« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

サボテンな一年🌵

今年は、魚捌きに続き、サボテン三昧な一年でした。

「海の近くの広い場所に移住して、とんがり植物でいっぱいのHANA'Sガーデン&アトリエを作りたい。」
という夢のまた夢(!)を抱いております。。(笑)

全然現実味のない話にも関わらず…
とりあえず行動しないと夢はかなわないので、未来のサボテンガーデンをイメージングして、アトリエで苗を育てています。

HANA'Sガーデンでは、私の好きな種類を!
ウチワサボテン、金鯱、竜神木などのサボテン類
Photo_20210103195902 金鯱の赤ちゃん
アメリカーナ、ベネズエラ、パリー、フェロックスなどのアガベたち
Img_32941 フェロックスの赤ちゃん
ドラコ(竜血樹)などのドラセナ類、アツバキミガヨランやユッカエレファンティぺスなどのユッカ類
そして、アロエとソテツも!
もれなく尖がってます…(笑)

最近、ガーデンの夢を、身内や友達にお話するようになりましたところ、いろいろなところからサボテンが届くように。
以前ご紹介した「舟入のサボテン先輩」からご連絡あり。新たなサボテンを頂きました。
そして、地元吉島にも、「サボテン先輩」がおられました!!
私がサボテン好きと知り、アガベアメリカーナとウチワサボテンを譲ってくださいました。
Photo_20210103195801
舟入のサボテンも、吉島のアガベも地植えなので厳ついです!
 Img_3141
カオス!!(笑)

吉島のサボテン先輩が中学生の時に、お友達から譲ってもらったものだそうです。(先輩は私の親世代です)
このサボテンを持って、大阪から広島に嫁がれ、現在は、ウチワサボテンに囲まれたお家に住まわれています。
サボテンから人の歴史を感じて、大切に育てないとなぁと思ったのでした。

Photo_20210103195901 
この子たちは、ガーデンのメイン候補たち。
仕事の休憩中、テラスに出て、この子たちを眺めながらお茶するのが幸せなひと時。
植物たちは酸素を放出してくれているけど、一緒に良い気も放出してくれていると思う。

育てるだけでは飽き足らず、食用サボテン「ノパル」でお料理も。
Photo_20210103195903  サボテン産地、愛知県春日井市の「春日井ノパル」です。

Photo_20210103195905 
茹でて、ピクルスにしたり、中華風和え物にしたり…ねばねばっとして、少し酸味があって美味しいですよ!
Img_33861  Photo_20210103195904

Img_30751
アトリエで育ててる「HANAノパル」も、今年は食べれるかな?

| | コメント (0)

魚な一年(゜))<<

新たなライフワーク二つ目は、魚捌きからの魚料理。私の元にお魚が沢山やってきたのです。
元々、お刺身や握り寿司が大好物ですので、魚ライフは幸せな日々となりました。

捌く作業はとても楽しくて、ストレス解消となりました!魚が大きければ大きいほどに…(笑)
ということで、最近の魚料理をちょこっとだけご紹介します。

よく行くスーパーで、未処理特価の真アジ(40㎝)200円くらいで見つけ、買ってかえりました。

 Photo_20210102071201
友人から、みりん干しが食べたいとリクエストを頂いたので、実験がてら挑戦してみました!
特製たれに漬け込み、一日干して完成。
Img_30911 
上品な味わいで、大袈裟ですが…「ご贈答用ですか?」という奇跡の仕上がりとなりましたが、要研究。
魚一家の中で育った友人は、魚料理に関して非常に舌が肥えているので、もう少し上達したらお土産に持っていきたいと思います!(笑)
干物やオイル漬けなど保存食を作る作業にも興味を持っております。
来年は、いとこが開催している干物をアレンジする料理教室に参加したいと思っております!

