« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

セラフィナイトのリング「セラフィム~熾天使~」

なんとも言えない体調不良が続きまして、日課の江波山ウォーキングを軽めのサイクリングに変更しておりました。

9月最終週になりまして、蕁麻疹がようやく引き、江波山ウォーキング再開。海に出て、弥山を仰ぎ見て、江波山に登り、お参りして帰る。久しぶりにお寺さんにもお会いして、笑顔で挨拶。そして、制作に励む。やっぱりいいですね!この毎日の動作をすることで、波動を整えていたんだなぁと感じました。

私が毎日ネットでお話を拝見している、経営コンサルタントの桑名正典さんによると、
自分の持つ波動を変えるサイクルは三年とのこと。
最初の年は、人生の棚卸し。自分に不要なものが手放される。
二年目は、手放されて空いたスペースに新しい流れがやってくる。
三年目で、新しい世界に完全に切り替わる。

江波に引っ越してきた直後、「自分を変えよう!」と決めました。そのタイミングで、桑名さんの存在を知りました。散歩や塩風呂、笑顔、身口意(行動、言葉、想い)を整える。毎日、小さなことをコツコツ続ける。影響を受けました。それから2年半。「3年サイクル」は、私にもぴったり当てはまっています!長年染み込んだ癖は治りづらい。でも、日々訓練です!



新作ジュエリーを、オンラインショップにアップいたしました。
シルバージュエリーHANAオンラインショップ (ocnk.net)


セラフィナイトのリング「セラフィム~熾天使~」

 

Img_7446
セラフィナイトという名前の由来は、熾天使(してんし)セラフィムから。
深い緑色に、キラキラと輝く天使の羽根の様な文様が入っています。
Img_7452_20210929122201
Img_7444
セラフィムは、最高位にあたる熾天使で、三対六枚の羽根を持っています。
その六枚の羽根をモチーフに、リング側面に装飾しております。

私のジュエリー制作の順番は、まず石を選んでから、その石に合うデザインを考えます。たまに、順番が逆になることもありますが。
石との出会いは、一期一会。
まったく同じルースと出会うことは、決してありません。
石一つ一つの個性を生かすデザインが作れるよう心掛けております。



| | コメント (0)

楽しい鰆料理♪

ご近所さんが鰆を沢山釣られて、お裾分けして頂きました!
「お裾分け」とは言えない量ですが、魚料理が出来ると思うとテンションマックスな私!(笑)

しかも、鰆は私にとってベスト5に入る大好きなお魚。今年初ですので、うれしいです。。
Photo_20210924211401
鰆は身が繊細で、鮮度が落ちやすい魚といわれ、釣りたてでないとお刺身では食べれないといわれます。
この鰆たちは、身がしっかりしつつ、脂が乗っていて、お刺身向きでした!
普段ジュエリーを制作するときに使うバーナーで炙りも作りました!
Img_73221
きれいに炙れました!

Img_73271
こんな感じ。
鰆を頂いた日の晩御飯は、お刺身を食べる。至福のひと時!鰆の刺身&炙りは、家族に大好評です。

残りの切り身は、塩で魚の臭みをしっかりとってから、いろいろな味付けをして保存食に。
味付けバージョンで一番人気は、西京漬けでした。
Img_7337
オリジナル白みそだれを作り漬け込みました。焼く時は、白みそをしっかりとる方がきれいに焼けますよ!
Img_7366


そして、今回初挑戦は、インド風。タンドリー鰆&ヤズです。
ヨーグルトにスパイスを混ぜたカレー風味のソースに漬け込みました。
タンドリーは、切り身にソースが付いた状態で焼いた方が良いと思います!
Img_7400
タンドリー風も西京漬けもタレ付で冷凍します。
Img_7332
あとは、燻製、ハーブオイル漬け、ニンニク醬油付けをして冷凍保存しました。
燻製は、煙がすごくて、家ごと燻されそうですが、私はやめれません。。
Img_7401
ハマチ燻製、サボテンピクルス、ひよこ豆のサラダ。サボテンと青魚の相性が非常に良いことがわかりました!


アトリエに寄ってくださった方や地元のお友達に、鰆料理をふるまったり、鰆の詰め合わせをプレゼントしました。
Img_7403
アトリエのテラスでHANAお魚カフェをオープン!魚が苦手な友達が完食してくれました!

配達した友達宅では、江波にあるセッションブロワリーさんのクラフトビールとともに。
Img_73451
食後、友達に、タロットカードで、私の行く末を占ってもらいました…(笑)
Img_73471
この数か月は、問題発生でごたごたするが、結果オーライ。最終的に良い方向へ進むとのこと!

ご近所さんに魚を頂いた直後、お仕事が入るというジンクスがあります。
今回も、魚の仕事が終わった直後、百貨店でのポップアップショップのご依頼を受けました!毎度のことながら、高波動な魚です!

| | コメント (0)

シルバー真鍮バロックパールののかんざし「円環」

ただいま品薄状態のかんざしを制作しております!
オンラインショップでは、なかなかご注文のないかんざしですが…(笑)
ポップアップショップとなると、かんざしをお目当てのお客様が結構多いのです!とってもうれしいです。。

こちらは、シルバーと真鍮を組み合わせたかんざしです。

Tannsuiparu 
シルバーの渦巻き模様で、右回りの気の流れを表現しております。
中心には、いびつな形をしたバロックパールを配置。
枝の部分は11センチほど。波型になっているところが滑り止めになります。
ひし形の真鍮部分を楕円形に変えて、渦巻きシリーズを制作してみたいです!


今日は、アトリエに仏画の生徒さんが遠渡はるばる自転車で来られ、補講を開催。
生徒さんは、教室に入られた年数はまだ少ないですが、コンスタントに線描きを進められ、今回から紺紙金泥画「大日如来座像」に初挑戦されます!

生徒さんにいろいろお話を伺っていたら、実は2011年から私と仏画教室の事を知っていたそうです。
2011年と言えば、私が仏画教室を開講した年です。
当時、仏画教室に参加したいと思われたそうですが、お仕事が忙しくなり、海外に移住することになり、仏画教室に参加することを断念されたとのこと。
数年前、海外から広島に戻られた際、再び検索し、私と仏画教室が健在であると知り、参加してくださいました。
10年前から、自分がわからないところで、自分の事を知ってくださっていたとは…なんだか不思議です。。

テラス、ベランダがとても広いアトリエの構造が、海外風だと気に入ってくださいました!海から吹き抜ける潮風の気持ちよさも知って頂けて嬉しかったです!

2021_20210924202901季節外れのバナナの花芽が伸びてきました!

| | コメント (0)

ガーネットのダブルフィンガーリング「胡蝶」

数日前に、仕上げ用工具が壊れてしまい、完成寸前の作品が溜まってしまいました。。
ようやく工具が到着し、1つずつ仕上げ作業をしているところです。

まずは、胡蝶をモチーフにしたダブルフィンガーリングです。
胴に当たる部分に、涙型のガーネットを使いました。
Photo_20210924080901
手の甲に、蝶がそっと留まった瞬間をイメージして。
フリーサイズになっております。今の状態で13号~16号あたりですが、小さくサイズ直し出来ます。


アトリエのテラスにも、アゲハ蝶など、いろいろな種類の蝶が集まってきます。

お目当てはレモンの木。
現在、2種類の蝶の幼虫が同居しています。

Photo_20210924081801
この子はアゲハ蝶。葉っぱの陰に身を潜めています。これから冬に向かい涼しくなるので、無事に蝶になれるか微妙ですが、見守っています。。
江波に引っ越してくる前まで、虫を眺めることは出来ませんでした。。今も虫全般苦手ですが。。
自然が身近にある場所では、蜂の襲撃に遭ったり、芋虫が転がってたり…虫との出会い(?)が多すぎます。でも今となっては、青虫を近くで観察するレベルまで慣れました!(;^_^A
人間は変化するものですね!

| | コメント (0)

9月の不動院仏画教室

悪天候で休講が続いている不動院仏画教室です…
今月は、緊急事態宣言が発令され、直前まで開講するかどうか悩みましたが、
広々とした書院では、密にはなりませんし、カルチャースクールは該当しないということもあり、今月は開講することにしました。
生徒さんに開講のお知らせをしたところ、「待ってました!!」と喜んでいただき、本当に心強かったです!

町の取り決めで、外出出来ない遠方の生徒さんはお休み。いつもより少ない人数で、教室が静か。
いつもは走り回っている私も、走り回ることなく、心に余裕がありました。。

こちらでも、何度がご紹介している、鳳凰図です。アトリエにも制作をしに来てくださり、いよいよ完成が見えてきました!
今年完成予定で、頑張っておられます。

9_20210915121301
完成が近づき、ワクワクされているそうです!

こちらは、四神相応図の青龍。枠に三角うろこ文様を胡粉で彩色されています。
92 
白色の胡粉は、扱いが大変難しい色ですが、コツをつかまれましたよ!

写真はありませんが、一年前に、二頭の龍「双龍図」を描き始めた生徒さんが制作を再開。
バックを藍色に彩色。絵具溶きと色塗りをお手伝いさせて頂きました。

彩色画以外では、紺紙金泥画に挑戦されている方々がおられます。時間いっぱい、最後まで集中力が切れませんでした。
皆さんそれぞれが集中して制作に取組まれて、穏やかな空気の中に一体感があり、とっても居心地良い雰囲気でした。
充実しました。
今月、参加できなかった生徒さんも、来月は一緒にみんなで教室が開講できますように。


教室帰りに立ち寄ったスーパーで、真鯛とレンコ鯛の特売に遭遇!
0b8972731a804d68b57430c0a0f07d7c
ミニレンコ鯛、かわいいです。5尾100円也。お値段もかわいいでしょ!(笑)

レンコ鯛は、干物に。
5パーセントの食塩水に昆布を入れて魚を漬け込みました。回を追うごとに、塩分濃度が低くなってきました。
写真にはありませんが、キラキラしたきれいな干物に仕上がりました。家族に好評でした。塩分も少なめ、昆布風味で、食べやすかったです。

真鯛は、昆布締めと鯛飯に。今回の鯛飯は、土鍋で炊けたので、おこげが出来ました!
Img_72591

仏画教室で疲れた脳みそを、魚捌きが和らげてくれます!魚料理は癒しです。

| | コメント (0)

帯留め新作やガーデンやライフスタイルや…

涼しくなってきました。すでに分厚い布団かけて寝ています。。
今年の夏は雨続きで、夏らしいお天気が少なかったですが、HANA'S GARDENはイイ感じに仕上がってきてます。
特に、力を入れている食用サボテンは、たくさん育ちまして、収穫して、実際に食べてみたり、苗が日本各地の意識高い系の人々の元に旅立ったりしました。
たまたまですが、長年、健康食品開発のお仕事に携わってこられた方とおしゃべりする機会がありまして、
めっちゃ恥ずかしかったのですが、ガーデンの食用サボテンコーナーを見てもらい、効用(地球環境に良いこと、健康にも良いこと、いいことずくめ!)について、ちょっとだけ説明させて頂きました。。(汗)夢かな?って思える出来事でした…
ほんのちょこっと、ノパルで忙しい日々を過ごしています。(そんなに忙しくないです…)

本屋に立ち寄ったら、こんな本が目に入ってきました。
今、非常に興味のある、ライフスタイルやコンパクト農についての記事でした。
&プレミアムは、普段からよく読む雑誌(ムック)です。様々な生き方を肯定する内容。心がくすぐられました!
Img_71041
コロナ禍は、歴史に残る、生死にかかわる大変な出来事ですが、
「これからどう生きたいのか」「ほんとうの幸せについて」、真剣に、真剣に、考えさせてくれたのだなぁと思っています。


そんな中、私は淡々と作業を進めています。
やはり、海がテーマになってしまいます。大好きな「波濤」です。。

ブルーアベンチュリンの帯留め「波濤~billow~」

Img_4624
アベンチュリンと聞くと、緑色を想像しますが、こちらはブルー。
Img_4620
ブルーとホワイトの縞模様が、海を想像させます。
アベンチュリン効果の雲母の煌めきが、ちょうど、水面の輝きに見えます。

石枠サイドには、銀線装飾で波濤を。
Img_4616 Img_4615

個性的なルースですが、落ち着きのある色味ですので、使いやすいかと思います。

私もそろそろ着物を着たくなってきました。
毎日、朝からガーデンで泥んこになっているので、なかなか着物が着れません。。(;^_^A

| | コメント (0)

クォーツのオーダーメイドピアス「唐草」

以前、こちらでご紹介しましたオーダーメイドリングです。
Img_60981_20210907103401
お母様から譲り受けたクォーツビーズのネックレスを紐解いて、一粒石のリングに仕立て直しました。
石枠周りは、右回転の唐草模様を施し、葉の部分を使い、爪止めにしております。

引き続き、ご依頼頂き、同デザインのピアスを2対作らせて頂きました。

Img_4545
お客様は、着付け教室を主宰されており、普段から着物を扱われているので、着物を傷つけないシンプルな雰囲気を好まれます。

装飾パーツの渦巻きや葉の先端部分が尖らないよう、念入りに仕上げを施すことが、HANAのジュエリーの特徴の一つです。
今まで、帯留めや根付などの着物小物をたくさん作ってまいりましたが、仕上げ作業が一番気を使います。なめらかに、丁寧に。。
私自身も着物を着ますので、裂に引っかかってしまう装飾品は、非常に怖いです。。(;^_^A


そして、デザインの唐草は、左右、何気にアシンメトリー。それぞれ、右回転と左回転、両方向に回転しております。

Img_4555
唐草の回転は、エネルギーの回転を意味しております。
右回転は、エネルギーを内側に取り込む。インプット。
左回転は、エネルギーを外側に放出する。アウトプット。
陰陽思想では、右が陰。左が陽。だそうです。

Img_4538

時によって、パワフルに表現しなくてはなりません。しかし、アウトプットの連続となると、気づいたら電池切れ。。ということがよく起こります。。(これ、わたしの事です。。汗)
内側に、エネルギーを取り込む時も必要。でも、内側に取り入れてばかりでは、陰気な気分になっちゃいます。。(笑)
どちらにも偏らず、両方大事。バランスが大事ということですね!
陰陽のバランスを保つ意味を込めたデザインです。

2対のピアスは、一対をお客様。もう一対を娘さんがお使いになられるそうです。
親子で、おそろいピアス。ほほえましい。。大変光栄に思っております!
お客様にピアスをお届けしたところ、大変気に入ってくださったとの事。ホッとしました。。
リング、ピアスと、続けてご依頼頂き、本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

9月のクレド仏画教室


9月も、江波山ウォーキング、一日詣りからスタートしました。
宮島弥山は、霞んで稜線がぼんやりと見えるだけでした。なんだか遠くに感じました。

9_20210906144003
弥山を拝み、江波山の龍光院さんをお参り。そして、アトリエのある江波の氏神様、衣羽神社をお参り。先月のお礼と今月の誓いを立てました。

そして、お昼からクレドの仏画教室へ。

こちら、初作品、紺紙金泥画の大日如来座像が完成!
9_20210906144002
私が京都から広島に通いだった頃、半年に一回ペースで、中国ビル(三越裏にありました)で特別講習会を開催させてもらっていました。
その教室に参加してくださっていた生徒さんなので、10年くらいのお付き合い。今以上に、わちゃわちゃ落ち着かない新米講師の仏画教室に、淡々と通ってくださり、ありがとうございます。感謝の一言に尽きます。
今回、紺紙金泥画を完成されたこと、自分の事のように嬉しく思っております!

そして、こちらは、散華の暈繝彩色ラストスパートの模様。
 9_20210906144001

バック全面に、刷毛の跡が残り、絵具がムラになっていたので、塗り直しにチャレンジしていただきました。

作品制作がスタートした時より、絵具や筆の扱いに慣れてきて、上手に塗れるようになりました!

この通り、バックのムラが消えました!

00374f05e11441808f0268fec8918968
散華も、以前より浮き出た感じがします!

今回、3回目の生徒さん。
9_20210906144004

こちら、名人芸のように、立ったままで描かれています。かなり気合が入ってます!???

これまでに描いた線を見ながら、気持ちが乗った時と気が散った時(?)、描く線がまるっきり変わってしまうことに気づかれました。
そんなお話した後の姿がこれ!(笑)本日のベストショット!ですね。
形を上手に描くことも大事ですが、気持ちを込めることが一番大事ですね。
少々、曲がっていようが、心のこもった絵は、何かパワーを感じます。
これは、絵の事だけではなく、何事も心を込めて行うことが大事なのですね!

 

| | コメント (0)

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »