« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

仏画特別講習会「観音さんと赤蓮華」

今年も、中国新聞文化センターさんより、仏画特別講習会開催のご依頼を頂きました!
開催場所は、ちゅーピーカレッジのクレド教室に、移動しました。
開催日は、4か月先なのですが…本日、中国新聞に、教室の広告が掲載されておりましたので、募集開始となったのではないかと思います。

「観音さんと赤蓮華」
2015年9月29日(火) 10:00~12:00  
ちゅーピーカレッジクレドビル教室

〒730-0011広島市中区基町6-78
基町クレド(パセーラ)10階(受付10階)
受付時間:月曜〜土曜/9:30〜18:30 日曜/9:30〜15:00(祝日休み)
TEL:(082)962-4111

Koukoku

今回は、聖観音菩薩を、訶梨勒(かりろく)という果実で染めた和紙に、謹写して頂きます。

Photo_5

そして、今回は、観音さんの持物である赤蓮華の「赤」にスポットを当てます。
仏画と色には、深い関係があります。
なぜ、観音さんの蓮が赤いのか、仏画の中での「赤」について、少しご説明出来たらと思います。
そして、線描きが完了したら、蓮の花びらに、本朱(赤色)の絵具で彩色をして頂こうと思っています。その際、私が本朱の絵具の作り方をデモンストレーションして、ご説明したいと思っております。

仏画は、仏さまの悟りの世界を絵画化したものですので、
色や形一つ一つに、意味が込められています。
ただただ、お手本をなぞるだけではなく、
自分が今、描いている仏さんに、どのような意味が込められているのかを知ろうとする気持ちが大切です。
すべてを理解することは、大変難しくいことですが、図像の中の一つでも、意味を知ることで、ただ描いているだけの時よりも、仏さまが、キラキラ輝きを放つのではないかと思います!

和紙を染める体験は、時間内に収まりそうにないので…(汗)、
私が責任持って、アトリエで染めてまいります!(^^)淡い黄色の和紙に仕上がります。


★訶梨勒(かりろく・ミロバラン)とは…
仏教と深い縁のあるインド原産の果実で、仏典では、「一切の病に効く薬中の王」と記さ れています。
昔から香料や漢方薬として使われたり、「魔よけ」、「邪気払い」として、貴族や僧侶の衣服の染料として使われたそうです。
Photo
こちらが、訶梨勒の実です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HANAワークショップ @阪急着物イベント

来月開催の阪急うめだ本店さんの着物イベント「おとな夏きもの2015」まで、ちょうど一か月となりました!

毎日、制作に追われております。。疲れのせいか、ただただ太ったのか…(?)
体が重くなってきております。。(汗)体のメンテナンス、大事ですね!

そして、この着物イベント期間中、作家さんそれぞれが、ワークショップを開催することになりました!

私のワークショップでは、彫金工具を使って、帯留めなどのアクセサリーを作っていただきます。2回開催です。

HANA彫金ワークショップ
 6月25日(木)18:00~ 26日(金)14:00~ 
 参加費:3500円、定員:5名、時間:45分間。

★ご予約は、6/20(土)~23日(火)10~20時
 11階、着物売り場、または、TEL(06)6361-1381(内線 6353)で承ります。

Photo_3

作業工程です。
月(満月、半月)、星、千鳥などに形取られた真鍮板をご準備しますので、お好みの形をお選びいただきます。

それを、金槌で表面に槌目を付けてもらったり、
アルファベット、数字、いろいろな模様のたがねを使って、刻印して頂いたり…
デザインは自由です!ドリルを使って、穴を開けることもできます。

それで、テクスチャー加工が完了したら、帯留め、チャーム、ペンダントのバチカンなど、お好みの金具を付けて、完成。

人間用のアクセサリーを作られるのも良いですが、
刻印を駆使して、ワンコやにゃんこの迷子用チャームを作られるのもおすすめですよ!
金槌作業なので、男子も大歓迎です!!

