« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

仏画ワークショップ開講!@不動院教室

今月は、仏画ワークショップ「散華に描く、虚空蔵菩薩」を、不動院、クレド2教室で開催させていただきます。
まずは、不動院教室からスタート!

今回、下絵作りから、材料制作まで、結構時間を費やしました。
いつもお世話になっております木工職人Bean.sさんに散華板を丁寧に作っていただきました。とってもかわいい形をしております。
散華板に、私がヤシャブシで染めた和紙を裏打ちしてから張り付けました。そして、少しパール調になっています!

不動院教室の皆さんは、集中力が高く、筆に慣れてらっしゃる方ばかりなので安心しております。
教室メンバーの皆さんが協力的なので、よい環境。恵まれているなぁ~。と、いつもありがたく思っています。
宿題もしっかりやってきてくださっていましたので、スムーズに作業が始まりました。


Koae7567
窓側に座られた生徒さんたちの写真を撮っていなかった。窓側メンバーも頑張られていました!すみません!   

今回の主役、寅年守り本尊、虚空蔵菩薩さんです。
Img_9873
胎蔵曼荼羅の中に描かれている姿です。私が描いたものです。

Ehrq9935
薄墨で線を描くことは、以外に難しいです!しっかり墨が磨れてないと、線が滲むのです。
筆先に墨を含ませすぎると、線が滲んでしまいます。筆先に含ませる墨の量の調節が大事です。

赤、群青、緑青、金、4色で彩色しました。
淡彩色ですので、隈取筆でぼかします。
Jbdi6659

Rcfd6373
この生徒さんは、初めての淡彩色でしたが、上手にこなされました!

いつもより時間を使って制作しましたが、あと一歩、完成には至らず。。
筆に慣れている不動院の生徒さんで、3時間以上かかるということは、2月28日のクレド教室ワークショップは、初心者の方向けですので、今の内容では厳しいかもしれません。。もう少し工程を省いた方がいいかも。。。内容を再考しなくては!

不動院ワークショップ当日は、気持ち良い快晴!
境内では、ウエディングの前撮りをされてるカップルが!おめでたいですね!
ご主人さんは、水平ルック!
Img_9877

| | コメント (0)

鮪に初挑戦!

いつものお魚屋さんで、シビという魚を見つけました!
見た目はマグロ、体長40センチくらいのかわいいサイズです。

Bkag7118

シビというのは、マグロの子供の呼び名だそうです。いろいろなマグロの子の総称。
この子は一体、何マグロなんだろう??
調べてみると、シビ=鮪(まぐろ)という言葉は、万葉集にも登場するとのこと。当時からマグロが食べられていたのだな。


Img_9811 Img_9812
うちにある『原色魚類大図鑑』で調べてみると、ビンナガの子供っぽいです。でも、事実はわかりません!!

シビは、非常にたんぱく。あっさりしております。レアなツナという感じで、ツナが大好物の私には、美味しく感じますが、脂がのった身がお好きな方には、物足りないかもです。
Img_9801_20220214010601
さばいて、お刺身とカルパッチョにしました。たんぱくな切り身に玉ねぎドレッシングが合いました!

Igjc5759
私にとっては、かなり好みの魚だったので、次回、鮪を見つけたら、燻製にしたいと思います!

そして、いつも激安なスーパーYにて、尺味と尺サバを購入!
Bfdn7080
これはアジ。

一気に4尾を三枚におろす!楽しい~。。
まずは、サバから料理しました。

Fkam0549
こちらは、サバのガーリックソテー 醤油ソースです。シンプルな料理。オリーブオイルとガーリックで、じっくりゆっくり蒸し焼きしました。
皮はパリっと、身はふんわり柔らかく焼けました!

そして、残りの切り身は、味噌煮に。
Img_e9912
こちらも、じっくりゆっくりして、皮目をしっかり残しました。
味噌煮は難関。難しい料理だと思う。ガンガン強火で煮込んでしまうと、皮が無くなり、身も固くなり、見た目も汚い・・・汗
今回は、皮も残り、上手にできました!

魚料理をすると、アラなどの廃棄物が大量に出てしまいます。ここがウィークポイントでもあります(特に夏場はつらい。。)
出来るだけ、廃棄せずに、美味しく食べたい!利用法を考えつつ、魚をさばいています。
カンタンに排気量を減らす料理!
単純明快!頭や骨をカリカリに揚げます。

Nfgb5967
「SDGs焼き」と命名!(骨せんべいだろっ!?!)結構、これが一番おいしかったりします!

魚料理をすると、脳が癒されます!

| | コメント (0)

愛犬とDog Jewelryと

はい。お久しぶりです!本日の主役MILOUです!ミルウーではなく、ミロです。

Dogjewelry5
いつものお決まり唸りのフェイスでこんにちは。。汗

今回、ミロ愛用のドッグネックレスのご紹介です。
Bpac8801
ミロは一月生まれなので、ガーネットを使用。リボンをイメージしております。そこに、ハートをモチーフにした銀線装飾を。
チェーンは私のブレスレットと同じデザインです。以前のものより、数倍頑丈に作りました!ちょっと重くなりましたが。。。
リボンの裏側に、2種類の電話番号を刻印。


愛犬にドッグネックレスをつけることにしたのは、先代犬HULOT(ユロ、WFTオス)から。

ユロも、首輪と一緒に、電話番号が刻印されたドッグネックレスをつけておりました。
先代犬ユロは、ミロの数倍猟犬気質が強いやんちゃ野郎でしたので(そこがかわいかったのですが)、一瞬のスキを狙われて逃走されました。。涙
大きな車道で、ユロと私が渋滞をかいくぐって捕り物長。最終的に、近所の人たちと人間包囲網を作りユロを捕獲がお決まりでした。。
毎回、幸いにも大事には至らず。ユロは何食わぬ顔。追いかける側が命がけ。こけて、血を見る羽目になるのです…(汗)
ワンちゃんの街中での逃走と迷子は恐怖です。なので、電話番号入りチャームは必修アイテムです!


Dogjewelry6
生前のHULOTちゃん。今は、お大師さんと観音さんに囲まれた特等席で笑っています!


こちらミロちゃん。完成品をつけていただきました!
Dogjewelry2
全然つけていることが気にならないようで、一瞬にしてなじみました!

首輪についているのは、真鍮製のネームプレート。ねじり線でアンティーク調に。やはり裏側には電話番号を刻印しております。
どれだけ電話番号を付けたら気が済むのか!(笑)

Dogjewelry4

ユロは、私がジュエリー作家でデビューする直前に出会い、修行時代をともに過ごしてくれました。
私が広島で仏画教室を始めた年にユロが亡くなり、その半年後に、偶然ミロと出会いました。それから10年、一緒に過ごしてくれています。

どちらの子も、ワイヤーフォックステリアを探しに行ったわけではなく、偶然、行った先にワイヤーフォックステリアがいたという感じです。
そして、ご縁あって、うちの子になってくれました。

ワイヤーフォックステリアは頑固でわがまま。気性が荒い犬種だといわれていますが、
それをいやだなぁ~と思ったことはなく、むしろ、めっちゃかわいいくって、かわいすぎて困ってしまう日々です!!
いったんスイッチが入ると、まるでコント劇場のようになっちゃいますが…その姿も面白く思えてしまいます。。
ファニーフェイスで出迎えられると、疲れが一気に取れてしまいます。

ミロちゃんは女子力強めなので逃走の危険は少ないですが、シニア世代に突入しておりますので、健康的に長生きしてもらいたいと願っております!






 

| | コメント (0)

2月28日仏画特別講習会「散華に描く…」クラスが増設されました!

2月28日13時から中国新聞文化センタークレドビル教室で開催いたします、仏画特別講習会「散華に描く。寅年守り本尊虚空蔵菩薩」は、おかげさまで満席、キャンセル待ちとなりました。
仏画に興味を持っていただき、大変うれしく思っております。

そこで、急遽、クラスが増設となり、同日2月28日の午前10時から12時に開催することとなりました!

「散華に描く。寅年守り本尊虚空蔵菩薩」
2022年2月28日 10時から12時
中国新聞文化センタークレドビル教室

Img_e9668_20220203132901
開始時間以外をご参照ください!
【【満席・2/28】仏画に挑戦「散華を作ろう!寅年守り本尊・虚空蔵菩薩を描く」】中国新聞文化センター (c-culture.jp)

まだお席があるみたいですので、よろしければご参加ください!


 

| | コメント (0)

中国新聞文化センタークレド仏画教室

先週から2週連続で中国新聞文化センタークレド仏画教室が開講されました。
コロナ感染が落ち着かないため、参加できない生徒さんもおられますが、その他の生徒さんは、二週連続で参加してくださいました。

Eazc4343

先週から始まった彩色。バックの色を塗られております。

こちらは、供養菩薩。入り組んだ細かい空間から先に塗られています。
Fdjr4828

こちらは、無量寿如来を描かれています。バックの群青を大胆に塗られ、蓮華の台座を彩色されています。
Oisr4422
仏様の蓮華座の臺(うてな)は、仏様の座られる面の色と側面の色は色を変えて彩色します。
仏様の紙の色が群青色を彩色します。(仏にそなわっている特徴の一つ)仏さまの髪の毛は青珠のように青く、長くて光沢があり、芳香を放っているそうです。。

何気に仏画を眺めていた時には見えなかったことが、描いてみると、細かいところまでいろいろ見えてきます。どんどん楽しくなります!

教室が終わり、帰る準備をしていたら、今月28日に開催される、仏画一日講座「散華に描く。寅年守り本尊虚空蔵菩薩」が、満席キャンセル待ち状態となっているとスタッフさんよりご報告がありました!
参加してくださる方がおられるだろうか??と、ちょっと心配していたので。。。安心しました!!
そこで、同じ日の午前中(10~12時)に、もう一クラス増設されるそうです。詳細がはっきりしましたら、またご報告いたします!

【仏画特別講座】
 2022年2月28日(月)13時~15時
 中国新聞文化センタークレド教室
「散華に描く。寅年守り本尊虚空蔵菩」

Img_e9668


| | コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »