« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

【オーダーメイド】ラピスラズリリング「エイ 邂逅」

あっという間に5月が終わりました。月末の朝は、チャリンコで銀行を周ることから始まります!
愛車MARINちゃんで意気揚々と出かけようとしたら、母が「今日は自転車気を付けて!!新聞の占いに書いてあるよー!」と。
新聞の占いに、6月生まれ「かなり危ない思いをするが、けがをせずに済む。」とあった。。
「不吉なことを言わんでちょうだい!!」と、無視して出発。

支払い終わってスッキリ。駐輪場に向かうと、MARINちゃん撃沈。タイヤがパンクしておりました。
「誰じゃーーーーっっ?????」と、一瞬、周囲の人を疑い、テンション下がりまくりで、MARINちゃんを購入した自転車屋さんに直行。
スタッフさんにタイヤを診てもらったところ、原因は、空気が入ってない状態で、段差を思いっきり走るから。私の仕業でした。。
スタッフさんに手厚いメンテナンスをしていただき感謝!定期的に通います。。

「危ない思いはするが、けがはしない。。」(;^_^A
人を疑ってごめんなさい。まだまだ仏の心が足りませんね。修行は死ぬまで続きます。。合掌…(汗)

朝から、何だかんだ騒いでいたら、オーダーメイドのお客様よりメールを頂いておりました!
こちらがオーダーメイド ラピスラズリリング「エイ」です。

Img_3184
つがいのエイが出会う。というテーマです。
以前制作したラピスラズリのリング「赤エイ 邂逅」 を気に入ってくださり、カスタムチェンジして制作させて頂きました。

邂逅とは…
「思いがけず出会う」
「偶然の出会い」
「めぐりあい」

Img_3180
リング幅は、前面から背面に向かって細くなっております。
元のリングは、透かし部分が多かったので、軽やかな印象がありますが、こちらは重厚感ある印象。
エイを象徴する部分には、ローズカットのラピスラズリを配置しております。

Img_5777
裏側には、海、水の流れをイメージした渦巻き模様を装飾しております。

コロナの影響で、国際宝飾展など県外への仕入れを延期しており、石探しに難航しました。
途中、制作をストップして、お客様には大変ご迷惑をおかけしました。
しかし、最後の最後で想像以上のルースがやってきてくれて感動しました。粘った甲斐がありました。

お客様にリングをお届けしたところ、気に入って頂けたとのこと。勝山作品らしい。と言っていただけました!
仕事が完了し、心からほっとしました。大変嬉しいです!
作家活動をしている皆さん(そうでない方も!)、活動場所が制限されており、綱渡り状態で生活しています。
そんな厳しい中、良き理解者であるお客様との出会いは、私にとって「邂逅」であると思っております。
本当にいつもありがとうございます。心より感謝申し上げます。

| | コメント (0)

オンラインショップを更新しました。

今日は、雨が降らなかったので、久しぶりに、愛車MARINでサイクリング。新車に慣れてきました!
気温もちょうどよく、海風も適度に吹いていて、気持ちよかったので、気づいたら15キロほど走行しておりました。。あれーっ??
観音マリーナのインド雑貨店でお香を買いたかっただけなのに…(笑)
ちょこっとビーチで休憩。近場では、ここのビーチが一番宮島が良く見える場所なので好きです。急いでアトリエに帰りました!(;^_^A
Photo_20210528193501

Photo_20210528193801
中止となった木下サーカスとPCR検査場とワクチン接種会場が同居している場所。。
サーカス小屋って哀愁を感じるんです。。なんだか寂し気です。。



オンラインショップにペンダントを三点アップいたしました。

シルバージュエリーHANAオンラインショップ (ocnk.net)
HANA (勝山英恵)ichi (クレジットカード決済可能)

 

チベタンターコイズのペンダント「瑞雲」

Img_0432
一般的なターコイズブルーより緑がかっているチベット産のターコイズです。個性的な模様が入っております。
ターコイズは、インディアンジュエリーのイメージが強いですが、落ち着いた色味ですので、上品で大人な印象。

チェーンを通すバチカンは、瑞雲がモチーフとなっております。
瑞雲とは、おめでたいことが起る前兆に、空にたなびく雲の事です。

チェーンは60㎝にアジャスター(5センチ)付き

ムーンストーン「月見の蓮」ペンダント
Img_3211
HANAの人気デザイン、月見の蓮。
ムーンストーンの満月を蓮の花が見上げるような様子をデザインした透かしのペンダントです。

同デザインのリングもございます。https://www.iichi.com/listing/item/1093163

Img_3212
欠けるところのない満月は、仏様の心にたとえられることがあります。
月は、暗闇の新月から、少しずつ満ちてゆき、満月となります。
私たち人間も、日々の積み重ねによって、少しでも仏さんの心に近づけたらよいですね!

ペンダントトップは40×25ミリ。透かし模様なので、軽やかで着け心地が良いです。
パーツ一つから手作業で制作している一点ものです。


蓮の定番ペンダント②
Img_3194

おそろいのピアス(イヤリング)もございます。
定番シリーズは、量産をしておりますので、お求めやすい価格でご提供しております。
普段使いにピッタリなサイズ感です。

よろしければ、ご覧ください!

| | コメント (0)

カツオの燻製

梅雨とコロナで屋外活動が思い通りになりませんが、魚活動は楽しく続行中!
最近、カツオと大アジが安くて、美味しいです!!このシーズン、どちらも何度も料理していただきました!

体長50㎝はあるこのカツオは、一尾398円也。
Img_56091

Photo_20210527081801Img_56231
この大アジ、写真では小さく見えますが、体長40㎝あってぷっくり体形。脂が乗っていたので、少しお刺身にして、後は味醂干し。Img_56271
いろんな魚を味醂干しにしています。特製みりんダレの調合が、自分の中である程度固まってきており、味も安定してきました!
後は、どこの調味料を使うかで、変わりますね!

カツオは、たたきと燻製に。
Img_56181
私はカツオのたたきが大好物。。

こちらは燻製。
  Img_56311
捌いた後、魚特有の臭みを取り除き、ニンニク、ショウガ、出雲の藤井醤油店さんのさしみしょうゆの入った特製タレに漬け込んで下味をつけて、燻しました!レア感が少し残った感じに仕上げたく、いつもより長めにいぶしました。

友達がアトリエに寄ってくれたので、カツオ燻製とサボテンピクルスのプレートを試食をしてもらいました。
Img_5733
釣吉一家に育った友達は、普段イキの良い魚しか食べていないので、口が肥えておりドキドキしてしまいますが、
味のわかる人に判断してもらいたいのです。
友達の感想は「魚の臭みは残ってないが、カツオの味はしっかり残っている。美味しい!」とのこと!うれしいです。。
決して無理やり言わせておりません!!(笑)


こちらは、生のサボテンとカツオの燻製ピザ。
Img_56641
生地に難ありですが、、、カツオとチーズとトマトソースのハーモニーが美味しかった!
タコスにしても良いなぁ~と思っていたら、近所のカフェで、すでに商品化されておりました。。(笑)

Img_56531


梅雨に入り、ウォーキングもサイクリングも釣りも山登りも行けないので、体がウズウズしており、テラスに出る時間が長くなっております。。
この時期を使って、テラスの床に散らかした園芸道具を整理。植木鉢を移動させて、テラスを広々とさせてみたり…逆に、体がクタクタになっています(笑)
テラス仕事がひと段落すると、テントの下でお茶してリラックスタイム。 このアトリエのお気に入りポイントは、この広いのテラス!
夏の良い季節になったら、燻製魚とピクルスの居酒屋「英恵」として、なんちゃってビアガーデンをするのが夢です!