ご一緒する作家さんのワークショップのご紹介です!

東風杏さん(ガラス)
 天の川みたいな帯留め作り
 6月28日(日)18:00~、29日(月)14時~
 参加費:4320円、定員:5名、時間:40分

み々弥
 コラージュで作る、木製ブローチ(帯留め)
 6月24日(水)14:00~、18:00~
 参加費:3500円、定員5名、時間:1時間

COMPOSiTiON MAGIC
   星を散りばめたハットピン(またはリング)
 6月25日(木)13:00~、 26日(金)18:00~
 参加費:4644円、定員:5名、時間:50分

どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再生

6月のイベントの準備をしつつ、普段のご依頼品も制作しております!
 
今日は、オーダーメイドジュエリーのご紹介です。

この度、ご依頼者様の、今は亡きお父様の形見である、クリソベリルのタイピンを、帯留めにリメイクさせていただきました。


クリソベリルの帯留め 「気」

Img_1414

石の周りを、気が循環している様子を表現しました。気が途切れることなく循環しています。

気(水蒸気は)は…
空では、雲となったり、雨となったりします。
そして、地上では、海や川、そして、私たちの体を形成したり…
古代中国思想では、龍に譬えられたり…
変幻自在に、姿を変えて、永遠に再生しながら、存在しています。

このクリソベリルも、お父様のタイピンから、姿を変えて、ご依頼者様のもとで、生き続けます。

Fullsizerenderサイズは、三分紐用に制作しました。

ご依頼主様にお届けしたところ、「タイピンだった時よりも、父を身近に感じます。」と、ご感想をいただき、大変気に入って下さいました。本当に良かったです!安心しました。。(^^)

形見のお品に限らず、大切なお品をお預かりするお仕事が、年々増えてまいりました。
ものすごーく、緊張するお仕事ですが…大変やりがいのあるお仕事だなぁ。。と、感じております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六月のイベント情報

先日、年に一度の恒例行事である、神戸国際宝飾展に行ってまいりました!
いろいろなルースを仕入れてまいりましたので、新たなジュエリーとして生まれ変わった姿を、また、皆様にお見せ出来たらと思っております!
Img_1244

そして…
この度、念願叶い、着物イベントへ参加させていただくことになりました!

『おとな夏きもの2015』
http://hhinfo.jp/blog/kurashi1/week1_5/00274356/?catCode=161002&subCode=162006&top

6月24日(水)〜29日(月) (最終日は、18時閉場)
阪急うめだ本店 9階祝祭広場


小物部門で、ご一緒させていただく作家さんをご紹介いたします。

・東風杏 三品雅子さん 
 http://www.m-mishina.com/tonpuan/
・み々弥 辻 寿見さん 
 http://www.mimiya3.com/mimiya/index.html
・COMPOSiTiON MAGIC  伊藤ナオコさん
 http://composition-magic.net/

以前から大好きな作家さんお三方に囲まれてのお仕事、本当に光栄に思っております!「四者四様」という言葉はありませんが…(笑)それぞれ、作風が違っていて、おもしろいのです。。

期間中は、作家さんそれぞれのワークショップも開催いたします。
私のワークショップでは、工具を使って、ちょこっと彫金を体験していただくという、アクセサリー作りをいたします。
日程が、はっきりわかりましたら、またお知らせいたします!

小物部門以外には…
着物雑誌に、たびたび登場される、人気の高い着物屋さんも出展されます。
ちなみに…
私が木綿着物に興味を持ち始めた頃、初めて半帯を買いに、恐る恐る足を踏み入れた、京都のomoさんも、今回、出展されるということで、感激しています。。

会期中は、着物姿で接客させていただきます♪
会期まで、一か月ちょっと、作品制作と着付の練習(笑)、頑張ります!!
会期中、煎茶道、茶道、華道などのイベントも、毎日行われるそうですので、
そのような情報も、少しずつご紹介いたします!

今日は、私達が登場しておりますイベントのチラシ画像を、ちょこっとアップ致します!
11209577_889082707806580_1873624260

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梵字悉曇

先週末は、不動院の仏画教室でした。

Photo
いつも通り、愛犬ミロも同行。境内で、元気よくお散歩させていただきました!

Photo_2

2
この季節、境内の裏庭に、みずみずしい緑色の苔が広がっています。
受講者の方々が来られるまで、苔を観察。。 すると、もみじが、苔の中から小さな芽を出していました。可愛い。。

そして、教室は、今回から、彩色画に初チャレンジする方がおられ、いつも以上に、気合が入りました!裏打ち、下塗り、バックの彩色、すべて無事に完了。。ほっと一安心しました。

不動院の教室が終わり、今度は、私のお稽古のため、京都へ移動。

今回は、普段の制作に加え、梵字実習が行われました。
京都のお寺から、梵字の先生がお越しになり、歴史や基本的なことなど、いろいろ教わりました。

Photo_3
梵字そのものが、仏さまを表しています。
この梵字は、「ア・阿」です。このアの中に、梵字のすべての基本が含まれているそうです。わかりやすく言うと、「あ・うん」の、「あ」ですね!

梵字の授業は、大学の時に受けているので、とても懐かしかったです。
そして、当時、ちんぷんかんぷんだったことが、今となって、すーっと、頭の中に入ってきて、理解できたりすることがうれしかったり…

先生は、キレイに書くことも大事ですが、それ以上に、文字の形、その字の発音、字の意味を理解しながら書くことが大切なのだと、おっしゃっておられました。
これは、仏画でも同じです!

仏画も、梵字も、信仰第一。
祈りの心で書かなくては、意味がないのだと、改めて心に刻みました。
「仏作って魂入れず。」にならないよう…(汗)日々、精進いたします。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハレの日!

GW、終わりました!皆さま、楽しまれましたでしょうか?
私は、お仕事の締切があり、普段通りの生活を送ろう!と思っていたのですが、実際には、仕事半分、お出かけ半分という感じ。

シャクナゲで有名なお寺、福成寺さんの花まつりにお邪魔させていただきました。
昨年は、ただただ、シャクナゲ鑑賞のみでしたが、今年は、高野山金剛流宗教舞踊を、先生とメンバーのみなさんと一緒に奉納するというミッションがありました。。(汗)
昨年から始めたばかりで、日も浅く、人様にお見せするレベルではありませんが、
仏さまを供養するという気持ちで、心を込めて舞いました。
服装は、黒紋付き。これも初体験。この着物は、喪服として、両親に準備してもらったものですが、このような、ハレの場で着ることが出来ることは、本当にありがたいことです。

PhotoPhoto_2

Photo

そして、兄家族とともに、出雲の親戚を尋ねて周りました。

Photo_3
玉ねぎ収穫。

Photo_4
羽根屋のそば。

そして、最後の〆は、お庭でBBQ。私は、お腹いっぱいで、一口も食れませんでした。。
おめでたいことが続いて、親戚陣は、世代がどんどん若がえり、新しいメンバーも増えました。

GW最後は、不動院へ。
2
本尊、薬師如来の縁日法要に、参加させていただきました。奉納演奏やお茶席などもあり、お参り客でにぎわっておりました。

Photo_5
久々に、理趣三昧を聞くことが出来ました。
法要が終わると、心身が、清々しく切り替わったような気がしました。
これから、夏に向けて、大きなイベントがあり、頑張らなくてはならないのですが、
これで気合が入り、乗り切れそうです!

いつもお世話になっている方々、親戚、家族…自分にとって、身近で大切な人たちと過ごす日々。
自然豊かな場所へ行く機会が多く、思いがけず、GW気分を味わうことが出来ました!

Photo_6
少年画伯の描く、アロワナとその餌。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »