鮪に初挑戦!

いつものお魚屋さんで、シビという魚を見つけました!
見た目はマグロ、体長40センチくらいのかわいいサイズです。

Bkag7118

シビというのは、マグロの子供の呼び名だそうです。いろいろなマグロの子の総称。
この子は一体、何マグロなんだろう??
調べてみると、シビ=鮪(まぐろ)という言葉は、万葉集にも登場するとのこと。当時からマグロが食べられていたのだな。


Img_9811 Img_9812
うちにある『原色魚類大図鑑』で調べてみると、ビンナガの子供っぽいです。でも、事実はわかりません!!

シビは、非常にたんぱく。あっさりしております。レアなツナという感じで、ツナが大好物の私には、美味しく感じますが、脂がのった身がお好きな方には、物足りないかもです。
Img_9801_20220214010601
さばいて、お刺身とカルパッチョにしました。たんぱくな切り身に玉ねぎドレッシングが合いました!

Igjc5759
私にとっては、かなり好みの魚だったので、次回、鮪を見つけたら、燻製にしたいと思います!

そして、いつも激安なスーパーYにて、尺味と尺サバを購入!
Bfdn7080
これはアジ。

一気に4尾を三枚におろす!楽しい~。。
まずは、サバから料理しました。

Fkam0549
こちらは、サバのガーリックソテー 醤油ソースです。シンプルな料理。オリーブオイルとガーリックで、じっくりゆっくり蒸し焼きしました。
皮はパリっと、身はふんわり柔らかく焼けました!

そして、残りの切り身は、味噌煮に。
Img_e9912
こちらも、じっくりゆっくりして、皮目をしっかり残しました。
味噌煮は難関。難しい料理だと思う。ガンガン強火で煮込んでしまうと、皮が無くなり、身も固くなり、見た目も汚い・・・汗
今回は、皮も残り、上手にできました!

魚料理をすると、アラなどの廃棄物が大量に出てしまいます。ここがウィークポイントでもあります(特に夏場はつらい。。)
出来るだけ、廃棄せずに、美味しく食べたい!利用法を考えつつ、魚をさばいています。
カンタンに排気量を減らす料理!
単純明快!頭や骨をカリカリに揚げます。

Nfgb5967
「SDGs焼き」と命名!(骨せんべいだろっ!?!)結構、これが一番おいしかったりします!

魚料理をすると、脳が癒されます!

| | コメント (0)

11月のクレド教室と魚!

11月の中国新聞文化センタークレド仏画教室を開講させていただきました。
皆さん、お元気そうで何より。いつも通り、和やかな空気感が漂うクラスです。

今回は、新たに作品制作がスタートする方が4名!

作品は墨書きから始まります。

先月まで、色鮮やかな極彩色の世界から、墨の黒と、まっさらな和紙の白、モノクロの世界に変わりました。

Pabe1675

これからまた、一人一人が生み出す色の世界が、教室中に広がっていくのです!
どのような世界が生み出されるのか、今から楽しみでなりません!!

生徒さんのおひとりが、来年の仏画特別講習会への参加をしてくださるとのこと。しかも、当日、お手伝いしてくださるとのこと。このように言ってもらえると、大変心強いです!

そして、当日参加出来ない生徒さんが、講習会で使用する教材の準備を手伝ってくださるとのこと!
不動院教室もクレド教室も、協力的な方が多く、いつも助けられている私です。ありがたいです。

そして、教室を後に。生徒さんの運転でアトリエに帰還。
いつもお世話になっているご近所さんより、美しいお魚が届く!
Img_8274
美形のハマチさんですね!

前日、ハマチを買いに、いつものお魚屋さんに行ったら、納得のいくお魚が入ってなくて、泣く泣く手ぶらで帰宅した翌日に、
こんな素敵なハマチがやってくるとは!!さすがお兄さん!感激です。。
早速、生徒さんを観客(カメラマンに!)に、魚捌きデモンストレーション開催!

先程まで、仏顔の英恵でしたが、スプラッター英恵に変わった瞬間。
Img_8315
魚を見る目が怖い…(苦笑)

Img_8312
背中が男前。。。

内臓を取り出しながら、解説。
三枚におろし、皮引いて、生徒さんにお裾分け。大変喜ばれました!!

晩御飯は、お刺身とカマ焼きを頂きました!
やっぱり、魚さばくと、テンション上がります!!

| | コメント (0)

楽しい鰆料理♪

ご近所さんが鰆を沢山釣られて、お裾分けして頂きました!
「お裾分け」とは言えない量ですが、魚料理が出来ると思うとテンションマックスな私!(笑)

しかも、鰆は私にとってベスト5に入る大好きなお魚。今年初ですので、うれしいです。。
Photo_20210924211401
鰆は身が繊細で、鮮度が落ちやすい魚といわれ、釣りたてでないとお刺身では食べれないといわれます。
この鰆たちは、身がしっかりしつつ、脂が乗っていて、お刺身向きでした!
普段ジュエリーを制作するときに使うバーナーで炙りも作りました!
Img_73221
きれいに炙れました!

Img_73271
こんな感じ。
鰆を頂いた日の晩御飯は、お刺身を食べる。至福のひと時!鰆の刺身&炙りは、家族に大好評です。

残りの切り身は、塩で魚の臭みをしっかりとってから、いろいろな味付けをして保存食に。
味付けバージョンで一番人気は、西京漬けでした。
Img_7337
オリジナル白みそだれを作り漬け込みました。焼く時は、白みそをしっかりとる方がきれいに焼けますよ!
Img_7366


そして、今回初挑戦は、インド風。タンドリー鰆&ヤズです。
ヨーグルトにスパイスを混ぜたカレー風味のソースに漬け込みました。
タンドリーは、切り身にソースが付いた状態で焼いた方が良いと思います!
Img_7400
タンドリー風も西京漬けもタレ付で冷凍します。
Img_7332
あとは、燻製、ハーブオイル漬け、ニンニク醬油付けをして冷凍保存しました。
燻製は、煙がすごくて、家ごと燻されそうですが、私はやめれません。。
Img_7401
ハマチ燻製、サボテンピクルス、ひよこ豆のサラダ。サボテンと青魚の相性が非常に良いことがわかりました!


アトリエに寄ってくださった方や地元のお友達に、鰆料理をふるまったり、鰆の詰め合わせをプレゼントしました。
Img_7403
アトリエのテラスでHANAお魚カフェをオープン!魚が苦手な友達が完食してくれました!

配達した友達宅では、江波にあるセッションブロワリーさんのクラフトビールとともに。
Img_73451
食後、友達に、タロットカードで、私の行く末を占ってもらいました…(笑)
Img_73471
この数か月は、問題発生でごたごたするが、結果オーライ。最終的に良い方向へ進むとのこと!

ご近所さんに魚を頂いた直後、お仕事が入るというジンクスがあります。
今回も、魚の仕事が終わった直後、百貨店でのポップアップショップのご依頼を受けました!毎度のことながら、高波動な魚です!

| | コメント (0)

9月の不動院仏画教室

悪天候で休講が続いている不動院仏画教室です…
今月は、緊急事態宣言が発令され、直前まで開講するかどうか悩みましたが、
広々とした書院では、密にはなりませんし、カルチャースクールは該当しないということもあり、今月は開講することにしました。
生徒さんに開講のお知らせをしたところ、「待ってました!!」と喜んでいただき、本当に心強かったです!

町の取り決めで、外出出来ない遠方の生徒さんはお休み。いつもより少ない人数で、教室が静か。
いつもは走り回っている私も、走り回ることなく、心に余裕がありました。。

こちらでも、何度がご紹介している、鳳凰図です。アトリエにも制作をしに来てくださり、いよいよ完成が見えてきました!
今年完成予定で、頑張っておられます。

9_20210915121301
完成が近づき、ワクワクされているそうです!

こちらは、四神相応図の青龍。枠に三角うろこ文様を胡粉で彩色されています。
92 
白色の胡粉は、扱いが大変難しい色ですが、コツをつかまれましたよ!

写真はありませんが、一年前に、二頭の龍「双龍図」を描き始めた生徒さんが制作を再開。
バックを藍色に彩色。絵具溶きと色塗りをお手伝いさせて頂きました。

彩色画以外では、紺紙金泥画に挑戦されている方々がおられます。時間いっぱい、最後まで集中力が切れませんでした。
皆さんそれぞれが集中して制作に取組まれて、穏やかな空気の中に一体感があり、とっても居心地良い雰囲気でした。
充実しました。
今月、参加できなかった生徒さんも、来月は一緒にみんなで教室が開講できますように。


教室帰りに立ち寄ったスーパーで、真鯛とレンコ鯛の特売に遭遇!
0b8972731a804d68b57430c0a0f07d7c
ミニレンコ鯛、かわいいです。5尾100円也。お値段もかわいいでしょ!(笑)

レンコ鯛は、干物に。
5パーセントの食塩水に昆布を入れて魚を漬け込みました。回を追うごとに、塩分濃度が低くなってきました。
写真にはありませんが、キラキラしたきれいな干物に仕上がりました。家族に好評でした。塩分も少なめ、昆布風味で、食べやすかったです。

真鯛は、昆布締めと鯛飯に。今回の鯛飯は、土鍋で炊けたので、おこげが出来ました!
Img_72591

仏画教室で疲れた脳みそを、魚捌きが和らげてくれます!魚料理は癒しです。

| | コメント (0)

不動縁日

東広島市の福成寺さんへ、お参りしに行ってきました。

Img_7008
お寺は山頂にあり、クーラーなしでも心地よい風が吹いていました。
隣は、広島大学宇宙科学センターの天文台であったり、牛が放牧されている牧場があったりして、自然豊かな場所です。
夜になると、星が大変美しいそうです。

お寺を訪れた28日は、不動明王の縁日です。
本堂に着くと、ちょうど不動護摩供養が始まるところでしたので、急きょ参加させて頂きました。
Img_7010
私は願いを護摩木に記入し、ご住職さんに託しました。
護摩供養が終わった後、ご住職さんに念を入れて頂き、「祈願するだけでなく、普段から常に願いに意識を向けておくこと。そして、行動することが大切。」とお言葉を頂きました。

Img_7013
地表近くで二股に分かれている大杉「夫婦杉」です。
Img_7014
数年前の落雷被害により、現在、片割れが途中で切断されています。
落雷前の状態も知っていますが、切断された今でも、立派な大木でパワフル。この夫婦杉は「復活」「再生」の象徴のようで、眺めていると元気になります!

京都から広島に戻ってきたばかりの頃から、優しく、親身になってお付き合いくださっている奥様、そして、ご主人である名誉住職様と、タイミングよくお会い出来ました。

名誉住職ご夫妻ともに、お顔が発光しているかのよう。
まるで、円満満月のように輝いておられるので、ぴかぴかの秘訣を伺ったところ、毎日早朝、バケツと雑巾での拭き掃除ではないかと。
それと、大きな境内の草むしりなどなど…草は抜いても生える抜いても生えるの繰り返しで、草との追いかけっこだそうです。大変ですね。。

掃除、特に拭き掃除は、最高の邪気払いといわれます。
実際に、お顔ぴかぴか、ほっこり笑顔のお二人を眺めていると、さっそくアトリエに帰って、床拭きをしたくなりました!

久々にお会いして、いろいろお話していたら、夕方になっておりました。。こんな時期に失礼しました。。
お寺を後にし、帰りに立ち寄った元気市は品薄状態。大人気だった模様。朝一に行かないとだめですね!
その中で、輝きを放っていたのは、尾道パパイヤ!残り僅か。
Photo_20210830105901
以前から、内海千晴さんの生産されている青パパイヤが気になっており、食べてみたかったのです。
(11) 内海千晴教授『脱・南国。尾道式青パパイヤ学』vol.1 The CAMPusサイトで講義動画公開中! - YouTube
内海さんのパパイヤ生産に興味を持っていたので、[尾道パパイヤ(内海)]というラベルシールを見た瞬間、「やっと見つけたぞっ!!」と感動が沸き上がりました!
しばらく青パパイヤを眺めてから、タイのサラダ「ソムタム」にして食べてみたいと思っています!
周囲のカラフルなピーマンは、生食フルーツピーマン。酪農と農業を循環させて生産されている「循環野菜」というブランドのもの。

| | コメント (0)

グレームーンストーンのリング「ハート」

産直市loverです!
LECTの産直市にて、廿日市大野の十郎原農園さんの朝採れ、葉付きの間引きニンジンを見つけました。
Img_4464
ニンジンのいいところをピクルス液に漬けてからサラダに。
ピクルスに使わない根っこと葉っぱは、細かく刻んで、ゴマ油で炒めて、酒みりん醬油で味付け。隠し味に、ちょこっと出雲のさしみしょうゆ(藤井醤油店)。鰹節といりごまをかけたら出来上がり。題名はわかりません。。炒め煮の様な、ふりかけの様な…ごはんに合います!
時期的に、葉っぱが立派に育ってきてるので、炒める前に茹でた方がいいかもですね。。(;^_^A

昔から、野菜の皮、ホウレンソウの根っこやブロッコリーの芯などが…捨てる部分も食べます。魚も同じ。骨せんべいが好きです。
当時は、ちょっと貧乏くさい感じがして秘密にしてましたが...現代は、逆にサスティナブルな食生活とみてもらえるのかな?(笑)
時代が変わると、価値観も変わりますね。

最近は、廿日市、東広島のJA産直市がお気に入り♪特に、東広島の元気市隣の農家さんが、面白い野菜が見つかります。
最近、こだわりを持って頑張っておられる農家さんが増えていますね!買う側も、ただ安いものを選ぶのではなく、場所、栽培方法、生産者さんがわかる野菜を選ぶ方が増えているようです。「物語」が感じられる野菜って魅力がありますね!


グレームーンストーンを使った、デイリーリングのご紹介です!

グレームーンストーンのリング「ハート」【hr125 】 

Img_4475

ハートをモチーフにしております。
Img_4471


Img_4472_20210825135401
ハート=心臓、心

今、「心の時代」とささやかれています。
心で感じることと、頭で考えることは違っていたりします。

心の声に従うというのは、自分の本当の気持ちに従う=自分を大切にする。ということでしょうか。

心の声(直感)というのは、最初の約2秒間で、その後は、思考の世界に突入してしまうそうです。
「あーでもない。こーでもない…」と言い始めると、心の声は消え去り、なかったことになってしまいます。。
なかったこと(現状維持)の方が、楽ちんだから。
でも、後になって振返ってみると、直感の方が正しかったりします。
心の声に従ったり、直感を信じることは、怖いことであり、勇気がいることのように感じます。

人生の目標…心豊かに生きること。
心の声を大切にしながら生きていけたら幸せだなぁ。。と感じつつ、ハートリングを作っています。

| | コメント (0)

NOPAL ノパル

天候不良が続いております。広島市の山沿いでは土砂災害が起こっており、心配な状況が続いております。
引き続き、お気をつけてお過ごしください。

アトリエのある江波は、ようやく晴れました!久しぶりに太陽を見たような気がしました。
自粛していた江波山ウォーキングを再開。
海に出て、弥山を眺めつつ、深呼吸を繰り返すと、波動が整っていくようでした。
海の浄化作用を、改めて実感しました!

Image0
山頂が雲で覆われた弥山。


Nopal3

雨間を縫って、テラスの植物のお世話をしました。
ウチワサボテン NOPAL(バーバンク種)の苗が、雨に負けず勢いよく成長しておりまし
た。

Nopal
このサボテンは食べれます!
中南米では、紀元前から食べられていたそうです。粘りがあり、あっさりしています。
私が20代の頃、メキシコ国内を放浪した時に、毎日のようにサボテンを食べたのがきっかけで大好きになりました!
日本では、市販のものは結構高価なので、自ら栽培して、気軽に食べることにしました。

昨年末、食用サボテンショップで購入したノパルを挿し木にして、少しずつ増えていきました。
Nopal_20210819073301
ノパルは栄養豊富、抗酸化作用もあるそうです。リンゴ酸、クエン酸も含まれており、疲労回復にも効果があるといわれています。
環境耐性があり、乾燥地帯でも、高温地帯でも育ち、砂漠化・土壌侵食の防止にも活用されているそうで、国連食糧農業機関(FAO)も注目しているスーパーフードです。

私の住む広島市南部(温暖な海辺)でも成長が良く、とうとう食べてみるだけの量を収穫できるようになりました。

416b7f17d06b4a7ba4b2b3df3b9fd7cc
採れたてサボテンを、大好きなピクルスにしました。
リンゴ酢ベースのピクルス液には、ローリエ、鷹の爪、タイム、ローズマリーなど、自家製スパイス&ハーブを入れました。

一日漬け込んで試食。
Image2
鮮度が良いからか、今まで食べたノパルの中で、ダントツフレッシュで歯ざわりが良かったです。美味しかった!
まだ収穫しても大丈夫そうなので、この夏は、ノパルを食べて、健康増進したいと思います!!

【参考資料】
食用ウチワサボテンの生産と産業利用
食用ウチワサボテンの栄養特製と生理作用
食べれるサボテン 
太陽の葉

| | コメント (0)

マジシャンですか?

3f11d8791daf4d4cbdd6d082d7b94e3b
「第三の目、とうとう開きましたっ!」

と、言いたいところですが・・・私の第三の目はまだまだ開きそうにありません。。
先程まで、瀬戸内海を泳いでいた鯛の目。
キラキラ、キョロキョロ、瑞々しい、鯛の瞳が大好きで、思わずアップ撮影。。

そうです。またまた立派で美しい真鯛が、アトリエにやってきました!まな板からはみ出るボリューム感!
815cd99b94f1473283a8d761ba09ff6e
いつもお世話になっている船長さん(←私は「船長」と呼びたい!)が、わざわざ持ってきてくださいました!
瀬戸内海にマイボートで出て、タイラバで釣り上げたそうです。
魚を捌いてみると、エラが桜色して美しい。。内臓もスッキリしている!
捌いた後は、まな板が血みどろになるものですが、汚れないのです。
釣り上げた後、丁寧に血抜きをしてくださったんだろうなぁと想像しました。

鯛を見た瞬間、「握り寿司」という文字が浮かび上がりました。すし飯作って、庭の大葉を摘んで、切り身に挟んでにぎりました。

72137e4f7ac9412694f4644c20701c7a
なんちゃってな握り寿司完成!
にぎり寿司が、この世で一番好きなので幸せです。。

そして、翌日は、小鯛と大鯛のカマで鯛めしを。

B61d5348c25648a9ac424207b85936fe
土鍋に魚が入らなかったので、フライパンを使いましたが、普通に炊けました。
小鯛のさわやかで繊細な身と、大鯛の脂の乗ったカマをミックス。
49de7c3ecfc94833ad5da323812025e0
鯛の白身が際立つように、色は付けたくない。という点が、今回のこだわりです。。(笑)
あとは、刺身、昆布締め、アラ炊きと和風で。

8dc43c393ca0438bb0c228eb2d683b93

家族の1番人気は昆布締めでした!

魚料理を満喫!完全燃焼!美味しかった。。

お魚を頂く前日、私の夢である「HANA'S GARDEN設立」への第一歩を踏み出したところでした。
そこにタイミングよく、「めで鯛」が来てくれました。
先々、必要となる資格なのですが、今の仕事からかけ離れているので、ずっと躊躇していましたが、ようやくちょっと前進。
またまた、お魚に背中を押してもらったような気がして、とても嬉しかったのです。
いつもベストタイミングで魚を持ってきてくださる船長は、マジシャンかもしれない。。(笑)

NICE FISHING !!



8dc43c393ca0438bb0c228eb2d683b93

| | コメント (0)

birthday week

7月に入りました!下半期は、私の大好きな場所からstart!
Img_63931
弥山を拝み見て、江波山へ登ります。
衣羽神社と龍光院で、一日詣りを。新たな気持ちに切り替わります。

6月下旬は、私のお誕生日がありまして…ワクワクする特別な一週間です!

家族からのプレゼントは…
土佐の三徳包丁!もちろん鋼。
そして、「鯛のウロコが良く取れますよー!!」とスタッフさんのおすすめ、堺の真鍮製ウロコ取り(大サイズ)。
Photo_20210703140701

包丁(刃物)は「縁を切る」不吉な贈り物と感じられる方もおられるようですが、
日本では古来から、刃物には神様が宿るといわれ、神聖なものとして扱われてきました。
「未来を切り開く」とか、「魔を断ち切る」といわれたりもしますので、私自身は、包丁プレゼントはめっちゃ嬉しいです!

この2品を目の前に、「何の料理を作ろうかな?鯛のウロコ取ってみたいなぁ~?」と、ワクワク妄想しておりましたら、
翌日、いつもお世話になっているご近所様より、豪華ビッグフィッシュの差し入れが届きました!
Img_63041

なんだこのタイミングは!シンクロだ!
しかも、真鯛がっ!!
ハマチが大きい!!
いつも絶妙なタイミングで魚を届けてくださるのです。本当に本当にありがたいです!
Img_63211
かわいいお顔をした真鯛ちゃん。新ウロコ取りが、一瞬にして大活躍(^^)

Img_63141
ミロちゃんの大きさと変わらない…(笑)

一気に捌いて、刺身の冊にしたり、保存用に調理したり、燻製にしたり…
この時間が、心豊かで、めちゃめっちゃ楽しいです!

お刺身2種盛り、漬け丼は、もちろん美味しくて、感動。。
そして今回は、ハマチのロースト&トマトソースを作ってみました。
Img_6352 Img_63431

以前、カツオで作ったHANA'S GARDENのハーブ入りオリーブオイル漬けと燻製を、日々忙しく働く女子たちにお裾分けしたところ、
「晩御飯に楽できた!美味しかった!」とご感想をもらえたので、今回は、ハマチバージョンを味見してもらおうと思います!

1692d78f422d4e868a43d88c3f465c4d
そして、今年のお誕生日ケーキは、癖の強いバナナスパイスケーキ。
MYバナナの葉に載せて…

ご近所さんに頂いたお魚の話をInstagramにアップすると、一番反応が良く、人との交流が深まっていきます。
マレーシアや北海道など、広島から遠く離れた場所に移住した旧友たちとの交流も再開したり、良い事が起こります!
お魚たちやその魚を釣ったご近所さんの波動が強くて、元気いっぱい!!だからだと、いつも感じています。
お誕生日に美味しいお魚料理を沢山食べて、また新たな一年を頑張ります!

| | コメント (0)

シンクロ晩ごはん

Photo_20210625185401
自然の文様。自然の色。

自然の美は、人間の想像をはるかに超える美があると思う。

ずーっと眺めていても、飽きません。

これは、ゴマサバの背中の文様。
Img_6181

いつもの魚屋さんで、体長40センチくらいのゴマサバが安く手に入りましたので、
試作中のみりん干しを中心に、いろいろなサバ料理を作りました。
沢山出来たので、お友達を晩御飯に誘いました。

朝、「ニンジンのサラダ作りたいなぁ。。」とか、「パイナップルを買おうかなぁ?」とか、次々とイメージが湧いてくるのですが、
不思議に手が止まったり、買うのをやめたりしたのです。

すると、不思議なことが起りました!
朝、私が想像したニンジンサラダやパイナップルなどなど、準備できなかったものは、友達がほとんど持ってきてくれました。
もちろん、連絡も相談もなしで。。
二人の準備した食材が、全くバッティングしなかったのです。
友達が「以心伝心メニュー」と命名。

以心伝心メニューは、どこの国をイメージしてるのかわからない料理です。。(笑)
Img_6189
中華竜田揚げ、タイ風サラダ、自家製パクチー入りワカモレ、カプレーゼ、サザエの丸焼き、サボテンなどのピクルス
アジア、メキシコ、イタリア、日本(サザエの丸焼き!)…一貫性ないですが、食べるとナイスハーモニー!
もちろん、食用サボテンのピクルスもありますよ!

hana's gardenのバナナの葉をお皿にして、魚料理を盛りつけるのが夢でした。
Img_6193
Img_6198
台湾パイナップル。甘い!

Img_6192
ガーデン製ミントと知人農園のひろしまレモンで作ったモヒート、絶品でした!

12歳から知っている友達。
無邪気に、いろいろ妄想(?)しながらお喋りしたことが、翌日実現したり…不思議なシンクロが起ります。
計算なく、裏表もなく、心地よく過ごせることが、シンクロニシティを起こすのかな?


| | コメント (0)

より以前の記事一覧