« お盆その一 | トップページ | 宇宙に浮かぶ蓮 »

お盆その二 〜原点〜

墓参りで不動院へ出かけてきました。

墓地は、中央に四方形の段がありまして、亀さんの十三重塔を中心に、その塔を囲むように、いくつかの宝篋印塔が並んでいます。

Photo_2

子供のころから、この亀さんが大好きで、この周りをぐるぐる回ってたなぁ。。 久しぶりに当時のことを振り返りました。

亀さんも良いですが、それ以上に、金堂の天井に描かれている、龍の絵に惹かれていました!
当時から、消えかけていたのですが、暗がりに浮かび上がる龍の姿を、一生懸命に目で追いかけていました。
幼い頃から、美的感覚が渋めだったので…(笑)神社仏閣の建築美やお像の装飾など、宗教美術に不思議と心惹かれていました。間違いなく、不動院の龍の天井画が原点です!
仏画とのご縁は思いがけないものですが、 幼い頃から眺めていた天井の龍が、心の何処かに住み着いていたのかもしれません。
自分の心の中にある龍を描き出してみたくなり、真福寺の双龍図を少しずつ描いております。 今回、うんげん彩色は使わずに描いてみたいと思っています。 完成はまだ先…
Photo_3

|

« お盆その一 | トップページ | 宇宙に浮かぶ蓮 »

仏画」カテゴリの記事

お寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆その二 〜原点〜:

« お盆その一 | トップページ | 宇宙に浮かぶ蓮 »