« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

冬のボタニカルライフ

広島市内の気温は15度くらいになって、だんだん寒い日が増えてきました。
アトリエにある植物のほとんどが、アフリカ、東南アジア、中米原産ばかりなので寒さに弱く、そろそろアトリエの中に、取り込み始めております。玄関がジャングル。。

ボタニカルライフは、春夏に比べて、やることが少なく手持無沙汰なので、
今年の冬は、球根の水耕栽培に挑戦しております!
先日、ウォーキング中に、以前から気になっていたお花屋さんで見つけたヒヤシンスの球根です。
Photo
「根が出るまでは、暗がりに置くこと。」店員さんから教えて頂いたことを守り、数日。
小さな根が出始めたので、窓辺に移動。まだ早いかな?
すでに愛着がわいており、かわいいなぁと、毎日眺めるのが日課。
でも、実は球根栽培が大の苦手で、失敗の連続です。。
毎年、ムスカリの栽培では、葉っぱだけが恐ろしく伸びて収集つかなくなります。その上、花は全く咲かず、枯れていくの繰り返し。。(;^_^A
今年も、微妙な新芽を出しているムスカリ。。大丈夫か???
Photo_2
「早い時期から水を与えてはいけない。」と、花好きの友達に教えてもらったことを守り、水は上げておりません。。
Photo_3
そして、クリスマス間近ということで、シクラメンも植えました!
シクラメンの中でも、小さなお花をつけるシクラメンが一番好きなので、私の冬の定番です!
シクラメンの花の色が好き。今年は、深紅と、紅梅色×白を選びました。
多年草のはずですが、翌年は花が付かないのです。。今年は、丁寧に育てます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MADE in HIROSHIMA !

広島の比治山にある多門院様に、大日如来坐像を納めさせていただきました。
Photo_6
昨年、不動院で行われた常楽会で、私の描いた仏画「一字金輪座像」をたまたま見てくださり、仏画制作のご依頼をいただきました。
大変光栄なお声がけではありましたが、まだまだ未熟な私ですので、、、
「私に出来るだろうか??」という不安な気持ちと、「いや、絶対描けるぞ!!」と自分を奮い立たせる気持ちとの間を行ったり来たり…
京都の導場で、先生のご指導を受けながら描かせて頂けたら、一番安心なのですが、今回は、未熟な部分も含め、「今の自分」で描こう!と思いました。
ということで、一から広島で制作することにしました。そして、筆は、もちろん熊野筆!
Photo_7
お寺さんと図像の打ち合わせ、鉛筆デッサン、下絵作り、彩色…少しずつ進めていきました。絵に色が入っていくと、だんだん全体像が見えてきました。
ご依頼から一年半。ようやく完成しました。

次は、難題の表装…この場面で、本当にストレスを抱えます。。
今まで、相性の良い表具屋さんとの出会いがなく、納得のいく仕上がりになることが少なかったのです。。(私の技術にも問題があるのでしょうが・・・)
しかし、数年前、広島県内の表装屋さんとの偶然の出会いがあり、
私の絹本作品の表装屋裏打ちをちょくちょくお願いしながら様子見。。(笑)担当者さんとの関係を深めていきました。担当さんは、いつもいつも丁寧に対応。作品を表装に出す前に、描きこぼしやムラがある場合は、しっかり指摘してくださいます。
そして、表装は剥落なし!少しずつ信頼感が増していきました。今となっては、私にとって、信頼のおける表装屋さんであります!
今回も、剥落ゼロで戻ってきて、心から安心しました。
表具の打ち合わせに同行してくださったり、絵の移動などの雑務などなど…いろいろご協力頂き、納品の日を迎えました。
Photo_9

風帯なし、軸先は金色ではなく漆塗り。あえてシンプル&シックな表具。
美しく整えられた床の間と、相性が良いのではないかと思いました。
ご住職さんをはじめ、お寺の方に、大変喜んでいただき、心からほっとしました。

HIROSHIMA MADEの大日如来が完成。
皆さんのご協力をたくさん得て描くことが出来ました。一人では完成しません!
感謝感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

護国神社へ

祖父の命日に、広島護国神社へ参拝しました。

毎年、祖父の命日のある11月に護国神社へお参りするのが家族行事となっています。

Photo

境内は七五三参拝者で大フィーバー。 受付に伺うと、権宮司の潮様がいらっしゃいました。
潮様とは、以前、私の個展で面識があり、こちらから、恐縮しつつお声がけさせて頂きました。
厳かな法要が始まりました。
祝詞に耳を傾けていると、もう73年前の事ですが、戦争で亡くなった祖父の姿がよみがえってくるようで、胸が詰まりました。祖父と同じく、日本の未来の為に、命を落とされた多くのご英霊に祈りを捧げたいと思います。
七五三でお忙しくされている中、一家族のために、大変丁寧な法要を行ってくださいました。潮様には心より感謝しております。
最後に、写真撮影してくださいました!(笑)素敵な笑顔です。。
Photo_2

アトリエに戻り、お友達とお好み焼きを焼いておひるごはんを一緒に食べました。
Photo_3
お好み焼きを焼くのは、とっても楽しい♪

各家庭で、微妙に作り方や、材料が違うのです。その違いをすり合わせて作るお好み焼きは格別!
Photo_4
仕上げはカープソースと青のり。たのしくて美味しかったな!
おやつは、出雲で買ってきた、ナンポウパンのバラパン。バラパンの歴史は60年オーバー!出雲のソウルフード!!
地元出雲ですと税込130円くらいなのですが、広島で買うと、2倍の値がついてることもありました!!(笑)
Photo_5
パッケージデザインや、バタークリーム、ほのかに甘いパン生地…どこを切り取っても、昭和!
平和な世の中に感謝しつつ、のんびりほっこりタイムを過ごしました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張仏画ワークショップ@かるがもキッチンスタジオ

今日は、可部のかるがもキッチンスタジオさんの和文化コースにて、仏画ワークショップ、「仏様の花 蓮を描きましょう!」を開催させてていただきました。
サイコーの秋晴れ。JR可部線にゆられ、山並みを眺めでいると、だんだん楽しくなってきて、プチ旅行気分♪電車、気分が良かったぁ~!
参加者数6名。お着物でご参加くださった方が2名おられ、教室が華やぎ、うれしかったです!
Img_3711

ワークショップの内容は、如来の御手の線描き、プチ色紙に蓮の墨書き、淡彩色。
最後に梵字を描くというもの。
Img_3713
仏画初挑戦の方がほとんどだったので、淡彩色はハードルが高いかなと心配していましたが、普段から筆を持たれているとのこと、問題なしでした!
Img_3714
一時間の制作は、「静寂」の一言に尽きました。集中力が持続して、最後まで描き切ってくださいました!
Img_3718
作品が完成して、参加者の方から、「無心になって線を描いたら、気持ちがすっとしてきもち良かったです!」とご感想をいただきました。
下絵に添って、墨で線をなぞる作業はまさに訓練。いたってシンプル。個性や創造性がないからつまらない!面倒だ!といわれることがよくあります。。(笑)
でも、線描き作業は、単なる筆の訓練ではなく、自分を無にして、素直な心で仏様(下絵)に身をゆだねるという、大切な心の訓練でもあると思います。我を出し過ぎると、うまく描けませんから…
無心に、真剣に向かい合った後は、心が晴れやかに澄み渡っていますよ!
その気持ちを、感じ取って頂けたことがうれしかったです。
このように感じてくださる方は、この世の中、希少ですが…素敵なご縁をいただけたなぁ、、とありがたい気持ちになりました。
和菓子教室では、かるがもキッチンスタジオ瀬川先生に、みたらし団子を教えて頂きました!
スタジオ内にお茶席を構えておられます。お抹茶と一緒にお団子をいただきました。
Img_3728
玄米入り米粉で作った団子は、奥行きのある味わい。
利尻昆布で取った出汁を使ったタレは、すっきり上品な仕上がりで、あんまり甘くなく食べやすかったです!さっそく、家に帰って試しに作りたくなりました。

瀬川先生の人柄でしょうか、スタジオは、清々しい空気に満ちていて、生き生きとしていました。
いつもとは違う世代(ママさん世代)に仏画のワークショップが出来て、ちょっと刺激を受けました。
次は未定ですが、何かお題を考えて、またかるがもキッチンスタジオさんで開講させて頂けたらうれしいです!
Img_3703

| | コメント (0) | トラックバック (0)

難を転じて福となす

先日、山科で南天の美しさに感動。この感動を作品にしなくては!と思い、さっそく根付を作りました。
Hwk38a
もちろん、サンゴの実が付いています。葉は銅。艶は控えめに、梨地仕上げです。
Hwk38c
35ミリ×35ミリ。程よい大きさです。
以前から定番で制作している帯留めとお揃いです!
Hanananten
こちらの画像にある根付(現品)は、ありがたいことに、オンラインでアップした日にソールドアウトになりましたが、実と葉の向きが逆のバージョンの在庫はございます。
これから、このデザインで、緑青タイプも作ってみたいと思っております!
12月の広島5日間の出展では、お正月が近いので、「吉祥」、「おめでたい」がテーマの根付を展示したいなぁ思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月の仏画教室

今年の仏画教室も、残すところ2回となりました。。
11月も、不動院教室、クレド教室の両教室とも、無事に終了いたしました!

クレド教室は、2年目となり、新メンバーが加わったことや、紺紙金泥作品に挑戦する方がおられたりと、賑わいが増したように思います!
Photo
クレド教室生徒さんの作品制作
墨描き練習の際、画面のどこかを墨で汚してしまうという、悲しい癖をお持ちの方です。。
しかし!この紺紙金泥画制作が始まってから、画面を全く汚されておりません!自分事のようにうれしいです!!(笑) 
人間ですから、無意識の部分で、作品制作と練習では、緊張の高まりが違ってくるのかもせんね。最後の最後まで、気を引き締めて描いていただくことを願っております!!

Photo_2 クレド教室生徒さんの線描き
いつも丁寧で、繊細な線を描かれる生徒さん。ずっと仏画を続けたいといってくださり、うれしく思っています!
そして、不動院教室は、生徒さんによる『阿弥陀経』の紺紙金泥装飾写経の制作が、本格的に始まりました!
Photo_3
裏打ちした紺紙に、写経の界線を下書きしておられます。『般若心経』の数倍の長さがあるお経ですが、頑張ってください!!
紺紙金泥経以外に、淡彩色で装飾写経を制作されてらっしゃる方もおられます。
そちらも楽しみなのです。。
そして、散華のうんげん彩色も順調です。そろそろ佳境に差し掛かっておられます!
Photo_4
この絵を描き始めた頃に塗られた部分より、断然、今塗られた部分の絵具の方が、きらきら輝いています。一つの絵の制作過程の中で、技術がだんだん上達されていることがわかり、感激しました!
自分が制作しているわけではないのに、生徒さんの作品が出来上がっていく過程を眺めていると、自分が描いているような気持になってしまいます。。
作業がはかどって、喜んでおられる姿を見ていると、うれしくなります。。
来月は、今年最後の教室。皆さんに集まって頂けると嬉しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都仏画修行

仏画の講義受講と春日鹿曼荼羅の制作のため、京都に 行ってまいりました。
導場のある山科の安朱という地域は、春は琵琶湖疎水の桜でピンク色にそまります。
そして冬の気配を感じると、一帯に植わっている南天の実が赤々と輝き始めます。
今年も、導場の南天が立派に実っていました!
Photo_3
雨上がりの朝だったので、実の一つ一つが露に濡れてキラキラ。まるで赤サンゴのビーズのようで、朝から感動。。
Photo
私の春日鹿曼荼羅は、少しずつ進んでおります。
鹿さんの両サイドにやまと絵調の挿絵が入ります。
Photo_4
仏画のタッチとは違って、柔らかな表現なので、難しくて、何度もやり直しました。。
まだまだ先は長いです。
2~3時間の空き時間は、京都の街中をウォーキング!
Tionninn
今回は、三条通から知恩院へ。そして東大路を下り、八坂さんへ。
海外旅行をしている気分を味わいつつ、祇園四条を通過…(笑)
鴨川を眺めつつ、三条まで上がる途中、水辺をスイスイ泳ぐヌートリアに遭遇…(;^_^A
Photo_5
締めは、無印カフェでのんびり晩御飯。いつものパターンだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブリューゲル展

広島県立美術館で開催中の「ブリューゲル展 画家一族150年の系譜」を、お友達と見に行ってきました!
2
16世紀、フランドル(現在のベルギー)で活躍したブリューゲル一族4世代の画業を紹介する展覧会です。
私は、今までブリューゲルという名前すら聞いたことがなかったのですが、
この展覧会のポスターを目にして、独特な色彩感覚や登場人物の表情の不思議さにひかれ、見に行きたいと思ってしまいました。
 
細密画のように、丁寧に描かれた作品の数々は、宗教や道徳、寓話、農民、花などの静物など…一見、生真面目なテーマを取り扱っているのですが、そこには不思議ワールドが広がっていました!
絵に近づいて、目を凝らしてみてみると、ブラックジョークのような表現が見られて、思わず笑ってしまいました。。
一族の中で、作品の模倣が繰り返し行われたそうで、構図が違うけど、モチーフはそのままという作品がいくつもありました。
写実的に描かれたお花に、トンボや蝶などの昆虫が留まっています。
東洋画の「草虫図」を思わせるような雰囲気に惹かれました。
私は花鳥画の中でも、草虫図が大好きで、実は、リングやかんざしなどの彫金作品にもたくさん登場しています。
Photo_3
キリスト教の知識が少しでもあれば、もう少し絵の意味を理解できるのだろうし、もっと面白がれるのだろう。
 
じっくり絵を見て疲れた後は、街中でのんびり。。
タリーズで注文したシフォンケーキを、友達とココア味だと思い込んで突っついていたのですが。。。
翌日、改めてお店に寄ったら、ココア味ではなく、ほうじ茶味だと判明。。
自分の味覚を疑った…(;^_^A思い込みは怖いですね。。。。
3_2
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひろしま国際平和マラソン

毎年11月3日、ひろしま国際平和マラソンが開催されます。

うちの近くがコースになるのですが…
生まれてから今まで、持久走を一度も走ったことのない私にとって、昨年まで全くの他人事でした。。(笑)
運動嫌いな私ですが、今年は夏ごろから、ダイエット&健康増進のため、中スポでジョグを中心としたトレーニングを開始!毎日のスクワットもかかしておりません!
そんな私に、白羽の矢が!!
学生時代の同級生であり、仏画教室の生徒さんである友達と息子さん、そして、会社の社長さんと一緒に平和マラソンへ、勢いで参加することになりました。
チーム名 HANA & Q
Photo
偶然にも、実家の菩提寺が不動院という共通点のある私たちのユニフォームは、
もちろん不動明王!
作画は私で、プリントは地元の印刷所でお願いした MADE in YOSHIJIMA!
Photo_2
このお不動さんは、醍醐寺の信海さんが描かれた白描図像です。真福寺の本尊さんでもあります。
岩の上に立つお不動さんは、天地眼でにらみを利かせ、羂索を握る左手にも力が漲っております。気迫に満ち溢れたお姿で、こちらもぐっと力が入ります!
私の守り本尊として描き、アトリエで日々拝んでおります。
そんな愛着満点のお不動さんを背中に背負って、初マラソン5キロに挑戦!
いよいよ、ビギナーコース5キロがスタート!
参加人数、一万人ということで、コースが渋滞!!
スタートを切っても、走ることが出来ませんでしたが、徐々にペースが上がっていきました。
トレーニングをしていたといっても、実際に5キロ走り切ったことがなかったので、不安でいっぱいでしたが、広島市内の南西部がコースとなっており、私たちにとってほぼ地元。
愛着ある景色の中を走っているうちに、不安はなくなりました。
走っているのか、歩いているのかわからないペースでしたが、30~35分くらいで完走!
めっちゃしんどかったけど、達成感あり!
これで味を占めて、ジョギングを日課に!とは、全く思いませんでした。。活性酸素が体に溜まりそうだし。やっぱり、私は文科系を貫くので…(笑)
でも、徒歩で参加できる気軽さが私にぴったり!たまには、楽しい。
老化防止のために、来年もHANA&Qは、平和マラソンに参加する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »