« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

表装屋さんへ

昨年から手掛けていた不動明王坐像が二つ描き上がりました。
一つは、お施主さんの所へ。もう一つは、不動院仏画教室のお像となります。

と、いうことで、いつもお世話になっている表装屋さんへ、移動させました!

仏画は、絵絹に描き上げただけでは完成とは言えません!
描いた後、表装屋さんにバトンタッチしまして、掛け軸(または額装)にしてもらって完成となります。 仏画は、一般の日本画よりも、絵具を何層も塗り重ねるので、 手なれた表具師さんでも、扱いが難しいといわれます。
なので、表装屋さんとの出会いというか、相性も大変重要だと思います!

私がお世話になっている表装屋さんは、偶然出会いました。

数年前、大阪のギャラリーで個展している最中に、別のお店に出した仏画で表装のトラブルが起こりました。
納得いく対応をして頂けず、「どうしよう。。どうしよう。」と、慌てふためいて、立ち往生していた所に、お客様があらわれました。
何故か、表装トラブルで困っている件を、そのお客様にお話したのです。
すると・・・
お客様が 「うちは表装屋です。」と… ビックリ!

そうです!そのお客様が、今お世話になっている表装屋さんのスタッフさんです。


今回も、社長さん自ら、表装の相談に乗ってくださいました。 表装に使う裂地選びをしています。

Photo
裂の色の組み合わせで、本紙の仏さまの表情が生き生きしたり、元気なくトーンダウンしたりします。
裂に使われている糸一本の色が、全体のバランスの善し悪しが決定するような気がしました。 そんな所は、着物のコーディネートをする時と似ているような気がします。

Photo_2
表装の打ち合わせが終わった後は、社長さんがいろいろなお話をしてくださいました。
専門的な技法のことや、これからチャレンジしてみたい事など・・・
この機会に一気に聞いて頂き、丁寧なアドバイスを戴きました。

社長さんのお話で、一番心に響いたことは、日本文化に関係する道具や材料を作る職人さんが次々に廃業されているということ。 今まで、簡単に使っていた道具や材料が手に入りにくくなっているのです。それは、日本画を描く私たちも感じています。

伝統的な文化を継承する人が減る一方ですから、それに関するお仕事も減る一方。
日本文化は、どこへ行ってしまうのだろうか。。。
と、真剣に話してる人なんて、絶滅危惧種扱いですから。。(笑)
このまま、寂しい時代へと進んでいかないように。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年第一弾の仏画教室

週末は、大雪に見舞われましたが、今年も、不動院仏画教室が無事に始まりました!
Photo

昨年末、お寺に納めさせていただきました、一字金輪坐像が、庫裏の床の間にかけてありました!

Photo_2
白衣の尊像なので、色は控えめ。シックな庫裏の雰囲気に合っていると思いました。
こちらに来れば、また一字金輪さんに再会できると思うと、うれしいです。

教室の方は、悪天候ですし、遠方からお越しの方もいらっしゃるので、集まりがどうなかなぁ??と思っていましたが、みなさん元気よく集合してくださいました。
新たな作品に挑戦する方も何名かいらっしゃり、活気がありました!
次、何に挑戦するか、相談してくださる方も、少しずつ増えてきているので、
皆さんのやる気を感じられると、うれしくなってしまいます。


そして、新年第一弾ということで、教室内に、五秘密曼荼羅をかけました。
Img150
これは、金剛薩たを中心として、欲金剛・触金剛・愛金剛・慢金剛という、欲望を象徴する四菩薩が配置されている、ちょっと変わった図像をしています。

このお像は、私が大学時代に、本格的な仏画の制作方法に初めて挑戦したものです。
以前から、金剛寺の『五秘密曼荼羅』が大好きだったので、どうしても描いてみたくて、そのお像をお手本にして、デッサンし、下絵を作り、そして、絹本に極彩色で描きました。
しかも…五秘密曼荼羅は、思想的にも、「煩悩即菩提」という、密教的要素がたっぷりなので、かなり難しいのですが、
初仏画で、「よくこのお題に挑戦したなぁ~??」と、他人事のように思ってしまいます。。(笑)
今眺めると、金剛薩たのお顔が、今描くお像のお顔より、若くて、瑞々しいです。
やはり、描く人間も年を取ったということでしょうか。(笑)


Adcf750d22784e5d8fb94b4ec29a7677
新年ということで、縁起の良さそうな、招き猫最中と、おいりをお出ししました!

今年は、どのような教室になるのでしょうか・・・楽しみです!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彫金ワークショップ

今日は、アトリエで彫金教室を開催しました。
展示会のイベントとして、2度ほど彫金のワークショップを開催させていただきましたが、
アトリエで教室をするのは初めてでした。

ご自身で制作販売されている木製オーナメントのデザインで、真鍮のブローチを制作されました。

まずは、デッサン。下絵を作ります。今回は、透かしの入った梅の形にしました。
Photo_2

そして、真鍮板にデザインを写し、透かす部分に穴を開けます。
Photo_3
手動ドリル、原始的な作業です。。

Photo_4
糸鋸で、梅形にして、中央の透かし部分を切り抜いているところです。
糸鋸初挑戦とのことでしたが、最後まで、鋸刃一本も折ることなく、感心しました!!(私が初心者の頃、かなりの数折りました。。)

切り抜いた梅型の真鍮を磨きにかけた後、名前の刻印と、表面に槌目を入れました

Photo_5


そして、完成!!

Photo_6
右が、ご自身の木製オーナメントで、左が今回制作されたものです。
手際よく、短時間で完成されましたよ!
そして、楽しんで頂けたとご感想をいただき、私も本当にうれしいです!!

合間のお茶タイムも、とっても楽しかったのです!
製作活動に関すること、お休みの日のこと、好きなもの…次々と、楽しい話題が飛び出して、これからやってみたいことが形になり始めました。
人との意見交換が、心身を活性化しますね。
しばらく休止中だった私の脳みそが、いよいよ動き出しました!(笑)
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがたい存在

週末は友達とお出かけ。
snsでは、しょっちゅう会話しているし、地元に住んでいるのに、
昨年は、なかなか一緒に出掛けることが出来ませんでしたので、今回、とっても楽しみにしていたのです。。

そしてそして、お互いが着物好きなので、着物で出かけることになりました!

ランチは、喫茶さえき に行きました。
こちらのお店は、昭和の喫茶店の良さを残しつつ、モダンなおしゃれ感も感じられる、好感度ショップです。お料理は、オーガニック食材を使われていて、こだわりを感じました!
私は、車麩のカツがメインのランチとオーガニックコーヒーをいただきました。おいしかった!
Photo_2
ここの所起こった出来事を、次々にトークしていると、徐々にテンションが上がって、
気付いたら、入店から数時間経過しておりました。。
焦ってしまって、次の場所へ移動。。

広島県立美術館で開催中の清水南山展を鑑賞しました。

南山は、広島県三原市出身の彫金師です。元々は、画家を目指していたそうで、日本画も沢山展示されていました。
東大寺や法隆寺など、奈良の大寺の堂内荘厳の模作を作られた方だそうで
彫金作品も絵も、正倉院っぽいものや仏教的なモチーフで作られていました。正統派の作品は、技術を学ぶには最適ですね!

友達も彫金を習い始めたので、南山の作品一つ一つ、細かいところまで、時間をかけて鑑賞してしまって、見終わったころには、全身が脱力してしまいました。。

脱力しつつ、歩いて街中まで戻りまして、〆のコーヒーを。
三川町にある、フルフルへ。
Photo_3

私は、仕事などで気合を入れる時に、フルーツサンドを食べます。私がフルーツサンド好きなことを知ってて、友達が連れてきてくれました!
注文したのは、ミニサイズです。上品でおいしかった。。

美味しいもの食べて、気兼ねなくしゃべって、美しいものを眺めて…ダウン気味だったからだに、再び、力がみなぎりました!、

地元の幼馴染であり、似た者同志。
ちょっと変わり者の私ですが、嬉しいことや悲しくなってしまうなど、様々な気持ちを共感できる貴重な存在であります。
私が感情が昂ぶってしまうと、ドードーと、いなしてくれたり。。。(笑)彼女は、私にとって、本当にありがたい存在です!

最後に、私の着物姿を。。。
Hana_2
仏画教室の生徒さん(和裁士)が縫ってくださった紬の着物と、母が、トライブなバティックを使って、和っぽく仕上げてくれた帯です。
身内が作ったものに身を包む幸せを感じつつ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もお世話になります。

三が日は不動院へ、ごあいさつを兼ねて、新年のお参りに行きました。

Photo
境内は、緩やかな空気が漂っていて、のんびりしていて気持ち良かったです!
今年も、不動院さんに大変お世話になることと思います。
ここ数日、メンバーさんから、参加表明のレスポンスが帰ってきております。みなさんのやる気メッセージに、こちらが勇気づけられています。
広島銀行牛田支店さんでのミニ仏画展も開催中ですので、メンバーさんの頑張りの結晶を見ていただけると嬉しいです!
そして今週は、金剛流御詠歌と舞踊のお稽古初めでしたので、着物でお邪魔しました。
先生に、新年のご挨拶を済ませ、お稽古へ。
帯を締めると、体幹がしっかりするのか、御詠歌を唱える声が、いつもより大きくなった気がしました!
御詠歌は、お互いを敬いましょうという意味あいの「相互供養、相互礼拝」が基盤となっています。まさに言霊ですね!
お稽古は、体がすっきり軽やかで、前向きな気持ちになれるんです。たぶん、言霊をしっかり唱えることで、心と体に良い影響があるんじゃないかと思います。
舞踊も好調。2時間ノンストップ舞踊で、しっかり疲れました!(笑)
今年も、先生に沢山お世話になることと思います。
帰りは、地下街シャレオにある、トルコ雑貨店「カラデニズ」さんの店長に、新年のご挨拶をしにお邪魔しました!
私を見て、「魂が半分、どっかに行ってるみたい…」と言われちゃいました。。(笑)お稽古の時に動きまくって、疲れてしまってただけだとは思うのですが。。鋭い!(汗)
先ほどのお稽古の際に、勢い余って(!)扇子と輪袈裟を入れていた箱が崩壊。。
入れ物を新しく買おうと思い立ったところに、
Photo_4
こちらが目の前に!
扇子の長さと、横幅がぴったり。。生地や刺繍の雰囲気もエキゾティックで好き。。
価格も、1000円とお値打ち価格でした。沢山ある色の中から、乙女なピンクをチョイス。
Photo_5
三つ折りで使いたいと思います!


私は、少し疲れ気味で運気低めで、どうしたものか?と相談していたら、
「ほしいと思った物が、思った瞬間に手に入ってるから、大丈夫よ!」と、かえって調子がいい時なんだと励まされました。本当に優しい人です~。
エキゾティック雑貨のお好きな方、ぜひ、カラデニズに遊びに行ってみてくださいね!
店長さんにも、いっぱいお世話になることと思います。。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます!

2017年になりました!明けましておめでとうございます。

本年は、大地に根を張り、天に向かって枝葉を伸ばす樹木のように、
少しずつ、成長していけたらと思っております。
皆様にとって、心豊かな一年となりますように。
この年末年始は、展示がキャンセルになったので、広島でのんびり過ごしました。
Photo
今年はこんな感じになりました。。
Photo_3
元旦には、家族が揃い、一日にぎやかに過ごしました。
姪と甥は、まだ子供なので、ほとんど食べないのですが、
甥は、レンコンには穴があるから、見通しが良いとか。。。
料理一つ一つに、おめでたい意味が込められていることを知ってることに驚きました!
彼女たちが大人になった時、ふと「お正月にはおせちがあったよなぁ。。」って思い出してもらえるとうれしいなぁと思うのです。
アトリエにいってみると…
Photo_8

注連縄のお米の部分だけ、無残に禿散らかされ、玄関が、もみ殻と糞だらけになってました。。
が、鳥たちへ、良いお年玉となったので、まあ、いいか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »