« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

虎目石の和小物「竹に虎」 

展示会前は、どうしても不規則な生活になりがちですが、毎日しっかり睡眠をとって、いつも通りの生活を送るように心掛けています。

朝の江波山ウォーキングも継続中。寝不足解消したら、いつもよりパワーアップしました!(笑)


竹をモチーフにした和小物2点ご紹介いたします。

ちょっと個性的な色をした虎目石を使った帯留「竹に虎」

Photo_20200229012701
一般的に出回っている虎目石は金茶色というイメージですが、この虎目石はブルーの光を帯びています。

Photo_20200229012301
ルースを虎目石、石枠に竹を装飾して、合わせて「竹に虎」。

そして、こちらは根付。
Photo_20200229012501
竹のトップはシルバーで、虎目石のビーズを。


竹に虎…
昔から、「牡丹に唐獅子、竹に虎」といわれ、襖絵や彫刻などのモチーフとしてよく見かけます。
獅子にとっての「牡丹」、虎にとっての「竹藪」は、それぞれにとっての「安住の地」を意味するそうです。

Photo_20200229012401

「あなたにとっての心のよりどころ=安住の地はどこですか?」と、虎さんに問いかけられているような気がしてきます。

今回のテーマは、虎目石のルースを眺めていて、ふと思いつきました。
「竹に虎」には、諸説あるそうですが、「安住の地説」が今の私にフィットしているなぁと思います。

昨年から、自分の居場所、安住の地について真剣に考え、今の場所にやってきたこともあり、
偶然ではありますが、その作品に、今の自分の心が映し出されているなぁと感じました!

こちらの二点は、オンラインショップ、3月3日~始まるヒロシマクリエーターズマーケットでお買い求めいただけます。
虎目石の根付 

虎目石の帯留 

| | コメント (0)

ヒロシマクリエーターズマーケット開催について

新型コロナウイルスの感染が各地で拡大しており、心が晴れませんが、
先日の寝不足の反省をもとに、しっかり睡眠をとって、元気に制作をする日々です!

3月3日から、広島三越8階で始まる「HIROSHIMA CREATORS market」のお知らせです。
現在のところ、予定通り開催することになりました。
この時期にイベント開催ということで不安なのですが…
会期中は、マスク着用での接客、こまめにアルコール消毒するなど、出来る限りの対応を取り、清潔を保てるように努力いたします。

全国で、休館や営業時間短縮する百貨店もありますので、今後、変更になることもあるかもしれません。
何か変更がありましたら、こちらやsnsよりお知らせいたします。
不安な日々が、一日でも早く終息することを祈るばかりです。

 

| | コメント (0)

アンモナイトのバングル「Vortex 渦」

たまにアンモナイトが気になります。。
今年の、国際宝飾展で手に入れたアンモナイトで、さっそくバングルを作りました。

Img_1309
ぐるぐる渦巻き模様のアンモナイト。

宇宙の銀河、地球の海や川、
私たちのDNA、そして、頭のつむじまで…(笑)自然の中には、渦巻きでいっぱいです。

渦巻きは、様々なエネルギーが、一点に集まりぐるぐる渦巻いて、新たなエネルギーを生み出すスポットのようなものだとイメージしています。

Img_1282
バングル部分は、7ミリ幅。
槌目をつけての、ランダムに釈迦玉を着けております。
宇宙空間のような、水中のような、見る人によって、様々な見方が出来るかと思います。

Img_1283

| | コメント (0)

日本伝統工芸展

相変わらず、制作の日々を送る中、久々のお出かけ。広島県立美術館で開催中の日本伝統工芸展に、友達と行ってきました。

毎年、ランチ×工芸展×縮景園の梅が、友達との恒例行事になっています。


Photo_20200223173901
今年は、いつもは最後のフロアに飾られている陶芸がトップバッターでした。
ポスターも陶芸。椿柄が可愛らしい鉢でした。
かわいいだけではなく、外側と内側の色が変えられていたり、花弁がほんの少し立体的だったり、細やかなこだわりがみられました!
どの作品も、細部までとことんこだわりぬいかれたものばかり。毎年、その技術に圧倒されに行っています。真似のできない世界だなぁ。

