« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

初マゴチ

2022年上半期の催事がひと段落したので、いつもお世話になっている船長さんが船に乗せて下さり、瀬戸内海沖へでました!
催事準備をしていた時は、毎夜のように、釣り番組を見たり、youtube見たりして、海を恋しがっていました。

沖へ出た直後、イワシの大群が、海上で暴れて、波しぶきをあげていました!(動画参照)
「ナブラが湧く」とは、このことなのですねぇ~。ワクワクしました!

タイラバに挑戦しました。

翌日は、友人夫妻など、数名がアトリエに訪れ、ランチ会をすることになっていました。友人たちは、私の釣果に期待していました。。プレッシャーですね。(笑)
私は、より美味しい状態で持ち帰りたかったので、出刃包丁持参!船上で、エラや内臓を切り落とすつもりでした。やる気マンマン‼︎

船長さんがマゴチを釣り上げました!
マゴチの顔はグロテスクですが…
扇のような胸鰭をひらひら、腰をゆらゆら動かしながら舞い泳ぐ姿は優美。
あまりにも美しいので、思わず「すごい!!すごい!!」と声を上げてしまいました。。汗
めちゃめちゃ手際よく、神経締めと血抜きが行われました。

昼過ぎから、風が強くなり帰港。
私は、何度も何度も釣り糸を垂らしても、当たりなし。ボウズでした・・・汗
釣りの面ではボウズでしたが、海洋療法を兼ねての釣行ですので(負け惜しみではありません!!笑)
海の色や波の音に身をゆだねていると、半年間、体の中に溜め込んでいたものが排出され、心身共に癒されました。。

お土産にマゴチを頂きまして、翌日の魚を何とか確保!ありがたいです。。

うちに戻り、お楽しみの魚捌き。
Photo_20220731100601
このような見た目でも、高級魚!!!
Img_3432 
体長55センチ。立派ですね!!

ミロちゃんも、ファニーフェイスのマゴチにおっかなびっくり。。

マゴチの腹骨は角度がついていて、すくのが難しかったです。皮は厚みがあり、皮引きは簡単にできました。

こちらは試作のお刺身。お客様には、もう少しこだわって、丁寧に盛り付けましたよ。。汗
Ozes8883-1_20220731100601
釣りたては鮮度があり、ぷりぷり感が強かったですが、
毎日少しずつ、熟成され、しっとり感も高まり、上品な味わいになっていきました。
なんとも言えない身の質感にはまりました!めちゃめちゃ美味しい!!
お客様にも、マゴチのお刺身は大好評。胃袋も満足。

船長さんには、感謝感謝です!!

| | コメント (0)

アトリエに戻りました!

江波アトリエでの生活に戻りました!
サボテンたちも元気に成長しておりました。
まずは、催事の後片付けや、オーダー制作を。

久しぶりに、日課のウォーキング。天満川土手を歩いた後に、江波山に登ります。
残念ながら、海上がガスっていて、弥山は拝めませんでした。。
Oeme2382_20220731103101
山のアジサイが、味わい深い色合いに変わっていました。なんだかおしゃれな印象。

ちょうどこの日は、氏神様である衣羽神社の「夏越大祭」が開催されました。
Bwwy8351_20220731103101
神殿の茅の輪をくぐり、人型をしたお札を納め、2022年上半期に溜め込んだ穢れをお祓いをしていただきました。
また新な気持ちに切り替わり、下半期も充実させたいと思います!

神社に猫ちゃんが4匹も増えていました。みんなスリムボディー!
Bdoq1564_20220731103101

おみこしの上で、すやすや子猫ちゃん。かわいい。。
Qvng8759_20220731103101
これから、よろしくね。

日常が戻ると、心がほっとしました。

| | コメント (0)

ポップアップショップ終了いたしました

広島三越100年アパートメント ポップアップショップHANA +Hoshino[くらし・かざる]は、無事終了いたしました。
会場に足を運んで下さった皆様、遠くから見守ってくださった皆様、終始、親切に対応して下さった100年アパートメントスタッフさん、
そして、一緒に展示して下さったHoshinoさん、ありがとうございました。

Pbvp9263
期間中、100年アパートメントのスタッフさんが、私が作った和小物をつけて着物で接客してくださいました。
Xdpt1513

Amun8081
このようなお心使いが、大変うれしいです。。(^^)

今年に入り、コンスタントに展示会が続いております。
今まで、作家さんと一緒に展示する機会はたくさん経験してきましたが、今年は、私主導で展示を進める立場となりました。
立場が変わり、視点が変わると、今まで見えてなかったことが見えてくるものですね。大変勉強になりました。

そして今年は、作家活動だけでなく、お店経営もされている方々や経験者の方々との出会いが増えています。
集中力高めの私は、作ることに専念すると、なかなか接客が出来ない性質なので、一人でのお店運営は難しいですが、、、汗
お話する中で、いろいろな可能性を考えてくださったりと、大変刺激を受けています。


次回は10月。通常通り、一人での出展となります。
10月から、仏画教室のスタイルも変わります。

どうぞよろしくお願いいたします。








 

 

| | コメント (0)

HANA+Hosho 「くらし・かざる」始まりました!

