« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

取材を受けました。

今晩の満月は、見事でしたね!

今日は、不動院の庫裡にて、地元紙の記者さんより、創作活動について、取材を受けました。
自分のことを語ったり、写真撮影してもらうことは、非常に苦手ですので、
終始、とんちんかんな受け答えをしてしまったと思いますが…(苦笑)
さすが、記者さんはプロなので、「大丈夫です。大丈夫です。」と、インタビューを進めてくださいました。。(汗)本当に、ありがたいですね。。

インタビューは、彫金を始めたきっかけから、子供の頃にさかのぼり、創作の原点にまでいたりました。

人の人生には、いくつか転機となる出来事があるのだと思うのですが…
一応、私にも、彫金や仏画に出会ったことや、独立、移転、失恋などなど・・・大なり小なり、いくつか人生の転機がありました。。
私は子供の頃から、賞をもらったり、華々しい出来事があったわけではなく…
どちらかというと、受け入れがたい出来事や、さえない出来事が身に降りかかり、
しんどい思いをしつつも、何とか乗り越えた後に、
幸せにつながる転機が、必ず訪れるというのが、私の人生のパターンなのだと、今日、インタビューを受けつつ、改めて確信しました。。(笑)

インタビューをお受けしている中で、思考回路がストップした瞬間がありました。。
「仏画の魅力は?」という問いに、私は固まりました。。

仏画の魅力???何だろう??
仏さまの思想を、色と形で表現すること??う~~ん??

即答できませんでした。。
今、落ち着いて考えても、ピンとくる答えが出てきません。。
ありきたりな言葉では表現できない。。
すみません!この答えは、宿題にします。。

ジュエリーについても、たくさんお話を聞いていただきました。
特に、和小物を知っていただきたかったので、着物着ました。。
普段、舞踊のお稽古で着ている、遠州綿紬の着物ですが、
今回、取材でしたので、半襟や帯回りをコーディネートして、イメージを変えました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンラインショップ更新しました。

ひと雨ごとに、春に近付くといいますが、まだまだ寒いです…。
しかし!アトリエの植物たちは、冬眠から目覚めたかのか、微妙~に、活動を開始しているようです!
たくさんある鉢の中でも、昨年末に、親戚のおじさんのお家に遊びに行った時に頂いた、トクサと風蘭の成長著しいです。
Img_3055
持ち帰った時は、切りっぱなしのトクサでしたが、数日前、発根していたので、鉢に植え替えました。
大切に育てて、庭付きの家に引っ越す際には(?)、このトクサを生垣にしたいと思います。。(笑)

こちらは、お庭の木に自生していた風蘭。木の切り株ごともらって帰ったのですが、
切株のままだと、葉の色が悪くなってきたので、こんがらかった根っこをほどいて分解してから、いくつか植え替えしました。既に、若葉が顔を出しています。
一つは、タイで買ったテラコッタに植えました。
このテラコッタ、買ったはいいが、用途が分からず・・・20年間、お蔵入りしていましたが、ようやく日の目を見ました!

Img_3047

オンラインショップを更新致しました!
He111c
こちらは、トルマライズドクォーツのピアスです。
トルマライズドクォーツとは、水晶の中に、針状のトルマリンが内包されているルースです。
モノトーンで、モダンな印象があります。
そのあ数点アップしております。よろしければ、覗いてみてください!

HANA母屋サイト Silver Jewelry HANA    
クレジット、コンビニでのお支払いの出来る iichi HANA販売ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメジストのオーダーメイドリング

今日は、朝から雨でした。。でも、少し寒さが和らいだよな気がします。

昨年頂いていたオーダーメイドリングのご依頼を、ようやく着手し始めました。
リングをお客様にお届け出来ました。
長らくお待たせすることになりましたが、その期間、気持ち良く、お取り引きしていただき、本当にありがたかったです。
お届けしたリングも、気に入って頂けて、ほっと安心しました。
そのリングをご紹介いたします。
アメジストのリング「蓮と菩提樹」
Photo
ペアシェイプカットのアメジストを使いました。
It56ac8e2c53f5a1200
こちらは蓮の装飾。
It56ac90a87af281200
こちらは、菩提樹の装飾を施しました。
こちらは、オーバルファセットカットのアメジストを使った螺旋状のリングです。
こちらも、蓮と菩提うを中心に装飾を施しました。
Img_2834
リング幅は細めですが、螺旋状になっていることで、リングにボリュームが出ています。
Img_2832
こちらは、菩提樹を装飾。

Img_2831
蓮と菩提樹の装飾の中に、つがいの蝶が舞っているの、見えますか?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国新聞文化センター仏画特別講習会「文殊菩薩と青蓮華」

今日は朝から近所のお寺さんで、舞踊のお稽古がありました。
この春、一人で奉納舞踊の舞台に立つことになっていますので、先生に、振付の細かい部分を修正して頂きました!
足の向き、扇の角度、腰の高さなどなど・・・一つ一つを意識しながら動くと、グラグラ~っと体が揺れてしまいます。。(汗)
筋肉が少なすぎるので、春に向けて、インナーマッスルトレーニングをしたいです!!


この二月は、中国新聞文化センタークレド教室で、仏画特別講習会を開催させていただきます。
今回は、智慧の仏さまである文殊菩薩さんを、皆さんと描きたいと思います。
そして、文殊菩薩の持物である青蓮華や、仏画の中での青色の意味について、ご説明出来たらと思っております。


「文殊菩薩と青蓮華」
日程:2016年2月29日  月曜日、10時~12時
場所:中国新聞文化センター クレド教室
〒730-0011 広島市中区基町6-78    基町クレド(パセーラ)10階(受付10階)
TEL:(082)962-4111   http://www.c-culture.jp/


Img_2871 

Photo_2
今回は、和紙を、天然染料、矢車附子で染めました!

Photo
蓮の花の部分を、群青の絵具を塗って頂きます。

14488462640

初めての方でも、一からご説明させていただきますので、ご安心してご参加ください!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月の仏画教室終了!

今日は、不動院仏画教室がありました。
広島は久々の雨でしたが、みなさん元気に集まってくださり、本当にありがたかったです!

受講者の方々のほとんどが、墨線描きの練習をされているのですが、
最近、少しずつ、紺紙金泥画、淡彩色、極彩色などの作品制作に入られる方が増えてきました!
教室内で、さまざまな作風が見られるので、活気づいてきました!

今日は、初めて紺紙に不動明王を金泥で描く方がおられましたので、金泥の作り方をご説明しました。
金泥を溶かれる方の姿を、ほかの受講者さん達が囲んで、興味深く見てくだいました。

そして、金泥画制作を見ていたお一人が、
「私にも、これ(不動明王金泥画)出来ますかね??将来、これが描けると思うと、やる気が出来ました!」と言われました。
私は、その言葉を聞けて、とーっても嬉しく感じました!

昨年あたりから、積極的な方が増えてきたので、
絵の裏打ちを希望される方、描いてみたい図像を相談される方…いろいろなリクエストをいただくようになりました。
リクエストをいただくと、テンションが上がります!!

今年は、お寺さんのご協力をいただき、受講者さんの作品展をしたいなぁとお話しています。
今日、そのことを、教室でお話ししたところ、興味を持ってくださいました!
目標が出来て、やる気が湧いたと言ってくださる方もおられ、うれしかったです。。
展示会実現に向けて、始動しました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北斎展からの縮景園

お友達に誘われ、広島県立美術館の「北斎の富士 富嶽三十六景と富嶽百景」を見に行ってきました。

先月、この展示を見に行こうと思い、美術館へ向かったのですが…
ちょうどその日、広島は大寒波到来で、恐ろしく寒く、私は、道半ばにしてリタイヤ。。
Uターンして、うちへ帰ってしまったのです。

先月、新幹線の窓越しの富士山が、雄大で、神々しく見えて、純粋に感動しました。
この展示はどうしても見たかったのです。今回、リベンジ(?)となりました!

北斎の生きた時代は、関東のいたるところから、富士山を眺めることが出来たのですね。茨城からも。。びっくりです!
『富嶽三十六景』の富士山は、時に主役となり、時に、人々の借景となったりと、さまざまな姿で描かれていて、おもしろいかったです。

今回は、縮景園に寄ってみました。小学校の時以来です。。

盆栽展も開催されていました。こちらは樹齢200年の松です。。幹が厳つく、歴史を感じますね!

2

梅は三分咲きという感じでしょうか。4_3

松の木立を散策。この子は鳩ですが…野鳥もたくさんいました。
友達は、野鳥についてくわいいので、野鳥を見つけては、種類を教えてくれました。
いろいろ説明を聞きながら散策するのは楽しいです!
5
そういえば、子供の頃、木立の中を歩いていると、大きな森のように迷い込んでしまったと勘違いして、恐怖感満点で、家に帰ったことがありました。。
でも今、改めて訪れてみると、この木立が「森」と感じられなくなっていました。。(笑)
体が大きくなったからかしら??

3_2
お庭を眺めながら、みたらし団子をいただきました。
Photo_4
まさに、街中のオアシスという感じで、癒されました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縞瑪瑙の帯留め「頻婆~bimpa~」

着物小物制作が進んでおります。

今まで、仏教的なモチーフの蓮、菩提樹を使ったジュエリーを、たくさん作ってきましたが、
今年は、仏教的モチーフの幅を広げたいと思っております!

縞メノウ帯留 頻婆(びんば)

Img_2947

頻婆(bimba)とは、ヤサイカラスウリという植物で、インドでは、農家の垣根や畑でよくみかけるそうです。

この実が若いうちは、縦縞があるのですが、熟すと、まっ赤くなることから、美しい唇に喩えられるそうです。
『法華経』や『華厳経』などの仏教経典では、仏陀の唇は頻婆の実の様だと説かれています。

縞入りのメノウが、完熟直前の頻婆の実に見えたので、この作品を作りました。
縞がはいっているところが、「修行半ば」を示しているように思えました。

Img_2930

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪とミロ

所用で、島根へ行ってきました。

久々にミロ登場。もちろん同行しました!
Photo

県境を越えるあたりで、景色は銀世界に変わりました。

パーキングで一休み。
広島は、ほとんど雪が降りませんので、ミロも雪にふれる機会はほとんどありませんが・・・

雪を見た瞬間に、スイッチオン!大はしゃぎで、駆け回りました!
3
でも、高速道路では、リードを離すこと危険なので、繋がったまま、暴走。
ちょっとかわいそうでした。。

4_2
ひっぱられる私も雪まみれ。。。汗

Photo_2
楽しそうな表情をしていますね!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

和小物 「瑞雲」

早くも、2月突入。

年末の展示会続きまして、充実した日々を過ごさせてもらったのですが、
私一人で運営しておりますので、展示期間は、制作の手が止まります。

制作が出来ない日々も続きまして、制作リズムが乱れておりましたが…
最近、ようやくテンポが良くなり、元のスピードに戻ってきました!

今年は、呉服関連の作品展に、出展させていただく予定ですので、
お正月から、私自身の着物熱が高くなっております!
今年は、和小物の制作も、増えてくるかと思います。


真鍮製の和小物「瑞雲」三点を作りました。
瑞雲は、おめでたいことが起こる前兆に、空にたなびく雲のことです。紫色をしているとも言われます。
雲のモチーフは、仏画にもよく登場します。
普段、墨と筆を使って描いている雲を、今回は、真鍮線を使って描いてみました!


和装小物 「瑞雲」

帯留
Img_2884_2

根付
Img_2890

かんざし
Img_2894

Securedownload_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »