3月の仏画教室

三月はジュエリー出展からはじまりましたが、仏画教室も休まず開催させて頂きました。

ちゅーピーカレッジクレド教室は、三越ポップアップ会期と重なり、スタッフさんの協力を受けて開催することが出来ました。
朝から三越さんで販売をして、お昼から退席し、クレドビルへ移動。再び三越さんへリターン。
ただただ焦りまくっているからか・・・数百メートルの距離がものすごーく長く感じました。。(苦笑)

ちゅーピー教室では、生徒さんのおわかれや移動がありまして、来月から新たなメンバー構成となります。
最近、お互いの気心が知れてきて、仲良しです。和やかな空気感はいつもありがたいのですが、
その反面、集中力が欠けてきている方と、集中力満点な方とで、教室内が二極化しております。。
仏画は仏道修行でありますので、来月から、少しピリッ!とした空気感でいきたいと思います!

13日は不動院教室。
生徒さんそれぞれが、それぞれの作品に挑戦されていますので、教室内が色鮮やかです。
私自身も、生徒さんそれぞれの作品を一緒に描いている気持ちになるので、教室終了時には完全燃焼!へとへとになります。。
そんな私に皆さんは協力的なので、最後の片づけとお掃除まで手伝ってくださり、本当に助かっております!

自分の作品に関する資料は、自分で探し、調べて、図像の意味合いを理解してから描くことが大事だと思います。
でも、資料を探すことは結構ハードルが高く、難しいので、私が資料を見つけてお持ちするか、口頭で説明します。
これが、私にとって良い勉強になります!

不動院教室が終わり、一月から続いていた一連の仕事がひと段落しました!
負傷と体の不調など、いろいろ落ち着かない事がありつつも、予定は無事にやり遂げ、肉体はしんどいのですが、心はホッと安心しております!
3月中は、オーダーメイドに取り掛かりますので、ご依頼者様、もう少しお時間頂きます!

そんな中、ご近所さんよりお魚が届きました!

とっても美しくて、大きなハマチちゃん。目がキラキラなので、ずっと眺めていたい気分でした。

Ff6811ffb9d04f83b6831bed73ca81f4

2尾を一気に捌き、刺身、漬け丼、アラ炊き、カマ焼きと、いつもの料理に。


Img_45671

そして、今回のメインディッシュは、にぎり寿司!

サーモンと剣先イカをプラス!

いびつな、へたっぴ寿司ですが…数日前に冊にして寝かしたハマチは、初日よりうまみが増して、身の表面がつるつる。至福のひととき。

今回は、お世話になっている方々に、切り身を少しずつお裾分けをさせて頂きて良かった。

いつも神がかりなタイミングでお魚をくださるご近所さんに感謝です!

これで、心も体も復活!

| | コメント (0)

広島三越ポップアップ終了いたしました!

3月8日を持ちまして、広島三越三階、100年アパートメントさんでの出展が、無事終了致しました。
会場にお越し下さった皆様、遠くで応援してくださった皆様、三越のスタッフの皆様、大変お世話になり、本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

三越さんでは、催事やポップアップで、年に一、二度お邪魔しております。いつも仕事しやすい環境を提供して頂いております。
今回も、三階のスタッフさんの暖かいサポートを頂きました!
今後、私自身が、広島三越三階の常連になりたいくらい、親切なスタッフさん揃いですよ!!

HANAのあるあるエピソードの一つに、店頭に立ってても、作者本人と思ってもらえてないということがありますが…(笑)
最近、お客様から「HANA」の看板や、私本人と気づいてくださることが増えてきました!うれしい変化の一つです。

草の根運動的ですが…(笑)広島でも「仏画」という世界があることを知って頂きたいので、出展の際は、必ず仏画と彫金の融合作品「彩絵箱」を展示しております。
販売には、まだまだつながりませんが、仏画特有の「極彩色の世界」に感動してくださる方が少しずつ増えてきました!

京都から広島に戻って、ちょうど10年となりました。
引っ越してきた当初は、知り合いがおらず、地元でありながら、「遠い街」という感覚でしたが、
少しずつ、広島の街に知り合いが増え、「はなちゃん!」とお声がけ頂いたりすることも増えてきました!
広島市の気候や、街の大きさなどなど…すべて中途半端ではありますが…(笑)こんなに住みやすい街はないなぁと、最近思います。
広島に拠点を置きつつ、日本各地の様々な街に発信できる手段を考えていきたいなぁと思っております!



| | コメント (0)

2月のクレド教室

二月のちゅーピーカレッジクレド仏画教室が開講されました。
今月は全員集合。そして、見学の方お一人。病み上がりの講師一名…(笑)
終始、私のあばら骨の話題で盛り上がり?(ご心配頂きました!)、毎度のことながら、朗らかな空気漂う教室だなぁ。。と思ったのでした。

うんげん彩色最終段階に突入。
2_20210209092601
簡単な道を選べば、あと一日で完成するところですが…生徒さんの腕を信じて、ワンランク上の大変な道を選んでいただきました!
素敵な散華になるはず!!

こちらのうんげん彩色もあと少し。
2_20210209092602 2gatu
いつも明るく、楽しんで描いてくださるので、こちらも嬉しくなります!

うんげん彩色のほか、紺紙金泥画の制作を始められた生徒さんもおられます。
ちゅーピークレド教室が始まる前、今は無き中国ビル教室の時代から参加してくださっている生徒さんです。
いつも丁寧に描かれているので、作品制作は安心して眺めております。

荷物が少しずつ持てるようになりましたが、まだ重いものが持てませんので、教室まで、家族に荷物を運んでもらい、無事に教室が開講出来ました。歩行も楽になってきて良かったです。。

生徒さんからのお土産。セレンディピティーの焼き菓子。
2gatu-2
とーっても優しい味がします。

| | コメント (0)

軸装 紺紙金泥『阿弥陀経』

今年も不動院仏画が始まりました。
寒波到来で、広島市内も冷え込みましたので、市外からお越しの生徒さんはお休み。市内の生徒さんは、皆さん参加してくださいました!

昨年末に、生徒さんが完成された紺紙金泥経の『仏説阿弥陀経』の軸装が完成。

年末の作品展が終わってから、軸先制作を開始。
Photo_20210111221005
真鍮製、鍛金、ロウ付けで制作した一点ものです。


Photo_20210111221001
表紙は、京都の型染和紙。

Photo_20210111221002
お経、挿絵は生徒さんが写経

Photo_20210111221004
砂子は私が撒きました。蓮から気が湧出して、阿弥陀さんに向かっている様子を表現しました。
生徒さんに軸装になった阿弥陀経をお渡ししたところ、大変感激してくださり、私も大変感激しました。
三年間の努力の結晶ですね!

1_20210111221501
三年をかけて完成した写経を、教室の生徒さんと一緒に喜びました。

1_20210111221102
『阿弥陀経』の完成に満足することなく、次の作品制作に打ち込まれた生徒さん。
刷毛の使い方が上達されました。絵具がキラキラと輝いておりました!

生徒さんからかわいい差し入れ。
Iroha
いろいろなカラー&フレーバーの大福もち[iroha]色がかわいいだけでなく、美味しいです!

そして、こちらは、私の自動車運転で、五日市のイロハファクトリーまでお買い物に行って買ってきた記念すべき(?)お菓子。
1_20210111221101

駐車に難ありでしたが、空いている(煽られない)駐車場とアトリエの駐車場は大丈夫になりました。。汗

| | コメント (0)

ちゅーピーカレッジクレド、2021スタート!

広島市内は大変冷え込みました。アトリエは市内南部にあり、ほとんど雪は降らないエリアですが、氷点下になりました。。
テラスの植物たちを、室内など、風を避けれる場所に避難。避けれないものには、簡易ハウスを設置。(ゴミ袋をかぶすだけ)
避難し損ねたアロエが凍っておりました。ごめんねぇ…(;;)涙

新年第一回目のちゅーピーカレッジ仏画教室が始まりました。
寒い中ではありましたが、皆さん、お元気そうで何より。。
そして今回から、新しいメンバーがお一人加わりました!

昨年末の作品展では、少しだけ装飾写経を展示させて頂きました。
それを見てくださった生徒さんが、『般若心経』で装飾写経が描いてみたいといわれました。
素晴らしいですね!ぜひぜひトライしてもらいたいです。
生徒さんからやる気が出た瞬間が、私にとっての幸せの瞬間でもあります。

帰り際、生徒さんから、可愛らしいお菓子を頂きました。
身内の方が作られた焼き菓子でした。
今は、お店を閉められ、不定期でお菓子を作られているとのことでした。

お家に帰り、お菓子を頂いた時に、丁寧で優しく、後味の良さに感動。素材選びをしっかりされてるのがわかりました。
私の好みにぴったり!と、同時に、食べ覚えある味でもありました。(笑)

ラベルにある店名を確認したところ、

「セレンディピティ」

なんと!!!
以前、吉島にアトリエがあった時に、お気に入りだった近所のお菓子屋さんではないですか!!
この名前にも共感を覚えたのです。
お店をやめられたと知った時は、地元から、かわいいお菓子屋さんがなくなるのがさみしかったです。

セレンディピティ 「幸運な偶然を手に入れる力」
幸せをキャッチする能力。その能力を付けるには、努力が不可欠。
けっして、棚から牡丹餅ではない。。(笑)
生徒さんたちに出会えたことは、セレンディピティと思います。

Photo_20210108231001 

ほろほろっとくちどけの良いクッキー。
いつか大量にお菓子が必要な時に、特別注文出来たらいいなぁと夢を見るのでした。。

| | コメント (0)

不動院作品展2日目

作品展二日目は、少し寒さが和らぎました。
彫金作家でデビューして20年。仏画教室講師を初めて10年という節目の年でしたが、コロナの影響を受け、広島に引きこもり状態になりました。しかし、時間には余裕が持てたので、今までの活動を振返ったり、これからについて考える時間が出来ました。
今回は、作家デビュー前の、彫金を始めた頃に制作した作品を展示しました。
Photo_20201222221701
当時から、インドの神様や宗教美術が大好きでしたので、蓮の文様や、エキゾティック(?)な文様を使っています。志向は今と変わりません。
仏画も、大学で仏画に出会ってから半年くらいに、初めて描いたうんげん彩色を展示しました。こちらも、現在の色合わせに近く、仏画の原点を見るようです。
Photo_20201222224801
必死に何かを表現しようとしていますが、技術が全然追いついておらず…もどかしさが、作品から伝わります。。(笑)
でも、一つ一つ愛おしいです。
過去に描いた仏画も、一緒に展示したので、久しぶりに眺める作品がほとんど。
Photo_20201222222001

仏画塗り絵ワークショップ2日目は、散歩がてらに立ち寄られた少年4人組が挑戦してくれました。
Photo_20201222221702
お昼時だったので、少年たちは空腹に耐えながらの制作となりました。

Photo_20201222225101二刀流現る!

Photo_20201222223702
頭光の色が斬新ですね!

Photo_20201222223703
 そして、こちら! 奈良の大仏をイメージして塗ったそうです。金一色ではなく、何色かを混ぜて塗ってるところがポイントだそうです。
枠を悠々と越えていく色の塗り方に、大変刺激を受けました!

Photo_20201222225701
こちらは、お忙しい中、駆けつけてくださった、かるがもキッチンスタジオ瀬川先生!笑顔が素敵な方です。
Photo_20201222225702 
色塗りが繊細ですね!美しい薬師如来完成。
Photo_20201222230101
そして、最後は記念撮影。瀬川先生(左)と私、オープニングから10年、教室に通ってくださっている生徒さん(右)です。2日間お手伝いしてくださいました!
生徒さんから、私の頭と弁天さんの頭のお団子ヘアが合体しているとご連絡あり。。
弁天さんと私のコラボ完成。。(笑)

まだまだ続く…

 

| | コメント (0)

作品展とコンサート1日目

作品展「海神~わたつみ~」が、無事に始まりました。

大変寒い一日となりましたが、来場してくださった皆様には、心より感謝申し上げます。
Img_3203 
エントランスのお花が、芸術的で素晴らしかったです。

入口では、コロナ対策のため、手指消毒などご協力いただきました。
今回の新作、弁才天立像、梵天、帝釈天、そして、田坂蘭子さんコンサートのコスチュームジュエリーを飾ったトルソーがお出迎え致します。

Img_3206

 

Img_3218
仏画塗り絵ワークショップ(薬師如来、不動明王)
金堂を目の前に、楽しく塗り絵を体験して頂きました!

そして、田坂蘭子さんのコンサート。
Photo_20201219231801
仏さまの様な衣装にコスチュームジュエリーと生命の樹かんざしがぴったりマッチ!フィッティングの時点から、着こなしてくださると感じていたのですが、ここまで着こなしてくださるとは!感動。感動。。

蘭子さんの歌声を聞いていると、準備に熱中して疲れ気味だった脳から、何かフワ〜っと放出されたような(アルファー波みたいな?)最後の曲の時には、何だか気持ちよくなっていました…(笑)

 

明日も10時~オープンです。
コンサートは、2時より開演です。
コロナ禍で、大変な時期ではありますが、換気、消毒など、の対策を万全に、皆さまをお待ちいたしております。

| | コメント (0)

彫金彩絵箱「龍」

日々、おなじみのコースウォーキングしております!
Ebaumi
天満川~瀬戸内海から眺める弥山!清々しい景色です。感動。。

Ebaumi2
 こちらは龍光院本堂から眺める瀬戸内海。「あのマンションがなかったら、もっといい景色なのに・・・}っていうのは野暮ですよね。。
似島、江田島、そして、わがふるさと吉島もくっきり!


今日は寒波で冷え込みましたが、江波はいいお天気。弥山がすっきりはっきり見えました!
伝承によると、唐から帰られた空海さん(弘法大師)が宮島に立ち寄られた際、山の形が須弥山に似ているところから、「弥山」と名付けられたといわれております。
江波のアトリエからも、弥山を眺めることがちょっとした自慢です。。(笑)

コロナ前、ちょうど京都で「須弥山思想」について勉強していたこともあり、須弥山にとても興味を持っています。
この宇宙を、仏教的に言うと、「三千大千世界」といわれます。


こちらの彫金彩絵箱は、須弥山の山の麓、海に浮かぶ4つの島「四大洲」と太陽と月を描きました。

Photo_20201215002001

四大洲の南側の島、閻浮提洲(えんぶだいしゅう)に、人間が住んでいるといわれます。

月と太陽は四大洲の上空を通過するそうです。

須弥山の下の方に、二頭の龍が巻き付いているということなので、蓋に龍を描きました。
龍の持物は、彫金で制作した宝珠です。
蓋の四隅にも、彫金金具を施しました。

 

| | コメント (0)

弁才天の額縁が来ました!

弁才天立像の裏打ち作業が無事終わり、アトリエに戻ってきました。
梵天と帝釈天の屋根付き額縁を制作して頂いたBean.sさんに、今回もお願いしました。

Bean.sさんの作品で、ナラ材の仏壇があります。いわゆる「仏壇」の抹香臭ささはなく(笑)、
現代風で、扉や側面には、作家さんの制作した蓮華のステンドグラスがはまっています。このステンドグラスがとてもかわいいのです!
その仏壇を、ネット上で見た時に、いつかBean.sさんにお願いしたいなぁと思っておりました。
今回は、ナラ材を使って自立する額縁を作っていただきました。

そして、額縁が完成し、アトリエに納品して頂きました!
Img_30041
そして、木目に虎の毛並みの様な模様が見られました。
この木目を虎斑(とらふ)呼ぶそうです。あえて、この部分を使って、家具やギターを作ったりするそうです。
Img_3006
自然が作った装飾美のようで、私も好きです。
シンプルなデザインは可愛らしさがありますが、その中に渋さがあり、大変気に入りました!!

三尺幅の絵絹に描いた弁天さんは、うちにある仏画の中で一番大きいです。
はじめは軸装にする予定でしたが、将来、描き表装にする構想が湧いてきて、今回は裏打ちだけすることになりました。
でも、Bean.sさんの額縁に収まると、これが完成形であると感じました。
それと、これが軸になると、うちの床の間にはおさまらなかったかもです。。(笑)
今のアトリエの仏間は狭くて、この額を置くと、ギューギュー詰め状態になってしまいますが…
未来のHANA’S GARDEN & atelierには、この弁才天さんを、どかんっ!と置けるのだと妄想しております!

この額は、12月19日、20日の不動院での作品展でお披露目致します!
よろしければ、見にいらしてください。
http://hanahulot.cocolog-nifty.com/blog/event.html



| | コメント (0)

12月のちゅーピーカレッジ仏画教室

12月です!
1日は、今年最後の一日詣りをしてきました。今年は、ほぼ毎月1日詣りが出来ました!(7月だけ「2日参り」になってしまったけど…汗)

いつもきれいな衣羽神社です。
Img_29901
ウォーキングも一日詣りも、よく続いたなぁ。。

Img_2986
お隣の龍光院さんも、必ず立ち寄るお寺さんです。

Img_29771
そして、弥山を眺める。

一日詣りをすることが、心のけじめがとなって、新たな気持ちで一か月をスタートさせることが出来ました!
体がみるみる浄化されていくような感覚になりました!


そして翌日は、今年最後の、ちゅーピークレド仏画教室が開講されました。

今年は、コロナ禍で5月6月と休講となりました。
その時点では、新型コロナで、世の中でどんなことになるのか全く見当がつかず、このまま教室がなくなることも考えておりました。。
しかし、ありがたいことに7月から教室が再開し、以前より、出席率が高くなり、教室の空気が盛り上がってきております。
今回も、全員参加でした!うれしい限りです。

今回は、見学者の方が参加されたりして、教室のいたるところで会話が生まれて、いつも以上に和やかな雰囲気でした。

このような場面を見ると、嬉しくなります。。
新年から、見学者の方も、教室のメンバーとなられます。

Img_29971
今回から、紺紙金泥画の大日如来座像に挑戦される方がおられます。
まずは筆で下絵を写すという慎重派ですね!
私が、中国新聞文化センターに初めて教室をもたせていただいた時、当時まだ不定期開催だったころからの生徒さんです。当時から、繊細で丁寧な線を描かれる方。いよいよ作品制作に入られるということで、またまた、私は感動しております。。。
慎重かつ丁寧な金泥画を描かれるはず!頑張ってください!!


Img_29991
こちらは、うんげん彩色の「散華」に挑戦されているお二人の作品経過です。
同じテキストの中から選んでいただいたのですが、色選び、色の塗り方など、それぞれに個性があるので、全く違う作品を描いているようです。
このお二人も、来年が楽しみです。

この教室の生徒さんは、入会当初は、お澄ましさんですが(笑)だんだん教室になじんできて、個性があふれ出します。

皆さん、一見大人しそうですが、実はパワフルで、キャラが立っていてる方が多いです!
実は、私も元気なストロング系です。。(笑)

それぞれの個性を認め合える場所であれたらと思います。
来年は、今年以上に「仏画」を通じて、皆さんがつながり合える「平和な教室」を運営していきたいと思っております。



| | コメント (0)

より以前の記事一覧