広島三越3階 100年アパートメントポップアップショップ「HANA+Hoshino くらし・かざる」が始まりました!

2022年7月19日(火)~7月25日(月)

10時30分~19時30分(最終日は18時まで)

この度、アンティークショップHoshinoさんとのコラボ企画展となっており、いつもより重厚感あるディスプレイとなりました。


Img_3335
ガレの大きなカップがお出迎え。
Img_3334
新作ジュエリー
Img_3337
こちらは和小物

Img_3338
李朝 化粧箱とともに。

Img_3339

Img_3340

いつもとは違う雰囲気を、ぜひ味わいに来てください!

| | コメント (0)

7月の仏画教室

7月も仏画教室2校を開講いたしました。

まずは、クレド教室。
彩色画、墨線描き練習と、それぞれの作業に取り組まれました。

暈繝彩色(うんげんさいしき)
Bvmc6691
彩色画は2作品目の生徒さんですが、絵具の溶き方、塗り方ともに、上達されています。
手際が良く、根気強さが制作に現れています。


供養菩薩(くようぼさつ)
Ocgg8254
青の暈繝彩色が入りました!


不動院教室は、前日の豪雨で開催が心配されましたが、晴天の中、皆さん集合することが出来ました!

阿弥陀如来坐像を制作されている生徒さん。
Oite3938
肌色を無事に塗られ、一安心です!

俱利伽羅龍剣を制作中の生徒さん。
線起こしと、金泥を残すばかりとなりました。あと一息です!
Azpk6711

散華の暈繝彩色の生徒さん。
Dpzw9625
難しい鳥の彩色。毛並みを極細面相筆で描いておられます。

紺紙金泥画「大日如来坐像」
Fvmp9894    
金泥の扱い方を、熱心に勉強されました!線描きも順調です!

暈繝彩色初挑戦の生徒さん。ウクライナの国旗の色をバックに平和を祈ります。
Wqoa3653


龍神図に挑戦されている生徒さんとの会話の中で、どのような龍神さんにしたいですか?と質問させていただきました。
すると、以前、私が描いた龍神図の中の龍と同じ色合いにしたいというリクエストがありました。
「じゃあ黒系ですね!」と私が答えたら、生徒さんは「いいえ。白い龍です!」と…
「白い龍??あれ?描いたことないなぁ。。。汗」と、一瞬フリーズしてしまいました。不思議な気分のまま(笑)教室を後に。

アトリエに戻り、龍神図をジーっと眺めながら、なぜこの龍が白く見えるんだろう??と考えていたら…
わかりました!!

私の龍神さんは、「雲気が立ち込める闇を切り裂き現れる龍神」というイメージで描きました。
なので、龍神さんは、独自で混色した黒系絵具で塗った後に、筋肉や腹などの出っ張り部分を、白系、シルバー、ゴールドの明るい色で隈取を(ぼかし)を入れています。黒い龍だからと言って、真っ黒に塗りつぶすわけではありません。

私は「黒い龍」というイメージで眺めるので、視点は、龍の黒い色の部分にあります。
しかし、生徒さんはそのような題材で描かれていることは知らず、白系絵具の隈取りに視点を置いて眺められたため、白い龍と認識されたのでした。
同じものを眺めていても、見る人によって、見え方が違うということを改めて気づかされる、興味深い出来事でした!

ちなみに…
仏様の真っ赤な衣を表現する際も、ただ真っ赤な絵具をべた塗りするだけではなく、しわの部分や盛り上がった部分に白系の隈取りを入れてみたり、逆にオレンジ系の丹という絵具を塗った上に赤色でぼかして赤い衣をイメージさせてみたりと、
ある一つの色をあらわすにしても、いろいろな表現方法があります!それを考えるのが楽しみ(苦しみ…笑)でもあります!





| | コメント (0)

銅製髪留め「芭蕉」

HANA'S GARDENは、サボテンだけではありません!!
夏になると、バナナが急成長!
バナナの葉なのか、芭蕉の葉なのか区別はつきませんが、あの形が大好きで、
アトリエでは、原種のアケビバナナ、自宅では、モンキーバナナを育てています。


Suzs4940

みずみずしい大きな葉が、潮風に揺れて、キラキラ輝いています。

Wyuy3105
小さなバナナの花芽も出ましたよ!
今年は、植物の育ちが良く、友人に来てもらい何本か掘り起こして、お庭に地植えしてもいました。成長が楽しみです!


ドライブ中、「なぜここに植えた?」というような場所で、栽培者不明のバナナの木(芭蕉かも)見かけます。
それは、河川敷であったり、山の中腹であったり…その姿はWILD!私は、それらのバナナを、「野良バナナ」と呼んでいます(笑)
野良バナナを発見するたびに心躍らせております!

毎日、アトリエのバナナの葉を見ては、心をときめかせております。

そんなこんなで生まれた、芭蕉の葉モチーフの髪留めです。

Krsv9887
マジェステタイプ。
かんざしの部分には、淡水パールを配置。

Cdzj3552
しっかりと留まり、安定感のある髪留めです!

7月19日~の広島三越3階100年アパートメントさんでお披露目です。

HANA+Hoshino 「くらし・かざる」
2022年7月19日(火)~25日(月)
10時30分~19時30分(最終日18時まで)


 

| | コメント (0)

夏越の祓い

江波の生活では、「邪気払い」の習慣を取り入れています。
と言っても…私は、いわゆる「スピリチュアル」に傾倒しているわけでもなく…仏教思想や、日本古来の風習としての「邪気払い」に興味があるからです。

アトリエに到着したら、お香を焚きます。お香の煙は、その場を浄化し、身を清める働きがあるとされます。
そして、軽いウォーキングで健康な体を保ちます。
そして、仕事が終わったら、海由来の天然塩を入れたお風呂につかります。海に浸かっている気分で!(笑)
海に浸かることは、癒しだけではなく、最大最高級の浄化の作用があるといわれています!
この3つが、日々のルーティンワークとなっております。

気づけば、この習慣を取り入れてから3年。
日々の積み重ねはわずかなことで、変化も目には見えませんでしたが、
3年たった今、以前の自分と今の自分は、心持ちや体調が軽やかに変化したと感じています。

6月30日といえば、神社では夏越の祓いが行われます。
アトリエの氏神様である衣羽神社には、残念ながら茅の輪はありませんでした。。

その夜は奇遇にも、この邪気払い習慣について教わった先生の勉強会が行われました。先生との初対面の日でもありました。
初めてお目にかかる先生は、想像していたイメージと寸分に変わらなくて感動。。優しい笑顔の明るい方でした!
真言行者でもある先生のお祓いを受けて、勉強会は終了。三年間の総まとめが出来ました。

先生の勉強会が終わった後、たまたま通りがかった白神社でお参りすることが出来ました!
Img_2941
こちらは、私の七五三をしてもらった神社で、子供のころからたびたび訪れる、親近感ある場所でもあります。
茅の輪をくぐり、半年にたまった穢れを払っていただきました。


そして、7月1日は、山盛りの桃がいっぱい!
Mrpt1097Xinn8014
うちのせせこましい花壇で桃が実りました。桃は「仙果」と呼ばれ、古来から邪気を払いのけてくれる果実とされております。
毎年、近所のちびっこたちに、収穫を体験してもらっています。
先日、桃を収穫してくれたちびっこのお母さんが、コンポートを作って持ってきて下さしました!美味しかった!


そして翌日は、船長さんより、大きな真鯛が届きました!
Img_2999

ハレの日のお膳に並ぶ真鯛も、古くから邪気払いのお魚といわれています。
古来から、赤色は邪気を払う色とされていますから、赤いお魚全般は良い意味があるかと思われます!

Img_e3039 
やっぱり、一番好きなのはお刺身!お醤油が合う!
釣りたてより、少し置いた方が、身がしっとりして、うまみも出て断然美味しいです!

Img_2996
真鯛とサボテン(大型宝剣)、私の好きなもの尽くしで記念撮影!
顔はノーメイク眼鏡だったので自粛…汗
実は、先のとんがった植物をうちの外に置くと、邪気を払ってくれるといわれています。。(笑)

どんだけ邪気がたまってるのか??と言いたくなりますが…(笑)

今年の夏越払いはスペシャルでした!


 

 

| | コメント (0)

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »