« 今年最後の不動院仏画教室 | トップページ | シルバーと正絹の羽織紐「三味線撥」 »

火のリング「Agni~アグニ」

私にとって火のエネルギーは、身近なものと感じてきました。
日常生活はもちろんのこと、作品制作でも扱います。
ジュエリー制作では、地金をバーナーの火でなまし、パーツをろう付けして形成します。一日中、炎を眺めていることもあります。
仏画、特に私の描く密教画では、火炎光背や火炎宝珠など、火がモチーフとなる図像が多いのです。

火の中に供物を投げ入れ、天に向かって焚き上げる護摩供養では、火が天の神々と私たちをつなげる役目を果たしています。
火のエネルギーは、私たちの生活を豊かにする反面、扱いを間違えると大変危険です。日々、真摯な気持ちで向きあっております。

長年、ジュエリーの中で「炎」を使ってみたいと思っておりました。大昔20年前に、一度制作したことはありますが、平面的な炎でした。。
今年の毛利明子さんとのコラボ制作、七宝ジュエリーで、ようやく、立体的な(!)炎のパーツを制作。楽しかった!
次は、燃え盛る火をモチーフにしたリングを作ってみたくなり、このようなリングが誕生しました!

カンテラオパールのリング「Agni~アグニ」
Occb5232
カンテラオパールの「カンテラ」は、オパール主変の母岩の部分を指しており、スペイン語で「石切り場」、「採石場」という意味があるそうです。
その母岩は、流紋岩質の火山岩なので、火との縁も深いですね。

Jaot3407
リング両側からルースに向かって、炎が燃え上がっております。


こちらのリングは、石のないリング。

Img_8802
炎がリングを一周しているデザイン。

Img_8804
Img_8803_20211219115401

サイズ違いでのリング制作は可能ですが、一つ一つ手作りをしておりますので、炎の形は全く同じものは難しいです。

オンラインショップで販売中です。
シルバージュエリーHANAオンラインショップ (ocnk.net)
HANA (勝山英恵)のハンドメイド・クラフト作品・手仕事品一覧 | iichi ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販
iichiでは、26日まで、ウインターキャンペーン10%オフを開催中です。


|

« 今年最後の不動院仏画教室 | トップページ | シルバーと正絹の羽織紐「三味線撥」 »

彫金・ジュエリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年最後の不動院仏画教室 | トップページ | シルバーと正絹の羽織紐「三味線撥」 »