« 椿のかんざし | トップページ | 本日より、あべのハルカスです! »

伝統工芸展へ。

今日は、確定申告で、紙屋町のクレドホールの会場へ。
朝から雨模様だったので、列に並ぶことなく、提出出来るかと思いきや、
甘かった。。いつも通り、申告者の数は多く、並びました~。
でも、おかげさまで、確定申告は無事完了。気持ちすっきり!ほっとしましたぁ。。
毎年、短期間で、一年分をまとめるので…(汗)その期間は、数字と格闘。。
年々、スムーズに出来るようにはなってきていますが、来年は、もう少し楽に、帳簿を付けれるようになりたいです!

この数日で、お友達のお誘いがあり、工芸展を続けて2つ見に行く機会がありました。

一つは、広島県立美術館の「日本伝統工芸展」、もう一つは、そごう広島店の「日本伝統漆芸展」。
伝統工芸は、自由なアートとは、また違った魅力のある世界。
寸分の狂いなく、作り上げられた作品たちから、緊張感が伝わってくるようで、
思わず、息をのみ込みました。。


日本伝統工芸展は、さまざまなジャンルの伝統工芸が一同に並びますが、
友達も私も、一番熱心に眺めたのは、着物のエリア!
手に入れることはできませんが、もし、自分がこの着物を着たら、どうなるだろう??と、妄想したり…現実味があり、一番、心が躍りました!(笑)

工芸は、技術の名称も意味も難しいものが多く、ちんぷんかんぷんなのですが、
会場には、小学生のために、技術説明の冊子が用意されて、よかったです。

日本伝統漆芸展も、素敵でした。
最近、NHKで、日本各地の漆技術を特集した番組を見て、漆芸に興味を持ったところだったので、特に楽しく鑑賞できました。

漆芸には、様々な技法がありますが、私は、香川県の漆技法、蒟醤(きんま)に、一番興味を持っています。
蒟醤は、漆を地塗りした後に、文様を線彫りして、その線に色漆を乗せて、文様を浮かび上がらせる技法で、中国や東南アジアの文様に影響を受けているそうです。
その文様は、大陸的というか、おおらかで素朴なエッセンスが感じられ、私好みです。
今まで、ただただ黒や朱色で塗られたものが漆器としか思いつきませんでしたが、
漆芸、本当に奥深いです。。

どちらの展覧会も、精巧な技術に、純粋に感動しました。。
その反面、工芸家の方々が、一つの作品を生み出すまでの長ーい道のり、日々のご苦労、そして、「この技術が、将来残ってくれるだろうか?」とか、「道具や材料は、後世、大丈夫だろうか??」とか・・・
本当に、本当に大きなお世話ですが、、、いろいろなことを、勝手に想像してしまい、胸がちょっと苦しくなってしまいました。。

私は、出展されている工芸家の方々の足元にも及びませんが、
もの作りの世界の、端っこにいる人間として、実用性と美が共存した作品を作りたいと、日々思いつつ制作しているので、参考にさせていただくこともたくさんありました。
年に一度、伝統工芸展を見に行くと、襟を正す気持ちというか、背筋がピンッ!と一直線になるのです。

襟を正した後は、居酒屋へ移動。。(笑)
Photo_2

この前、夢に出てきた焼きおにぎりが、どうしても食べたかった。。 Photo
焼きおにぎりと、ハイボールで乾杯!
準備でアトリエに篭る日々、気の合う友と、大いに語らい、エネルギーチャージ!
思い切って、表に出かけてよかった。充実のひと時でした!

|

« 椿のかんざし | トップページ | 本日より、あべのハルカスです! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝統工芸展へ。:

« 椿のかんざし | トップページ | 本日より、あべのハルカスです! »