9月の中国新聞クレド教室

本日、中国新聞文化センタークレドビル教室の「仏画教室」開講日。そして、ラストデーでした。


7603a90ad2284c1fafb0f0a92567b7e3
墨線描きを熱心にされた生徒さん。普段より、一層集中されて描かれていました。

641f74808e3b44eb9cbd467a5216a803
散華のうんげんに挑戦されている生徒さん。

5f29871cbe514dfb9240aa386b9cafcb
二度目の暈繝彩色に取り組まれている生徒さん。絵具の溶き方や塗り方が丁寧で精密。
前回も今回も4段の暈繝彩色です。
前回は、一番濃い色の4段目が単色にしてもらいましたが、今回は、4段目を混色にして段を作ることに挑戦して頂いております。
絵の具を数種類混ぜて、自分が好む色を作ることや、混色を使ってのうんげん彩色を体感していただきたいのです。
今回は、抹茶クリームのような、ニュアンスカラー系グリーンの一段目を上手に塗られました!

こちらは、供養菩薩に挑戦されています。
C1c0d7c32c6a455ba29b11c142e023e2
この方も二度目の暈繝彩色となりますので、ちょっと絵心を+した絵を描いていただくことにしました!
例えば、蓮台でしたら、同じ花弁でも、真正面の花弁、斜めに向いている花弁、裏側に向かって開いている花弁、いろいろな角度で描かれていますので、角度を考慮しながら、暈繝の段の幅を微妙に調節して塗っていただきました。
もう一つは、もし花びらの上に衣がかぶって見えていない部分があるならば、隠れている部分を想像しながら描いていくということも。
見えない部分を想像しながら、つながりのある絵になるのではないかと思います。
どちらも、ただただ色を塗り重ねた暈繝彩色より、もっと立体的な仕上がりになると思います!
言葉で説明すると、「何のこと??」って感じですが…(笑)生徒さんはしっかり理解して、描いてくださいました!
生徒さんも、一段一段ステップを踏まれ、上達されています。大変うれしく思います!

中国新聞文化センターさんとの出会いは、私がまだ京都で仏画の勉強に通っていた時にお声がけいただいたことがきっかけです。
そして、広島に戻つてきて間もない2012年、今はなき三越ビル教室で特別講座を開催して頂きました。
それから、定期的に特別講習会を開催し、2017年より、今のスタイルである、クレドビル教室月一講座がスタートしました。
気づいてみれば、広島新生活とともに、10年の月日が経過しました。

半年前に、私の事情で、この教室の閉講することになりました。
生徒さんにご報告してからも、「最後の日まで一緒に居ましょう!」と言ってくださり、大変感激しました。生徒さんには心から感謝しております。
もちろん、教室スタッフの皆様にも、終始親切にしていただき、大変お世話になり、感謝しております。
これからも単発の特別講習会でお世話になりますし、10月からは、新たな形の教室がスタートしますので、生徒さんとのご縁も続きます。



| | コメント (0)

8月の不動院仏画教室

8月の不動院仏画教室は、ちょうどお盆真っ只中の催となり、参加メンバーはいつもの半分の人数。
人数が半分となると、私のあわただしさも半分…(笑)教室の空気が、いつもより落ち着いた感じ。
私がバタバタしない分、生徒さんもじっくり集中できたのではないでしょうか??

うんげん彩色初挑戦の生徒さん。
Uahq5719
初級のうんげん彩色は、日本画の絵の具の扱い方を身に着けるためのトレーニングでもあると思います。
何度も何度も、絵具を溶いて、絵具の性質を感じ取ってください!

こちらは、竜神さんです。胡粉(白色)で、雲のぼかしに取り掛かっておられます。
根気のいる作業ですね。
Dvvo2452

そして、こちらは俱利伽羅龍剣を描かれております。
Img_3691

そして今回、三年かけて完成しました!
Neqe3861
三年の制作期間の中で、何度か逃げ出したくなった時があったそうです。
たまにはお休みしつつ、少しずつ、コツコツ筆を動かし続け、完成にたどり着きました!
生徒さんの作品の完成は、自分のことのようにうれしく、感動します。今回も感動!!
完成後は、板から絵を外して、額に納め、より重厚感が増しております。

今回お休みされた生徒さんは、日を改めて、アトリエに補講に来られました。
来月、クレド教室を終えますので、長年続けてきた2教室体制は、あと一回で終了。
クレドの生徒さんは、アトリエか不動院教室に移動してくださることになっております。

| | コメント (0)

8月の中国新聞文化センター仏画教室

中国新聞文化センタークレドビル教室の仏画教室を開講しました。
展示後初の仏画教室、頭を切り替えて、ボケないように、ボケないようにと注意しておりましたが、
大きな絵皿を忘れてしまい、バック塗りの方にご迷惑をおかけしました。。

 8gatu-kuredo
ということで、散華の中のパーツから塗って頂いています。(通常は、バックの色を塗ってからです…汗)


こちらは、暈繝彩色です。
Photo_20220805142801
暈繝彩色は、一つのパーツの中に、4段から、多い時で6~7段、同系色の段(グラデーション)を重ねて塗ります。
些細なことですが、段ごとの角度が歪んでいたり、段の幅のバランスがよくないと、暈繝彩色の効果が半減してしまいます。。
とても几帳面な方なので、数ミリ単位の修正を入れて、バランスの良い赤の暈繝彩色が出来上がっていきました!

こちらは、供養菩薩の彩色画に挑戦されています。

Photo_20220805142901
今回は、茎の部分を緑系の混色で彩色していただきました。
以前は、パーツのアウトライン(下絵の墨線)をなぞってから、筆先で線を描くように彩色されていたので、所々、筆跡が残ってしまうことがありました。
そこで今回は、アウトラインをなぞらず、筆の穂先をしっかりと使い、いつもより大胆に塗っていただきました。
すると、若草色の茎がしっかり発色!ムラなく、きれいに塗れました!お見事!

こちらは、龍神さんの墨線描きをされています。

8_20220805142901
下絵の中のパーツがどのように繋がっているかをご説明しました。

描きたい部分からスタートしたらよいかと思います。
線だけを追って写し取ると、全体像が見えてきませんので、この部分は何なのか、そして、どのように繋がっていくのかを、意識しながら描くことが重要だと思っています。

そして、私も線描きを。
不動院教室の生徒さんが、作品完成間近なので、次回の作品の下絵を作っております。
Photo_20220805142902
天人が描きたいといわれていたので、描いてみました。
本業がありますので、一日中、筆を持つことは出来ませんが、毎日、少しずつでも手を動かすことが大切です!

来月、クレド教室通常レッスンがラストとなります!

| | コメント (0)

7月の仏画教室

7月も仏画教室2校を開講いたしました。

まずは、クレド教室。
彩色画、墨線描き練習と、それぞれの作業に取り組まれました。

暈繝彩色(うんげんさいしき)
Bvmc6691
彩色画は2作品目の生徒さんですが、絵具の溶き方、塗り方ともに、上達されています。
手際が良く、根気強さが制作に現れています。


供養菩薩(くようぼさつ)
Ocgg8254
青の暈繝彩色が入りました!


不動院教室は、前日の豪雨で開催が心配されましたが、晴天の中、皆さん集合することが出来ました!

阿弥陀如来坐像を制作されている生徒さん。
Oite3938
肌色を無事に塗られ、一安心です!

俱利伽羅龍剣を制作中の生徒さん。
線起こしと、金泥を残すばかりとなりました。あと一息です!
Azpk6711

散華の暈繝彩色の生徒さん。
Dpzw9625
難しい鳥の彩色。毛並みを極細面相筆で描いておられます。

紺紙金泥画「大日如来坐像」
Fvmp9894    
金泥の扱い方を、熱心に勉強されました!線描きも順調です!

暈繝彩色初挑戦の生徒さん。ウクライナの国旗の色をバックに平和を祈ります。
Wqoa3653


龍神図に挑戦されている生徒さんとの会話の中で、どのような龍神さんにしたいですか?と質問させていただきました。
すると、以前、私が描いた龍神図の中の龍と同じ色合いにしたいというリクエストがありました。
「じゃあ黒系ですね!」と私が答えたら、生徒さんは「いいえ。白い龍です!」と…
「白い龍??あれ?描いたことないなぁ。。。汗」と、一瞬フリーズしてしまいました。不思議な気分のまま(笑)教室を後に。

アトリエに戻り、龍神図をジーっと眺めながら、なぜこの龍が白く見えるんだろう??と考えていたら…
わかりました!!

私の龍神さんは、「雲気が立ち込める闇を切り裂き現れる龍神」というイメージで描きました。
なので、龍神さんは、独自で混色した黒系絵具で塗った後に、筋肉や腹などの出っ張り部分を、白系、シルバー、ゴールドの明るい色で隈取を(ぼかし)を入れています。黒い龍だからと言って、真っ黒に塗りつぶすわけではありません。

私は「黒い龍」というイメージで眺めるので、視点は、龍の黒い色の部分にあります。
しかし、生徒さんはそのような題材で描かれていることは知らず、白系絵具の隈取りに視点を置いて眺められたため、白い龍と認識されたのでした。
同じものを眺めていても、見る人によって、見え方が違うということを改めて気づかされる、興味深い出来事でした!

ちなみに…
仏様の真っ赤な衣を表現する際も、ただ真っ赤な絵具をべた塗りするだけではなく、しわの部分や盛り上がった部分に白系の隈取りを入れてみたり、逆にオレンジ系の丹という絵具を塗った上に赤色でぼかして赤い衣をイメージさせてみたりと、
ある一つの色をあらわすにしても、いろいろな表現方法があります!それを考えるのが楽しみ(苦しみ…笑)でもあります!





| | コメント (0)

仏画教室ウィークでした!

ヒロシマクラフツマンズセッションが終了しても、オーダー制作や後片付けなどがしばらく続きました。
オーダ品をお客様のもとにお届けして、やっとイベントが終了。という気分になり、ほっとしました。。

先日の京都は、自分自身のお勉強。
5月は不動院教室をお休みさせていただきましたので、補講希望者はアトリエレッスン数件、そして、二週連続でクレド教室開講と…
一気に仏画色が濃くなりました!!

五月のクレド教室は、生徒さんが紺紙金泥画「不動明王坐像」を完成されました!
この生徒さんは、線描きが安定しています。特に、衣の文様など、細かい線を描くのが得意とされています。
このGWは、生徒さんはアトリエに製作中の金泥画を持ってきてくださいました。
いつも通り、丁寧で繊細、精巧に描かれていました。しかし…何か足らない。。

あっ!!パワーだっ!!元気が足らない!!

お不動さんの背後の迦楼羅炎(かるらえん)は、不浄を焼き尽くす炎。
難下の衆生を教化する役割を持つお不動さんの勢いが足らないのだ!と感じたのです。
お不動さんの、ゆるぎない菩提心を絵に込めてほしいと思いました。

2005年、私が種智院大学に編入して、初めて描いたお不動さんの紺紙金泥画を取り出し、見てもらいました。
線は非常ー--にへたっぴですが…(笑)どしっと構えたお不動さんは、金泥が勢いよく、キラキラと輝いていました!
過去に自分が描いた絵ですが、他人さんの絵のように感じてしまうのですが、うまい下手を越えた、当時の心意気を思い出しました。
ただただ上手に描くだけでは表現できない何かがあるのだなぁ。。と、改めて感じたのです。

生徒さんにも伝わったようでした!

衣の文様はそのままで、全体的にもう少し太く、濃く修正してもらうようにしました。
そして、25日のクレド教室に修正してもらったお不動さんを見せてもらったところ、
元気いっぱいのお不動さんに生まれ変わっていました!!
Img_2082

以前より、金泥がいきいきと輝いていました。
お伝えしたかったことが、生徒さんに伝わり、絵に表現されたことがうれしかったです!

そして、他の生徒さんが持ってきてくださった大日さんとともに、教室に飾りました!

Img_2085


| | コメント (0)

京都仏画修行

久しぶりに京都の導場へ。

京都に降り立つと、真夏のようなお天気!
湿気を含んだ重みのある空気を、久しぶりに感じました。

Mksj2452_20220530071301
お庭の緑がキラキラ輝いておりました。

Qrqd6042
今、一番気になる植物、棕櫚を発見。しばし注目!


Wuzh3803


導場で仏画を描くのは、一年半ぶりでした。
元興寺 智光曼荼羅の中尊、阿弥陀如来坐像です。
Futr9973
今回は、台座のうんげん彩色を中心に彩色しました。
まだまだ全体像は見えてきません…先は長いですが、短時間での完成を目指しております!

| | コメント (0)

4月の仏画教室

4月も仏画教室2講座開催いたしました。
まずはクレド教室です。
彩色画にチャレンジされているお二人が、仏様の身色を塗られました。
身色の絵具を作り、塗る作業は、非常に緊張します。。
尊像によって肌色は違いますが、胡粉をメインにして、何色か混色します。
胡粉に膠を混ぜ込んで団子状にするのが一苦労。。胡粉を丁寧に溶く作業は一番の難関です!
元気そうな肌色だと、どうも「人間らしさ」を感じてしまうし、真っ白、美白すぎても、なんだか宇宙人っぽくなってしまうし。。
ちょうどその中間、ほんのり血色を感じる、色白な仏様に仕上げたいのです。。
お二人で協力して、肌色を製作しました。

こちらは、阿弥陀如来坐像。
 Txwx1942
肌色を塗って、蓮台のうんげん彩色に取り掛かったところ。
絵の具の溶き方も、塗り方も丁寧です!

こちらは、供養菩薩。 

Looe8279
絵の具の赤朱を塗るのが、結構難しいです。。
仏様の肌色が入ると、全体のイメージがわきやすいように思えます。少し先のイメージが見えてくるような気がします。

こちらは、紺紙金泥画「不動明王坐像」

 Img_1167
こちらは、線描きが得意な方なので、衣の文様を細かく丁寧に描かれます!気持ちの良い線です。
Uorf1158
完成が楽しみです!


こちらは、土曜日の不動院教室です。
今回は、下塗りの方が多かったので、大きな皿を使って、絵具を溶く作業がいたるところで見られました!
下塗り作業の絵具溶きは、結構肉体労働という感じですが、、、皆さん、根気強い方ばかり。最後までやり遂げられました!

こちらは、阿弥陀如来坐像。バックの色を刷毛塗りされています。
Cuit5499
渋い色です。ムラなく、きれいに塗られました!

皆さん、集中力が高く、切り替え上手なので、教室はいつも、真剣かつ和やかな雰囲気。ありがたいです!
 
Eqid1660
来月はお仕事の関係で、お休みをいただきます。6月お会いしましょう!

| | コメント (0)

中国新聞文化センタークレド教室特別講習「散華に描く、虚空蔵菩薩」

中国新聞文化センタークレドビル教室にて、仏画教室の特別講習会「散華に描く、寅年守り本尊 虚空蔵菩薩」を開催いたしました。

はじめは、お昼のクラスのみでしたが、急遽、午前のクラスが増設となりました。
不動院仏画教室の生徒さんにお手伝いしていただき、散華板を追加で制作しました。

ワークショップの制作内容が濃くなってしまいました。。汗
先に行こなわれた不動院教室のワークショップでは、時間内に完成出来る方がほとんどいらっしゃらなかったので、
クレド教室では、作業工程を少し簡略化して、二時間で完成しなくても、お家に帰ってから続きを描いていただけるように絵具を持ち運びできるようにしました。

仏画は、自分の中にある仏性(仏様の心)が映し出されるものだと感じています。
「美しく描きたい!」という気持ちも大事ですが、表面的な美しさばかりを追ってはだめですね。。
仏さんを拝む気持ちと、一線一線を丁寧に描く気持ちが大事。そして、今、この一瞬の「全力」が繰り返されて作品が作り上げられます。
ちょっと線が曲がっても、色がはみ出しても大丈夫!問題なしです!


参加してくださった方々は、初めて絵筆を持たれる方から、普段から絵を描かれている方まで、様々。
集中力高めで嬉しく思いました。

Img_0297 Img_0295

同じ内容のワークショップでも、午前のコースと午後のコースは、制作の進行スピードも、作品の仕上がりも全く違っていて、
それぞれに個性があった点が、非常に興味深かったです!

こちら午前コース
Img_0296_20220303174801
午前のコースは慎重派。制作スピードも穏やかで丁寧。


こちら、午後のコース
Img_0301
元気いっぱい。勢いと強さが感じられました!
作品が次々と完成していきました。

こちらは、時間内に完成された方々の散華です。それぞれに個性があり、見入ってしまいます。
かわいらしい仏様が完成しました。
Img_0310 Img_0308 Img_e0307 Img_0305 Img_0304 Img_0303 Img_0312

この方のみ、火炎光背なのは、教室に飾った極彩色の虚空蔵菩薩さんを見ながら描かれたからだと思います!(⌒∇⌒)
Img_9873_20220303175101

ここ数年、「波動」について考えるようになってから、波動の高さや強さを感じるようになりました。
それは、目に見えるものではないし、高い、強いに優劣があるわけではありませんが
その場の「空気感」というものが、制作や作品に大きく作用するのだと感じられるようになりました。
今、「場を作ること」の大切さやむずかしさを感じています。
今回のワークショップも、私にとって、良い経験になりました!

| | コメント (0)

仏画ワークショップ開講!@不動院教室

今月は、仏画ワークショップ「散華に描く、虚空蔵菩薩」を、不動院、クレド2教室で開催させていただきます。
まずは、不動院教室からスタート!

今回、下絵作りから、材料制作まで、結構時間を費やしました。
いつもお世話になっております木工職人Bean.sさんに散華板を丁寧に作っていただきました。とってもかわいい形をしております。
散華板に、私がヤシャブシで染めた和紙を裏打ちしてから張り付けました。そして、少しパール調になっています!

不動院教室の皆さんは、集中力が高く、筆に慣れてらっしゃる方ばかりなので安心しております。
教室メンバーの皆さんが協力的なので、よい環境。恵まれているなぁ~。と、いつもありがたく思っています。
宿題もしっかりやってきてくださっていましたので、スムーズに作業が始まりました。


Koae7567
窓側に座られた生徒さんたちの写真を撮っていなかった。窓側メンバーも頑張られていました!すみません!   

今回の主役、寅年守り本尊、虚空蔵菩薩さんです。
Img_9873
胎蔵曼荼羅の中に描かれている姿です。私が描いたものです。

Ehrq9935
薄墨で線を描くことは、以外に難しいです!しっかり墨が磨れてないと、線が滲むのです。
筆先に墨を含ませすぎると、線が滲んでしまいます。筆先に含ませる墨の量の調節が大事です。

赤、群青、緑青、金、4色で彩色しました。
淡彩色ですので、隈取筆でぼかします。
Jbdi6659

Rcfd6373
この生徒さんは、初めての淡彩色でしたが、上手にこなされました!

いつもより時間を使って制作しましたが、あと一歩、完成には至らず。。
筆に慣れている不動院の生徒さんで、3時間以上かかるということは、2月28日のクレド教室ワークショップは、初心者の方向けですので、今の内容では厳しいかもしれません。。もう少し工程を省いた方がいいかも。。。内容を再考しなくては!

不動院ワークショップ当日は、気持ち良い快晴!
境内では、ウエディングの前撮りをされてるカップルが!おめでたいですね!
ご主人さんは、水平ルック!
Img_9877

| | コメント (0)

2月28日仏画特別講習会「散華に描く…」クラスが増設されました!

2月28日13時から中国新聞文化センタークレドビル教室で開催いたします、仏画特別講習会「散華に描く。寅年守り本尊虚空蔵菩薩」は、おかげさまで満席、キャンセル待ちとなりました。
仏画に興味を持っていただき、大変うれしく思っております。

そこで、急遽、クラスが増設となり、同日2月28日の午前10時から12時に開催することとなりました!

「散華に描く。寅年守り本尊虚空蔵菩薩」
2022年2月28日 10時から12時
中国新聞文化センタークレドビル教室

Img_e9668_20220203132901
開始時間以外をご参照ください!
【【満席・2/28】仏画に挑戦「散華を作ろう!寅年守り本尊・虚空蔵菩薩を描く」】中国新聞文化センター (c-culture.jp)

まだお席があるみたいですので、よろしければご参加ください!


 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