« 上村松園 | トップページ | 京都仏画の旅 »

不動明王とともに。。。

今日から10月ですね。先月は福山出張と、三度仏画教室がありました。京都に仏画のけいこにも行きましたし、カープの応援にもいったし…(笑)
今年一番忙しく、充実した一か月となりました!

9月最後の仕事は、中国新聞文化センターでの仏画一日講習会でした。
福山出張から戻ってきて一週間、準備に集中しました。
いつもお世話になっている熊野の筆屋さんに伺ったり、和紙のドウサ引きをしたり、冊子を作ったり。。。

Securedownload_2ドウサ液の濃度を調節して、和紙にドウサを引いているところです。。

なんといっても、今月ラストを飾ったのは、不動院仏画教室の時に制作した不動明王坐像です。このお像を連れて、中国新聞文化センターにお邪魔しました!

Photo

線お越し、デッサン、そして、下絵を作るところから、教室の方々に見てもらいながら、制作を進めていきました。

Photo_2

2
軸先は彫金で作りました。
梵字は、不動明王の従者である、コンガラ童子とセイタカ童子を、左右を入れております。側面には、菩提樹を装飾しました。

今回の講習会は、こちらの下絵を、みなさんと一緒に描きました。
時間内に完成させる事よりも、お不動さんとは、どのような尊像なのか、絵の中に何が描かれているのか、または、それらは何を意味しているのかを、簡単に冊子にまとめまして
それらを確認しながら、ゆっくり丁寧に描くことが、今回の目標としました。

先日、鑑賞した上村松園展で、下絵が作られる前のデッサンが展示されていたことを思い出して、今回は、線起こし後のデッサンや、下絵、彩色画と持っていき、仏画が出来上がる行程をご説明しましたら、下絵を作るのが大変なんだね。とご感想を頂きました。
下絵を自分で制作することのむずかしさを、理解していただけたようでうれしかったです!

そして、不動明王を描きながら、「うれしい、うれしい…」と言ってくださる方もいらっしゃり、
頑張って、下絵を作ってよかった。。と心から思いました。
非常に緊張しましたが、とっても良い経験をさせていただきました。

今回、刺激を受けたからか、もっとお経のことなど、勉強したくなりました。
仏画を続けてきて、良かったなぁ。。と心から思えた一日となりました!

 

|

« 上村松園 | トップページ | 京都仏画の旅 »

仏画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不動明王とともに。。。:

« 上村松園 | トップページ | 京都仏画の旅 »