仏画ウィーク

10月に入りました!
今だに腕の腫れは残っており、少し運動しただけで息切れを起こしてしまうので、日課のウォーキングは自粛中。
アトリエにこもり、日々のミッションをこなしております!二回目の接種日が迫っておりますが、悩ましいですね。。

京都での仏画の勉強から始まり、仏画教室2件、個人講習、仏画特別講習会の準備と、仏画三昧の一週間となりました。
久しぶりの京都は、真夏のように暑かった。。でも、金木犀は満開で、優しい香りに癒されました。
真福寺仏画導場にて、中村先生の講義を数時間受けた後、先生のアトリエへ移動して、完成したばかりの山川図屏風を見せて頂きいました。
その屏風は、寺院の法要の際に使われるものだそうです。
屏風には、長谷寺や与喜天満宮、初瀬川に山の辺の道(かな?)桜井市初瀬の風景や、三輪山に御笠山など、奈良の神々や自然の風景が描かれておりました。
それは、私が京都にいた頃に何度も通った場所とリンクし、いろいろな思い出が溢れてきました。
当時は大変でしたが、その思いでは今となっては、経験出来ない事ばかり。良い経験と思えたことは心の変化。
思い出すこと、振り返ることは、心の浄化につながるなぁと感じました。

広島にとんぼ返りした翌日は、アトリエでの仏画教室。
熱心に仏画を描いてくださる生徒さんの初作品紺紙金泥画「大日如来座像」制作です!
10gatu
慎重かつ丁寧に、作業を進められています!
お帰りの際、アトリエのウチワサボテンをお譲りしました。食べてみられるそうです!


そして、クレド教室。作品が続々完成して、にぎわいまいした。
2名の生徒さん一年半かけて彩色画の散華を完成させました。
2fef7326770743429542277fae686067 5aa0b3d501b047c79760d0771ffb297d
はじめてのうんげん彩色で、大変だったと思います!
お二人ともに根気のあるタイプ。楽する方を選ばず、完成を急ぐことなく、最後の最後まで描き切りました!

そして、紺紙金泥画の大日如来を完成された生徒さんもおられます。
87ddf4af049a4d3ab80d8da7cd6f4de2
いつも「失敗した~」と、口癖のようにおっしゃる生徒さんですが…(笑)人一倍線描き練習をされますし、描いた線は安定感あります。
不動明王座像に続き、今回の大日さんもしっかりした線と、発色の良い金泥。元気の良い仏様が描けましたね!

男性陣も頑張れ!
8917c25fe1aa4338a1824ad44a69b4c1
紺紙金泥画初挑戦。今、一線一線に緊張されています!

75597ffad475498bab22818eb02aff8a
今月は座ってます!(笑)

そして、来年の二月、クレド教室で、仏画教室特別講習会を開催することになりました。一日で仕上がる体験教室です。
線を描いて、少し色を塗っていただく予定。仏画に興味があってけど、実際に描く機会はないと思いますので、この機会にどうぞ!
一日で、数時間で一つの作品が仕上がるワークショップは、「始める」きっかけ作りに適していますが、
完成を急ぐことなく、描き続けることでしか見えてこないものもたくさんあるなぁと感じるのでした!





週末は、不動院仏画教室でした。
緊急事態宣言明けで、遠方の生徒さんや長期休養された生徒さんも、久しぶりにご参加してくださり、大変うれしかったです!
まだまだ私のおかっぱ頭は浸透しておらず…ある生徒さんは、対面した状態で、しばらく私だと気づかず。。
気づいた瞬間、「先生ーーーーっ!?!?!?!」と劇画タッチのびっくり顔に、こっちがびっくりしました!!(笑)

こちらの教室は、完成間近の方が多いです!最後の細かい部分を描かれています。
312e3e80051244cca246b0059c7766b9
最後、書院、その周辺のお掃除を手伝ってくださり、大変助かりました!
アトリエに戻り、来年の特別講習会の作品見本の制作に取り掛かる。
クレド教室さんからご依頼いただいた時に、作品イメージは湧きましたが、それが、うまく形になるかどうかわからず…
今回、仏画の額縁制作でお世話になっている木工職人Beans.さんとアトリエにて打ち合わせ。何とか形になるかもです!


 

 

| | コメント (0)

鳳凰図完成!

今年、描いておりました鳳凰図が完成しました!
Photo_20211002112901
いつもお世話になっている表装屋さんが、江波に受け取りに来てくださいました。

この図像を描くのは2度目です。一度目の鳳凰図は、青と緑を組み合わせた寒色系で、段ぼかしの暈繝彩色もメリハリが効いていてくっきりとしておりました。
今回は、辰砂(赤系)をバックに暖色系にしました。暈繝彩色も、以前の作品よりトーンを落とし、シックな色味に仕上げたかったのです。
Photo_20211002112902
年末の恒例行事になっている、七宝作家毛利明子さんとの七宝×彫金コラボ作品ですが、今年は鳳凰です。
すでに出来上がっている毛利さんの七宝鳳凰にリンクさせて、私の鳳凰は彩色されています。
そろそろ、シルバー枠の制作に入らないと。。汗

Ocom4607
そして、いつも仏間に置いている帝釈天立像が、中国新聞文化センタークレド教室に移動。しばらくてんじしてくださいます。
写真の左端に置いているのが、梵天立像。帝釈天と一対。
額縁は、木工職人さんのBeans.さんにご依頼したもの。帝釈天の宮殿を象徴する形に、私の制作した彫金金具を取り付けております。
相方の帝釈天がいないと、仏間がさみしい雰囲気になったので、テンション上がるモノを代わりに置きました。。(HILUX LOVE!)

あっという間に9月が終了。
長らくロングヘアでしたが、数十センチ切りました!
知人に紹介してもらった美容師さん。すがすがしい、べっぴんさん♪
初対面でしたが、お話してみたら、同じ中学校の一つ上の先輩であり、現在、江波在住とのこと。奇遇です!
思い出の先生の話などなど(笑)終始、楽しくて、おしゃべりが止まりませんでした!うれしい出会いになりました。
Img_7273-1
ぱっつんおかっぱ。気持ちが切り替わりました!長年、美容室ジプシーでしたが、脱却できそうです!

9月最後の日に、ようやくワクチン接種。微熱出る。悪寒する。おなか不調。頭痛い。くらくらする。腕腫れる。腕上がらない。。
副反応オンステージでした!だからと言って、私自身は元気なんで、普通に仕事してるんですよ!
オンステージと同時に、通信機器が全滅。。pcとスマホと一機に変更。
冷や汗をかきながら、データ移動。。「クラウドって、すごいね!」と、お空の雲を眺めつつ、感心するのでした。。
通信機器の破滅、ヘアチェンジ、蕁麻疹出まくって治ったり、人間関係の変化などなど…この一か月、いろいろありました!
本当の本当の浄化。切り替わりの9月。
まだわかりませんが。。。

 

| | コメント (0)

シルバー真鍮バロックパールののかんざし「円環」

ただいま品薄状態のかんざしを制作しております!
オンラインショップでは、なかなかご注文のないかんざしですが…(笑)
ポップアップショップとなると、かんざしをお目当てのお客様が結構多いのです!とってもうれしいです。。

こちらは、シルバーと真鍮を組み合わせたかんざしです。

Tannsuiparu 
シルバーの渦巻き模様で、右回りの気の流れを表現しております。
中心には、いびつな形をしたバロックパールを配置。
枝の部分は11センチほど。波型になっているところが滑り止めになります。
ひし形の真鍮部分を楕円形に変えて、渦巻きシリーズを制作してみたいです!


今日は、アトリエに仏画の生徒さんが遠渡はるばる自転車で来られ、補講を開催。
生徒さんは、教室に入られた年数はまだ少ないですが、コンスタントに線描きを進められ、今回から紺紙金泥画「大日如来座像」に初挑戦されます!

生徒さんにいろいろお話を伺っていたら、実は2011年から私と仏画教室の事を知っていたそうです。
2011年と言えば、私が仏画教室を開講した年です。
当時、仏画教室に参加したいと思われたそうですが、お仕事が忙しくなり、海外に移住することになり、仏画教室に参加することを断念されたとのこと。
数年前、海外から広島に戻られた際、再び検索し、私と仏画教室が健在であると知り、参加してくださいました。
10年前から、自分がわからないところで、自分の事を知ってくださっていたとは…なんだか不思議です。。

テラス、ベランダがとても広いアトリエの構造が、海外風だと気に入ってくださいました!海から吹き抜ける潮風の気持ちよさも知って頂けて嬉しかったです!

2021_20210924202901季節外れのバナナの花芽が伸びてきました!

| | コメント (0)

9月の不動院仏画教室

悪天候で休講が続いている不動院仏画教室です…
今月は、緊急事態宣言が発令され、直前まで開講するかどうか悩みましたが、
広々とした書院では、密にはなりませんし、カルチャースクールは該当しないということもあり、今月は開講することにしました。
生徒さんに開講のお知らせをしたところ、「待ってました!!」と喜んでいただき、本当に心強かったです!

町の取り決めで、外出出来ない遠方の生徒さんはお休み。いつもより少ない人数で、教室が静か。
いつもは走り回っている私も、走り回ることなく、心に余裕がありました。。

こちらでも、何度がご紹介している、鳳凰図です。アトリエにも制作をしに来てくださり、いよいよ完成が見えてきました!
今年完成予定で、頑張っておられます。

9_20210915121301
完成が近づき、ワクワクされているそうです!

こちらは、四神相応図の青龍。枠に三角うろこ文様を胡粉で彩色されています。
92 
白色の胡粉は、扱いが大変難しい色ですが、コツをつかまれましたよ!

写真はありませんが、一年前に、二頭の龍「双龍図」を描き始めた生徒さんが制作を再開。
バックを藍色に彩色。絵具溶きと色塗りをお手伝いさせて頂きました。

彩色画以外では、紺紙金泥画に挑戦されている方々がおられます。時間いっぱい、最後まで集中力が切れませんでした。
皆さんそれぞれが集中して制作に取組まれて、穏やかな空気の中に一体感があり、とっても居心地良い雰囲気でした。
充実しました。
今月、参加できなかった生徒さんも、来月は一緒にみんなで教室が開講できますように。


教室帰りに立ち寄ったスーパーで、真鯛とレンコ鯛の特売に遭遇!
0b8972731a804d68b57430c0a0f07d7c
ミニレンコ鯛、かわいいです。5尾100円也。お値段もかわいいでしょ!(笑)

レンコ鯛は、干物に。
5パーセントの食塩水に昆布を入れて魚を漬け込みました。回を追うごとに、塩分濃度が低くなってきました。
写真にはありませんが、キラキラしたきれいな干物に仕上がりました。家族に好評でした。塩分も少なめ、昆布風味で、食べやすかったです。

真鯛は、昆布締めと鯛飯に。今回の鯛飯は、土鍋で炊けたので、おこげが出来ました!
Img_72591

仏画教室で疲れた脳みそを、魚捌きが和らげてくれます!魚料理は癒しです。

| | コメント (0)

9月のクレド仏画教室


9月も、江波山ウォーキング、一日詣りからスタートしました。
宮島弥山は、霞んで稜線がぼんやりと見えるだけでした。なんだか遠くに感じました。

9_20210906144003
弥山を拝み、江波山の龍光院さんをお参り。そして、アトリエのある江波の氏神様、衣羽神社をお参り。先月のお礼と今月の誓いを立てました。

そして、お昼からクレドの仏画教室へ。

こちら、初作品、紺紙金泥画の大日如来座像が完成!
9_20210906144002
私が京都から広島に通いだった頃、半年に一回ペースで、中国ビル(三越裏にありました)で特別講習会を開催させてもらっていました。
その教室に参加してくださっていた生徒さんなので、10年くらいのお付き合い。今以上に、わちゃわちゃ落ち着かない新米講師の仏画教室に、淡々と通ってくださり、ありがとうございます。感謝の一言に尽きます。
今回、紺紙金泥画を完成されたこと、自分の事のように嬉しく思っております!

そして、こちらは、散華の暈繝彩色ラストスパートの模様。
 9_20210906144001

バック全面に、刷毛の跡が残り、絵具がムラになっていたので、塗り直しにチャレンジしていただきました。

作品制作がスタートした時より、絵具や筆の扱いに慣れてきて、上手に塗れるようになりました!

この通り、バックのムラが消えました!

00374f05e11441808f0268fec8918968
散華も、以前より浮き出た感じがします!

今回、3回目の生徒さん。
9_20210906144004

こちら、名人芸のように、立ったままで描かれています。かなり気合が入ってます!???

これまでに描いた線を見ながら、気持ちが乗った時と気が散った時(?)、描く線がまるっきり変わってしまうことに気づかれました。
そんなお話した後の姿がこれ!(笑)本日のベストショット!ですね。
形を上手に描くことも大事ですが、気持ちを込めることが一番大事ですね。
少々、曲がっていようが、心のこもった絵は、何かパワーを感じます。
これは、絵の事だけではなく、何事も心を込めて行うことが大事なのですね!

 

| | コメント (0)

仏画教室@EBA 2days

今月の不動院仏画教室は、天候不良により休講にさせて頂きましたので、希望者の数名に補講を開講させて頂きました。

こちらは、鳳凰図。
Photo_20210829145801

残るは、尾の彩色のみ!黄口の若葉色の暈繝彩色を。
Exyc2252
思い切りよく、色鮮やかな絵具を使われるところが、見ている側も、ワクワク楽しいです!


こちらは、散華の暈繝彩色です。
Img_6990
下絵をプリントしたものに、使った絵具の色や彩色のポイントをしっかりメモしておられます。
私が話したことも、細かくメモってくださいます。

水干絵具での彩色は、出来るだけ薄塗りで発色する方が美しいと思いますが、
夏は気温が高いので、絵具の水分が蒸発して、濃度が濃くなりがちです。絵の具が厚塗りになって、盛り上がってしまうと、剥落してしまいます。
お二人ともに、絵具を丁寧に溶かれるので、薄塗りで発色します。いつも感心してます!

別の日に来られた生徒さんは、今年から仏画教室に通ってくださっています。
非常に熱心な方で、真福寺仏画導場、中村先生の著作を読み込まれており、線描き練習も早々に終わられました。
今回、初めての作品制作、大日如来の紺紙金泥画の準備に取り掛かっております。

2日ともに、お茶タイムは、じっくりとお話ししました。
普段の教室では、私が一人、部屋中を駆け回って、気づいたら終了。。という感じ。。(笑)
非常にあわただしいので、お一人ずつ、お話する機会はありませんので、良い機会となりました!

7~8月は、天候不安定や緊急事態宣言の影響受け、教室を休講。このまま続けていけるだろうか?と不安になり、気持ちが落ちてしまいました。
普段から月の影響を受けやすいタイプですが、今月の満月は、究極。体が動きませんでした。重かった。。

「自然には抗えない」と、日々感じるようになりました。

そんな8月でしたが、最後の最後で、人生の大先輩であるお三方とじっくりお話し出来て、生き方のアドバイスを頂きました。
お人柄か、決してマウントを取ることなく(笑)人格を尊重してくださった上でのアドバイスですから、安心して伺うことが出来ます。
人生、いろいろな方向性を考えておくことが大事だなぁ。。と思いました。
そして、「時間は有限であるから、無駄にしない。」改めて心に留めておきたいです。

皆さん共通して、「仏画教室を長く続けてもらいたい。」と、思いがけず、ありがたいお言葉を頂きまして、大きな勇気となりました。
自分に、「全力で頑張れる場所」があるということは、幸せなことだなぁと感じました。

| | コメント (0)

7月の仏画教室

7月の中国新聞文化センタークレドの仏画教室を開講いたしました。
今月から、新しいメンバーが一人加わりました。
長らく、講師の私が最年少でしたが、新メンバーは三十代!「教室の平均年齢が下がりました!」と、メンバー一同で喜びました(笑)
Img_6474
そして、登山、ロッククライミングに興味を持たれているということで、仏画教室登山部(山歩き部?)にも活気が出ますね。。
無理なく、じっくりと、長く続けて頂けたらと思っております!

Img_6473
散華の暈繝彩色、最終段階です。枠に三角形のうんげんを。
暈繝彩色が終わったら、最後にバックの色を塗りなおしたら完成です!あと少し!!



そして、私は先日、真福寺仏画導場にて、講演会と仏画の師である中村幸真先生の作品制作見学のために、京都へ行ってきました。

今年二度目の京都。
駅から道場まで、いつもの道を歩いていると、湿気を含んだ、重みのある熱気を体に感じました。
これこれ!まさに、京都の夏!
海風を感じる生活が長くなってきているので、この重みのある空気になつかしさを感じました。

移動が困難になってから、京都へ行くことが出来ていませんが、導場の作業台を前に、ぼーっと座っていると、
体が覚えているというか、今でも相変わらず、ここで仏画を描いているような気持ちになりました。

講演会が終わり、久しぶりにお会いする先輩方と、おしゃべりしながら、先生のアトリエに移動しました。
このような時間が貴重。
仏画教室の事、仏画制作について、先輩方とお話していると、心が解放されていきます。

広島で私が運営している仏画教室はとても小さいのですが、小さいながらも、いろいろな出来事があります。
マニアックというか、一般的な内容ではないので、地元には相談する人はおらず、
「これでいいのかな?大丈夫かな?」と自問自答の日々。一人心細くなることがあります。
導場にお邪魔すると、耳に入ってくるお話や、目にするものなどから、問題が解決することも多々あるので不思議です。

先生のアトリエでは、現在制作されている数十枚の天井画を拝見しました。
そこには、今まで見たことのない、新たな暈繝の世界が広がっていました!制作のモチベーションが上がりました。
先生の作品や制作風景を見学できることは貴重であり、一番の勉強となります。

お茶の時間に、夏越大祓のお菓子、水無月を頂きました。
京都の夏と言えば、このお菓子です。

水無月をお土産に、広島に買って帰りました。


Photo_20210704001902 Photo_20210704001901

| | コメント (0)

再び鳳凰

アトリエに、仏画教室の生徒さんが寄ってくださいました。

先日の教室で完成した紺紙金泥画「大日如来座像」を額装するお手伝いをさせて頂きました。

Photo_20210619161902
金泥の発色良く、キラキラ輝いております。

作品制作では、線描きの練習の時とは違った緊張感があったとのこと。
一線一線の、太さや強さを調節することが難しかったとのこと。
作品制作の緊張感を感じてもらえてよかったです。この緊張感が大切だと思います。大変前向きな方で、私のつたない説明でも、しっかり理解してくださいます。次回作の準備も完了!頑張ってください!!

教室の最中は、私がバタバタ動き回っているので、生徒さんお一人ずつ、ゆっくりお話しする時間が持てません。
特に不動院教室の生徒さんは、それぞれが作品制作をされているので、忙しく、お話する機会がありません。。
このような機会に、ご感想や日頃の思いなどをお聞きできることは貴重で、大変嬉しく思います!


私も、仏画制作を開始!
Img_60071
久しぶりに、絵絹を木枠に張りました。

今回鳳凰図を描きます。この図像は、真福寺仏画導場の図像で、これまで導場の皆さんが描かれてきました。
私も、この鳳凰図は大好きです。10数年前に一度描いたことがあります。

ただいま、教室の生徒さんが鳳凰図を描く際、私の十数年前の作品をお手本として描かれておられます。
本人作の鳳凰は、いろいろな箇所が気になりまして…生徒さんのお手本にするには、ちょっと申し訳ない気持ちになっていました。。
ということで、今の私が描くと、どのような鳳凰になるか、やってみることにしました!

Img_60091
墨線で下絵を写しました。


その後、バックに色を塗り、うんげん彩色をしているところ。

Photo_20210619161901

年末恒例、毛利明子さんとの共作、七宝×彫金作品は、偶然にも鳳凰だそうです。毛利さんが制作を始めているそうです。
私は、年末あたりから、シルバー枠制作となります。

今年は、鳳凰の年となりそうです! 

| | コメント (0)

6月の不動院仏画教室

広島は現在、緊急事態宣言発令中ですが、感染者数が落ち着いてきております。
6月は、仏画教室を開講するかどうか迷いましたが、通常の教室を開講。
グループでの受講を避けたい方には、アトリエにて個人レッスンをお勧めしました。

いつもより少ない人数での開講となりましたが、参加してくださった皆さん、お元気そうで何より。
活気に満ちた教室となりました!

一字金輪座像に見守られながら、うんげん彩色に取組んでおられます。
いつも辛抱強く描かれます。完成イメージが見えてきましたね!
6_20210615091301

今年、教室に参加してくださった生徒さんの墨線練習。
B44a573e3ccd46cb8700a0b2be741ea0
スッキリした線を描かれます。
この方の練習されている姿を見ていると、なぜだか清々しい気持ちになるのです。毎回、仏画の資料を持ってこられ、質問してくださることも嬉しいです。こちらも、もっと勉強したいと思います!


こちらは四神相応図に挑戦中の生徒さん。東西南北を表す4色を、バックに刷毛塗された後、いよいよ線描き。

08c01b5c6ef4467a8ea55bf3abd65b91
緑青(緑)は、東方をあらわす青龍が描かれます。枠に鱗文を入れているところ。
いつも教室開催を楽しみにしてくださっている最高齢の生徒さん。制作意欲がとっても高い方です!

私がバタバタ動き回って、今回は三名の生徒さんのご紹介で終わりますが、
紺紙金泥画を完成された生徒さんや、彩色を制作されている生徒さんも順調!
次回、ご紹介いたします!

コロナで長らくお休みの県外の生徒さんと連絡を取り、元気そうなご様子を伺えました。自由に広島に行けなくなったことが寂しいとのこと。
また自由に行き来できる日がきたら、全員参加で、楽しい教室を開講出来たらと願っております。


| | コメント (0)

6月の中国新聞文化センタークレド仏画教室

ただいま、広島には緊急事態宣言発令中ですが、中国新聞文化センタークレド教室の仏画教室は平日昼間の短時間ということで、開講となりました。
教室の皆さん、お変わりなくお元気そうでよかった!長らくお休みされていた生徒さんにもお会い出来て、安心しました。


明るくて、元気な方ばかりなので、よく言えば、和やかな教室。
しかし、だんだん楽しくなってしまい、にぎやかになってしまうことがあるのですが…(全面的に私が悪い…スミマセン!)
今回は、集中力が高く、緊張感ある2時間となりました!
Dd40e829af704f8498a579a7034597c5
墨と筆で線描き練習。これが終わったら、初の作品制作に入られます!もう少し!

こちらは、彩色「散華」。今年中には、完成する予定。
F913e3f66a6a4defb13d414b8e1228cd 8919472eec0e442290ca4013e51906b2

こちらは、紺紙金泥画「大日如来座像」
Ac98a6b2239f44038c68404496e84800 8e9941a0da20439d986da7d72c269a71
お二人とも、同じ下絵を使っておりますが、金泥の溶き方、描き方などに個性が出るので、それぞれの仏様に仕上がるはずです!

あっという間に教室が終わりました。
今回、紺紙金泥画の制作に初挑戦された生徒さんが、「今日は、いつも以上に緊張しました!疲れました!」と。
マスク越しのお顔に、充実感満点の笑顔を感じられ、嬉しく思いました!

仏画に限らず、ジュエリー制作(特にお客様の宝石を使って制作する場合)をしていて思うことですが、
練習を積み重ねることは大事。必須。一つ一つの作業が真剣勝負なのですが、大事な本番の時に感じる緊張感にはかないません。
本番は、練習の何倍も集中して、エネルギーを使っていると思います。
生徒さんに、練習と本番の違いを感じて頂けたことが嬉しいです!

来月も皆さんにお会い出来ますように!

513098bb58cc41b79d66a7b79887fc91
アトリエに戻って、生徒さんから頂いたベイクショップ セレンディピティさんのマフィンで、コーヒーブレイク。
セレンディピティさんは、地元吉島の焼き菓子店。素材にこだわりのある優しいお菓子は、私の大好物!予約販売されています!
私もやり切ったので、心地よいなぁ。。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