« 中国新聞文化センター仏画教室ワークショップ開催。 | トップページ | iichiウインターキャンペーン2021 »

12月の中国新聞文化センタークレド仏画教室

12月に入りました!

まずは、毎月恒例の一日参りを兼ねた江波山ウォーキング!
出発しかけたら…玄関で、ガスメーターの検針員の方とばったり!
玄関の植物たちを眺めながら、「いつも上手に育てとってですね!でも今年の冬、一回枯れたでしょ??復活してるからすごいですっ!!」と、今年1月の大寒波で、葉が溶けて瀕死状態だったところから復活再生を果たしアガベベネズエラをほめてくださいました!
初めてお会いした方でしたが、玄関の植物たちを見てくださってると思うと嬉しくて。。アガベのとげが体に刺さりませんでしたか??と、ちょっと心配しつつ、「ベネズエラちゃん、あなたは何て幸せ者なの?!?」と、私は親として嬉しくなってしまいました!
Img_8230
今は、少し下葉をカットして、雨風しのげるガレージに移動。簡易ビニール温室に入っております。

一日参りは、海に出て、弥山を拝むことからスタート。本日、弥山がくっきりと見えました!
Ljqq2307
そして、江波山を登り、龍光院さんと衣羽神社へお参り。
Wqkr7432
朝の江波山ウォーキング。30~40分ほどのことですが、この習慣によって心が整うのです。
今年は体調の良くない時期が多く、江波移転して以来、一番ウォーキングできない一年となりました。歩けなかった時期は、気持ちが上がらないことが多かった。。ルーティーンワークというものの大事さを、近頃強く感じます。

そして、お昼から、中国新聞文化センタークレド教室へ。新たな彩色画のスタートです!
Img_8514
お二人が、一時間かけて、下塗りの絵具を溶いています!
Img_8516そして、刷毛を使って下地塗り。刷毛の持ち方、力具合、結構微妙で、難しい。。

Img_8517
そして、こちらは、紺紙金泥画「不動明王坐像」に挑戦される前段階の線描き練習。
大きめの面相筆を使って、繊細な部分まで器用に描かれる方です。
Img_8521
メリハリある線が描かれるようになられました!これから、紺紙金泥画の大日如来坐像を描かれます。

今年も、クレド教室が無事に終了。
以前は、かなりにぎやかなクラスでしたが。。。今年は徐々に集中力が増し、制作に没頭されてらっしゃるように感じます。
そして、生徒さんとお話ししていると、仏画に対する視点が変化していることに気づきました。
これまでは、線だけを追う描き方でしたが、最近、図像の意味合いや、パーツとパーツのつながりを感じながら描いておられるように感じます!素晴らしい!

来年も、皆さんと一緒に仏画が描けますように。来年もよろしくお願いいたします。

|

« 中国新聞文化センター仏画教室ワークショップ開催。 | トップページ | iichiウインターキャンペーン2021 »

仏画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国新聞文化センター仏画教室ワークショップ開催。 | トップページ | iichiウインターキャンペーン2021 »