« オーダーメイド オパールのペンダント | トップページ | シルバーピアス「第三の目」 »

5月の不動院仏画教室休講です

本日、不動院仏画教室の開催日ですが、休講です。
これで、2か月連続休講となり、生徒さんにはお会い出来ず寂しいのですが、グループLINEなどを使って連絡を取り合っております。
今月も全員の無事を確認。お元気そうで何より(^^)

山を整備されてる方(すごいですね!!)、お庭を作られた方、菜園を作られた方、お孫さんを遊び日々を過ごす方、線描きを練習される方…それぞれ、ご自身の時間を有意義に過ごされていて良かった。不動院、クレド教室の皆さんは、普段から明るくて穏やか。心が安定されてらっしゃる方ばかりなので、元から安心しております。

逆に私の健康を心配して頂いておりますが、私もおかげさまで元気です!(^^)
私自身、京都でのお勉強を1年休講しますので、その期間は、今までできなかったことをトライしようと思っています。

まず一つ、絵絹に描いた作品の裏打ちを自分でやってみること!
絵絹に描いた作品は、完成後に裏側に和紙を張り合わせます。その際、作品に霧吹きをしたり、糊を刷毛で塗ったりと、危険な作業がいっぱいです。。特に、仏画技法で描かれた作品は、絵具の層が何重にもなっておりますので、危険度が数段あがります。。
大きい作品は表具屋さんにお願いしますが、小さな作品は自分で裏打ちしたいと思っていたので、この機会に挑戦です!

 

先月描いた小さな暈繝彩色を使うことにしました。
木枠から絵絹を外して、一つずつカット。
3_20200509150404

作品表面に霧吹きをして、裏面に糊の付いた和紙を貼り付ける。その後は、しばらく乾かします。

3_20200509150401

しっかり乾いたら、作品を額縁のサイズにカットします。

3_20200509150402

そして、額に入れます。完成!
3_20200509150403
なんとか剥落なしで裏打ち出来ました。。
こんなに小さいサイズの作品でも、緊張感満点の作業が連続しますので、大きいサイズの裏打ちは専門家にお願いすることにします。。汗



|

« オーダーメイド オパールのペンダント | トップページ | シルバーピアス「第三の目」 »

仏画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーダーメイド オパールのペンダント | トップページ | シルバーピアス「第三の目」 »