工芸展の後は、梅を見に縮景園へ。

Photo_20200223174101

今年は開花が早かったようで、すでに花が散り始めていました。

ランチは、袋町のペンシルビル2階、grill & delli laveへ。 https://lave0418.owst.jp/

Ravi
三種類のランチの中から、3品デリをチョイス。(ほかには、一品デリ、お肉料理付きデリがあります。)
チャンジャのおにぎりと、カレー味のお味噌汁が良かったな。

作家活動をしている友達と、食事をしながら、いつか合同作品展をしようという話になりました。
現在、年に数個、コラボ作品を制作しています。
まだ点数が少ないので、作品展を開催するのは、先の先になりそうですが…
夢はしっかりイメージを思い描きながら、口に出してお話しすると、結構叶うものなので、そう遠い話でもないかも…

ランチが終わって、ペンシルへ。
Photo_20200223191701
今、私には、食器ブームがきています‼
工芸ティックで素朴な、出西窯のおちょこが気に入ったので、2つ買って帰りました!

| | コメント (0)

大粒ソーダライトのリング「陰陽」

あったかくなったり、雪が降ったり、突風が吹いたりと…不安定なお天気が続いております。
アトリエの南高梅の花が散り、ちょっぴりさみしいなぁと思っていたら、不動院の枝垂れ梅が満開になっていました!
Photo_20200218124201
かわいいですね! 

3月3日から始まる、広島三越「HIROSHIMA CREATORS market」出展作品です。

個性的な模様のソーダライトを使ったリングです。
540ef0227fb94cbe915981fa39974e0a
HANA立ち上げた頃、よく制作していたデラ枠リングです。
ボリューム満点のリングですが、しっかり安定感があり、指馴染みよく、着け心地良いです。
ちなみに、私もこのリングと同じ形状のリングを愛用しております!見た目とは裏腹で、着けてることが負担になりません。

2a3696da0a064ac39e1e2776e088cc65
片側に蓮、もう一方に菩提樹を装飾。手のひら側に、第三の目が隠れております。

Dc6723e676954960925b7d0c0788818e
石が大きいので、正面から見ると、石しか見えない!!

着け心地を試しに、ぜひ会場へお越しください!

2020年3月3日(火)~3月8日(日)
広島三越8階催事場 [HIROSHIMA CREATORS market]
Img_9348-1_20200218124001

 

| | コメント (0)

淡水パールのピンキーーリング

いつもお世話になっているお客様からオーダーメイドのご依頼があり、ピンキーリングを作らせて頂きました。

シルバーと淡水パールのピンキーリング
Photo_20200215165801
定番の淡水パールリングを、サイズ違い三号で制作させていただきました。
全体のバランスをみて、元の5ミリ玉ではイマイチだったので、
一回り小さい4-4,5ミリ玉に変更したところ、ばっちりバランスが取れました。

お客様へリングをお届けする際、三次にお供させて頂きました。
着物姿のお客様は、私の作品(帯留、リング、髪留め)をコーディネートしてくださってまして、私は感動…
おしゃべりしすぎて、素敵な着物姿を写真に収め忘れました。。残念。。
広島から車でドライブ気分。行きかえり、お客様とのおしゃべりは、とても有意義でした。
途中立ち寄ったカフェ、コニリアさんでランチを。

明太子のクリーム生パスタに三次産の野菜を使ったサラダに、自家製パン。
Photo_20200215171401 Photo_20200215171301
女性が好きそうなお店。当日も、店内は女性のお客様でいっぱいでした!

写真が一つもありませんが、河田屋さんでは、社長夫妻から着物や美術などなど、いろいろな話題で楽しく過ごさせて頂きました!
着物のために建てられた店舗とお庭、調度品の数々は、高級感満点。現実の世界から、一瞬脱出した気分を味わいました。

サイコーのお天気も加わり、のんびり、ゆっくり、納品させて頂きました!
お客様には、丸一日、大変お世話になりました。
三月の催事に向けて、英気を養いました!!

| | コメント (0)

七宝×彫金ジュエリー「ザクロ」

3月3日~8日まで、広島三越さんで開催される「HIROSHIMA CREATORS market」が近づいてまいりました!

2020年3月3日~3月8日
HIROSHIMA CREATORS market
広島三越8階
10時30分~19時30分(最終日は17時まで)

広島のクリエーターが約40組が集結します。

今回、出展する作品の一つ、七宝作家もうりめいこさんとのコラボ作品のご紹介いたします。
昨年末の金魚に続き、もうりさんの七宝をたくしていただいたこと、大変光栄です!

今回は、ざくろ。

七宝×彫金ペンダント「石榴」

Pd
石枠は、シルバー950製。爪の部分は、ザクロの葉をモチーフにしております。

石枠へ七宝をセッティングし終えて、もうりさんに、完成作品の画像を添付したご報告メールを送信したら…

「ざくろの向きが逆」との回答が返ってきました!!まずい。。。汗
私は、ザクロが上に向かって伸び上がる方向にしていたのです。。

Pd_20200214235601
ザクロがしだれる向きが正解です。
慌てて、七宝の向きを逆にして、爪止め。みがき直して、完成。。毛利さんにオッケーいただきました!!

実が実れば、こうべを下げるのが、自然の摂理なのですね。。
文様ばかりに目が向いていましたが、自然をもっともっと学ばなくては、不自然な作品に仕上げてしまうと思いました。。

優しいグラデーションが、作者のもうりさんの人柄を表しているなぁと思います。
作品は正直。作者の人柄や現状を表しますねぇ。

次回のコラボは、ぜひ和小物を作ってみたいと思います!


| | コメント (0)

2月の不動院仏画教室

アトリエのテラスで育てている南高梅が満開です!

Photo_20200210005001Photo_20200210005101

気の長い話ですが…将来、私が自分で育てた梅で梅干しが作れるようにと、母親が出雲から持ち帰った苗です。

江波のアトリエに引っ越して、初めての冬。見事に花を咲かせました!

しっかり花を愛でましたので、綿棒で受粉しました。まだ木が若いので、今年は実らないかもしれませんが、淡い期待をしております!!


週末は、不動院仏画教室でした。
20202
先月に続き、体験教室に一名ご参加。嬉しいです!
ゆっくり丁寧に描かれました。来月から、教室のメンバーとして参加してくださるとのこと!これまた嬉しいです。
ぜひ、末永く仏画を続けて頂きたいと思います。

教室メンバーの皆さんも、どんどん制作が進んでおります。
202023
 うんげん彩色の鳳凰。絵具の扱いがどんどん慣れてこられ、制作のスピードもアップされています。


202022202025 
紺紙金泥の装飾写経。絵にぼかしを入れているところ。界線は、ガラス棒と溝さしを使い、胡粉(白)で。
胡粉の扱いも上手にされ、キレイな界線が入りました!


こちらは、群青の絵具を刷毛塗した和紙に、金泥で音声菩薩を描かれました。
202024
おつかれさまでした!
お正月休みで、スケジュールが1月後半にまとまり、毎週のように仏画教室を行いました。不動院教室もクレド教室も、朗らかな方ばかりで、若輩者の講師を盛り立ててくださっています。
今月も和気あいあい、無事、教室終了。皆さんと笑顔でお別れ出来て、ホッとしました!

不動院教室が終わると、副住職さんと、これから始まる企画について、打ち合わせをしました。
大変光栄なお仕事ですので、お勉強しつつ、不動院メンバーの一員として、頑張ります!

 

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »