birthday week

7月に入りました!下半期は、私の大好きな場所からstart!
Img_63931
弥山を拝み見て、江波山へ登ります。
衣羽神社と龍光院で、一日詣りを。新たな気持ちに切り替わります。

6月下旬は、私のお誕生日がありまして…ワクワクする特別な一週間です!

家族からのプレゼントは…
土佐の三徳包丁!もちろん鋼。
そして、「鯛のウロコが良く取れますよー!!」とスタッフさんのおすすめ、堺の真鍮製ウロコ取り(大サイズ)。
Photo_20210703140701

包丁(刃物)は「縁を切る」不吉な贈り物と感じられる方もおられるようですが、
日本では古来から、刃物には神様が宿るといわれ、神聖なものとして扱われてきました。
「未来を切り開く」とか、「魔を断ち切る」といわれたりもしますので、私自身は、包丁プレゼントはめっちゃ嬉しいです!

この2品を目の前に、「何の料理を作ろうかな?鯛のウロコ取ってみたいなぁ~?」と、ワクワク妄想しておりましたら、
翌日、いつもお世話になっているご近所様より、豪華ビッグフィッシュの差し入れが届きました!
Img_63041

なんだこのタイミングは!シンクロだ!
しかも、真鯛がっ!!
ハマチが大きい!!
いつも絶妙なタイミングで魚を届けてくださるのです。本当に本当にありがたいです!
Img_63211
かわいいお顔をした真鯛ちゃん。新ウロコ取りが、一瞬にして大活躍(^^)

Img_63141
ミロちゃんの大きさと変わらない…(笑)

一気に捌いて、刺身の冊にしたり、保存用に調理したり、燻製にしたり…
この時間が、心豊かで、めちゃめっちゃ楽しいです!

お刺身2種盛り、漬け丼は、もちろん美味しくて、感動。。
そして今回は、ハマチのロースト&トマトソースを作ってみました。
Img_6352 Img_63431

以前、カツオで作ったHANA'S GARDENのハーブ入りオリーブオイル漬けと燻製を、日々忙しく働く女子たちにお裾分けしたところ、
「晩御飯に楽できた!美味しかった!」とご感想をもらえたので、今回は、ハマチバージョンを味見してもらおうと思います!

1692d78f422d4e868a43d88c3f465c4d
そして、今年のお誕生日ケーキは、癖の強いバナナスパイスケーキ。
MYバナナの葉に載せて…

ご近所さんに頂いたお魚の話をInstagramにアップすると、一番反応が良く、人との交流が深まっていきます。
マレーシアや北海道など、広島から遠く離れた場所に移住した旧友たちとの交流も再開したり、良い事が起こります!
お魚たちやその魚を釣ったご近所さんの波動が強くて、元気いっぱい!!だからだと、いつも感じています。
お誕生日に美味しいお魚料理を沢山食べて、また新たな一年を頑張ります!

| | コメント (0)

シンクロ晩ごはん

Photo_20210625185401
自然の文様。自然の色。

自然の美は、人間の想像をはるかに超える美があると思う。

ずーっと眺めていても、飽きません。

これは、ゴマサバの背中の文様。
Img_6181

いつもの魚屋さんで、体長40センチくらいのゴマサバが安く手に入りましたので、
試作中のみりん干しを中心に、いろいろなサバ料理を作りました。
沢山出来たので、お友達を晩御飯に誘いました。

朝、「ニンジンのサラダ作りたいなぁ。。」とか、「パイナップルを買おうかなぁ?」とか、次々とイメージが湧いてくるのですが、
不思議に手が止まったり、買うのをやめたりしたのです。

すると、不思議なことが起りました!
朝、私が想像したニンジンサラダやパイナップルなどなど、準備できなかったものは、友達がほとんど持ってきてくれました。
もちろん、連絡も相談もなしで。。
二人の準備した食材が、全くバッティングしなかったのです。
友達が「以心伝心メニュー」と命名。

以心伝心メニューは、どこの国をイメージしてるのかわからない料理です。。(笑)
Img_6189
中華竜田揚げ、タイ風サラダ、自家製パクチー入りワカモレ、カプレーゼ、サザエの丸焼き、サボテンなどのピクルス
アジア、メキシコ、イタリア、日本(サザエの丸焼き!)…一貫性ないですが、食べるとナイスハーモニー!
もちろん、食用サボテンのピクルスもありますよ!

hana's gardenのバナナの葉をお皿にして、魚料理を盛りつけるのが夢でした。
Img_6193
Img_6198
台湾パイナップル。甘い!

Img_6192
ガーデン製ミントと知人農園のひろしまレモンで作ったモヒート、絶品でした!

12歳から知っている友達。
無邪気に、いろいろ妄想(?)しながらお喋りしたことが、翌日実現したり…不思議なシンクロが起ります。
計算なく、裏表もなく、心地よく過ごせることが、シンクロニシティを起こすのかな?


| | コメント (0)

FISH & HERBS

HANA’S GARDENは、サボテンだけでなく、料理に使えるハーブも育てています。
自家製ハーブと魚を組み合わせるのが、最近楽しいです!

こちらは、月桂樹、タイム、シソ、山椒、ローズマリー、唐辛子。唐辛子も育てていますがまだ青く、これは市販です。
346b0c3d3e8b4653a573e0103d07f885

最近、小さめの真鯛が安く手に入りますので、今回は、切り身を自家製ハーブを混ぜたオリーブオイルに漬け込んでみることにしました。
2f494f6023b24c0e80a508c4deaca8c2
肌色を気にしなければ、30㎝くらいのちょっと黒めの真鯛であれば、150円くらいで手に入ったりします。

今、保存食が気になるので、実験がてら一週間くらい熟成させました。
1eea3a6db09842f6b62877a8028a5684
一週間後、フライパンで焼いてみたところ、全く臭みなく、古臭くもなく(笑)、初日の捌きたてより、深みがありました。

7ad5728e0d964c3c9170921bc5b38db4 
南部鉄器のミニフライパンで焼くと、皮目がカリッと焼けて、中はふわっと柔らかく、上手に焼けます!
家族に大変好評でした!(←作者に文句が言えないだけか???)

そして、もう一つ。
この季節、広島の海の幸と言えば、小鰯。
ちっさいカタクチイワシです。

どこの魚屋さんの店頭にも、小鰯見かけます。
Photo_20210619154301

いつもの魚屋さんで、キラキラの大盛り小鰯を買い、リュックに詰め込んでチャリンコで帰ったら、
繊細な魚の体が傷だらけになっていました。。だめだ。。汗
急いで、スプーンで捌いて、半分は刺身、半分は、ショウガ多めで煮ました。

Photo_20210619154601

まだ捌きが未熟で、身がボロボロですが…(;'∀')歯ごたえあって、臭みがなく、とっても美味しかったです。。
これも、家族に好評でした。。(たぶん…)
敷いている大葉は、自家製で、武器並みに固い。「これ、大葉かな??」と、一瞬疑うほど。。
HANA'S GARDENは日当たりが良すぎて、植物が良く育つ。。(;^_^A



| | コメント (0)

カツオの燻製

梅雨とコロナで屋外活動が思い通りになりませんが、魚活動は楽しく続行中!
最近、カツオと大アジが安くて、美味しいです!!このシーズン、どちらも何度も料理していただきました!

体長50㎝はあるこのカツオは、一尾398円也。
Img_56091

Photo_20210527081801Img_56231
この大アジ、写真では小さく見えますが、体長40㎝あってぷっくり体形。脂が乗っていたので、少しお刺身にして、後は味醂干し。Img_56271
いろんな魚を味醂干しにしています。特製みりんダレの調合が、自分の中である程度固まってきており、味も安定してきました!
後は、どこの調味料を使うかで、変わりますね!

カツオは、たたきと燻製に。
Img_56181
私はカツオのたたきが大好物。。

こちらは燻製。
  Img_56311
捌いた後、魚特有の臭みを取り除き、ニンニク、ショウガ、出雲の藤井醤油店さんのさしみしょうゆの入った特製タレに漬け込んで下味をつけて、燻しました!レア感が少し残った感じに仕上げたく、いつもより長めにいぶしました。

友達がアトリエに寄ってくれたので、カツオ燻製とサボテンピクルスのプレートを試食をしてもらいました。
Img_5733
釣吉一家に育った友達は、普段イキの良い魚しか食べていないので、口が肥えておりドキドキしてしまいますが、
味のわかる人に判断してもらいたいのです。
友達の感想は「魚の臭みは残ってないが、カツオの味はしっかり残っている。美味しい!」とのこと!うれしいです。。
決して無理やり言わせておりません!!(笑)


こちらは、生のサボテンとカツオの燻製ピザ。
Img_56641
生地に難ありですが、、、カツオとチーズとトマトソースのハーモニーが美味しかった!
タコスにしても良いなぁ~と思っていたら、近所のカフェで、すでに商品化されておりました。。(笑)

Img_56531


梅雨に入り、ウォーキングもサイクリングも釣りも山登りも行けないので、体がウズウズしており、テラスに出る時間が長くなっております。。
この時期を使って、テラスの床に散らかした園芸道具を整理。植木鉢を移動させて、テラスを広々とさせてみたり…逆に、体がクタクタになっています(笑)
テラス仕事がひと段落すると、テントの下でお茶してリラックスタイム。 このアトリエのお気に入りポイントは、この広いのテラス!
夏の良い季節になったら、燻製魚とピクルスの居酒屋「英恵」として、なんちゃってビアガーデンをするのが夢です!

 

| | コメント (0)

5月のクレド仏画教室

広島県に非常事態宣言が発令されました。
週末は、街中の大型店舗は休業。。飲食店にも休業要請が出されました。胸が痛いです。。
今、肋骨の調子が思わしくなく、出展は自粛中ですが、 5月19日から、市内百貨店での出展のお話があったので、他人事とは思えません。。
一刻も早くコロナが終息して、商売をされている皆様に、いつもの生活が戻りますように…

そんな中、中国新聞文化センタークレド教室は、土日の教室以外は通常通り開講いたしました。
お休みされる方はいつもより多めでしたが、出席者は元気いっぱい!皆さん。健康そのもので、良かった。。うれしいです!

人数が少なかったので、1人ずつ、いつもより長めにじっくり見ることが出来ました!


暈繝彩色の散華が最終段階です。
散華の枠を、 暈繝彩色に。最後まで、手を抜かず感心しております!!
Img_55921
赤口本朱が発色が良いです!!
完成が楽しみです
来月は、皆さんと元気にお会い出来ますように!


夕方、アトリエに戻り、ジュエリーのお客様をお迎えしました。

お財布を新調されたとのこと、根付をお求め頂きました!

2_20210522070401

Photo_20210522070201
玄関で大きく育った黒法師にご興味を持ってくださったので、子株をプレゼントしました。
そして、ウチワサボテンにもご興味ありとのことでしたので、食用ウチワサボテンで作ったピクルスを試食して頂きました。
E27e5cc326414a35b8aba685ccc6636d
05c814c3d65f414c97d1df431c8dadbf
りんご酢、水、砂糖、塩、家のハーブなどを目分量で混ぜた自己流ピクルス液。。
試作段階で、味に自信がありませんでしたが、完食され、美味しいとご感想いただけました!
サボテン以外に、パプリカ、新玉ねぎ、ひよこ豆、空豆なども作ってみました。

Img_5524

ピクルスをつつきながら、将来の夢、サボテンガーデンについてもお話しました!
お客様のお宅のお庭にも、ウチワサボテンの生垣を作ってみたいとの事。その時には、アトリエのウチワサボテンの一部をお譲りしようと思っております!


| | コメント (0)

ウチのウチワサボテン

 

うちのサボテンの成長スイッチが入ったようです!

サボテン愛好家さんが、丹精込めて栽培されたサボテンは尊く、素晴らしいのですが、私は傷だらけでも、ビッグにワイルドに育っているサボテンに心惹かれます!特に、ウチワサボテンと柱サボテンは、サボテンの2TOPです!

こちらでもご紹介した舟入のビッグサボテン(通称、サボテン先輩)から、うちに嫁入した子たちは、一時、危険な状態になりましたが、4月あたりから元気に根を張り、5月に入って新芽を出しました!

