« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

ニャンコ

うちからすぐのところに、霞庚午線という市道があり、毎朝、通勤する際に通ります。
昨日の朝も、普段通り、霞庚午線を、チャりでふらふら通っていたら、
道路の端っこで、うずくまるニャンコを発見!

全く動かないので、「車にひかれたんだぁぁ~~!!」と恐ろしくなって、
一瞬、過ぎ去ろうとしたのですが、やっぱり気になって、3メートルほど行って、リターン。

ニャンコに、「にゃん!」と声をかけたら、
アイコンタクトで返事をしてくれて、生存を確認。
どうやら、車の往来にびっくりして、腰が抜けたようで、おびえて動けなくなったようです。

この道路は、6車線もあり、バスやトラックなどの交通量も多く、
うちの先住犬も、ここで車にひかれそうになったこともありまして、
「これは一大事!!」と、チャリンコを歩道に置いて、ニャンコを救助しようと思ったら、
慌てて、チャリンコに乗ったまま、ひっくりかえり、負傷。。。恰好が悪すぎます。(汗)

ニャンコは、見るからに野良猫だったので、人間の私に対しても、警戒している様子。
私が慌てて手を出したら、逆に、車の方へ飛び出すのではないかと思って、
とりあえず、車には、ちょっと離れて通過してもらえるように、ニャンコを、私の体で覆いました。
「私は、あやしいものではございません!!」と、ニャンコに向かって、何度も念じながら(?)距離を、少しずつ縮めていきました。
相互理解が深まった気がしたので(笑)、思い切って、手を差し伸べたら、
素直に抱っこさせてくれました。道路から無事退避。
大汗でした。。

その後、車の来ない安全な場所=うちということで、うちに避難。ニャンコに飲み水をあげて、一緒に一休みしました。
落ち着いて、ニャンコを眺めると、かなりのボーボーヘアーですが…白地に顔としっぽが黒。
おめめも大きく、均整の取れた小顔の美女。穏やかな性格。かわいいです。。

ニャンコは、私の横で一休みした後、
逃げるともなく、ゆったりした歩調で、裏の空き地へ歩いて行きました。
一瞬の出会いでしたが、永遠の別れかと思うと、ちょっとさみしくなりました。。

しかし、夕方、帰宅すると、ニャンコが、うちの車の下で休憩していました。
「気に入ったのかい?」と、しばし見つめ合い、アイコンタクトをしましたが、
ミロの気配を感じたようで、改めて旅立ちました。
ニャンコは、夏バテ気味に見えたので、体調が心配です。
うちには、多頭飼いの難しい犬のミロがおり、ニャンコと一緒に生活するのは難しいですが、念のため、実家のお寺で、動物の保護活動をしている友達に電話して、保護について聞いてみました。
通院費などの諸経費を負担した場合は、面倒を見てくださり、里親探しをしてくれるとのことでした。
昨年、私も、友達の所に行き、保護されている動物たちに会いましたが、
みんな健やかな様子で、それぞれ里親も見つかり、幸せになっているようでした。

最近は、高齢の飼い主さんとペットとの二人暮らしで、飼い主さんが入院されて、ペットを最後まで世話出来なくなるということが多くなっているそうです。何だか、せつないですね。

今朝も、通勤やお使いする時に、どこかに、あのニャンコがいないか、何気に探してしまいます。。
今日はまだ姿を見ていません。
心の奥のほうで、再会を期待しているかもしれません…
どうぞ元気でいてくださいと、願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブラドライトのリングなど…

下半期に突入して、あっという間に、一か月が経過しました。
毎日が、一瞬で過ぎ去っていきます。。

来月の、「iichi クラフトマーケット」 岩田屋本店さんへの出展まで、一か月を切りました。
博多での出展は、今回初めてなので、どのような反応が頂けるのか、全く想像がつきません。。想像つかないことで、心配する気持ちもありますが、ワクワクする期待感も同じくらいあります!

◆◆◆ 出展のお知らせ ◆◆◆

iichi クラフトマーケット 岩田屋本店新館6階 ステージ#6
2015年8月26日(水) ~ 9月1日(火)
最終日は、17時まで

iichiクラフトマーケット

出展予定の新作が、少しずつ出来あがってきましたので、
こちらでご紹介いたします。

ラブラドライトのリング 「気」
Photo_2
縦長でチェッカーカットをした美しいラブラドライトを使用。ラブラドライト特有の青い輝き、ラブラドレッセンスも、しっかり見られます。
リング面には、気の流れをイメージして、渦巻き模様を装飾しております。
シトリンリング「第三の目」
Photo
先日、こちらでご紹介いたしました第三の目をモチーフにしたリングです。これは、今までの第三の目リングより、一回り大きいルースを使っておりますので、全体的にボリュームが感じられます。
リング面には、蓮と気の流れを象徴する文様を装飾。



ラピスラズリのブレスレット 「気」
Photo_3
石の周りを、気が巡るイメージで装飾しております。
ボリューム少なめですので、普段に使われても、全く負担に感じられないと思います!

まだまだ、新作が出来あがってきておりますので、
また、ご紹介させて下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土用干し

土用に入りまして、夏本番という感じです。

なのに…
うちの蓮は、いまだに、葉っぱのみ。。つぼみが見当たりません。。涙

Photo_4
葉の大きさ、勢いは、今までで一番力強いので、あと一カ月、諦めずにいたいと思います!

土用といえば・・・

塩漬けした梅の天日干しをしなくてはなりません!

Photo
今年は、昨年の三倍の量を漬けましたが、樽から上げてみると、大した量がありませんでした。。

そして、このような梅が出来あがりました!
Photo_3

唯の梅干しですが、自家製は、なんだかかわいらしいです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国遍路 今治

昨年から始めた四国遍路は、出展のため、しばらくお休みしておりましたが、
昨日、丸一日、時間が取れまして、急きょ、遍路の準備。早朝、四国に向けて旅立ちました。

Miro
お遍路犬、ミロ。香川県出身。

しまなみ海道を南下して、7時過ぎに今治に到着。
Kurusimakaikyou

今回は、今治周辺のお寺を周ることになりました。

真夏だからか、1200年イベントが終わったからなのか、ただただタイミングか・・・
観光バスのお遍路ツアーの御一行に出会わず、個人で回られているお遍路さんも2~3名でした。その方々と、周るペースが同じ為、各寺で、ほぼ同じメンバーでのお参りとなりました。
Photo

どこのお寺さんでも、本堂も大師堂も貸し切り状態で、
お遍路初心者の私にとっては、ありがたく、落ち着いて、お唱えさせていただきました。
私は、慌てて般若心経をお唱えすると、決まった場所で間違えてしまい、お経がループして、終われないことがあるのです。。(汗)今回は、ループせず、無事でした。。

納経所にも、緩やかな空気が漂っており、初めて、ゆっくり納経所の方とお話させていただきました。
Moukorita

ある札所では、納経所のおじさまから、「愛」の字が書かれたハガキ(左)を頂きました。
私が喜んでいたら、おじさまが、もう一枚、ハガキ(右)を取り出し、
「お嬢さん、この漢字が読めたら、もう一枚上げよう!」とおっしゃっいました。
私は、にんまり、「もうこりた?」と答えると、おじさまから「読めたーっ!!」と歓声があがり、みごと正解!
「忘己利他」は、最澄さんの名言中の名言。大好きな言葉ですから。
遍路道で、最澄さんにも出会えた!という気持ちになりました。(^^)

Photo_2 こちらは弘法大師。

Photo_3
栄福寺さんでは、映画『ボクは坊さん。』のポスターが貼ってありました。ご住職の著作が映画化されたそうです。
以前、私も、ご住職の文章を、著作やほぼ日で読ませていただいておりました。
真剣であり、ユーモラスであり、とても読みやすい文章を書かれていたので、いつも楽しく読んでいたことを思い出しました。
もちろん、この『ボクは坊さん。』も読みまして、面白かったです。映画は、どのような感じなのでしょう。

無事、予定していたお寺をまわり、59番国分寺さんで打ち止めとなりました。

今治に来たら、必ず立ち寄る、産直市「さいさいきて屋」へ。
ずっと気になっていた、ソフトクリームを食べました。
高級な濃厚タイプと、安い方のスタンダード、二種類ありまして、
濃厚なものが苦手な私は、スタンダードのソフトクリームにしましたところ、
甘み控えめで、あっさりしていて、感動の美味しさでした!
帰りは、大三島に立ちより、大山祇神社、多々羅温泉と巡りました。
広島県内に入ったら、兄家族にも会えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンラインショップ更新

今日も普段通りの制作の一日でした。
仕事のお供は、ラジオです。
朝、アトリエに到着するや否や、ラジオをつけます。
地元AMラジオに、「平成ラヂオバラエティーごぜん様さま」
そのあと、東京のニッポン放送、「ラジオビバリー昼ズ」(金曜日と木曜日は特に好き)
お昼から、TBSラジオ「たまむすび」(日替わり、週替わりゲストが良い。)
そして締めは、荒川強啓「ディキャッチ」。。
とにかく、AMラジオが好きです(^-^)
それと…なぜか、うちのradikoは、プレミアムでもないのに、東京の放送局しか入らないのです。

オンラインショップを更新いたしました。よろしければ、ご覧ください。
http://hanaekatsuyama.ocnk.net/

リング、ブレスレット、ピアス、帯留と、バラエティー豊かな品揃え。よろしければ、ご覧になって下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第三の目リング

三連休は、皆様、楽しまれましたか?
お仕事された方もいらっしゃったのではないでしょうか?
私は、ようやく博多のイベントの準備に取り掛かりました。

そんな中で、オーダー制作をさせていただきました。
ガーネットを使って、「第三の目」のリングを作らせていただきました。
It559f6d5da0e211200
このデザインは、数年前にオーダーメイドのご依頼をいただいた時にできたもので、
今までに、石違い、サイズ違いで、何度も作らせていただきました。
今回は、赤い石をご希望され、ガーネットをご提案しました。
このデザインと赤い石の相性はバッチリでした!

It559f6d5e707bb1200
リングには、石を見て、向かって右側に「蓮」、左側に「気の流れ」を表す文様を装飾しております。

そして、石枠には、リングの題名にもなっている、「第三の目」を象徴する文様を装飾しております。
It53e386ac420a71200

この「第三の目」というのは、眉間にあると言われています。その第三の目が開くと、真実を見ることが出来るといわれたりします。
ヨガでは、サードアイチャクラという、エネルギースポットだともいわれます。

第三の目について調べていくと、仏教には、「五眼」という言葉にたどり着きました。

五眼は、真理を認識する能力を、眼になぞらえて
肉眼 (にくげん) ・天眼 (てんげん) ・慧眼 (えげん) ・法眼 (ほうげん) ・仏眼 (ぶつげん)の5種類に整理されたものだそうです。

私達の体にある二つの眼は「肉眼」で、この現実世界の色形しか見ることが出来ないのです。

天眼は、神々の眼。昼夜関係なく、物を正確に見ることが出来る眼。
慧眼は、「空」の真理など、真実を見通すことのできる仏道修行者の眼。
法眼は、衆生を悟りの世界へといざなうことのできる菩薩の眼、
仏眼は、仏様の眼。すなわち、仏眼以外の4つの眼の能力を備えた眼。

第三の目は、どれに当たるかな?
物象ではない、眼には見えないものを見通すことのできる慧眼あたりになるのかな?

五眼を知ると、肉眼で見えるものがすべてだと思っては不十分だなと思いました。
眉間の第三の眼は、修行不足で、まだまだ開きそうにもないけど…(笑)
目に見えないものを見る、心の眼というのは大事だな。
それは、想像力であったり、思いやりだったりするのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仏道修行とコンチキチン

台風11号は、寝てる間に過ぎ去っていまして、被害もなく、安心しました。。
全国各地で、多くの被害が出ていますが、皆さまのお住まいは、大丈夫でしょうか?

今週は、京都の導場で仏画制作をしておりました。
二か月ぶりの京都は、想像以上に、暑かった!
広島も、結構暑いですが、京都の暑さは、空気が体にドシっとのしかかるような、重みを感じます!初日の14:30頃、座ったまま、気絶しかけました。。(汗)
そんな暑い中、お茶タイムで、先生が出してくださった、「ちょこっと凍ったプチトマトの砂糖がけ」が、シャーベットのように、さわやかで、とっても美味しく、元気が回復しました!

一字金輪さんが、少しずつ出来上がってきております。
Photo
このお像は、図像も色(白が基調)も、かなりシンプルなので、いろいろ描き込んだり、色を華やかにしたりすることはできません。
限られた中で、最大限に表現するのが、とても難しいです。。
シンプルなものは、ごまかしが効かないですねぇ~。。汗

今月も、制作の合間に、梵字講習会に参加しました。
Photo_2
今回は、自分の好きな梵字を練習して良いとのことで、
私は、自分にとって大切な仏さんである、長谷寺式十一面観音さんを表わす梵字「キャ」にしました。
先生にお願いして、お手本を作って頂き、練習開始。形の良い字を書くのは、毎日の鍛錬なしには無理だとはわかっていても、書けないことに、むずむずしてしまう私でした。。

京都滞在中に、祇園祭の山鉾を見に行きました。
Tukihoko2
ちょうど夕暮れ時で、夕焼けと山鉾が、とてもきれいでした!
なのに…
広島に戻り、家族に、この写真を見せつつ、感動を伝えようとしたら、
「京都タワー、きれいに撮れてるねぇ~!」と言われ、
「えぇ~~~!!」と叫び、私は卒倒しそうになりました!!(誰とは言いません。。)

話は、祇園祭に戻りまして…私は、月鉾へ向かいました!
Tukihoko

月鉾の浴衣の模様が好きです。
Tukihoko4
月の字と莵とヤタガラス。かっこいいです!

今年は、その浴衣の生地を使ったうちわが販売されまして、それが欲しかったのです。
ちまきとうちわを購入したら、鉾の拝観が出来るということでした。
Tukihoko3
鉾の上は、高所恐怖症の私にとっては、ちょっと怖かったですが…
貝やヒトデなど海の幸尽くしの金工飾が、間近で見れて、とても良かったです!

そのあと、山鉾の目の前にあるコーヒー屋さんで、コンチキチンのお囃子を聞きつつ、のんびり読書。
そして、宿まで3キロ位をウォーキングして帰りました。
仏画制作は、肉体労働ですので、このひと時が、良いリフレッシュとなりましたよ!
広島に戻った翌朝は、宗教舞踊のお稽古に参加。
私が仏画修行で疲れ気味だったのを察した先生は、鞄から、おもむろに「デカビタC」を4本を取り出し、休憩をくださいました。
「デカビタC」4本は、かなり重かったでしょうに~。。感謝です!
これで、7月の仏道修行、一応完了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月不動院仏画教室

今日は、不動院の仏画教室でした。朝から太陽が燦々と照っていました。
そんな暑い中、メンバーさんは、今月も休まず、不動院に来てくださったことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

メンバーさんの中には、県外や遠方から、高速バスに乗ってお越しの方もいらっしゃいます。バスの到着時間から、教室が始まる13時まで、お寺の近くに休む場所がありませんので、
最近は、教室が始まる時間まで休んで頂けるように、書院のオープン時間を12時に早めました。

書院で、お昼御飯を食べる方、境内でスケッチする方…それぞれ、お寺でのひと時を楽しまれているようで、良かったなぁと思っています。

今日は、うんげん彩色4段に、初挑戦される方がおられ、私も他人事とは思えず…(笑)気合が入りました。。
今回も、隣にぴったり付き添い、絵具の溶き方から、ガン見して、チェックしました。

Photo
胡粉も、絵具も上手に溶かれ、発色が良かったです!
初めての挑戦ですので、はじめは、どのようなバランスで、段を作ればよいか迷われてましたが、ちょこっと説明しただけで、ポイントを把握され、作業葉スムーズに進みました。

今日も、和気あいあい、にぎわいのある教室でした!
来月は、お寺の盆踊りと仏画教室が、同日開催とのこと。私も、踊ろうかな??

アトリエに戻り、今度は京都修行の準備に取り掛かりました。
白色の絵の具になる、胡粉を滑らかな粒子になるまで、乳鉢でひたすら磨ります。
単純作業ですが、根気の入る作業です。胡粉の磨り上がりの良し悪しで、絵の仕上がりが一変します。

Photo_2
御詠歌「相互供養和讃」をエンドレスでかけつつ、お唱えの練習しつつ、胡粉を磨り続けました。。
入魂の胡粉が出来上がりました!(?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モード切り替え!

今年も、うちの花壇の桃に、20個くらいなりました。

Photo
この桃の木は、数十年前、スーパーで買ってきた桃の種から発芽して、大きく成長したものです。
私が子供の頃は、実が梅くらいの大きさでしたが、

最近、だんだん大きくなってきていて、今年の実は、スーパーで売ってる桃の6割ほどの大きさ位になりました。
花壇製なので、甘みは薄めですが…、年々、少しずつ、桃らしい味になってきました!
この桃を、近所の子供たちに、一つずつプレゼントするのが、うちの恒例行事です。


明日から、仏画ウィークが始まります!
展示会直後で、頭の中が、商人状態ですので…(笑)今回、少々、切り替えが必要でした。
プリント作りで、資料などを読み始めると、体の中が、少しずつ、仏画モードに切り替わっていきました。

今日は、仏画教室の買い出しや印刷、そして、京都行きの準備などなど・・・
街中をチャリンコで走り周り、一汗かきました。暑いですが、しっかり汗かくと、気持ち良いものです!

夕方からは、仏画制作。このあたりで、ほぼスイッチが切り替わりました。
現在、京都で制作中の一字金輪さんの、衣の文様を思案中。。

Photo_2

基本となるお像の衣文や、平安時代や鎌倉の作例を、ただただ眺めて、
何か思いついたら、トレペに、鉛筆で書いては消して、また書いて…を繰り返し、
少しずつ文様が決まっていきます。

文様がエンドレスに繋がっている、「繋ぎ文」という種類のものがあるのですが、
たまに、繋がり方が難解過ぎる文様が出てくると、構造を必死で解明しようとして、熱が上がりそうになることもありました。。
でも、難解過ぎる繋ぎ文ほど、一度クリアすると、一生忘れないものです!(笑)

さぁ、仏画ウィーク第一日目は、不動院仏画教室です。
明日は、新しい方がいらっしゃるとのことですので、頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成長日記

7月から、HANAのウェブショップがリニューアルオープンしたことを、堂々とお知らせいたしましたが…
先日、「ウェブショップの画面が、休業状態になったままよ!」と、友達から報告を受け、慌てて、開店の操作を致しました。。汗
パソコンがものすごく苦手なので、このような手違いが多すぎます。。本当にお恥ずかしいです。。
今度こそ、堂々の(?)リニューアルオープンです!よろしくお願いいたします。

今日は、蓮とインド菩提樹、そして、ミロの成長日記です。
Photo_5
大型の古代蓮で、種から育てております。花は、まだ咲いたことありません。
鉢を大きな漬け物樽に変えたからか、茎がいつもより丈夫で、葉も一回り大きいです。
今年は、勝負の年、5年目の夏です!つぼみ出てこいっ!!

インドボダイジュは、アトリエで育てております。
こちらも、塵の様な微小の種から育てています。何度も何度も失敗を繰り返しながら…
そして、200粒の種から、2株が元気に育ちました。(確立が低すぎる。。。涙)
一つは玄関先(外)、一つはアトリエの中で。

2
お釈迦様は、インドボダイジュの木の元で悟られました。
ということで、うちの釈迦如来坐像と共に。。

Photo_6
玄関の子

そして、親株を剪定した小枝の挿木が成功して、新芽を出しました!
インドボダイジュの挿木も、何度も何度も、失敗を繰り返していたので(苦笑)、
根がついた時は、種から芽が出た時と同じくらい嬉しかったです。。

3

挿木のコツが、まだわからないのですが、、、
挿し木を成功させて、もっと増えたら、お釈迦様や仏教が好きな方や、植物の好きな方に、お分け出来たらと思っています。

最後は、ミロ。
Photo_7
私は、虫が大の苦手なので、虫を退治することが出来ませんが、
最近、家の中で虫を発見したら、ミロを呼びます。
すると、ミロは、肉球パンチで、上手に虫を退治してくれます。。
退治した虫を食べてしまわないところも、感心しきりです!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕ジュエリー

今日は七夕でしたね。あいにくの雨模様で、夜空を拝むことはできませんでしたが、願い事はされましたか?

今日は、七夕をイメージした帯留め3点をご紹介いたします。

Photo

左上は、ウランガラスを使った帯留め「牽牛と織女」です。
ウランガラスは、着色料として微量のウランを混ぜたガラスで、色は黄色や緑。
暗闇でもブラックライトを照射すると妖しく緑色に光るのが最大の特徴です。紫外線に反応するので、太陽光でも発揮します。
そのウランガラスを、織姫と彦星に見立て、制作しました。

Photo_2


左下は、うちわ型の帯留めです。うちわの柄には、アサガオを用いました。
アサガオは、中国語で、「牽牛」と言います。
Photo_3


最後は、笹の帯留めです。
Photo_4

おかげさまで、先日の七夕イベントの際、三点すべて、お客様の元に旅立ちました。本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仏道修行再開

先日、イベントを終え、新大阪から広島に戻る際、新幹線事故の影響で、2時間ほどの待ち時間が出来ました。
コーヒー飲みつつ、「しばらく、イベント出展もないし、ちょっとのんびりしよう~!」と思った矢先、
一か月ほど前に応募していたイベントから、出展決定のメールが届きました!
一瞬にして、目が覚めました!(笑)(イベント詳細はこちらから
イベントは、8月後半ですので、今からピッチを上げなくてはなりません。

ちょっとソワソワしているのですが…そんな時こそ、金剛流御詠歌と舞踊のお稽古に参加させていただきました!

教室に到着やいなや、
しばらく、大阪出展で忙しくしていたことを知っていてくださっていた先生や先輩メンバーから、「お疲れ様でしたね!頑張りましたね!」と、ねぎらいのお言葉を頂き、癒されました。。

私は、9月29日に、中国新聞文化センターで、観音さんをテーマにした仏画講習会を開催するので、先生は、それに合わせて、観音さんが題材となっている「観音大慈」を、お稽古に選んでくださいました。
この様な心遣いが、ほんと嬉しいのです。(^^)

お腹から声を出した後は、着物に急いで着替えて、舞踊のお稽古です。
今回、新しい曲目「御廟前」を教えていただきまして、案の定、ちんぷんかんぷんで。。
へんてこりんではありますが…2時間、動き続けて、インナーマッスルが刺激されました!

9月のお彼岸に、またまた、お寺で舞踊を奉納させていただくことになりました。。汗
今回は、先輩が、用事で参加できないとのことで、私は、今から心細いです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンラインショップリニューアル!

7月1日より、HANAのオンラインショップがリニューアルされました!

私のPC音痴のせいで、2年前に、母屋サイトが蒸発してしまう事件が起こりました…
母屋サイトは回復できておりませんので、オンラインショップに、情報を集約しました。
画面も見やすくなったかなと思います。

7月は、帯留祭です!
今後とも、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝平二郎の世界展

広島に戻ってから、周南市立美術博物館の「滝平二郎の世界展」へ行ってきました。

Photo

周南市立美術博物館

滝平さんの作品に登場する人物は、眼力が強く、働き者のしっかりした骨格、手をしていて、
子供にとっては、ちょっと渋過ぎるキャラクターなのですが・・・(笑)
私は、幼い頃、斎藤隆介さん×滝平二郎さんの作品『モチモチの木』を何度も読んでいました。当時、モチモチの木がめちゃめちゃ怖くて、畏れつつも、大好きだったのです。
それが引き金となったのか??、私は、長年、木が怖いのです。

大人になった今、さらに、斎藤さんと滝平さんのコンビ作品から魅力を感じます。
他者への思いやりや優しさ、勇気、困難を生き抜く強さ・・・人間にとって大切なものが詰め込まれてた宝箱だと感じます。
自利利他の精神というのでしょうか…仏教的なものを感じるのです。

私のアトリエには、何冊ものコラボ絵本が本棚に入っております!
Photo_2

今回、『モチモチの木』と『花さき山』の原画を見ることが出来て、感動しました。
何度となく見た絵ですが、どのように作られたのか、どのような努力があったのか、垣間見ることが出来ました。

そして、滝平さんは陸軍出兵され、沖縄で捕虜となった経験があるということを、今回、初めて知りました。
戦争経験から生まれた作品や、終戦後、沖縄で生き抜いた経験談も展示されており、心を打たれました。
滝平さんの作品から自然と発する、たくましさの源を、少しだけ知ることが出来ました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラクリン展

イベントの搬出が終わった翌日は、久々に制作の事は忘れて、一日のんびり、大阪で過ごしました!

午前中は、長居にある、ギャラリーキットカットさんへ、井村隆さんの「カラクリン展」へ。
作品を拝見するのも楽しみでしたが、井村さんご夫妻との再会が、何より楽しみだったのです。
井村隆さんご夫妻との出会いは2年前。私が、天満橋で開催した個展に、知人が井村さんご夫妻を連れてきてくださいました。
井村ご夫妻は、私のつたない説明に(笑)、熱心に耳を傾けてくださり、嬉しかったことを覚えています。
お二人とは、初対面にも関わらず、昔からの知人の様な感覚となり、いっぺんに大好きになりました。。(^^)
それから2年が過ぎ、ようやくタイミングが合い、お二人に会いに行きました。

井村さんの作品は、金属板と針金と歯車などの部品が組み合わさって出来ています。
私も、金属を扱いますが、全くまねのできない、独特の世界観です。
私の説明では、作品の持つ魅力が全然伝わらないので、HPをご覧ください!

作品の中に、ボンフリくんというキャラクターが登場します。
ファクトリーで働く、ボンフリ君は、地金板を、金づちで一生懸命、トンカントンカン叩いています。
それを眺めていると、何だか、日常の私に見えてきました。。来る日も、来る日も、相変わらず、トンカントンカン・・・・何だか、同志を見つけた気分でした!(^^)

会場で、たまたまご一緒になった方を交えて、歯車いじりつつ、おしゃべりタイムでした。
その方は、長居にある、うさぎしらたまカフェの店主さんでした。
お菓子開発秘話、材料に対するこだわりなど、お話を聞かせて頂きました。今度、氷くるみ餅を食べに伺いたいと思います。

物作りをされてる方のお話は、情熱的で面白いです!ずっと聞いていたいです。。(^^)

うさたまさんに、私の仕事の事をご説明していたら、井村さんが私のDMを、うさたまさんに、そっと渡されました。
それは、2年前の個展のDMでした。とっても丁寧に取っていてくださったことが、一目でわかりました。感動しました。。

そして、次のミッションがあるため、後ろ髪引かれつつ、ギャラリーを後にしました。
みなさんとは、また会えるはずです。。

最後に、記念撮影。連写したのか、この構図の写真が、ものすごい枚数、iphoneに保存されてて、ちょっと笑いました。。(笑)
Photo_2
井村さんご夫婦とうさたまさん。

Photo_3

その後、大阪の友達と合流。メキシコ料理食べたり、オーガニックフェアでいろいろ吟味したり…新幹線に乗り込む直前まで、おしゃべりして、大満足して、広島に戻りました!
ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »