« ひろしま国際平和マラソン | トップページ | 京都仏画修行 »

ブリューゲル展

広島県立美術館で開催中の「ブリューゲル展 画家一族150年の系譜」を、お友達と見に行ってきました!
2
16世紀、フランドル(現在のベルギー)で活躍したブリューゲル一族4世代の画業を紹介する展覧会です。
私は、今までブリューゲルという名前すら聞いたことがなかったのですが、
この展覧会のポスターを目にして、独特な色彩感覚や登場人物の表情の不思議さにひかれ、見に行きたいと思ってしまいました。
 
細密画のように、丁寧に描かれた作品の数々は、宗教や道徳、寓話、農民、花などの静物など…一見、生真面目なテーマを取り扱っているのですが、そこには不思議ワールドが広がっていました!
絵に近づいて、目を凝らしてみてみると、ブラックジョークのような表現が見られて、思わず笑ってしまいました。。
一族の中で、作品の模倣が繰り返し行われたそうで、構図が違うけど、モチーフはそのままという作品がいくつもありました。
写実的に描かれたお花に、トンボや蝶などの昆虫が留まっています。
東洋画の「草虫図」を思わせるような雰囲気に惹かれました。
私は花鳥画の中でも、草虫図が大好きで、実は、リングやかんざしなどの彫金作品にもたくさん登場しています。
Photo_3
キリスト教の知識が少しでもあれば、もう少し絵の意味を理解できるのだろうし、もっと面白がれるのだろう。
 
じっくり絵を見て疲れた後は、街中でのんびり。。
タリーズで注文したシフォンケーキを、友達とココア味だと思い込んで突っついていたのですが。。。
翌日、改めてお店に寄ったら、ココア味ではなく、ほうじ茶味だと判明。。
自分の味覚を疑った…(;^_^A思い込みは怖いですね。。。。
3_2
 

|

« ひろしま国際平和マラソン | トップページ | 京都仏画修行 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリューゲル展:

« ひろしま国際平和マラソン | トップページ | 京都仏画修行 »