そして、子供の頃からお世話になっている床屋さん(髪は切ってもらってないですが!)からの差し入れ。浜田のアジとサバ。
Img_3424
小さい魚を、チャッチャカ捌くのも楽しい。
こちらはシンプル料理に。アジは、薬味たっぷりのお刺身。サバはハーブソルト風味揚げにしました。

Img_3428 Img_3431
一気に完食となりました。

そして、最後はハマチ!
Photo_20210102073501
いつもお世話になっている船長さんより!
偶然にも、作家人生を記念する日に届けてくださいました。そんなこと知らないにもかかわらず、毎度のことながらタイミング良すぎて。
「ブリじゃないけど…」とおっしゃっておられましたが、私にとって作家人生の節目の日ではあったものの、まだまだこれからなので、ブリでお祝いするよりも、ハマチの方が私に合ってると思いました!ハマチ料理でお祝い出来ました。心より感謝です!
Photo_20210102073502私が捌いている姿。。(笑)

まずは、大根と一緒に炊いて。
Img_32901

半身は、ハマチしゃぶしゃぶに。
59df93cbf33e43a1b7d62cbb546e3feb  

魚系ユーチューバーかねこさんの影響を受け、しゃぶしゃぶしたハマチでえのきと長ネギを巻いて食べるスタイルにしました。
えのきの歯ごたえがアクセントになって、とっても美味しい食べ方でした!
29842125bbd94ab087ea3cd39bb1a9a9
残りは、お正月のおせち、照り焼きにします!
友人知人に魚料理をふるまえるくらいに上達したいです!

そして来年は…
船長が愛用されていた投げ釣り用具一式を譲り受けましたので、私が釣ってみようと思います!
Img_29651_20210102080501
長ーい虫を針につける度に、寿命が縮まる思いですが…(汗)

新たなことに挑戦すると刺激を受けて、日常がキラキラ輝きました。魚や釣り具を届けてくださった方々に感謝する一年でした!

| | コメント (0)

¡Feliz Navidad!

¡Feliz Navidad!

スペイン語で、「メリークリスマス!」の意味ですが…
私は、スペイン語をすっかり忘れてしまいました。。。汗

今年のクリスマスは、メキシコ風にしてみました!
といっても…
ただただタコスを作っただけの庶民的クリスマス。。
Photo_20201229002801
タコスを丸い形に伸ばすのが苦手です。。

Photo_20201229001903
ワカモレとサルサソースは定番。これにサボテンのピクルスを据えるつもりでしたが、サボテン間に合わず…残念。
Sagosi
以前、ご近所さんに頂いたサゴシをハーブオイル漬けにして保存していたので、ソテーにしました。
実験的に作っている魚のハーブオイル漬けですが、身がふっくらして、鮮度もまったく気にならず。保存に成功しました!!

Photo_20201229001901
トルティーヤとサゴシのハーモニーはサイコーでしたよ!

Photo_20201229001902    
こちらは、ビーフタコス。
Photo_20201229001904 

ひよこ豆のチリコンカン。
tex-mex
料理は、メキシコ料理ではないけど、雰囲気だけ。。

そして、クリスマスケーキは、メキシコの骸骨「カラベラ」をイメージして作りました。
Ad55dfc354c44b53b6c8a1503037e668

Photo_20201229003201
メキシコのお盆の様な日「死者の日」のキャラクター。
カラベラは、死と再生を象徴しているようで、私は大好きなキャラの一つです。
チョコのカラーペンの扱いが難しく、完成度の低いデコレーションとなりました…汗


コロナで忘年会は出来ないので、さみしいですが、お家でほっこりとクリスマスディナーも良いですね!

| | コメント (0)

戦隊ヒーローではございません!吉祥天様です!!

作品展の続きです。
メインイベント、ソプラノ歌手の田坂蘭子さんのコンサートです。

舞台に立たれる方のコスチュームジュエリーを制作するのは初挑戦でした。
私の描いた弁才天さんの仏画と対になるように、蘭子さんを吉祥天さんのイメージで荘厳しようと思いました。

ベルトのバックルは、毛利明子さん制作の七宝「龍」のインパクトが強く、それに私の装飾が付き、より一層強烈になりまして、
戦隊ヒーローモノのイメージとのご意見あり。(笑)
Img_2456_20201228122601

いわれてみれば、変身ベルトに見えてきた。。。(笑)

Photo_20201228115101
しかししかし、当日、蘭子さんの準備した衣装にジュエリーを合わせてみたら、想像以上にぴったり!拍手喝采!!
想像以上に吉祥天さんのイメージに仕上がり、感動しました。。

Photo_20201228115102 
冷える金堂の中で、素晴らしいコンサートでした。
途中、私が登場。ちょこっと作品説明させて頂きました。
Deaf3c94e3004c2dab3475305f04d392
今回描いた弁才天さんは、八本の腕に八つの武器を持っています。その中に宝剣があります。
蘭子さんは、それにちなんで、「つるぎの歌」という曲を選曲してくださいました。
これが、迫力満点!素晴らしかったです。。さすが、オペラの舞台に立たれてる方だなぁと感じました!日本歌曲、いいですねぇ~。
一緒に鑑賞した、教室の生徒さんやジュエリーの顧客様にも大好評でした。
無事にコンサートは終了しました。。
コロナが落ち着いたら、まだまだ面白い企画だ出来るのではないかとお話しております!
誰も思いつかない世界を作りたいと思っております。こうご期待!!

展示会場に戻ります。。
今回は、海の神様というテーマがありましたので、海の女神をイメージしております。トルソーを5体準備しました。
長ーい一枚布を、カット、縫製をすることなく、ドレスに見えるように巻き付けました。

Img_32331_20201227225801
ピンク色のドレスには、タイガーズアイのチョーカー「流水」に、蓮の帯留めをバックル風に。

Img_32311_20201227225801
白色のドレスには、パールの帯留め「渦潮」を、ベルトのバックル風に。
Photo_20201227225801
緑色のは、ドレスには、毛利明子さん作「金魚」の七宝に、私が制作した石枠「水草」を。

Img_2514_20201227225801 
ブラウンの女神様には、毛利さんの七宝「カワセミ」に、オスメニアのベルトを。


 

| | コメント (0)

不動院作品展2日目

作品展二日目は、少し寒さが和らぎました。
彫金作家でデビューして20年。仏画教室講師を初めて10年という節目の年でしたが、コロナの影響を受け、広島に引きこもり状態になりました。しかし、時間には余裕が持てたので、今までの活動を振返ったり、これからについて考える時間が出来ました。
今回は、作家デビュー前の、彫金を始めた頃に制作した作品を展示しました。
Photo_20201222221701
当時から、インドの神様や宗教美術が大好きでしたので、蓮の文様や、エキゾティック(?)な文様を使っています。志向は今と変わりません。
仏画も、大学で仏画に出会ってから半年くらいに、初めて描いたうんげん彩色を展示しました。こちらも、現在の色合わせに近く、仏画の原点を見るようです。
Photo_20201222224801
必死に何かを表現しようとしていますが、技術が全然追いついておらず…もどかしさが、作品から伝わります。。(笑)
でも、一つ一つ愛おしいです。
過去に描いた仏画も、一緒に展示したので、久しぶりに眺める作品がほとんど。
Photo_20201222222001

仏画塗り絵ワークショップ2日目は、散歩がてらに立ち寄られた少年4人組が挑戦してくれました。
Photo_20201222221702
お昼時だったので、少年たちは空腹に耐えながらの制作となりました。

Photo_20201222225101二刀流現る!

Photo_20201222223702
頭光の色が斬新ですね!

Photo_20201222223703
 そして、こちら! 奈良の大仏をイメージして塗ったそうです。金一色ではなく、何色かを混ぜて塗ってるところがポイントだそうです。
枠を悠々と越えていく色の塗り方に、大変刺激を受けました!

Photo_20201222225701
こちらは、お忙しい中、駆けつけてくださった、かるがもキッチンスタジオ瀬川先生!笑顔が素敵な方です。
Photo_20201222225702 
色塗りが繊細ですね!美しい薬師如来完成。
Photo_20201222230101
そして、最後は記念撮影。瀬川先生(左)と私、オープニングから10年、教室に通ってくださっている生徒さん(右)です。2日間お手伝いしてくださいました!
生徒さんから、私の頭と弁天さんの頭のお団子ヘアが合体しているとご連絡あり。。
弁天さんと私のコラボ完成。。(笑)

まだまだ続く…

 

| | コメント (0)

作品展とコンサート1日目

作品展「海神~わたつみ~」が、無事に始まりました。

大変寒い一日となりましたが、来場してくださった皆様には、心より感謝申し上げます。
Img_3203 
エントランスのお花が、芸術的で素晴らしかったです。

入口では、コロナ対策のため、手指消毒などご協力いただきました。
今回の新作、弁才天立像、梵天、帝釈天、そして、田坂蘭子さんコンサートのコスチュームジュエリーを飾ったトルソーがお出迎え致します。

Img_3206

 

Img_3218
仏画塗り絵ワークショップ(薬師如来、不動明王)
金堂を目の前に、楽しく塗り絵を体験して頂きました!

そして、田坂蘭子さんのコンサート。
Photo_20201219231801
仏さまの様な衣装にコスチュームジュエリーと生命の樹かんざしがぴったりマッチ!フィッティングの時点から、着こなしてくださると感じていたのですが、ここまで着こなしてくださるとは!感動。感動。。

蘭子さんの歌声を聞いていると、準備に熱中して疲れ気味だった脳から、何かフワ〜っと放出されたような(アルファー波みたいな?)最後の曲の時には、何だか気持ちよくなっていました…(笑)

 

明日も10時~オープンです。
コンサートは、2時より開演です。
コロナ禍で、大変な時期ではありますが、換気、消毒など、の対策を万全に、皆さまをお待ちいたしております。

| | コメント (0)

毛利明子七宝ワークショップ中止のお知らせ

毛利明子七宝ワークショップ中止のお知らせ

12月19日、開催を予定しておりました「毛利明子七宝ワークショップ」は、本人都合により、急きょ中止させて頂くことになりました。

楽しみにしてくださっていた皆様には、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

彫金彩絵箱「龍」

日々、おなじみのコースウォーキングしております!
Ebaumi
天満川~瀬戸内海から眺める弥山!清々しい景色です。感動。。

Ebaumi2
 こちらは龍光院本堂から眺める瀬戸内海。「あのマンションがなかったら、もっといい景色なのに・・・}っていうのは野暮ですよね。。
似島、江田島、そして、わがふるさと吉島もくっきり!


今日は寒波で冷え込みましたが、江波はいいお天気。弥山がすっきりはっきり見えました!
伝承によると、唐から帰られた空海さん(弘法大師)が宮島に立ち寄られた際、山の形が須弥山に似ているところから、「弥山」と名付けられたといわれております。
江波のアトリエからも、弥山を眺めることがちょっとした自慢です。。(笑)

コロナ前、ちょうど京都で「須弥山思想」について勉強していたこともあり、須弥山にとても興味を持っています。
この宇宙を、仏教的に言うと、「三千大千世界」といわれます。


こちらの彫金彩絵箱は、須弥山の山の麓、海に浮かぶ4つの島「四大洲」と太陽と月を描きました。

Photo_20201215002001

四大洲の南側の島、閻浮提洲(えんぶだいしゅう)に、人間が住んでいるといわれます。

月と太陽は四大洲の上空を通過するそうです。

須弥山の下の方に、二頭の龍が巻き付いているということなので、蓋に龍を描きました。
龍の持物は、彫金で制作した宝珠です。
蓋の四隅にも、彫金金具を施しました。

 

| | コメント (0)

作品展について(12月19、20日)

広島市内で新型コロナ感染者数が急増しております。

作品展の開催について、十分検討したうえで、現時点では、展示、コンサート、ワークショップは予定通り開催することになりました。
当日は充分に注意を払いつつ、運営していきたいと思っております。

多くの方に見に来ていただきたいと、6月から準備に励んでまいりましたが、
このような状況ですので、くれぐれもご無理のないように。

日に日に状況が変わっておりますので、急きょ、イベント内容が変更となる場合がございます。
その際は、ブログ、インスタグラムなどで、迅速にお知らせいたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


イベント出展、仏画ワークショップ情報

 

| | コメント (0)

サボテン先輩がやってきた!

私の夢の一つに、「サボテンとアガベが地植えされているドライガーデンのあるお家に住むこと。」があります。
そのサボテンガーデンで、心通う仲間とメキシカンBBQ(メキシカン??)をしたい。。という夢もあります。(笑)
現在、アトリエで育てているサボテンとアガベたちは、その夢実現のための苗なのです。

その妄想ガーデンの源になったのは…

Img_2439
巨大ウチワサボテン!
私のテリトリーといいますか、アトリエ、地元、母校付近、
マンションビル、お店の立ち並ぶエリアの一角に畑がぽつんとあり、突如、メキシコの風景が現れます!
年季の入った幹は木質化しており、ワイルド系。長年、ごっつい葉を茂らせ、毎年、赤い実が沢山実ります。
いつも、このサボテンから強力な生命力を感じて、元気になります。
私は、サボテン先輩と呼びたいです!
Img_2441_20201206112301
長年、こちらで成長し続けているサボテン先輩に恋し続けておりますが、この畑の所有者さんにはお会いしたことがないのです。
私の片思い(笑)は、友人の間では結構有名な話となっておりまして…数日前も、向かい側にあるファミレスで、友達とサボテン先輩を眺めながら熱く語ったところでした。
自宅には日本の植物しか植えないポリシーを持っている友人ですが、今回、サボテン先輩を見て、来春、ウチワサボテンを庭に地植えしたいと言っておりました。

それから3日後、
サボテン先輩の隣のお店に買い物に訪れた時、遠くに畑を耕す男性発見!!
畑の所有者さんでした。
めちゃめちゃ恥ずかしかったのですが…勇気を振り絞り、声をかけさせていただきました。
所有者さんは、さわやかな足取りで駆け寄ってくださり、私のことを怪しむ気配もなく(笑)気さくで朗らか。たくさん話をしてくださいました。
Img_2445  
とってーも優しい笑顔は、仏さんのようで、気持ちよく葉っぱを譲ってくださいました。
貸せていただいた鎌で、サボテンの葉を一枝落とし、落ち葉を二枚。実を2ついただきました。
3dbd8ccf0f094cfca054d0e9f5dff5f7 
葉は想像以上にずっしり重くてびっくり!手にとげが刺さりまくりましたが、憧れのサボテンを手にして感動。。痛さは吹っ飛びます。

8b03a786bb3a46b3a99c07267fd79703 
atelierに戻り、鉢にさしました。
うちのサボテンと比べても、大きさは歴然としておりますね!
優しい所有者さんに心より感謝し、サボテン先輩の分身を大事に育てたいと思います。

| | コメント (0)

龍と出会う

作品展「海神~わたつみ~」が近づいてまいりました!
12月19日、20日 広島市東区 不動院
http://hanahulot.cocolog-nifty.com/blog/event.html

毛利明子さんと制作を進めておりました、七宝×彫金コラボレーション作品「龍」が完成致しました。
毎年年末に、コラボ作品をポストカードにするのも恒例行事となっておりますので、
作品撮影をしてまいりました!

「水」にちなんだ作品ですので、浜辺で撮影しております!
Img_30181
平日の午前中は、ほぼ貸し切り状態の、瀬戸内海某所浜辺。
ですが…すでに、地元の散歩客の皆さんの足跡がびっちりついていまして、なかなかいい場所がない。。汗

Img_2270
なんか違う…

波打ち際は…
Img_2315
ありゃりゃ~、水没。。。(笑)毛利さん、ごめ~んっ!!!

どこもかしこも微妙な感じで、イマイチ決まず。。
困ったなぁ。。。と、砂浜をずっと歩き続けていたら、

遠方に、何かを発見!!
Img_2410
近づいてみたら、龍神さんを思わす、大きな流木が打ち寄せられていました。

龍の七宝作品を乗せて撮影開始!
Img_2403  
やっとワクワク感が込み上げてきました!

最後の最後で、龍と龍が出会った!!
龍神さんが出会わせてくれたかな?

何とかポストカードの撮影は無事に終了。。
毎年、毛利さんに来年の年賀状としてプレゼントしているので、へんちくりんな写真ではだめなのです!!
私なりにうまく撮れたかな?

| | コメント (0)

弁才天の額縁が来ました!

弁才天立像の裏打ち作業が無事終わり、アトリエに戻ってきました。
梵天と帝釈天の屋根付き額縁を制作して頂いたBean.sさんに、今回もお願いしました。

Bean.sさんの作品で、ナラ材の仏壇があります。いわゆる「仏壇」の抹香臭ささはなく(笑)、
現代風で、扉や側面には、作家さんの制作した蓮華のステンドグラスがはまっています。このステンドグラスがとてもかわいいのです!
その仏壇を、ネット上で見た時に、いつかBean.sさんにお願いしたいなぁと思っておりました。
今回は、ナラ材を使って自立する額縁を作っていただきました。

そして、額縁が完成し、アトリエに納品して頂きました!
Img_30041
そして、木目に虎の毛並みの様な模様が見られました。
この木目を虎斑(とらふ)呼ぶそうです。あえて、この部分を使って、家具やギターを作ったりするそうです。
Img_3006
自然が作った装飾美のようで、私も好きです。
シンプルなデザインは可愛らしさがありますが、その中に渋さがあり、大変気に入りました!!

三尺幅の絵絹に描いた弁天さんは、うちにある仏画の中で一番大きいです。
はじめは軸装にする予定でしたが、将来、描き表装にする構想が湧いてきて、今回は裏打ちだけすることになりました。
でも、Bean.sさんの額縁に収まると、これが完成形であると感じました。
それと、これが軸になると、うちの床の間にはおさまらなかったかもです。。(笑)
今のアトリエの仏間は狭くて、この額を置くと、ギューギュー詰め状態になってしまいますが…
未来のHANA’S GARDEN & atelierには、この弁才天さんを、どかんっ!と置けるのだと妄想しております!

この額は、12月19日、20日の不動院での作品展でお披露目致します!
よろしければ、見にいらしてください。
http://hanahulot.cocolog-nifty.com/blog/event.html



| | コメント (0)

12月のちゅーピーカレッジ仏画教室

12月です!
1日は、今年最後の一日詣りをしてきました。今年は、ほぼ毎月1日詣りが出来ました!(7月だけ「2日参り」になってしまったけど…汗)

いつもきれいな衣羽神社です。
Img_29901
ウォーキングも一日詣りも、よく続いたなぁ。。

Img_2986
お隣の龍光院さんも、必ず立ち寄るお寺さんです。

Img_29771
そして、弥山を眺める。

一日詣りをすることが、心のけじめがとなって、新たな気持ちで一か月をスタートさせることが出来ました!
体がみるみる浄化されていくような感覚になりました!


そして翌日は、今年最後の、ちゅーピークレド仏画教室が開講されました。

今年は、コロナ禍で5月6月と休講となりました。
その時点では、新型コロナで、世の中でどんなことになるのか全く見当がつかず、このまま教室がなくなることも考えておりました。。
しかし、ありがたいことに7月から教室が再開し、以前より、出席率が高くなり、教室の空気が盛り上がってきております。
今回も、全員参加でした!うれしい限りです。

今回は、見学者の方が参加されたりして、教室のいたるところで会話が生まれて、いつも以上に和やかな雰囲気でした。

このような場面を見ると、嬉しくなります。。
新年から、見学者の方も、教室のメンバーとなられます。

Img_29971
今回から、紺紙金泥画の大日如来座像に挑戦される方がおられます。
まずは筆で下絵を写すという慎重派ですね!
私が、中国新聞文化センターに初めて教室をもたせていただいた時、当時まだ不定期開催だったころからの生徒さんです。当時から、繊細で丁寧な線を描かれる方。いよいよ作品制作に入られるということで、またまた、私は感動しております。。。
慎重かつ丁寧な金泥画を描かれるはず!頑張ってください!!


Img_29991
こちらは、うんげん彩色の「散華」に挑戦されているお二人の作品経過です。
同じテキストの中から選んでいただいたのですが、色選び、色の塗り方など、それぞれに個性があるので、全く違う作品を描いているようです。
このお二人も、来年が楽しみです。

この教室の生徒さんは、入会当初は、お澄ましさんですが(笑)だんだん教室になじんできて、個性があふれ出します。

皆さん、一見大人しそうですが、実はパワフルで、キャラが立っていてる方が多いです!
実は、私も元気なストロング系です。。(笑)

それぞれの個性を認め合える場所であれたらと思います。
来年は、今年以上に「仏画」を通じて、皆さんがつながり合える「平和な教室」を運営していきたいと思っております。



| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »