« 縞瑪瑙の帯留め「頻婆~bimpa~」 | トップページ | 2月の仏画教室終了! »

北斎展からの縮景園

お友達に誘われ、広島県立美術館の「北斎の富士 富嶽三十六景と富嶽百景」を見に行ってきました。

先月、この展示を見に行こうと思い、美術館へ向かったのですが…
ちょうどその日、広島は大寒波到来で、恐ろしく寒く、私は、道半ばにしてリタイヤ。。
Uターンして、うちへ帰ってしまったのです。

先月、新幹線の窓越しの富士山が、雄大で、神々しく見えて、純粋に感動しました。
この展示はどうしても見たかったのです。今回、リベンジ(?)となりました!

北斎の生きた時代は、関東のいたるところから、富士山を眺めることが出来たのですね。茨城からも。。びっくりです!
『富嶽三十六景』の富士山は、時に主役となり、時に、人々の借景となったりと、さまざまな姿で描かれていて、おもしろいかったです。

今回は、縮景園に寄ってみました。小学校の時以来です。。

盆栽展も開催されていました。こちらは樹齢200年の松です。。幹が厳つく、歴史を感じますね!

2

梅は三分咲きという感じでしょうか。4_3

松の木立を散策。この子は鳩ですが…野鳥もたくさんいました。
友達は、野鳥についてくわいいので、野鳥を見つけては、種類を教えてくれました。
いろいろ説明を聞きながら散策するのは楽しいです!
5
そういえば、子供の頃、木立の中を歩いていると、大きな森のように迷い込んでしまったと勘違いして、恐怖感満点で、家に帰ったことがありました。。
でも今、改めて訪れてみると、この木立が「森」と感じられなくなっていました。。(笑)
体が大きくなったからかしら??

3_2
お庭を眺めながら、みたらし団子をいただきました。
Photo_4
まさに、街中のオアシスという感じで、癒されました!

|

« 縞瑪瑙の帯留め「頻婆~bimpa~」 | トップページ | 2月の仏画教室終了! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北斎展からの縮景園:

« 縞瑪瑙の帯留め「頻婆~bimpa~」 | トップページ | 2月の仏画教室終了! »