« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

サヨナラアトリエ!

今までお世話になった、吉島のアトリエを大家さんにお返ししました。
ほとんど引っ越しは完了しておりますので、アトリエ内はもぬけの殻という感じで、いつも以上に広く感じて、物悲しい…
Photo_51 Photo_50 

八年前、急きょ、京都のアトリエを退去することになり、行き場がなくなりました。
しかし、退去が決まった直後、路頭に迷う暇もなく、こちらに入居することになり、一週間後には、このアトリエにおりました。
広島に帰るという決心よりも、先に入居が決まったのです(笑)
私は、大阪での催事を抱えていたので、身動きが取れず、引っ越し作業のほとんど両親と友達まかせ。
しかも、私は催事中に足の甲の骨折。引っ越し作業中にもめごとが起ったり…
京都生活7年間は試練の時代。ほぼ苦しいことばかりで、思い出すことはちょこっとですが、最後の最後まで息が付けなかった。。という感じ。
でも、あの時代があるからこそ、今の穏やかな生活や、目の前に起こることをありがたく感じられるのかもしれません。

こちらのアトリエは、半年くらいを目安に考えていたのですが、気づいたら、居心地よく8年も居座りました。
アトリエは、母校の小学校、印刷屋さん、材木屋さんに囲まれていたので、騒音の心配はほとんどなく、安心して制作出来ました!
大家さん家族にも、大変お世話になりました。

広島から戻ってきて数年は、全く物件探しをする時間はありませんでしたが、昨年、体調を崩し、今までのような仕事が出来なくなった反面、ようやく、生活にゆとりが生まれました。
生まれ育った場所で、居心地よいし、「吉島」という住所に思い入れもあったのですが、
今後のことなど考えて、自分への投資ということで、思い切って引っ越しをすることにしました。
この時期を逃すと物件探しが出来なくなる。今がチャンス!と思いました。
おかげさまで、新しい場所も、スムーズに入居が決定しました。

いつもお世話になっているお客様に、引っ越しが出来たことをご報告したら、「幸運の女神は前髪しかない」というメッセージを頂きました。
この言葉を調べてみたら、ダ・ヴィンチの名言だそうです。
前髪=チャンス、なのだそうです。
その前髪は、一瞬にして目の前を過ぎ去ってしまうから、その一瞬をキャッチしなくては、幸運が過ぎ去ってしまうということだそうです。
なるほど!!

最後、大家さんへ 「新アトリエを追い出されたら、こちらに戻ってきます!(笑)」と、最後のご挨拶をして旅立ちました。

Photo_52

玄関につながる階段が名物(?)私を含む何名か、ここから滑り落ちました。バリアフリー時代を逆行しておりますが(笑)愛着ある階段。。

ちょっぴりさみしいけど、次に行くね!
ありがとう、アトリエ!

| | コメント (0)

生徒さんとのコラボ作品完成!

今日は、仏画教室の生徒さんが、遠渡はるばる山口より、アトリエにお越しくださいました。
アトリエ移転初の仏画教室を開講しました!

突然ではありますが、来月6月7日より、広島銀行牛田支店さんにて、恒例の仏画展を開催することとなり、
ただいま、生徒さんに作品制作ラストスパートをかけてもらっております。
こちらの生徒さんは、淡彩色仏画2点完成させ、出展に間に合いました!
Photo_40

そして…
こちらの生徒さんは、昨年から、高山寺の『鳥獣戯画』の現存する部分すべてを書写されました。

Photo_44 Photo_41

4月に描き終え、本紙と表紙をお預かりして、夏ごろに軸装に仕立てる予定にしておりましたが、

引っ越し作業の合間に、こっそり、軸先を彫金で作り、本紙を軸装に仕立てました!
Photo_46 銅製、槌目入り、梨地仕上げ。

まずは、生徒さんが描かれた本紙をすべて、天地の幅を合わせてカットし、12枚繋ぎ合わせました。
和紙一枚80~90㎝くらいあるので、本当に長い!
果てしなく長~い絵を、何度も見返しながら、軸装作業を進めていたら、生徒さんの努力が伝わってきて、ただただ感動してしまいました。

Photo_47 Photo_42 Photo_48  

こっそりこっそり進めていた軸装がとうとう完成し、サプライズで生徒さんにお渡ししたら、
思いっきりびっくりされ、大変喜んで下さいました!!

私が仏画講師として活動し始めた頃から、いろいろな場面で、大変お世話になっております。
いつかお返しが出来たらと思っておりました。予想を大きく超えた喜びっぷりを見ることが出来て大満足!本当に嬉しいです!

| | コメント (0)

みんなのレオ・レオーニ

今日は、友達とひろしま美術館で開催中の「みんなのレオ・レオーニ展」を見に行きました!

Photo_38

レオーニとの最初の出会いは、小学校の頃、国語の教科書にあった『スイミー』。子供が見ても、美しい絵に魅了され、大人になった今、お話の深さに感動します。
仲間の赤色の魚たちの中に、一匹だけ黒色のスイミー。ある日、仲間たちがマグロに飲み込まれ、独りぼっちになります。
そこで、スイミーは一、海の中を泳ぎます。。旅の中で、いろんな人と出会い、たくさんの事を学びます。
最後、仲間似た、赤い魚たちと出会い、自らが導き、マグロを追いやる。というお話。

「みんなで力を合わせて頑張ろう!」という思いよりは、
「自分とは何か」、「他者との違いを認識すること」や「自分の個性を生かす。」という思いが込められているのかなぁと感じます。

個性的で、周囲から、ちょっと「変かりもん」と思われている人、逆に、「自分とはなんだ?」と、自分は無個性だと感じ思い悩んでいる人、
マイノリティーな自分に思い悩んでいる人には、応援讃歌のように感じるのではないでしょうか。
『スイミー』だけでなく、レオーニの作品から、どんな人にも、お役目があるのだと感じられます。

そして、植物好きの私は、『平行植物』という作品も大好き。
レオーニの想像上の植物を図鑑にしたもの。この世に存在する植物は一つも載っていません。幻想的で、不思議な形をした植物が細密に描かれていてびっくりなのですが、それ以上に、説明が細かい。。絵本とは、かなり違った世界観があります
私は以前、『平行植物』に魅了されて、植物のブローチを作ったことがあります。
今回の展覧会では、『平行植物』の原案になったデッサンや、油彩画、そして、ブロンズの立体作品。立体作品を見ることが出来て、嬉しかったです!
展覧会を見てから、改めて絵本を見てみると、絵本に込められた思いを、より深い部分まで感じられるように思いました!

今、私は、たぶん転換期を迎えているような気がします。大きな喜びが舞い込んでくる反面、それと同じ分量(?)大きな悲しみも受け入れなければならなかったり。。。引っ越し前後から、自分の中で目まぐるしく、「入れ替わり」のような変化があり、体の中は落ち着きませんが、よくわからない前向きな気持ちが沸き上がってきます。
見た目も変わっちゃったのか…最近、出会う方々に「最近、雰囲気変わったねぇ~」と言われたりもします。。(笑)
かわいいだけではないレオーニの作品は、自分にとって、いろいろな気づかせてくれます。本当にいいタイミングで見れてよかった!

帰りは、久々に喫茶さえきでランチしました。
悩みに悩んで、車麩のカツにしました。
Photo_39
いつ来ても、ほっこり出来る場所なので、長居をしてしまいます。。






 

 

 

| | コメント (0)

中国新聞朝刊

本日、中国新聞朝刊に、ちゅーピーカレッジ仏画教室のご案内が掲載されました。

Photo_32
昨年、広島市の多門院さんに納めさせていただきました大日如来座像とともに。

仏画教室の詳細は、こちらからご覧ください。http://hanahulot.cocolog-nifty.com/blog/butsuga.html

次回のちゅーピーカレッジは、5月29日です!
初心者の方にもわかりやすく。がモットーの教室ですので、お気軽にご参加ください!


Photo_33
ローリーと大日如来共演。
華やかさで、ローリーに負けてる気がする…(笑)

| | コメント (0)

御札もらえました!

引っ越しは佳境に入りました。

一人で使うには広すぎる80平米の旧アトリエ。。
その中に、数年分、いや、京都から持ち帰って手付かずの荷物が山のように詰まっていました。。
この引っ越しで、ようやく京都の荷物を片づけることが出来たのです。

荷物の中には、なくしていたものや、仏画技法に関するお宝資料なども出てきて、ラッキー!といいたくなる場面もあれば、
忘れかけていた出来事がよみがえるような品々も出てきたりして、気分の良くないものも。その量が想像以上に多かったことに、我ながらびっくり。。(汗)
そういった昔の事を、一切合切清算して、身を清めるんだ!と、小さなメモ、スケジュール帳から大きな机まで、思い切って捨てました。

そうしたら、気持ちに変化が。。。
心の蟠りのような、こだわりのようなものが消えて、今までに経験したことないくらいの解放感。体が軽やかになりました!
無意識に抱え込んでいたのですが、心のどこかで、完全に切り離せてなかったのだろうと思います。
京都から持ち帰った目に見えない荷物を、今、ようやく下ろせました。
本当の意味で、私の新時代がスタートします!

ある程度、荷物が少なくなったので、最終ミッション、引っ越し屋さんを投入!
大型家具など数台を、新アトリエに一気に運んで頂きました。新アトリエは、まだまだごった返していますが、ひと段落しました。。

引っ越し翌日15日は、氏神様のお祓いが行われる日とあり、早速 、神社にお参りに行きました。
Photo_28 

境内に上がると、空に浮かぶ雲が目に入りました!
Photo_31 
中央に広がる雲が、羽根を伸ばす鳳凰、たくさんの飛行機雲が、天に向かう龍みたいだなぁと想像しながら眺めました。

神社には、参拝者が集まり、お祓いが始まるところでした。

毎日のようにお参りに通ってもいただけなかった御札を、ようやく頂きました!御神までいただきました。
Photo_29

その後、神社両隣にある二つのお寺をお参り。どちらもいいお寺さんです。
これからお世話になる町の寺社にお参りして、心すっきりしました!

| | コメント (0)

双龍飾る。

アトリエの玄関ドアの対面に龍の絵を飾るのが、長年の夢でした!

その夢が、今回叶いました!

Photo_35
玄関の長い階段を上ると…

Photo_34
はい。双龍!

建物の構造上、壁に絵をつるすのが難かしいので、無理かなぁと思っていましたが、
母方の祖母から受け継いだ和箪笥を置いてみたら、サイズぴったり!
その上に双龍を配置。高さもぴったり!
そして、一応、絵が倒れないように補強して、完成!

幼い頃に絵を描くきっかけは、父方の祖母から。
和箪笥など、日本文化に興味を持ったのは、母方祖母から。
御両人とも、すでにこの世にはおられませんが、この玄関は、何気に両ばあちゃんの気配を感じられる場所。

まだガスが通ってないので、彫金は無理ですが、仏画は活動開始!
Photo_36
心地よい風が通ります!
ご近所の方々の気配が適度に感じられ、静かすぎず(静かすぎるのは怖い!!)、私には丁度良いい。夜まで集中できます。

 

 

| | コメント (0)

5月の不動院仏画教室

今月も、不動院仏画教室開講。

ゴールデンウィーク明けだからか、参加者少なめ。そして、装飾写経に挑戦されている方ばかりでした。


Photo_25
こちらは、『般若心経』の装飾写経。緑色に引き染めした和紙に、墨で下絵と写経の界線を描いた上に、淡く彩色したところ。

2
その後、界線を、金茶の絵具でもう一度描き、全体に砂子を撒きました。
この砂子に使った箔の切り回しは、数年前に、アトリエの大家さん(仏具作りをされています)から頂いたものです。
当時、仏画教室には、まだ装飾写経の制作をされる方がおられなかったのですが、
いつか、教室の方々に使ってもらえる日が来るかなぁ??と淡い期待を抱きながら、倉庫に置いていました。
とうとう、生徒さんに大家さんの箔を使ってもらえる日がやってきて嬉しいです!!
大量にいただいているので、生徒さんには、作品作りでどんどん使ってもらいたいです!

そして・・・
Photo_26
こちらは『阿弥陀経』の紺紙金銀泥経に挑戦されています。
ガラス棒と溝さしを使って、紺紙に銀泥で界線を引きます。集中されてる様子でした!
集中力を切らすと、まっすぐな線は描けませんが、緊張しすぎると、筋肉がこわばって線がぶれたり、画面を絵具で汚してしまいがちです。
私のやり方ですが…体幹はしっかり保って、外側の筋肉はリラックス。息を吐きながら、力まず軽やかなリズムで筆を滑らすと、ブレないまっすぐした線が描けると思います。最終的には、練習第一ですね!

お茶タイムは、「虎屋本舗」タイガーストライプの虎焼と、生徒さんからのお土産「ふろしきまんじゅう」を頂きながら、皆さんでお話ししました。

Photo_27
ふろしきまんじゅうは、作り立てでないとだめだそうで、教室開校日にタイミングを合わせて、鳥取から買ってきてくださいました!心使いに感謝です。

メンバー数少なめなので、お一人ずつ近況をしっかり聞けました。
介護の事や、体調の事。皆さん、人生の先輩なので、自分の経験していないことなど、いろいろお話が聞けるので勉強になります。

そして、話題の中心は私の引っ越し。
私が第一希望にしていた地域で、なかなか引っ越し先が決まらず、数か月、現地と地元を行ったり来たりを繰り返していたことを、皆さんは知っているので、ずっと心配してくださっていました。
全く違う場所となりましたが、ようやく移転地が決まり、大変安心してくださいました!ありがたいです。

月一回の教室なので、メンバー全員とお会いできないのは、ちょっとさみしいですが…
お一人お一人にしっかり付きっ切りになって制作が出来たので、充実感満点!皆さんにも喜んでいただけたようで、本当に良かったです。。



 

| | コメント (0)

新しい場所

引っ越し作業は、毎日少しずつコツコツと進めております。
最近は、自転車で通勤することが多くなりました。
地元から新しいアトリエに向かう道は、港町を通過し。海辺のキラキラとした日差しと潮の香りに包まれます!

氏神様に、アトリエに祀るお札を頂こうと思って、毎日のように神社に立ち寄りますが、いまだお札がいただけておりません…
ほぼ無人状態の神社のようで、神社の方に一度もお会い出来ておりません。。汗
氏神様に、引っ越しを受け入れてもらってないのではないかと不安になってきました…汗
Ebajinnja 無人ですが、ニャンコはいました。

神社のお隣にお寺があるので、お参りに行きました。
Ryuukouinn
本堂でお参りさせてもらってから境内に出たら、優しそうな住職さんと出会いました。
「最近引っ越してきたものです。」と、ご挨拶したら、護摩堂に案内してくださいました。
お不動さんをお参りさせて頂いて、住職さんにお寺のお話しを伺っていたら、護摩堂の住人、寺猫うずらちゃんが近寄ってきました。
Ryuukouinn2

Ryuukouinn3
膝の上に乗っかると、頭を私のお腹にぐいぐい引っ付けて、ニャ~~。甘えました!
うずらちゃんは、ぶりっ子ちゃんなんだそうです!(笑)かわいいですね。

護摩堂で、うずらちゃんを膝だっこしたまま、のんびりさせて頂きました。

帰りに、手提げに御供えのお菓子や、家宝暦や、法話がかかれたプリントなどを詰めて、お土産にくださいました。
「本堂は解放しているので、いつでも自由に、お参りに来ててもらったらいいですよ。」といってくださいました。 嬉しいです。

引っ越し先の町は、地元の川向うなので、ほぼ「地元」といえる場所なのですが、
知人が一人もおらず、異国の地のような気分がして、なんとも言えない心細さと寂しさを感じてしまいます。。
早くアトリエに泊まってみたいのですが、まだ人の家という感じがして怖くて…まだ泊まれてません。。(苦笑)
こんな私ですので…(笑)町の方と、ちょこっとでも関われたことが、とーっても心強かったです!うれしかった。。
町の事が知りたいです。早く町に馴染みたいです。
その前に、氏神様のお札を頂かなくてはっ!!!



| | コメント (0)

不動院仏画ワークショップ無事終了!

2019  
晴天の中、今年も不動院薬師大祭が執り行われました。
20193
昨年まで、私は参拝者の一人でしたが、今年は、不動堂にて仏画のワークショップを開催させて頂くことになりました!
Photo_19

現在、引っ越し作業でばたばたしており、ワークショップの宣伝が十分に出来なかったので不安がありましたが、
始まって早々、色鉛筆仏画の希望者がお越しくださいました。
Photo_20  
早々とコツをつかまれて彩色されてました!

少年たちも、元気にお不動さんを彩色してくれました!

5 2019_2

2019_4 塗り始める位置が、三者三様で面白かったです!

 

 大人の方々も、限られた時間の中、集中して描かれておられました!
20195

こちらは、薬師如来のお守り作りです。
20197
今回、私が制作した薬師如来の下絵を、墨で線描きして頂きました。
完成したお薬師さんに、不動院の御朱印を入れさせていただきました。

Photo_21
仏画教室メンバーさんが縫ってくださったお守り袋に、仏画を納めまして、総角結びをしました。
ワークショップ前半は、色鉛筆仏画の方が人気ありましたが、後半は、断然、薬師如来のお守り袋が人気となりました!

201910

2019_5

20199

書院には、一字金輪座像、不動堂には、不動明王や双龍、愛染明王などなど、私の描いた仏画と、生徒さんの仏画が掛けられました。
たまたま参拝に立ち寄られた方々が、じっくり仏画に目を留められている様子が嬉しく思いました。

今回、不動院教室、クレド教室から、生徒さん一名ずつお手伝い頂きました。
初めての経験でしたので、参加者が込み合ったさい、少々バタバタしてしまいましたが、終始、チームプレーが上手くいき、スムーズに進みました。お二人には、感謝の気持ちでいっぱいです。

普段、周囲の方々から、仏教(宗教?)に対する嫌悪や偏見をぶつけられることがあり、悲しい気持ちになることがあります。
仏教は、生きることの苦しみを乗り越える方法の一つと考えています。
どこかの宗派に所属しなくてはならないというものではなく、どなたにでも触れてもらえるものだと思います。
そういった思いを抱えて生きる日々ですが、今回、収穫がたくさんありました!

小中学生が柔らかな心で、楽しんでお不動さんを描いてくれたこと!
御朱印集めや寺社仏閣巡りを趣味にされてる若い世代の方が仏画に興味を持って、実際に描いてくださったこと。

参加者の方々のお顔が、明るくって、楽しそうだったこと!
そんな姿を眺めていたら、心が救われるようでした。心でうれし涙でした!
有意義な一日を過ごさせて頂き、不動院の皆さん、協力してくださった仏画教室メンバー
には、心より感謝申し上げます。

今回の経験を生かして、今後もいろいろな形でワークショップを開催出来たらいいなぁと、メンバーと話しております!
ハイ。次のお題は、すでに決まっております!(笑)

| | コメント (0)

5月5日不動院仏画ワークショップ

明日5月5日は、不動院にて薬師大祭が行われます。

私たち仏画教室のメンバーも参加させて頂き、仏画ワークショップを開催致します。

場所は、奥にある不動堂です。

不動院  http://www.megaegg.ne.jp/~fudouin/

ワークショップは2種類あります。

1.色鉛筆で描く仏画
 本格的な仏画を描くには、日本画の高度な技術が必要となります。
 仏教入門の一助となることを願って、どなたでも身近に仏画と出会っていただけるよう、色鉛筆とサインペンで、不動明王の彩色していただきま す。彩色後は、不動院の御朱印を押させて頂きます。

 費用:500円 

6af7535a9d564bf196307044c721b162

 

2.薬師如来の御守り作り

不動院金堂の本尊である薬師如来を墨書きして頂きます。完成した仏画には、不動院の御朱印を押させて頂きます。
完成した仏画は、守り袋に入れて、入り口を紐で総角(あげまき)結びして結界して頂きます。

費用:500円
★総角結びは、曼荼羅の中にも描かれるモチーフで、結界を意味しているといわれます。

1349c3c512c44fa2bafc5c5957d45b94

理趣三昧法要は14時から、国宝金堂にて行われます。

仏画ワークショップは、11時ごろからスタート。私たちの仏画も少しだけ展示させて頂きます!

境内では、お茶席や生け花展覧会、本堂では、お琴の奉納演奏が行われます。

仏画教室の生徒さんとの共同作業が楽しみです!

 

| | コメント (0)

newアトリエ

日本は、令和いう新しい時代を迎えました!

私も令和元年元旦より、アトリエを新たな場所に移転し、再スタートいたしました。

京都から戻り8年、知人の会社倉庫一部を間借りしてやってきましたが、期間限定の仮の宿のため、いつか本拠地探しをしなくてはなりませんでした。
広島に戻った数年間は、仏画教室の運営と県外出張でバタバタと生活していたため、なかなか引っ越しの事は考えられませんでしたが、
今年に入り、ようやく物件探しに取り掛かる余裕が出来ました!

この数か月間、広島市内のいろいろな物件を見学し、毎度のことながら、工房を構えることの難しさに直面しました。。
どこを見学しても、心から自分の居場所だという感じがしなかったのです。。
そして、あきらめかけた矢先、最後の最後だと思って見学した場所で、「ここが自分のアトリエだといいなぁ。。」感じました。
それからは、迷う余裕もないくらい、自然が味方にしてくれているかのように、一気にことが進みました。
物事がうまくいくときは、こんなものなのでしょうか。。

新しいアトリエには、小さめの床の間があります。
京都修行時代を見守ってくれた私の守り仏、長谷寺の十一面観音さんを、床の間に飾る夢が、ようやく叶いました。
Photo_17
虎ちゃんと一緒に。

身内でコツコツと引っ越しをしているので、アトリエとしてオープンできるのは、まだまだ先です。
どのように運営していくか、しっかり考えつつ、作業を進めます!

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »