« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

新たな仏画に挑戦!

今週頭から、京都で仏画修行。

先月、春日鹿曼荼羅が完成したので、今月から、新たな仏画に挑戦することとなりました。
今回は、元興寺 智光曼荼羅の本尊、阿弥陀如来座像です。

智光曼荼羅は、奈良時代に、元興寺の僧、智光が感得した浄土曼荼羅で、浄土三大曼荼羅(當麻曼荼羅、智光曼荼羅、清海曼荼羅)の一つに数えられます。元興寺極楽坊の本尊は、仏像ではなく、智光曼荼羅なのです。

午前中から制作に取り掛かりました!
まずは、仏画を描く前に、絵絹の準備です。
木枠に絵絹を張ります。絵絹にドウサを引いて、にじみを留めます。
糊を塗ったり、乾かしたりの連続ですから、半日くらいかかります。
午後の制作は、
木枠に張った絵絹に、下絵を墨で線描きします。

Photo_7 
この阿弥陀さんの特徴は、細かい文様で荘厳された光背と台座です!

Photo_8
集中して描きましたが、装飾的な台座を描いた時点で、一日が終わりました。

最後、先生に確認して頂いたところ…一か所、描き忘れをご指摘頂きました。

Photo_8 どこでしょう???
あっという間の一日でしたが、よく集中して描けたと思います。。彩色が楽しみです!!

翌日は午前中、久しぶりに北山の「京都府立総合資料館」に行ってみることにしました。
Photo_9 
大学時代によく通った思い出の場所ですが、そこはすでに閉鎖…
数メートル先に、「京都府立京都学・歴彩館」として、リニューアルオープンしておりました!
Photo_10 そこで、数時間、仏画や日本画の資料を閲覧しました。

そして、昼から「色鉛筆で描く仏画」の講習を受けました。
5月5日の不動院薬師大祭で「仏画ワークショップ」を開催するので、私自身が勉強しておきたかったのです。

今回の題材は、烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)です。
烏枢沙摩明王は、衆生の不浄な煩悩を焼き尽くしてくれる明王です。お手洗いに尊像やお札を掛ける風習があります。
ちなみに、実家のお手洗いには、中村先生の描かれた烏枢沙摩明王が掛けてあります。

講習では、水彩色鉛筆の使い方や、明王の身色の塗り方などなどレクチャーして頂きました。
日本画画材で描く本格的な仏画も大好きですが、扱いの難しい日本画絵具をマスターするまで、かなり時間がかかります…
しかし、色鉛筆であれば、より多くの方々に仏画の世界を味わっていただけるなぁと感じました! 

5月5日の不動院薬師大祭では、少しでも仏画の魅力をお伝えできたらと思っています!

| | コメント (0)

毘沙門さん参り

朝から良いお天気!友人と緑井の毘沙門堂に行ってきました!

毘沙門さんは、権現山(396.8m)という小高い山にあります。

Photo_12
本堂は、山の中腹にあり、参道を登山気分で登ります。

Photo_13 手水舎で、沢蟹がお出迎えしてくれました!

お寺の写真は撮り忘れましたが。。。
さすが!毘沙門さんを祀るお寺ですので、いたるところに虎ちゃんがいました!狛犬も虎バージョンでした!
虎好きの私としては、ナイス空間。毘沙門天立像制作中の身ですので、しっかりお参りしました。

境内に建つ本堂は、柱の色がまだ新しく、キラキラ輝いておりました。
2014年の土砂災害の際、毘沙門堂も被災され、お堂に土砂が直撃したそうですが、現在、力強く再興され、立派なお堂が建てられたのでした。

お寺に訪れた日は、ちょうど4月21日。弘法大師のご縁日。偶然にも、ありがたい日にお参り出来て、縁起が良いなぁ。。
(弘法大師空海さんが
入定された3月21日で、新暦に換算して4月21日が正御影供とするお寺もあります)

お参りを終え、境内からつながる山道を登りました。
まずは、多宝塔へ。
6
里見の岩で休憩。すでに景色は良好!心地よい風が吹き抜けていました。ミツバツツジの花が見頃を迎え、新緑の松葉もキラキラ。
遊歩道と岩場が入り混じった山道をひたすら登りました。途中、いろいろな種類の椿が見られました。
Photo_14
汗かきながら、なんとか山頂に到達!
山頂からほんのちょっと下のベンチからの眺めが一番きれいだった!
Photo_15 
広島市内から瀬戸内海の島々まで一望 出来ました。安芸の小富士(似島)や、自分の家の近くにあるビルまで見えるとは!
心地よい風と野鳥のさえずりに癒されながら、のんびり景色を堪能。
友人は、野鳥とおしゃべりできるのか?!友人は口笛で野鳥の鳴きまねをすると、それに野鳥が答えるという…
野鳥とのコール&レスポンスの応酬が繰り広げられました!(笑)
山登りの経験があまりない私には、標高500メートルくらいがちょうど良いかもしれません。いろんな小さい山に登ってみたくなりました!

この数か月、次の居場所探しで、広島市内を駆け巡りました。私は作業人なので、なかなか条件に合う場所と出会えず、難航し、あきらめかけた矢先…素敵な場所とめぐり会いました!
京都から戻ってきてから、「いつ広島を離れれるんだろう??早く出ていきたい。。」と心に秘めて生活していました。
本格的な場所探しはしたくなかったし、京都から持ち帰った荷物も手を付けずにいましたが、少しずつ広島の仲間が増え、地元で活動できるようになり、改めて地元に根付いていきました。
今回、権現山頂から、広島市の景色を眺めていると、「ここで生活していこう!」と心から思えました。

新たな生活をスタートすることが決まった翌日、お大師さんや毘沙門さんにご報告出来たことで、心がすっきりしました!
友人も私の居場所探しに協力してくれた一人、感謝の一日でした!

Photo_16 アトリエで制作中の毘沙門天立像と虎さん 


 

 

 

 

| | コメント (0)

不動院仏画ワークショップ開催!

今月も不動院仏画教室は、無事に終了いたしました!
作品を完成された方がお二人おられます。
Photo_4
うんげん彩色「散華」
仕上げは、砂子を撒いていただきました。

こちらは、鳥獣戯画全編の模写です。これから軸装されます。

Photo_5
Img_5464 

 

令和になって早々の月5日、広島市東区 不動院 「薬師大祭」 不動堂にて、仏画教室メンバーによる仏画ワークショップを開催いたします!

不動院での仏画ワークショップは今回初めて。

仏画に触れたことのない方にでも、挑戦して頂ける内容となっております。

会場は、不動院不動堂。趣のある建築物の中です。不動明王に見守られながら、ゆったりとしたひと時をお過ごしください!

縁日当日は、国宝である金堂が解放されますので、中に入ってお参りが出来ます。広島市内の僧侶による
理種三昧法要が執り行われます。

本尊の薬師如来坐像や金堂の堂内荘厳もじっくり拝観することもできますので、ぜひ、この機会にお参りください!

ワークショップは二種類。詳しいことは、以下をご覧ください。

〇色鉛筆で描く仏画「不動明王」

Img_5456
本格的な仏画を描くには、日本画の高度な技術が必要となります。
仏教入門の一助となることを願って、どなたでも身近に仏画と出会っていただけるよう、色鉛筆とサインペンで、不動明王の彩色していただきます。
費用:500円

 

〇お守り袋作り 

Photo_3

不動院金堂の本尊である薬師如来を墨書きして頂きます。
完成した仏画は、守り袋に入れて、入り口を紐で総角(あげまき)結びして結界して頂きます。
費用:500円
★総角結びは、曼荼羅の中にも描かれるモチーフで、結界を意味しているといわれます。

 

| | コメント (0)

ちゅーピーカレッジクレド仏画教室

今日は、中国新聞文化センタークレドの仏画教室の日でした。

教室が始まる前は、早めに到着されている生徒さんとお話をします。
いざ、授業が始まると、集中して、無言状態が続きますので…毎月お会いする機会はあるけど、生徒さんそれぞれのパーソナリティーが見えてこないので、出来るだけお話しをします。

今日はロビーで、生徒さんお二人に加え、「演歌作詞教室」の大先生とお話。
仏画と演歌作詞の教室を掛け持ちされている生徒さんが、ちょうど作詞の添削を大先生とされている場面に遭遇したのです。。
私たちも、わからないなりに、一緒に加わり、大先生の解説を聞かせて頂きました。
生徒さんの演歌歌詞は独特で、「念仏」とか、「蓮の花」とか。。。仏教キーワードが沢山盛り込まれていました!
情念、執念の演歌の世界に、仏教の諸行無常の世界観を合わせるとは…「演歌」と「仏教」、相反するもののような気もせんでもないですが。。(笑)
仏教思想を語る演歌。。。斬新!今まで聞いたことのない演歌が生まれていました。
さすが、普段からお遍路さんをして、般若心経を写経し、仏画教室にも熱心に参加してくださっているので、その影響が歌詞に反映されてるのですねぇ。
大先生からのアドバイスは、「たかが一字だが、一字を変更するだけで、歌の世界観がガラリと変わるんよ!」と。
大先生の指示通りに、生徒さんの歌詞の「てにをは」の一字を変更しただけで、その場面が一気に浮かんできたのです!なるほど。
宗教を題材にすると難しい。ともおっしゃっておられましたが、私は、生徒さんらしい「仏教演歌」をぜひ作って頂きたい!と、心の中で
思っていました。大爆笑に次ぐ、大爆笑の休憩時間でした。。

Img_5313
教室が始まると、一気に集中タイムへと。。。


Img_5311
紺紙金泥画「不動明王」の金泥描きがスタート!二度目の金泥画制作なので、工程を覚えられ、とってもスムーズに進んでおります。
今までは、線を追うことだけに集中され、図像の意味合いまで気が回らなかったそうですが、最近、図像の中で気になる部分(不動明王のシツシツ座、迦楼羅炎…)について質問してくださるようになりました。
「見えなかったものが、見えるようになる。」大きな前進です!とっても嬉しいです!

最近、生徒さんの方から、次に挑戦してみたいことを考えて、相談してくださいます。
自発的な姿勢が、とっても嬉しいです。。
皆さんの思いが叶うよう、私は準備を頑張る!ワクワクします。

そして、御年90歳になられた生徒さんが、お父様の形見のコンパスを見せてくださいました。
レトロで、味わい深いコンパスなので、惹かれました。。

Img_5316 生徒さんのお父様は、ご生前、設計士をされていたとの事。
しかも、だれでも知っている、日本の歴史に深くかかわるもの(特大なんです!)の設計にも関わられ、このコンパスが使われたとのこと。
そのお話しを伺った瞬間、一気に背筋がピンっと伸びました!
今ちょうど、平成から令和へと、日本が変化する時ですし…このコンパスは、100年以上もの間、日本の移り変わりを眺めてきたんだなぁ。。と思うと、なんだか感慨深い思いがしました。


お昼は、そごう9階で開催中の催事で、愛媛にあるエスニックグリーンファーム廣川農園のパクチーグリーンカレーを食べてみました!
パクチーは新鮮でしたし、ココナッツミルクが沢山入ったカレーも私好み。そして、日本米とバスマティライスが交配された「プリンセスサリー」というお米が使われていました。タイ米好き(私!)にはたまらないですよ!!

Img_5307

 

| | コメント (0)

扇の国、日本

先日、山口県立美術館で開催中の「扇の国、日本」展を見に行ってきました!

Photo_1

今まで、扇は、中国で生まれたものだと勝手に思っていましたが…
実は、日本発祥だそうです。中国に古くからある団扇が日本に伝わり、平安時代に、団扇の折り畳み式「扇」が作り出されたとのこと。
10世紀頃、中国や朝鮮半島に日本の特産品として紹介されたそうです。なんだか意外です!
お坊さんが持たれている朱扇など、宗教儀礼に使うものや、日常生活に使われるものまで、様々な場面で人々のコミュニケーションの道具としても使われていたのです。

会場には、扇そのものだけでなく、絵画、陶器、刺繍、装飾金具など、様々なジャンルの扇作品が展示されていました。

扇流し屏風に描かれた扇面を、一面一面じっくりと眺めていたら、技法(水墨、やまと絵…)、モチーフ(花鳥風月、風俗画、中国仙人、日本古典…)が様々で興味深いです。
ただ屏風を眺めるだけだと、単なる「屏風」で終わってしまいますが、画中にちりばめられたエッセンスを理解しながら鑑賞すると
より面白くなるんだなぁ。知識が必要だなぁ。。

扇モチーフは大好きなので、私の作品にもしばしば登場しております。
絵は、扇面画を手ならしのために描いたりします。

彫金では、和小物の帯留に登場します。
Photo_2

https://www.iichi.com/listing/item/1600826
オンラインショップにアップしております。よろしければご覧ください!

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »