« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

offshorefishing!

2021年は、海に、山に、繰り出していくアクティブな一年でした!
今年を締めくくるアドベンチャーは、憧れのオフショアフィッシング!

いつも美味しいおさかなを差し入れしてくださる船長さんにお世話になり、瀬戸内海でタイラバをしてまいりました!
先日の似島シーカヤックでは、謎の船酔いで顔が土色×唇紺色のツートンカラーになりましたが…今回はどうでしょう??

日の出とともに出船!
Img_9063
江田島方面に、幸せの前兆「天使のはしご」がかかっていました✨幸先よし!


Xvmw6481

風が強く、潮が動かないこの日は、沿岸付近の島々をめぐりました。
ポイントを変えるごとに景色がわかる瀬戸内海の多島美を満喫。
ウォーキングの時に、岸から眺めている島々を、間近で見られたことに感動。。

お昼は船長さんの準備してくれたカップラーメンとコーヒーをいただきました。
船でカップラーメンが食べたいなぁと思っていたので、とてもうれしく、格別美味しかったです!
Otnr1737

途中、目の前を牡蠣筏を運ぶタグボートが通過。タグボートをボートが横切ってはいけないそうです。
タグボートの操縦士をしている友人がいます。船長さんに友人の話をしながら、タグボートが過ぎ去るのを待ちました。
翌朝、そのタグボートを操縦していたのが友人本人だったと、たまたまsnsで私の写真を見た友人から連絡が入りました!
なんという偶然!!
びっくり感動、海上での出来事でした!

私はボウズ確定しそうな感じ。なかなか魚が釣れないということで、そろそろ港へ帰ることに。涙
港目前、「悪あがきポイント」といわれる場所。弥山真横。。

お大師さんか、宗像さんか…私が普段お参りしている方々に見守られていそうな場所ですね!

最後の最後、タイラバを上げたり下ろしたりの繰り返しで、瞑想状態に突入しかけたところで、魚ヒット!!
うれしい。。小さいけど美人鯛です!

Img_e9092
釣れたら、すぐに神経締めをして、血抜きをしてくださいます。
真鯛は見栄えが大切なので、締めた傷が残らないように丁寧なお仕事をされます!すごい!

Neas9411
それにしても、この子達よく似てるね!

うちに帰って、魚を捌き、ちょこっと味見。新鮮でおいしかった!
Img_9101

楽しい一日でした!私の顔色も良好そのもの!全く酔いませんでした。
ボートフィッシング、面白いですね!
一日お世話になった船長兄さんには感謝の一言です。またご縁がありますように。。

| | コメント (0)

茶道

先月から、茶道(表千家)のお稽古が始まりました。
「茶道」といっても…茶道の基本の基を学ぶため。
長年、「茶道を学ぶならこの方に!」と心に決めていた先生が、教室を始められたと小耳に挟みまして、直談判でお稽古がスタートしました!

先生のお宅にあるお茶席でお稽古させていただいております。
Ndts4788
ふすまの開閉、袱紗の扱い方だけで、頭の中はパンパン。動きはロボットのように、カクカク、ぎこちない。。
動作が身につくには、長い時間がかかりますね。。
気長に、ゆっくりとお稽古を続けていきたいと思っております。

クリスマスの時期でしたので、かわいいトナカイのお菓子をいただきました。
Epib6569
先生との会話から誕生した、シルバー製菓子切りです。

槌目のみのシンプルバージョン
Xxud2620

こちらは、槌目の上に六つのひょうたんを。無病息災を願った「六瓢」
Photo_20211226140801
1月のポップアップで、着物小物の新作とともに展示出来たらと思っております。

お稽古が終わり、今度は仏画を。
実は、茶道の先生は、10年間、不動院仏画教室に通ってくださっている生徒さんです!
先日、鳳凰図を完成されたので、今回、額縁に収めるお手伝いをさせいただきました。
Ozlt4211
立派な玄関に、鳳凰が無事に羽ばたきました!
まだまだ大きな作品を描かれても大丈夫な玄関です!!

| | コメント (0)

英恵、瀬戸内海に浮かぶ。

海を求め、似島へ。

似島(にのしま)は、宇品の広島港から3キロ先にある島で、広島市南区になります。フェリーで20分ほどです。
今回の目的は、シーカヤック。
シーカヤックは、今回、初挑戦。似島の向かい側にある無人島まで行くツアーだったので、
出発の時に、広島港のパン屋さんに寄り、冗談交じりに「遭難した時に食べようやっ!」とアンパンを買っておきました。

広島カヤックさんにお世話になりました。
パドリングの説明を聞き、アンパンを乗せて、いざ海へ。
出船と同時に、目の前で小魚のなぶらが沸いて、びっくりする。

実技の前に、イメージトレーニングというか・・・、下調べをすべきでした。。
パドルの漕ぎ方がわからない。。思うように前に進まない。。汗

どんぶらこ、どんぶらこ。
一人、海上に浮かぶ私。。
 Img_9059
だんだん船酔いが。。完全にカヤック酔いをしてしまいました。。
酔った状態で、なんとか前進していましたが、強風と高波で、予定の無人島には行かず、似島に引き返すことになりました。

迫る波を越えながら、決死のUターン!迫りくる、吐き気。。
Uターンの仕方がわかりませんが、必死になればできるものですね!
終始、私に「パドリングがおかしい。パドリングが出来てない。」と、先生から指摘を受け続けておりましたが
修正するだけ余裕がありませんでした。。だって、めっちゃ酔ってますからっ!!
Img_9019
何とか、無事に上陸。
海に浮かぶのは怖くなかったけど、船酔いが!!

放心状態の私を見たメンバーが、「はなちゃん、顔が土色になってるよ!」と指摘。

もう一人が「はなちゃん!唇青いよー!大丈夫ー?!」って…
当日、私が着てたウインドブレーカーの色(ベージュ×紺)の色と、私の肌(土色)×唇(青)が、全く一緒だったそうです。。
先生は、「カヤックで酔う人は珍しい。。」
笑っちゃいけんけど、面白い!!と。

浜辺で、先生が入れてくださったコーヒーと、カヤックに乗せてぺしゃんこになったアンパンを食べたら、血の気が復活!
 Img_8939
あっという間に、カヤック酔いが覚めました!

いろいろお喋りしていたら、夕暮れ時に。
似島から見た宮島もきれいでした。
Asff4731
きれいな海の景色ですが、浜辺には、海洋プラスチックごみがたくさん打ち寄せられていました。
海洋ごみ問題は、いろいろなところで目にしていますが、身近な場所でも。。。
Oztn1875
粉々に細かくなった発泡スチロールもたくさん。。胸が痛みました。。
打ち寄せられた大きなブイが横並びに並べて、イノシシ除けになっていました。
日々、浜に打ち寄せられるから、一度、掃除しに来たところで、無くなるような量ではありません。
でも、何かできることはないかなぁ?と思ってしまいました。

ごみ問題だけでなく、島の高齢化も問題なのだそうです。
どんどん空き家が増えているそうです。
お隣さんの江田島のように、いろいろな観光地スポットやカフェなどの商店、移住者コミュニティーが、未開発だそうです。
お気軽に行ける便利な場所なのに、ちょっともったいないですね。でも、これから楽しみな場所でありますね!
サボテン植えるところないかなと、妄想してみたりしました。。
今度は、出発地点から自転車で似島に行ってみたいと思います!

広島港に帰着し、港内のインドカレー屋さんで夕ご飯を頂きました。
スパイスを体に入れると、より体が元通り、しっかりとしてきました。
インドカレーを食べると、胃腸が元気になります。スパイスは、良薬だということを実感するのです!
なんだかんだありましたが、楽しいの一言でした!
陽気な旅友達と、また瀬戸内海の島に行く予定です!

| | コメント (0)

ホワイトトパーズのペンダント「宝箭宝弓」

広島三越 100年アパートメントさんでのポップアップショップまで、一か月を切りました。
新作が徐々に増えてきております。

2022年1月18日(火)~1月24日(月)
広島三越三階 100年アパートメント
HANA ポップアップショップ


オーダーメイド制作もさせて頂いております!

宝弓と宝箭(弓矢)をモチーフにした、ホワイトトパーズのペンダントです。

Img_e8886

「宝弓宝箭をモチーフで、お仕事中の御守りとなるもの」というご依頼を頂いた時、天に向かって弓を引く天弓愛染明王をイメージし、デザインさせて頂きました。

外枠は愛染明王の火焔光背を。
仏画の中にも、火焔結界といって、火によって結界するという図像があります。

中心には天に向かって射る弓矢を。矢じりは、マーキスカットのホワイトトパーズを配置。
お客様は、射手座とのこと。
 トパーズは、サンスクリット語タパス(炎)が語源であることと、射手座の星座石でもあります。
炎と弓矢、今回のテーマにピッタリではないかと思いました。


Img_e8860_20211220074001
制作中、愛染明王について調べていると、愛染明王の十二の誓願に辿り着きました。
その中に、「智慧の弓と方便の矢を以って、衆生に愛と尊敬の心を与えて、幸運を授ける。」というものがありました。
宝箭と宝弓は、自分自身はもちろんのこと、周りの人々をも幸せに導く法具なのだと初めて知りまして、感激しました。

お客様に完成品をお届けしたところ、
「いったん的を定めたなら、智恵の弓を引き絞って方便の矢を力強く放ちたいと思
います。」という、力強いご感想を頂きました。

今年のオーダーメイド制作は、以上を持って終了。
今年は、頭を悩ます奥深いテーマを扱うお仕事が多かったように感じています。ジュエリーの中で、仏画を通して学んだことを扱える場面も、年々増えてきています。
手強いお仕事に悶絶しますが、お客様に完成品を喜んでいただけた時の達成感が大きいです!
来年も、やりがいのあるお仕事に出会えますように。

| | コメント (0)

シルバーと正絹の羽織紐「三味線撥」

着物小物のオーダーメイド制作をさせて頂きました。

三味線を演奏される方からのご依頼でしたので、チャームは「撥」の形をしております。

男性用シルバーと正絹の羽織紐「三味線撥」
Img_88461
ミニマルデザインこそ、難しい。。
シンプルな形をしている撥の形成や磨きは、細心の注意を払います。
撥にバランスよく、三本線を彫りこんでおります。
その他の金具は、打ち出しなどで手作りしております。
Img_88431
男性用装身具ということで、女性用とはバランスが違いますので、少々悩みました。。
チャームの大きさや、金具の大きさなど、女性ものより少し重量感をプラス。

お客様と相談を繰り返し、補正を繰り返して作り上げましたので、完成品を大変気に入って頂けて、本当にうれしく思いました!

実は、以前、オーダー羽織紐の制作をご依頼いただいたことがありましたが、私の技術では制作が出来ないデザインでしたので、泣く泣くお断りしたことがありました。
今回は2度目の正直。オーダー制作をお受けすることが出来て本当に良かった。。
辛抱強く、お待ちくださいましたお客様に、心より感謝申し上げます。

 

| | コメント (0)

火のリング「Agni~アグニ」

私にとって火のエネルギーは、身近なものと感じてきました。
日常生活はもちろんのこと、作品制作でも扱います。
ジュエリー制作では、地金をバーナーの火でなまし、パーツをろう付けして形成します。一日中、炎を眺めていることもあります。
仏画、特に私の描く密教画では、火炎光背や火炎宝珠など、火がモチーフとなる図像が多いのです。

火の中に供物を投げ入れ、天に向かって焚き上げる護摩供養では、火が天の神々と私たちをつなげる役目を果たしています。
火のエネルギーは、私たちの生活を豊かにする反面、扱いを間違えると大変危険です。日々、真摯な気持ちで向きあっております。

長年、ジュエリーの中で「炎」を使ってみたいと思っておりました。大昔20年前に、一度制作したことはありますが、平面的な炎でした。。
今年の毛利明子さんとのコラボ制作、七宝ジュエリーで、ようやく、立体的な(!)炎のパーツを制作。楽しかった!
次は、燃え盛る火をモチーフにしたリングを作ってみたくなり、このようなリングが誕生しました!

カンテラオパールのリング「Agni~アグニ」
Occb5232
カンテラオパールの「カンテラ」は、オパール主変の母岩の部分を指しており、スペイン語で「石切り場」、「採石場」という意味があるそうです。
その母岩は、流紋岩質の火山岩なので、火との縁も深いですね。

Jaot3407
リング両側からルースに向かって、炎が燃え上がっております。


こちらのリングは、石のないリング。

Img_8802
炎がリングを一周しているデザイン。

Img_8804
Img_8803_20211219115401

サイズ違いでのリング制作は可能ですが、一つ一つ手作りをしておりますので、炎の形は全く同じものは難しいです。

オンラインショップで販売中です。
シルバージュエリーHANAオンラインショップ (ocnk.net)
HANA (勝山英恵)のハンドメイド・クラフト作品・手仕事品一覧 | iichi ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販
iichiでは、26日まで、ウインターキャンペーン10%オフを開催中です。


| | コメント (0)

今年最後の不動院仏画教室

週末は、今年最後の不動院仏画教室でした。
全員集合。皆さん、お元気そうでよかったです!

各自の課題に集中して制作され、教室内に良い空気が充満しておりました。
Img_8684

こちらは、不動明王の象徴である倶利伽羅龍剣(くりからりゅうけん)と三童子です。

Img_8682

こちらは、『四神相応』。天の四方を司る、玄武、朱雀、白虎、青龍を描きます。


お二人は、二作目の紺紙金泥画『不動明王坐像』を描かれています。
Img_8673
Img_8686_20211216230701
お二人とも、仏画教室に参加されてから、着実に制作を進められています。
生徒さん(上の方)が、不動明王坐像を完成されたら、次は私とのコラボ制作『金剛界曼荼羅』の一印会を描かれる予定なのですが…
生徒さんの制作スピードが想像以上に早く…(笑)、私の下絵制作が間に合っておりません!!(汗)どうしましょう???


皆さんからのお土産(大福、手作り干し柿)と、私のおすすめお菓子屋さんベイクドショップ・セレンディピティさんの「ナンシーチョコレートケーキ」で豪華おやつタイムに!
Img_8679

あっという間に、一年が終わりました。。皆さんの絵が、どんどん進化していきました!
新型コロナで、今まで通りにはいかない世の中ですが、いつも親身に接してくださる生徒さんに助けられた一年でした。
本当に和やかで楽しい空気が漂っている教室です!来年も一緒に仏画を描いていただきたいです。

アトリエに戻り、コラボ仏画の下絵作りを!汗
制作に集中していたら、突然、ドカンっ!!と、地響きと大きな爆発音が!
びっくりして、外を見てみると、

夜空に、美しい花火が打ちあがっていました。しかも二か所で!
後から知ったのですが、広島市と廿日市市で17か所で行われた「ドリーム花火」だったそうです。

こちらは、江波港方面。江波山の上に、龍のような煙が立っています。
Img_8705

こちらは、草津港方面。こちらの煙は、鳳凰が舞い上がるような形をしているな。
Img_8691
龍と鳳凰。
先日、うちのアトリエにも、揃いました。
Nohv8477
こちら竜神さんは、北側にある玄関を守ってくれています。

Beuz8826
こちらは、今年描いた鳳凰。
鳳凰は、南のエネルギーですので、南側に配置しました。

| | コメント (0)

今年最後の京都

京都へ行ってきました。
行きの新幹線は、結構混んでいて、車内に活気が戻ってきていました。隣の方に大変親切にしていただき、よいスタートを切りました!
しばらくの間、新幹線はがら空き状態でしたので、皆さんの生活にも、普段のペースが戻りつつあるのだなぁと感じました。

山科の真福寺仏画導場の「曼荼羅研究会」に参加させていただきました。
Kdrg9428
不動明王のお顔が玄関先にかけてありました。なんだかキッチュな表情が良いですね!

山科は、南天が美しい街です。今年の南天は、実が赤々としていて、より美しかったです。
Paln3263

授業では、中村先生により、『大乗起信論』という大乗仏教の論書の講読が行われます。
出てくる言葉を覚えるだけでも難しく、内容は哲学めいていて…今の私には、わかりやすく説明することができません…

曼荼羅を理解するための勉強でしたが、私の生活の中に置き換えて考えることができる内容だなぁと、わからんなりに感じるのです。

来年も、『大乗起信論』の講読は続きます。

そして、来年春から、本格的に仏画制作が復活します!責任ある制作ですので、広島で訓練していきたいと思います。
少しずつ、普段の生活スタイルが戻ってきています。このまま、穏やかな日々が続きますように。。

Mdzk4125
今年最後の京都だったので、三条に行ってみました。
三条駅で見覚えあるお顔と連れ違い、猛ダッシュで追いかけるも全く追いつかず…
直後に確認メールしてみたら、やはりご本人でした!(笑)
お話できなかったのは残念でしたが、またご縁がつながった!すれ違いの一瞬は、ささやかな幸せとなりました。

三条には、あまり長居はできませんでしたが、三条のわちゃわちゃした街中でコーヒータイムしたりしますと、気持ちがリフレッシュするのです。

そして、帰りの新幹線のお供は、シズヤのカルネ。

Img_8591
ハードパンに薄い(!)ハムとチーズとスライスオニオンが挟んであるシンプルなサンドですが、私の大好物です。
京都に住んでいたら、いつでもどこでも買えるスタンダード商品ですが、広島では買えません。。京都滞在中のお楽しみとなりました!

そして、大竹伸朗さんの『カスバの男~モロッコ滞在記』も。
Img_8594
モロッコの町をいろんなタッチで描かれているのです。
そして、私が憧れるマラケシュのマジョレル庭園とサボテンのことも描かれていました。素晴らしい場所らしい!憧れが募ります!!
私も、色鉛筆とスケッチブックを持って旅に出たくなりました。。



| | コメント (0)

iichiウインターキャンペーン2021

iichiのオンラインショップにて、ウインターキャンペーンが始まりました!

HANAのページ
https://www.iichi.com/shop/hanaekatsuyama

12月1日から26日まで、10%OFFとなります。
Campaignshare

この機会に、新作をアップしてまいります。
まずは、流水シリーズの新作 らせんリング(9号)
Img_e8549
こちらは、鋳造です。ワックスを使って、一点ずつ原型を制作しております。
今までの流水リングに、より動きを加え、らせん状にしております。
大きいサイズも制作しております。最終仕上げをして、近日アップ予定です。

 

こちらは真鍮製ヘアゴム「瑞雲」です。
Img_8572

真鍮線を使って、一つずつパーツを作り、ろう付けで組み立てております。
表面には、槌目を入れております。雲のモクモク感が出ているのではないでしょうか??
大きさは、35ミリ×35ミリ。
瑞雲からヘアゴムを取り外したら、ペンダントトップとしてもお使いいただけます!

しばらく欠品中でした、ロングラン商品の蓮のペンダントもアップいたしました。
It549a9ea87a1361200

どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

12月の中国新聞文化センタークレド仏画教室

12月に入りました!

まずは、毎月恒例の一日参りを兼ねた江波山ウォーキング!
出発しかけたら…玄関で、ガスメーターの検針員の方とばったり!
玄関の植物たちを眺めながら、「いつも上手に育てとってですね!でも今年の冬、一回枯れたでしょ??復活してるからすごいですっ!!」と、今年1月の大寒波で、葉が溶けて瀕死状態だったところから復活再生を果たしアガベベネズエラをほめてくださいました!
初めてお会いした方でしたが、玄関の植物たちを見てくださってると思うと嬉しくて。。アガベのとげが体に刺さりませんでしたか??と、ちょっと心配しつつ、「ベネズエラちゃん、あなたは何て幸せ者なの?!?」と、私は親として嬉しくなってしまいました!
Img_8230
今は、少し下葉をカットして、雨風しのげるガレージに移動。簡易ビニール温室に入っております。

一日参りは、海に出て、弥山を拝むことからスタート。本日、弥山がくっきりと見えました!
Ljqq2307
そして、江波山を登り、龍光院さんと衣羽神社へお参り。
Wqkr7432
朝の江波山ウォーキング。30~40分ほどのことですが、この習慣によって心が整うのです。
今年は体調の良くない時期が多く、江波移転して以来、一番ウォーキングできない一年となりました。歩けなかった時期は、気持ちが上がらないことが多かった。。ルーティーンワークというものの大事さを、近頃強く感じます。

そして、お昼から、中国新聞文化センタークレド教室へ。新たな彩色画のスタートです!
Img_8514
お二人が、一時間かけて、下塗りの絵具を溶いています!
Img_8516そして、刷毛を使って下地塗り。刷毛の持ち方、力具合、結構微妙で、難しい。。

Img_8517
そして、こちらは、紺紙金泥画「不動明王坐像」に挑戦される前段階の線描き練習。
大きめの面相筆を使って、繊細な部分まで器用に描かれる方です。
Img_8521
メリハリある線が描かれるようになられました!これから、紺紙金泥画の大日如来坐像を描かれます。

今年も、クレド教室が無事に終了。
以前は、かなりにぎやかなクラスでしたが。。。今年は徐々に集中力が増し、制作に没頭されてらっしゃるように感じます。
そして、生徒さんとお話ししていると、仏画に対する視点が変化していることに気づきました。
これまでは、線だけを追う描き方でしたが、最近、図像の意味合いや、パーツとパーツのつながりを感じながら描いておられるように感じます!素晴らしい!

来年も、皆さんと一緒に仏画が描けますように。来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »