« ブリューゲル展 | トップページ | 11月の仏画教室 »

京都仏画修行

仏画の講義受講と春日鹿曼荼羅の制作のため、京都に 行ってまいりました。
導場のある山科の安朱という地域は、春は琵琶湖疎水の桜でピンク色にそまります。
そして冬の気配を感じると、一帯に植わっている南天の実が赤々と輝き始めます。
今年も、導場の南天が立派に実っていました!
Photo_3
雨上がりの朝だったので、実の一つ一つが露に濡れてキラキラ。まるで赤サンゴのビーズのようで、朝から感動。。
Photo
私の春日鹿曼荼羅は、少しずつ進んでおります。
鹿さんの両サイドにやまと絵調の挿絵が入ります。
Photo_4
仏画のタッチとは違って、柔らかな表現なので、難しくて、何度もやり直しました。。
まだまだ先は長いです。
2~3時間の空き時間は、京都の街中をウォーキング!
Tionninn
今回は、三条通から知恩院へ。そして東大路を下り、八坂さんへ。
海外旅行をしている気分を味わいつつ、祇園四条を通過…(笑)
鴨川を眺めつつ、三条まで上がる途中、水辺をスイスイ泳ぐヌートリアに遭遇…(;^_^A
Photo_5
締めは、無印カフェでのんびり晩御飯。いつものパターンだね。

|

« ブリューゲル展 | トップページ | 11月の仏画教室 »

旅行・地域」カテゴリの記事

仏教」カテゴリの記事

仏画」カテゴリの記事

お寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都仏画修行:

« ブリューゲル展 | トップページ | 11月の仏画教室 »