、幸せの兆候だと思い、一夜を共に過ごしました。
今回は、親子での登場。二倍の幸せがやって来るのだろう…(笑)

先日、不動院仏画教室のメンバーさんのご依頼で、出張仏画教室を開催しました。

Gion

仏画初体験の方ばかりでしたので、体験教室で使う教材を使いました。
これは、仏様のパーツがクローズアップされています。時間いっぱい、皆さんと一緒に描かせていただきました!
Photo_2

初級のお手本は、線一本、一本が太く、単調だから、筆の穂全体をしっかり使って描かないといけません。実は、とーっても難しいです!!

私は、ここ数年、十一面観音さんをはじめとして、彩色して、その上に細かい文様を描くという作業が続いていたので、このようなクローズアップを描くのは、本当に難しくて、納得いく線が描けませんでした。

線描きは、自分らしさや個性を発揮する作業ではなく、お手本とにらめっこして、お手本通りに描く訓練でもあるので、このご時世に逆行していますが…大事な行程なのです。
お手本通りに!と言いつつも…
教室では、それぞれの個性が発揮された仏様が完成しました!(^^)
教室が終わってから。メンバーの方が焼かれた抹茶ケーキを戴きつつ、一人ずつ自己紹介しつつ、歓談しました。楽しかった!
Keki 美味しかったです!

今回、そんなことを教室を開催しながら反省したので、初心に立ち返り、翌日よりクローズアップした下絵を、一日一枚線描きすることにしました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月桃のチョーカー

昨日は、自動車免許の書き換えに行ってきました!
今はペーパードライバーとなってしまったので、滅多に免許証を眺めることがありませんが、この度、五年前の私をまじまじと眺めました。。
当時を思い返しても、楽しかったことは思い出せず、ちょっとさみしい感じもしますが…
それでも、私なりに精一杯生きておりました。
でも、そんなことも遠い過去。。この世は、一切皆苦&諸行無常だということを、改めて、免許証から教えてもらったのでした~(^^)

サヨナラ、5年前の私。こんにちは!今の私。(笑)
そろそろ、運転してもいいかな?

オーダーメイド制作のご紹介です。
以前作らせていただいた月桃のチョーカーをご覧いただいた方から、オーダーのご依頼を戴きました。
今回は、カボッションのローズクォーツを使い、より月桃の花に近い感じで制作致しました。
月桃のチョーカー

Photo

Photo_2
お客様は、バイオリニストさんで、私も以前、演奏会にお邪魔したことがあります。
演奏会に出演する際に、このチョーカーをつけてくださるとのこと。
また、演奏会にお邪魔したいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HANA農園2014

今年もHANA農園の果実が実りました!

細長~くて、小さな土地の中に、いろいろな種類の木が、ギューギュー詰めに植えてあるのです。。

Hanaa

苗木から育て始めたものや、食べた果物の種から発芽させたものや、いろいろです。。
うちから、数時間かかる場所にありますので、なかなか手入れができないのですが、
毎年、なぜか豊作です。。(笑)

Securedownload 今年の目玉は、ポポーです。

昨年、産直市で買ったポポーの種から、木に成長。とうとう実がなりました!
エキゾチックな味わいです。。熟すまで、もう少しかかりそうです。。

Hana こちらは柿の木。
小さな実がなっておりました!

Hanab いちぢくも豊作です。

これらの他にも、いろいろな果樹やハーブが所せましと育っております。

Hana_2 アジサイも一輪、咲いていました。
なんだかんだ、偉そげに書いちゃいましたが…私は、ノータッチ。何も手伝っておりません。。汗
根っこのついた植物を育てるのは、私のライフワークになっていますが
元々、畑仕事が得意ではなく。。豆盆栽など、もっともっと小さな植木が好きなのです。
軟弱なもので、すみません。。汗









| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒神谷の蓮

7月某日、毎年恒例行事となっている、荒神谷遺跡の古代ハス鑑賞にいってまいりました!

Photo

なかなか日程が取れず、見ごろを少し過ぎておりましたが、
花の状態は、つぼみ、半開き、満開、うてなを残し花びらが散ってしまったもの、
葉も、生き生きと青い葉と枯れて朽ちてしまったものも…、
蓮のいろいろな表情を眺めることが出来たので、私自身は満足しました!

Photo_2

Photo_3

B Photo_7 Photo_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xの絵画

ブログが停止しておりましたが、おかげさまで、元気に暮らしております!

6月は…体調を崩しつつも、新しい出会いがあったり、お仕事をいただいたりと、いつもより外へ出ていくことが多い一か月でした。

そして、7月に入り、バタバタ動くことが少し和らぎまして、次に向かって準備をしております!

先週は、二か月ぶりに仏画を描きに、京都へ行ったり、不動院の仏画教室を開催したりと、仏画weekでした!

京都の導場では、新しいお像に取り組んでおります。
デッサン、下絵作りが終わり、今回、枠に絹を張り、画面に墨線が入りました。
今回も、結構大きいお像を描きますので、時間がかかると思いますが、完成に向かって、頑張ります!

2日間の仏画制作のほかに、京都市立美術館に「バルテュス展」を友達と見に行きました。
Photo

バルテュスは、20世紀に活躍した、フランス人の画家。奥様の節子さんも、とっても魅力的な方で有名です。 
Photo_2

私がバルテュスのことを知ったのは…オリジナルラブの田島貴男さんがきっかけ。。(笑)
2002年に発売された「ムーンストーン」というアルバムの「Xの絵画」という曲に、「バルテュスの少女」というフレーズが登場します。

秘密のソファーに横たわる
怪しい夢の中の バルテュスの少女
柔らかなぼくの筆先で
しろいからだに絵を描くように

当時、私は「バルテュス」という響きが、どうしても耳に残るので、調べてみたところ、
バルテュスというのは、画家で、少女が作品のモチーフだということを知ったのでした。。
少女は、魂が抜け出たような無表情で、白磁器のような白い肌、ちょっと大人びていて、本当に子どもなのかどうかわからないし、謎めいており、
「まさにXの絵画」だわっ!!」と思ったのでした。。

それから、12年が経ち、バルテュスの作品をまとめて観賞できる機会に巡り合いました。だから、とても楽しみにしていたのです。。
バルテュスっぽい、少女の登場する作品も印象的でしたが、11歳の時に描いた、絵本『ミツ』がとってもよかった!
終始、だれかの秘め事をのぞき見しているような…(?)そんな気分になりました。
実物も「Xの絵画」でした。。

私は、高校生のころから、貴男氏の歌詞で、結構、いろいろなこと知りましたよ。
番外編…大好きな曲「ブロンコ」に登場する、「ワルプルギスの夜」と「シギリーヤ」という響きも、バルテュスと同じくらい気になって、当時、調べたのでした。。
ワルプルギスの夜=ヨーロッパの春に行われる祭。ゲーテ『ファウスト』にも登場するみたい。
シギリーヤ=スリランカの遺跡。←今となっては、注目スポットとなっていますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »