« 釣具を作る。 | トップページ | HIROSHIMA Craftsman's Session »

4月の仏画教室

4月も仏画教室2講座開催いたしました。
まずはクレド教室です。
彩色画にチャレンジされているお二人が、仏様の身色を塗られました。
身色の絵具を作り、塗る作業は、非常に緊張します。。
尊像によって肌色は違いますが、胡粉をメインにして、何色か混色します。
胡粉に膠を混ぜ込んで団子状にするのが一苦労。。胡粉を丁寧に溶く作業は一番の難関です!
元気そうな肌色だと、どうも「人間らしさ」を感じてしまうし、真っ白、美白すぎても、なんだか宇宙人っぽくなってしまうし。。
ちょうどその中間、ほんのり血色を感じる、色白な仏様に仕上げたいのです。。
お二人で協力して、肌色を製作しました。

こちらは、阿弥陀如来坐像。
 Txwx1942
肌色を塗って、蓮台のうんげん彩色に取り掛かったところ。
絵の具の溶き方も、塗り方も丁寧です!

こちらは、供養菩薩。 

Looe8279
絵の具の赤朱を塗るのが、結構難しいです。。
仏様の肌色が入ると、全体のイメージがわきやすいように思えます。少し先のイメージが見えてくるような気がします。

こちらは、紺紙金泥画「不動明王坐像」

 Img_1167
こちらは、線描きが得意な方なので、衣の文様を細かく丁寧に描かれます!気持ちの良い線です。
Uorf1158
完成が楽しみです!


こちらは、土曜日の不動院教室です。
今回は、下塗りの方が多かったので、大きな皿を使って、絵具を溶く作業がいたるところで見られました!
下塗り作業の絵具溶きは、結構肉体労働という感じですが、、、皆さん、根気強い方ばかり。最後までやり遂げられました!

こちらは、阿弥陀如来坐像。バックの色を刷毛塗りされています。
Cuit5499
渋い色です。ムラなく、きれいに塗られました!

皆さん、集中力が高く、切り替え上手なので、教室はいつも、真剣かつ和やかな雰囲気。ありがたいです!
 
Eqid1660
来月はお仕事の関係で、お休みをいただきます。6月お会いしましょう!

|

« 釣具を作る。 | トップページ | HIROSHIMA Craftsman's Session »

仏画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釣具を作る。 | トップページ | HIROSHIMA Craftsman's Session »