« 翡翠の帯留 | トップページ | インドスタールビーのリング »

シルバーかんざし「雲間の満月」

早いもので、八月も後半。日が落ちると、心地よい風が吹き抜け、秋の気配を感じられます。
8月は久々に、丸々、広島にいられましたので、彫金と仏画の制作に、じっくり向き合うことが出来ました。
そして、いろいろな方々と、ベストタイミングで再会し、今、自分が感じていることを、じっくりお話しすることが出来ました。
制作に没頭すると、人に会いに行く余裕が心に持てません。そのため、寂しさを抱えることになりますが、そんな時でも、自分に必要な人には、絶妙な縁やタイミングで出会えるのかもしれません。
広島に戻ってから5年、「自分の街で生活している!」という実感が、ようやく湧いてきています。

先日、制作させていただきました、オーダーメイドかんざしのご案内です。

以前から、リスペクトしている方からのご依頼でした。(その方は、知る人ぞ知る方であります。。)私は、いつも遠くから、その方を眺めるばかり・・・
直接お会いして、ご依頼を受けた際は、めっちゃめっちゃ緊張して、でくのぼうになってしまいました。。

シルバー製 雲間の満月 かんざし
Photo
軸は、長すぎず、短すぎず。結い髪に挿しても、軸が外にはみ出さない、微妙な長さに調節しました。
Photo_2
シンプルなデザインですので、表面テクスチャーに変化を加えました。
満月は梨地仕上げ(ツヤ消し)、雲は、槌目をつけて。
No
月と雲をモチーフは水(海)と深く関わりがあります。青海波の地模様が入った和紙でくるんで。そして、私の拙い字で書いたラブレターを添えて、緊張感満点でお届けしました。

すると、翌日、ご依頼者様より、直接お電話で、作品のご感想を頂くことができたのです!
私の人生の二倍以上の長さを生きてこられた大先輩のメッセージは、優しく、軽やかであり、深くて重いです。
かんざしの細部まで気付いてくださり、大変気に入られたとのこと。
そして、ラブレターの内容と、その便箋(石州和紙)にまで、喜んで下さいました。。(涙)
仕事に対して、いろいろなアドバイスいただきました。
そして・・・
「私は、この年になっても、おしゃれをしていたいの!あなたも、何歳になっても、キレイにしていないといけないわよ!」と!
なんてキュートなのでしょう!
先生のお言葉や、生きいきとしたエネルギー、女性らしさ・・・・私は、またまた、心に刻みこみました!
また、お会いできる日を夢見て、日々、精進です!

|

« 翡翠の帯留 | トップページ | インドスタールビーのリング »

彫金・ジュエリー」カテゴリの記事

きもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルバーかんざし「雲間の満月」:

« 翡翠の帯留 | トップページ | インドスタールビーのリング »