Img_5545

ウチワの大きさ40㎝くらいあります。

Img_5548 

 

 

新芽が出てきました!

 

Img_55521この子も舟入の子。ほかの子たちは実家におります。

 

Img_5549 

にょきにょき新芽を出している子は、広島市佐伯区出身。下にデーンっと寝そべっている子は地元吉島の知人宅から。まだまだあります…

私が鉢を移動するたびに、先のウチワがもげて、もげたウチワから根っこが出て、また根付いて…破壊と再生を繰り返す、エンドレスウチワサボテン…です。。汗

 

こちらは食べれますよ!

 

Img_55571 Img_55591

とげのない、バーバンク種です。こちらも、小さな苗や挿し木から育てています。新芽が出始めましたが、まだ食べるまでにはいきません。。

 

未来のアトリエ「HANA'S GARDEN」は、エントランスに柱サボテン。

そして、アガベ、ユッカ、ドラセナの庭があり、ウチワサボテンの生垣を。食用サボテン「ノパル」の畑もあって。

そして、ベランダから地上に向かって、サンシェイドとしてドラゴンフルーツを育てたい。

年齢性別国籍職種学歴、結婚してるしてない、子供いるいない…皆さんそれぞれ、いろーんな立場で生きています。
中には、「枠」に入りきらず、ちょっと生きにくいなぁ~と感じている人もいたりします。
人生いろいろですが…枠を超えて、人々が集い、心豊かになって帰ってもらえるガーデンが出来たらいいなぁと思っています。
庭造りやガーデンセラピーにも興味を持ち始めたところです。
イメージングの世界は、限りなく広がります!

今、海外には行けませんので、日々Instagramで世界各国のビッグサボテンを眺めて癒されています。

その中でも、私の中のNO.1ガーデンは、Jardin Majorelle マジョレル庭園。モロッコのマラケシュにあります!
Jardin Majorelle(@jardinmajorellemarrakech)

大好きなサボテン、アガベに大好きなブルーの建築物が融合したお庭。一目ぼれしました。

こちらは1947年、ジャック・マジョエル氏というフランス人画家が、世界中の植物を集めて造り上げた美しい庭で、
イヴサンローランも、このお庭を愛し、のちに別荘としたそうです。

コロナが終息したら、日本から飛び出して、世界を見てみたいです!その中の一つに、マジョレル庭園があります。

 

| | コメント (0)

帯留め新作アップいたしました!

今日は新月。
新月と体が呼応しているのか…毎月新月の朝は、いつもより早く目覚め、早朝から、いろいろ思いついてしまいます。。仕事そっちのけの時もあって困ったもんです。。
今日は、妄想カフェの新メニューの試作(妄想の世界なので、オープン予定は今のところございません!笑)
今お気に入りの自家製ハマチ燻製を、チーズやトマトと合わせてみたくて、ピザを作ることにしました。
HANA’S GARDENのハーブたちでトマトソースを作って、ピザ生地練って広げて、具材並べて焼く。シンプルです!
35b0046e73d44d9fad8ac1a050c80950
ハマチ燻製とチーズとトマトソースの相性良く、ルッコラもぴったり。予想通りばっちり美味しかった。。
魚食べれない人も、食べれると思います。またもや自画自賛。。スミマセン…
でも、ピザ生地がふかふかしてて、昭和レトロなイメージで納得いかず。。材料の配合を変えます。。

そして、オンラインショップを更新しました。
イヤリングを次々アップしておりましたが、今回は、着物小物です。
シルバージュエリーHANAオンラインショップ

「空」を感じさせる模様のラピスラズリを使った帯留めです。

Img_3013


Img_3020
に長いルースですので、帯締めの幅に添って、スマートな印象を与えます。

石枠には、唐草模様を装飾しております。小さな実も実っています。
切れ目のない唐草模様には、「永遠性」、「普遍性」という意味合いがあり、吉祥文様として長く愛されております。


こちらは、定番モチーフ瑞雲の新しい形。
Img_3007

おめでたいことが起る前兆を示す雲「瑞雲」をモチーフにした帯留めです。

銀線で瑞雲を形作った後、アクセントとして、一部に板を貼り合わせております。
全体的に槌目が付け、その上からいぶし仕上げを施しておりますので、穏やかな輝きがみられます。
天地を逆にしてもお使いいただけます。

実は…デニムなど、カジュアル着物ばかり所有している私は、悲しいことに、自分の作る重厚感ある帯留めを使う機会がございません。。
でも、今回の二点は、私の着物にもピッタリだなぁ~。。と思っています!

コロナ禍で、のんびり着物で街歩きやお食事とはいきませんが、着物LOVERSの熱は、決して冷めないと思っています!
これからも着物小物作ります。着物が着たいです!
引き続き、簪をアップしていきますので、もうしばらくお待たせいたします!

| | コメント (0)

干したり燻したりで大忙しです!!

魚の話題になるとワクワクが止まらず、文章が異様に長くなる傾向があります。。すみません!

こちらのブログにレギュラー登場しておりますご近所さんから頂いたお魚ちゃんたち。
4gatu-hamati7
私が、いつもワーワー喜ぶので、ご親切にお声がけくださるのです。
すでにミロちゃんは、このにおいに慣れているので、全く動揺しません!(笑)

毎回、お魚があまりに立派で美しいので、無断で勝手に、お魚をSNSにアップしていたところ、
ある日、その写真が料理研究家の方の目に留まりました!お料理に使ってみたいとのこと。びっくり!!
今後、どのように展開するのか…
お魚ちゃんたちが良い形で使ってもらえることを祈るばかりです。良い縁だといいなぁ。(^^)

そしてそして、私もハマチとヤズの料理をしなくてはです!!
このお魚ちゃんたちは、釣った後、脳締め、血抜き、神経締めがされています。可哀そうな作業とのこと。。
釣り上げた魚は、出来るだけ早めに下処理した方が、美味しく保てるといわれますので、
捌き担当(スプラッター担当?)の私としては、一刻も早くアラを取り除きたいのです!
この一連の作業が、数時間のうちに出来ることが、いつも美味しくいただける理由の一つ!なのだと思っています(笑)

今回は、ハマチは定番の刺身、漬け丼、しゃぶしゃぶに。

そして、ヤズ。
最近、魚の干物造りにハマっていますので、今回ヤズは、燻製とみりん干しに挑戦。

まずは、切り身を塩水に漬けました。(8%で30分)

4gatu-hamati3ベランダに干す。潮風効果か、江波は乾きやすい。

4gatu-hamati5
楢のチップでいぶす。ジュエリー作業しながらの燻製。髪の毛が燻製風味になりました。

4gatu-hamati6
みりん干しはいつも通りに。
身の切り方、間違えた。。と作業中に気づく。。

4gatu-hamati2
燻製を味見。
いぶし具合が足りないのか、いぶし過ぎたのか、、、外はカリカリ乾燥状態。中身が恐ろしくジューシーに仕上がっていました。。
味は美味しいけど、小籠包感覚で、おっかなかったです。。(汗)正解か、不正解か、よくわかりません。。


ハマチの切り身、みりん干しなど詰め合わせして、近所に新居を構えた友人へお裾分けすることにしました。

4gatu-hamati1

チャリンコでふら~っと寄って、すぐに帰るつもりが、ご馳走を準備してくれていて、めちゃくちゃ長居してしまいました!
4gatu-hamati
あぁ~。美味しかった!新しいお家はいいなぁ~。

お世話になったご近所さん、友達、ありがとうございました!!

| | コメント (0)

節分

今年の節分は124年ぶりに2月2日。暦に変化が表れています。
西洋占星術の世界では、「地の時代」から「風の時代」へシフトしたといわれています。
東洋的な暦の上でも、地球に変化が起こっているのは納得です。。
難しいことは説明は出来ませんが…(笑)時代の変化、価値観の変化は、肌でひしひしと感じています。

今まで当たり前と思われていた世の中の価値観に違和感を感じていた人々(自分も含め)にとって、生きやすい世界に変化していくような気がしていますが…


節分は、季節の節目。翌日の立春から新しい季節が始まります!

そんな朝、アトリエに通勤すると、立派なハマチたちがお出迎えしてくれました。
とってもいいお天気だったので、テラスに魚を出して、私の愛する金鯱とコラボ撮影(笑)
Hamachimeetskinnsyachi どちらもかわいいですね!

アジサバスズキなど普通サイズの魚は、コンスタントにさばいておりますが、
大きなお魚は久しぶり!やっぱり、ハマチを捌くのはテンションが上がります!

今回は、新メニューを含め6種類。

節分ディナーは、刺身と漬け寿司。

Photo_20210209090601

Photo_20210209090604

釣りたてなので、身がぷりぷりしていました!

数日後…
熟成させた冊を引いて、ハマチしゃぶしゃぶに。
Photo_20210209090602
切り身を数日置くと、しっとり感とうまみが出ますね!

最近、家族に人気のメニュー。

新メニューは、粕漬け(柚子胡椒風味)。

  Photo_20210209090603 
酒粕、お酒、お醤油、みりん、柚子胡椒を混ぜた粕にカマを漬け込み、グリルで焼きました。
麹効果か身がふっくらとしました。まろやかな中に、柚子胡椒のスパイスが効いていて、お上品な味わいの焼き魚に仕上がりました!
シンプルな塩焼きも美味しいですが、ちょっと味に変化を付けても楽しめます。
魚を捌くのも楽しいですが、新商品開発も楽しいです!  

そして、ラストは、豆まき。
声を出すのは恥ずかしいので、小声で…鬼は外!福は内!
Photo_20210209090605

Photo_20210209090606 うちの愛するお福ちゃん。

| | コメント (0)

サボテンな一年🌵

今年は、魚捌きに続き、サボテン三昧な一年でした。

「海の近くの広い場所に移住して、とんがり植物でいっぱいのHANA'Sガーデン&アトリエを作りたい。」
という夢のまた夢(!)を抱いております。。(笑)

全然現実味のない話にも関わらず…
とりあえず行動しないと夢はかなわないので、未来のサボテンガーデンをイメージングして、アトリエで苗を育てています。

HANA'Sガーデンでは、私の好きな種類を!
ウチワサボテン、金鯱、竜神木などのサボテン類
Photo_20210103195902 金鯱の赤ちゃん
アメリカーナ、ベネズエラ、パリー、フェロックスなどのアガベたち
Img_32941 フェロックスの赤ちゃん
ドラコ(竜血樹)などのドラセナ類、アツバキミガヨランやユッカエレファンティぺスなどのユッカ類
そして、アロエとソテツも!
もれなく尖がってます…(笑)

最近、ガーデンの夢を、身内や友達にお話するようになりましたところ、いろいろなところからサボテンが届くように。
以前ご紹介した「舟入のサボテン先輩」からご連絡あり。新たなサボテンを頂きました。
そして、地元吉島にも、「サボテン先輩」がおられました!!
私がサボテン好きと知り、アガベアメリカーナとウチワサボテンを譲ってくださいました。
Photo_20210103195801
舟入のサボテンも、吉島のアガベも地植えなので厳ついです!
 Img_3141
カオス!!(笑)

吉島のサボテン先輩が中学生の時に、お友達から譲ってもらったものだそうです。(先輩は私の親世代です)
このサボテンを持って、大阪から広島に嫁がれ、現在は、ウチワサボテンに囲まれたお家に住まわれています。
サボテンから人の歴史を感じて、大切に育てないとなぁと思ったのでした。

Photo_20210103195901 
この子たちは、ガーデンのメイン候補たち。
仕事の休憩中、テラスに出て、この子たちを眺めながらお茶するのが幸せなひと時。
植物たちは酸素を放出してくれているけど、一緒に良い気も放出してくれていると思う。

育てるだけでは飽き足らず、食用サボテン「ノパル」でお料理も。
Photo_20210103195903  サボテン産地、愛知県春日井市の「春日井ノパル」です。

Photo_20210103195905 
茹でて、ピクルスにしたり、中華風和え物にしたり…ねばねばっとして、少し酸味があって美味しいですよ!
Img_33861  Photo_20210103195904

Img_30751
アトリエで育ててる「HANAノパル」も、今年は食べれるかな?

| | コメント (0)