 

| | コメント (0)

シルバー+真鍮+パールのかんざし「鵬~ほう~」

今年は、季節の移り変わりが少し早いので、アトリエの南高梅の収穫も少し早めにしました。

 3844fffaad834e23950e7625f0809ee8 074fce996ade412d8a82651660f40d31

食べ物を育てるのが苦手な私ですが、今年はお料理に使える植物を育てることが再燃!
梅の実の成長も楽しく眺めました。
7bf788e48b6a4714963cecd1fe6b50a2

今年は35粒。7キロほど。

Img_5727
これは昨年の梅の実20粒。1年間、ホワイトリカーに漬けたまま。。まだ飲んでいません!
少しだけ収穫量が増えました。ほったらかしの梅ですが、収穫は何かのご褒美の様で嬉しかったです!
今年は梅シロップ漬けにしようと思います!


先日ご紹介しました、『荘子』の大鵬の志をテーマにしたかんざし「鯤~こん~」の対となるかんざし「鵬~ほう~」が完成ました。

シルバー+真鍮+パールのかんざし「鯤~こん~」

シルバー、真鍮、パールのかんざし「鵬~ほう~」
Photo_20210526231501
真鍮板を切り抜き、翼の形を作り、その中にシルバー線の渦巻き模様で装飾。
アクセントとして、所々にパールを施しました。

私の作るかんざしは、二本足が多いです。髪の長い方にも、短い方にも使ってもらえるからです。
しかし、一本足のかんざしは、ある程度長い髪の方には大変使いやすいです。
2_20210526231501

デザインによって、一本足の方が確実にフィットすることがあります。
今回の2本のかんざしは、間違いなく一本足に合うデザインだと思いました!


| | コメント (0)

シルバー+真鍮+パールのかんざし「鯤~こん~」

週末は、ひさしぶりにマツダスタジアムで阪神戦を観戦する予定でしたが、試合中止・・・
特にキャッチャー好きというわけではありませんが…カープの中村選手と阪神の矢野監督(かんとく?!)を眺めたかった。。残念です。
感染されたカープの選手、関係者の方々が、少しでも早く回復されることをお祈りしています。

ということで、予定変更。
アトリエにて、作品制作しました!

昨年から引き続き、「海神」をテーマにした作品を制作していこうと思っています。

Photo_20210524083801

シルバー、真鍮、淡水パールのかんざしです。
魚の尾をイメージした形状。
大きな魚「鯤 こん」と名づけました。

こちらのかんざしは二本一対の作品で、もう一方は、大きな鳥をイメージした「鵬 ほう」。こちらは、本日完成予定です!
『荘子』の「大鵬の志」からヒントを得ました。

ちなみに、「大鵬の志」を簡単にご説明すると…
北の果ての海に、鯤(コン)という一匹の大きな大きな魚がいました。
その大きさは何千里あるか分からないくらい大きいのです。

ある日、鯤は大鵬という、これまた大きな大きな鳥に化けました。この大鵬の大きさも、何千里あるか分からないくらい大きいのです。

大鵬は、一度はばたけば、三千里を飛び、上に向かって飛び上がれば、一気に九万里上昇する。
大鵬は、九万里の高い空から、南の海まで飛んで行こうとしていました。

そんな大鵬を、地上では小さな鳥たちが、笑って批評をしています。
「私たちは、一度飛び上がったところで、木の枝一本に留まるのがせいぜい。大鵬は、九万里の高いところで、北の海から南の海へ飛ぶと言っている。大鵬も馬鹿げた事を言うもんだなぁ・・・」

そして、荘子は言いました、
「小さい鳥たちは、大鵬の気持ちがわからない。小さいものには、小さな考えしか持たない。大きなものになってはじめて大きな心が解る。」というお話です。

 

| | コメント (0)

5月のクレド仏画教室

広島県に非常事態宣言が発令されました。
週末は、街中の大型店舗は休業。。飲食店にも休業要請が出されました。胸が痛いです。。
今、肋骨の調子が思わしくなく、出展は自粛中ですが、 5月19日から、市内百貨店での出展のお話があったので、他人事とは思えません。。
一刻も早くコロナが終息して、商売をされている皆様に、いつもの生活が戻りますように…

そんな中、中国新聞文化センタークレド教室は、土日の教室以外は通常通り開講いたしました。
お休みされる方はいつもより多めでしたが、出席者は元気いっぱい!皆さん。健康そのもので、良かった。。うれしいです!

人数が少なかったので、1人ずつ、いつもより長めにじっくり見ることが出来ました!


暈繝彩色の散華が最終段階です。
散華の枠を、 暈繝彩色に。最後まで、手を抜かず感心しております!!
Img_55921
赤口本朱が発色が良いです!!
完成が楽しみです
来月は、皆さんと元気にお会い出来ますように!


夕方、アトリエに戻り、ジュエリーのお客様をお迎えしました。

お財布を新調されたとのこと、根付をお求め頂きました!

2_20210522070401

Photo_20210522070201
玄関で大きく育った黒法師にご興味を持ってくださったので、子株をプレゼントしました。
そして、ウチワサボテンにもご興味ありとのことでしたので、食用ウチワサボテンで作ったピクルスを試食して頂きました。
E27e5cc326414a35b8aba685ccc6636d
05c814c3d65f414c97d1df431c8dadbf
りんご酢、水、砂糖、塩、家のハーブなどを目分量で混ぜた自己流ピクルス液。。
試作段階で、味に自信がありませんでしたが、完食され、美味しいとご感想いただけました!
サボテン以外に、パプリカ、新玉ねぎ、ひよこ豆、空豆なども作ってみました。

Img_5524

ピクルスをつつきながら、将来の夢、サボテンガーデンについてもお話しました!
お客様のお宅のお庭にも、ウチワサボテンの生垣を作ってみたいとの事。その時には、アトリエのウチワサボテンの一部をお譲りしようと思っております!


| | コメント (0)

アトリエで仏画教室

仏画教室の生徒さんの不動明王の淡彩色画が、完成まであと一息となりました。
身内の方の新築祝いということ。ラストスパートをかけて頂きたく、アトリエで補講を開催しました!

Img_5474

補講、完成としても支障ない作品ではありましたが、最後まで妥協せず、描き切ることになりました!

衣に文様を入れたり、線起こしをしたり、ポイントに金泥を入れたりと、細かいところまで描き加えると、
最初は、淡彩色らしい、優しい不動さんだったのが、浮かび上がってきました。
心がこもった不動さんが完成し、丁寧に額装しました!気に入ってもらえるといいですね。
Img_55611 

今日は、アトリエに、教室の生徒さんがもう一方お立ち寄りくださいました。ありがたいですね。
今回のように、生徒さんにアトリエを活用してもらえることは大変嬉しいです!
しかし…
息切れするほど急過ぎる階段と、型番が古過ぎて誰も修理できない鍵(汗)が、正直怖いです。高齢者には特に危険です。
お客様の99%に、「しんどい」、「怖い」とご感想いただきます。。
車いすの方はお越しいただけません。。いまさらながら、バリアフリーって重要なんだと感じます。

広島でも、緊急事態宣言が発令されました。今まで通りには生きていけません。
真剣に、仕事のあり方を考える日々です。




| | コメント (0)

ウチのウチワサボテン

 

うちのサボテンの成長スイッチが入ったようです!

サボテン愛好家さんが、丹精込めて栽培されたサボテンは尊く、素晴らしいのですが、私は傷だらけでも、ビッグにワイルドに育っているサボテンに心惹かれます!特に、ウチワサボテンと柱サボテンは、サボテンの2TOPです!

こちらでもご紹介した舟入のビッグサボテン(通称、サボテン先輩)から、うちに嫁入した子たちは、一時、危険な状態になりましたが、4月あたりから元気に根を張り、5月に入って新芽を出しました!

Img_5545

ウチワの大きさ40㎝くらいあります。

Img_5548 

 

 

新芽が出てきました!

 

Img_55521この子も舟入の子。ほかの子たちは実家におります。

 

Img_5549 

にょきにょき新芽を出している子は、広島市佐伯区出身。下にデーンっと寝そべっている子は地元吉島の知人宅から。まだまだあります…

私が鉢を移動するたびに、先のウチワがもげて、もげたウチワから根っこが出て、また根付いて…破壊と再生を繰り返す、エンドレスウチワサボテン…です。。汗

 

こちらは食べれますよ!

 

Img_55571 Img_55591

とげのない、バーバンク種です。こちらも、小さな苗や挿し木から育てています。新芽が出始めましたが、まだ食べるまでにはいきません。。

 

未来のアトリエ「HANA'S GARDEN」は、エントランスに柱サボテン。

そして、アガベ、ユッカ、ドラセナの庭があり、ウチワサボテンの生垣を。食用サボテン「ノパル」の畑もあって。

そして、ベランダから地上に向かって、サンシェイドとしてドラゴンフルーツを育てたい。

年齢性別国籍職種学歴、結婚してるしてない、子供いるいない…皆さんそれぞれ、いろーんな立場で生きています。
中には、「枠」に入りきらず、ちょっと生きにくいなぁ~と感じている人もいたりします。
人生いろいろですが…枠を超えて、人々が集い、心豊かになって帰ってもらえるガーデンが出来たらいいなぁと思っています。
庭造りやガーデンセラピーにも興味を持ち始めたところです。
イメージングの世界は、限りなく広がります!

今、海外には行けませんので、日々Instagramで世界各国のビッグサボテンを眺めて癒されています。

その中でも、私の中のNO.1ガーデンは、Jardin Majorelle マジョレル庭園。モロッコのマラケシュにあります!
Jardin Majorelle(@jardinmajorellemarrakech)

大好きなサボテン、アガベに大好きなブルーの建築物が融合したお庭。一目ぼれしました。

こちらは1947年、ジャック・マジョエル氏というフランス人画家が、世界中の植物を集めて造り上げた美しい庭で、
イヴサンローランも、このお庭を愛し、のちに別荘としたそうです。

コロナが終息したら、日本から飛び出して、世界を見てみたいです!その中の一つに、マジョレル庭園があります。

 

| | コメント (0)

白珊瑚のかんざし「龍華樹」

週間天気予報を眺めてみると、ほぼ雨マーク…
あばら骨あたりがズキズキ痛むはずだ。もう梅雨でしょうか?
梅雨生まれの私ですが、じめじめっと湿気の多い気候は合わないらしく、テンション低めになってしまいます。。
どんなに暑くても、冴えわたる空とギラギラ太陽が、私のテンション上げてくれます!!

オーダーメイド作品のご紹介です!

白珊瑚と真鍮のかんざし 「龍華樹」です。

Photo_20210513061701

数年前に制作した龍華樹の一本足のかんざしを気に入ってくださり、
今回は、波型の二本足に変更したり、飾りと足の接続部分に補強金具をプラスしたり、いろいろな箇所をバージョンアップして制作させて頂きました。

龍華樹(りゅうげじゅ)とは、仏教聖樹の一つで、一般的には「テリハボク」と呼ばれる木です。

弥勒菩薩が、この人間世界に降りられる時に、龍華樹の下で悟りを開かれるといわれます。
それは、57億6000万年後? or 56億7000万年後??私たちには、計り知れない長い年月を越えて、救いに来てくださるとのこと。 
考え方や計算方法の違いで、いろんな説があるようです。
仏教には、想像をはるかに超えるビッグ過ぎる数字が沢山登場しますが、
それを一つ一つ計算していると、頭がこんがらかってくるので、私は計算せず…仏様の教えは壮大である証!ととらえるばかりです。。


龍華樹は白くて丸い実を実らせるそうです。それを白珊瑚ビーズで表現しました。
龍華樹は、龍が口から百宝を吐く姿に似ているといわれます。

葉の表面には、規則的に細かい傷を入れて穏やかな光沢を出し、葉中央の葉脈は鏡面仕上げで強い輝きを出し、
細かい表現ではありますが、葉一枚の中に、「陰」と「陽」が共存しています。

二本の波型の足(柄)は短めにして、より安定感が増したかと思います。
 
今回、お店経由で頂いたお仕事でしたので、お客様に直接のお渡しすることも、ご感想をお聞きすることも出来ません。
お客様に、このかんざしを気に入って頂けますよう、心で祈るばかりです。

【追記】
このブログをアップした後、お客様よりインスタグラムへ、ありがたいご感想を頂きました!
かんざしを気に入って頂けたとのこと。心から安心し、大変うれしく思いました!
お客様からの暖かいご感想が元気の素となっております。




| | コメント (0)

帯留め新作アップいたしました!

今日は新月。
新月と体が呼応しているのか…毎月新月の朝は、いつもより早く目覚め、早朝から、いろいろ思いついてしまいます。。仕事そっちのけの時もあって困ったもんです。。
今日は、妄想カフェの新メニューの試作(妄想の世界なので、オープン予定は今のところございません!笑)
今お気に入りの自家製ハマチ燻製を、チーズやトマトと合わせてみたくて、ピザを作ることにしました。
HANA’S GARDENのハーブたちでトマトソースを作って、ピザ生地練って広げて、具材並べて焼く。シンプルです!
35b0046e73d44d9fad8ac1a050c80950
ハマチ燻製とチーズとトマトソースの相性良く、ルッコラもぴったり。予想通りばっちり美味しかった。。
魚食べれない人も、食べれると思います。またもや自画自賛。。スミマセン…
でも、ピザ生地がふかふかしてて、昭和レトロなイメージで納得いかず。。材料の配合を変えます。。

そして、オンラインショップを更新しました。
イヤリングを次々アップしておりましたが、今回は、着物小物です。
シルバージュエリーHANAオンラインショップ

「空」を感じさせる模様のラピスラズリを使った帯留めです。

Img_3013


Img_3020
に長いルースですので、帯締めの幅に添って、スマートな印象を与えます。

石枠には、唐草模様を装飾しております。小さな実も実っています。
切れ目のない唐草模様には、「永遠性」、「普遍性」という意味合いがあり、吉祥文様として長く愛されております。


こちらは、定番モチーフ瑞雲の新しい形。
Img_3007

おめでたいことが起る前兆を示す雲「瑞雲」をモチーフにした帯留めです。

銀線で瑞雲を形作った後、アクセントとして、一部に板を貼り合わせております。
全体的に槌目が付け、その上からいぶし仕上げを施しておりますので、穏やかな輝きがみられます。
天地を逆にしてもお使いいただけます。

実は…デニムなど、カジュアル着物ばかり所有している私は、悲しいことに、自分の作る重厚感ある帯留めを使う機会がございません。。
でも、今回の二点は、私の着物にもピッタリだなぁ~。。と思っています!

コロナ禍で、のんびり着物で街歩きやお食事とはいきませんが、着物LOVERSの熱は、決して冷めないと思っています!
これからも着物小物作ります。着物が着たいです!
引き続き、簪をアップしていきますので、もうしばらくお待たせいたします!

| | コメント (0)

5月の不動院仏画教室

不動院仏画教室、今月も無事開講。
皆さんのお元気そうなお顔が見れてホッとしました。

広島もコロナ再燃。感染者数が急増しており、コロナ集中対策が実施されました。
今回はギリギリ開講させて頂きましたが、来月、お会いできるかわかりません。
コロナ禍の中、教室一回一回が貴重な時間と感じております。

5_20210512011101
今月も、活気に満ちた教室となりました!
先月から新しいメンバーとなってくださった方が、教室に馴染んでくださったようで安心しております。

5_20210512011102
淡彩色不動明王座像、完成間近!あと一息!


53
こちらは、教室最年長の生徒さん。いつも「楽しい!楽しい!」と参加してくださり、私が元気を頂いております!
今年の一月、『仏説阿弥陀経』の軸装金泥写経を完成されて、次は、方位を司る神獣「四神」の金泥画にトライされています。
群青は北の玄武、赤色は南の朱雀、緑色は東の青龍、白色は西の白虎。バックの色を刷毛塗りししました。
バックをムラなく塗ることが、この作品の中で一番難しい場面!シンプルで単調な作業こそ、神経を研ぎ澄まし、呼吸を整えなくてはなりません。慎重に丁寧に作業を進められていました!
作品が完成したら、ご近所さんにお披露目するのが楽しみなのだそうです。
仏画の中には、その仏画を描かれた方の中にある仏様(仏性)が映し出されていると思います。今まで仏画を見たことのない方にも、仏画を見てもらうことで、無意識の部分に届いていると思います。
そして、自分が勉強したことを他者に伝えることも、すばらしいと思っています。

世の中は、暗い話題が溢れかえっておりますが、
ありがたいことに、教室に集まる生徒さんは、心が安定されている方ばかりで、元々の免疫力が高いのか(?)活気に満ちております。
今回も、あっという間の3時間でした(少々、時間オーバー気味。。)
終了後は、お部屋のお掃除を皆さんが手伝ってくださいました。大変助かっております!
完全燃焼でお寺を後に。

アトリエに戻ってから、愛車のMARINちゃんで、観音マリーナまでサイクリング。
観音マリーナは、お気に入りスポット。気持ちの良い場所です!
昔の空港通りは、くねくね細道で自転車走行には危険でしたが、最近、放水路沿いの再開発が進んでおり、道路がまっすぐに整備され、自転車専用道路も出来ました!
空港が移転してから、さみしい雰囲気になっていましたが、また活気が出るといいなぁと思っています。

5_20210512011201
弥山眺めて、クールダウン。
今度はコーヒー持ってきて、ゆっくりしたいなぁ。

| | コメント (0)

初代アトリエが消える!そして、オンラインショップ更新!

ジュエリー作家を始めて間もない頃、実家の裏に建っていた知人のプレハブ小屋をお借りしていました。
このプレハブ小屋が、HANA初代アトリエです。
しかし…先日、裏に回ってみたところ、すでに小屋はなく、更地になっていたので、思わずびっくり!!
時は流れてるなぁと、しみじみ当時の事を回想していたら。。(最近回想することが多すぎ…汗)

当時、アトリエに遊びに来てくれた知人から、久しぶりに連絡があり、再会しました!
出会った当時、知人はサラリーマンでした。彫金に興味があるということで、初代アトリエに遊びに来てくださり、作業台でジュエリー制作を体験して頂きました。
その後、知人はお仕事を辞めて、イタリアに渡り、ジュエリーの勉強。現在、ジュエリー作家となり、今回は広島にジュエリー販売に来られています。久々にお会いしたら、当時の出来事がよみがえってきました。。

この数か月、20数年前、ジュエリー制作を始めた頃の私を知っている方や、私が通っていたジュエリー教室(今はありません)の先生の元同僚の方や、元生徒さんと出会う機会が連続しております。
当時の事は昔過ぎて、あまりはっきりと覚えていないのですが…(笑)出会う方々にお話を伺い、少しずつ思い出しているところです。
ジュエリーを始めた頃の事、始めるきっかけになったことなどを思い出して整理する時期が訪れているのかもしれませんね。


オンラインショップ、更新しております。
シルバージュエリーHANAオンラインショップ

今回は、揺れるタイプのフックピアスをいろいろご用意いたしました。
すべてイヤリングに変更可能です。合金金具の場合は無料です。シルバー金具は、+3000円です。

こちらは、赤エイをモチーフにした、ラピスラズリのピアスです。
Img_3129_20210511020401

暖かくなると、川土手をウォーキングしていると、アカエイを見かけることがあります。
水中をふわふわっとヒレを動かし泳ぐ姿は優雅ですが、尾には毒のある針を持っている危険なヤツです…汗
エイの体形を象徴的に表現しました。
ラピスラズリには、アンティークのダイヤモンドのカット法であるローズカットが施されています。
最近、ラピスを使った作品が多いです。

ラピスの群青色は、虚空の色。すべてを包み込んでくれる色。私の大好きな色。



こちらは、ペアシェイプのカーネリアンが可愛らしいフックピアスです。
Img_3076

定番デザインとして、いろいろなルースで制作しております。
ピアス金具も手作りで、ピアスのデザインの一部として存在感があります。
石枠には、渦巻き模様と釈迦玉を。
普段使いにピッタリです!

ほかにも、いろいろアップしておりますので、よろしけれは、オンラインショップをご覧ください!



| | コメント (0)

2年経過!

 

5月に入りました!

ゴールデンウィークとは関係ない生活でしたが、ちょっと新たな風が吹きました!!

京都生活から16年間乗り続けた愛車、赤チャリが故障続きでいよいよ買い替えの時が来たか…と、重い腰を上げ、近くの自転車屋さんをのぞいてみることにしました。

性能にはこだわりなく、近所のホームセンターで、安価な赤いママチャリを買う予定。

ホームセンターに行く途中、自転車屋さん発見。市場調査がてら入店したところ、一台の自転車が、グン!!と目に飛び込んできました!

 

「MARINじゃっ!懐かしいー!」

直感ですが…瞬時に「私のバイクだ!」と感じてしまったのです。。(たまに起こる出来事。。)

アメリカのMARINというブランドのクロスバイクMARIN BIKES JAPAN

今から28年前の大昔…私はMARINのマウンテンバイクに乗っていました。

上品なベージュゴールドのボディーにスカイブルーのワンポイントあり。

全然ハイクラスではありませんたでしたが、このツートンカラーをとても気に入っていました!

当時の私は、元気ありすぎ、ハイテンション娘でしたので、街乗りはもちろんの事、ごつごつのオフロードも走っていました。仕事仲間たちと亀岡や河内長野のレースにも出場!

でも、レースは強烈にしんどくて、ゴール直前に過呼吸になったりもして、数回出場して引退(?)しました。。本当にきつかった…汗

その後、彫金の勉強、転職、大学進学や仏画の勉強も始まったので、マウンテンバイクは手放しました。

今回、久しぶりに「MARIN」のロゴを見た瞬間、28年前の私が一気に蘇ってきました。

しばらく当時のことを回想していると、不思議と、楽しかったことばかりがおもいだされました。

自分の思い出の中で、楽しかったことが出てくる時って、今の自分も「楽しい」という周波数を発している時だと、どこかで聞いたことがあります。

でも…予算オーバー。。(汗)
でもでも…

熱くなった心を鎮めるために、ホームセンターへ移動。
そこは、お買い得ママチャリ天国!安い!
予定通り、ママチャリにしとこうかなと思いましたが、
さらに一日置いて、もう一度、MARINを眺めに行こうと思い帰宅。

翌朝、直感を信じてMARINをお迎えに行きました!

さっそく、広島南通り沿いの自転車専用道路で練習しました。海風を切って走ると、言葉にならないほど、とーっても気持ちが良いです!
一瞬にして私とバイクは一体となりました!やっぱり直感が一番正しいのです。

5月1日で、アトリエを江波に移して2年経ちました。
この2年間は、自分の中にある光と闇、相反する二つの世界を平行移動しながら生きているような感覚です。

引っ越し完了日から、不吉な出来事が次々に起こり(その中には、命の危険にさらされる事故もあり)、急に強い眠気に襲われ気絶したり(普段昼寝しません!)思わず塩を盛りました。。(笑)
この引っ越しは失敗だったかな?と感じることもありましたが、まるで荒療治の様な…
心にため込んだ古い感情一つ一つに向かい合い、一つ一つ解消していく作業を繰り返していたような気がします。
その一方、心から繋がれる方々との交流が深まっており、光の世界にも生きています。
なんといっても仏画教室の生徒さんとの交流!教室が徐々に充実してきております。
心ある方々と島巡りと山歩きをスタート。魚料理で人とつながったりして。
今年は自動車運転も再開。
次は、自転車までも私の元に戻ってきました。
今、心身共に正直で軽やかに。まだまだ闇サイドは存在していますが、以前よりパワーが薄れ、光
サイドの勢いが増しています。

心の変化を感じる今日この頃、いよいよライフスタイルも変化しつつあるような気がしています。

コロナ禍で自由に動けなくなった今、いろいろ不安はついて回りますが、できればハッピーな空気に包まれて生活したい。
自分の身の回りを楽しく心豊かすることが大事になってきています。



 

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »