« 波濤を越えて | トップページ | 帯留めをアップしております! »

弁天さん完成!

コロナの影響で仕事がストップし、京都での仏画の勉強をしばらくお休みすることを決意して半年が経ちました。
京都に行けない間、私自身に課したこと、

「戻る時には、以前の自分より上達していること。」
そんな思いを秘めて、描き続けております。

コロナで、家に閉じこもる日々が続く三月。まずは、梵天、帝釈天の下絵作りから始まりました。
絹本に写して彩色。描き終えたら、裏打ちして完成。
Blog_20201027210101
五角形の絵に会う額縁は、ご縁あって知り合った木工職人さんにお願いしました。

催事を終えた7月、弁才天立像を描き始めました。
Blog
昨日、完成しました。
八本の手に武器を持ち、一点を見つめる視線。
この武器は、決して人を痛めつけるものではなく、自分の中にある強い意志の表れのように感じます。
この弁天さんの持物を眺めていると、授業で習った「僧那僧涅(そうなそうね)」という仏教の言葉を思い出しました。
甲冑で身を荘厳する。心に鎧をまとう。というような意味合いでしょうか。


最後に描いた波濤は、以前、浜田港に立ち寄った際、強風にあおられながら観察した荒波を思い出して、フリーハンドで一気に描きました。
 Photo_20201027201801
Photo_20201027205301
この岩と波をイメージしました。高く上がった波しぶきがかっこよいです!


作品展のテーマを海と決めてから、いろいろな海を眺めました。
一番多く眺めたのは、やっぱり広島から眺める瀬戸内海!その中でも、五日市の海辺にかかる橋から眺める海が、今お気に入りです。
玄界灘、関門海峡、大島、浜田、稲田の浜…
それぞれの海に、それぞれの波模様があって、眺めているとワクワクします。


|

« 波濤を越えて | トップページ | 帯留めをアップしております! »

仏教」カテゴリの記事

仏画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 波濤を越えて | トップページ | 帯留めをアップしております! »