« 石見 | トップページ | ハレの日! »

4月の不動院仏画教室

雨続きでしたが、今日は、一日中、とっても良いお天気でした!

HANAアトリエの玄関を飾る高野槇が、冬の間、葉が茶色くなってしまいました。。
もう枯れたかな?と、諦めかけていたら、春になり復活!
元気な新芽が出てきました!よかった。よかった。。
Photo
今日は、不動院で、4月の仏画教室でした。
教室のメンバーさんが、龍の彩色に挑戦することになり、裏打ちと下塗りの大仕事をされました。
長年、日本画をされている方なので、裏打ちは、問題なし!キレイに出来ました。
Photo_4
広島は、京都より、紙の乾燥が速いです。

そして、下塗り。
今回は、絵の具を丁寧に溶くことに、注意して、作業をしていただきました。

仏画で使う絵の具は、一色ずつ、手と指を使って作ります。
日本画の顔料を、絵皿に取り、膠と練り混ぜ、焼き付けます。そのあと、水を少しずつ加えていき、絵の具の完成!といった具合です。

絵の具は、膠と水の分量や、気温や湿度の影響を受け、出来が変わります。
良い状態の絵の具を作るのは、大変難しく、絵の具が溶けないと、絵がぼろぼろになってしまいます。
絵の具を作る時は、細心の注意を払い、指の先まで神経を行き渡らせて、作業を進めます。
大量の絵の具が必要な時は、一日がかりの作業となります。
なんだかんだ説明しつつ、メンバーさんに、慎重に、丁寧に、絵の具を作っていただきました。
元々、水の量が多い、薄い絵の具を作る癖のある方で、以前の作品では、色ムラが残ったり、和紙の表面が毛羽立ってしまうこともありました。
今回は、絵の具に混ぜる膠の分量を、いつもより、少し多めにしていただきました。
メンバーさんは、いつもと違う濃度に、はじめは半信半疑、おっかなびっくりでしたが…
生クリームのような、なめらかで、光沢のある絵の具が完成しました!
いざ、下塗りをしてもらうと、「いつもより、塗りやすい!ムラもできません!」と、感動してくださいました!
表面の毛羽立ちやムラもなく、とてもきれいに塗られたことで、絵の具の溶き方の大切さを理解してくださいました。
それが、自分のことのようにうれしくて、うれしくて…思わず、撮影してしまいました。。(笑)
Photo_6

|

« 石見 | トップページ | ハレの日! »

仏画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月の不動院仏画教室:

« 石見 | トップページ | ハレの日! »