« 金剛流全国奉詠舞大会 | トップページ | 新作ピアス »

サンゴの実のなる和小物

広島に戻ってから2週間、咳が悪化してしまい、時々、窒息しそうなほどの咳発作に悩まされています。
毎日、首に湿布を貼りまくり、漢方薬の麦門冬湯と生姜湯を飲んで、快方に向かって、一ミリずつ(!)前進しております。。たぶん。。
アトリエ通勤以外は、発作が怖くて、外出は出来ませんが…明日は、舞踊の先生のお寺で花祭りに、ちょこっとお邪魔します。久々の外出で、ちょっと心配ですが、楽しみです!

6月から7月に、東京、横浜の高島屋さんで開催される、呉服展示会まで、あと一か月ちょっととなりました!ということで、ゴールデンウィークも作り続けます。和小物が、少しずつ増えてきております。

今回は、サンゴの実を付けた和小物を、三点ご紹介します。
モチーフになった植物は、どれも吉祥を表すものです。
まずは…

万年青の帯留

Photo_2
万年青は、名前からもわかるように、一年を通して、葉が青いことから、不老長寿、古くから縁起の良い植物をされています。
私もアトリエで、玄関と室内で、万年青をいくつか育てています。
青々と勢いの良い葉は銅、赤い実をサンゴで制作しました。

龍花樹のかんざし

Photo_3
弥勒菩薩が、56億7千万年後に人間界に下生した時に、龍華樹の下で悟りを開かれるといわれています。龍華樹の名前の由来は、たわわに実がなる形が、龍が百宝を吐く姿に似ているからといわれています。
弥勒菩薩の菩提樹である龍華樹を、真鍮と白サンゴを使って制作しました。


千両のかんざし

Photo_4
千両は、古い貨幣単位で、冬の寒い中でも赤い実をつけるところに、「千両の値打ちがある」という比喩から名づけられたそうです。もともとは、「仙蓼」や「仙霊」と記されていたものが、時代を経て、「千両」となったとか…どちらにしても、吉祥を象徴する植物なのです。
赤い実をサンゴで、鋸歯のような葉を銅で制作しました。

(

)










|

« 金剛流全国奉詠舞大会 | トップページ | 新作ピアス »

彫金・ジュエリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンゴの実のなる和小物:

« 金剛流全国奉詠舞大会 | トップページ | 新作ピアス »